80歳に向けて・「新風来記」・・・今これから

風来居士、そのうち80歳、再出発です。

俺の煩悩 (3) 空白の時間・・・

2020年02月22日 09時16分35秒 | 考える
俺の煩悩 (3) 空白の時間・・・
随分と日が経ってしまったが、前回の続き(?)かな。
まぁ、そういう事で。

自分の体力、そして気力が、今一だと感じる今日この頃だ。
腰痛が気力を奪っているような、そんな気がしている。
どう折り合いをつけて(ごまかして)生き続けていくか?

再々就職の件、・・・
昨年、知り合いに、団地の清掃をやってみないかと誘われたことがあった。
一時はやってみようと思ったのだが、始業時間が午前7時だという。
最近、私の起床時間は、7時過ぎになっている。
夜更かしのせいもあるのだが、連日7時の始業は、ちときつい。
弟は毎日5時出勤、弟に起こしてもらえばとも思うが、彼は仕事のない時は、夜更かしをするので、連日となるとそれもきつい。
朝、6時起きか・・・。

「今のままでは、ちょっと無理かも知れない。」
で、「・・・もう少し結論を待ってもらいたい。」と続けようとしたら、
「はい、分かった。」
あっさり答えが返ってきて、二の句が続けられなかった。

まぁ、これも又やむを得ない事だろう。
元はといえば、せっかくの申し出に弱音をはいた私が悪い。

それはともかく、いずれにせよ、今の自分自身を再構築していく必要がある。
私自身にまず必要なものは一体何だ?
生きていく自信と希望、さらには信念ということだろうか。

自分と他人に折り合いをつけ、お互いを尊重し合い、共に大切に生きていく。
自信は顔に出るという。
殊に口元が重要だと思う。

まだこの歳になっても、人付き合いの機微というのが分からない。
生き続けていくには大切なことだとは思っているのだが。
おそらく、私には「見栄っ張りなところがある」ということかも知れない。
人が生きていくというのは、人間関係における体験・経験の積み重ねだろう。
その中で私は何を求めているのだろうか?

私が背負っているのは、誰なのか?
女房子供では無論ない。
兄弟姉妹でもない。
話し相手でもない。
そう、私はだだ一人、私自身でしかない。

私は人付き合いが苦手だと感じているが、ことさら人間嫌いだなどというつもりはない。
むしろ、人は好きな方だ。
小さい頃は、一時期、高校の教師をやっていた父の影響で、学校の教師になりたいと思っていた。
多分、生きていく内に、周囲の人間と私との波長が、ほんのちょっとばかりずれてきただけだ・・・と思っている。

話し相手のない夜。
独り寝の寂しさに、電灯をつけたまま、布団を頭から被って目を閉じる。
段々呆けていく、呆けが止まらない。
そんな気がする。
何とかしてくれる相手はいないのだろうか?
これは自分勝手だろうな。
年をとるとは、そんなものかも知れない。
ただ、酒とタバコが減っていくばかり・・・。
空調の音が、空しく響く。
どうにもならない。

明日は新宿に出掛ける必要がある。
何にせよ、予定があるということはいいことだ。
少なくとも、「目的」があれば、空白の時間を埋めてくれる。

コメント (3)