80歳に向けて・「新風来記」・・・今これから

風来居士、そのうち80歳、再出発です。

母の散骨 (その2)

2017年08月31日 17時34分20秒 | 考える
しばらく待つ内に、それらしき船が、桟橋に近寄ってきた。

船が接岸すると、舳先に乗っていた女性が身軽に飛び降り、
船着き場に船を固定する。


名前を呼ばれて、乗船。

どうやら今回は、私と同乗する客はいないようだ。
今日の貨物は、私独りだけらしい。
個人、貸し切り状態。


(株) 万寿 様。 (電話 03-5291-9861)
船内で、女性から、細かい説明を受ける。

念のため (法律で決められている) とかで、
チョッキ状の「防水着(?)」を着用。

10:50AM 予定通り出港。

ホッ・・・!! 
これで、一応、船に乗り遅れるという失態は免れたようだ。
ひとまず安心・・・。

船は、ゆっくりと桟橋を離れていく。

船長と女性、そして私の 3 名のミニ航海だ。

出航後、程なく、
「ちょっと二階に上がってみませんか?」 と言われる。

願ってもないことだ。
「階段が急だから気をつけて・・・。」

船長の操舵する横、船縁に固定椅子がある。

「ベルトを締めてください。」
言われたとおりに、椅子に備え付けのベルトを締める。

「郷に入りては郷に従え」

風が心地よい。
それにしても、好天で、本当によかった・・・!!

左右に高層ビル。
行く手に大きな橋が見える。

波は静かで、ほとんど揺れを感じさせない。
・・・快適の一言 !!


ビル群と、橋が後方に去り、
左右の (何と言うのか?) 突堤 (・・・?) の間を抜ける。


大きなブイを左手に見て、しばらく行った所で停船。

ここが 「散骨海域」 らしい。

11:30頃か、・・・時計を持ってこなかった。

静かな海・・・、風も無い。

散骨・・・!!
用意してくれた酒を撒く。
さらに、花びらを撒く・・・。


その場で、散骨した海域を、ぐるり、ゆっくり一周してくれた。
セレモニーはこれで終了。

ひとまず、母さん、さようなら・・・。
しばらくは、ゆっくりと、自由気ままに、旅行していてください。
もう、何も、そして誰も、あなたを束縛するものはありません。
生前、苦労した分、苦労させてしまった分、
ゆっくりと骨休めをしてくれたらと思います。

いつになるかは分からないけれど、きっと、私も後から追いかけます。
母さん、またいつか、どこかの海で出会いましょう・・・。



船は、元来た航路を戻る。

ずっと、好天・・・。
それも、これも、母の人徳なのかも知れない。
心からそう思った。

12:20 帰港。

最後になりましたが、(株) 万寿様、 
今回は、大変お世話になり、本当にありがとうございました。
母もきっと満足していると思います。


ともあれ、好天に恵まれて、取りあえず、無事(?)に、重責完了。
コメント

母の散骨 (その1)

2017年08月31日 05時42分41秒 | 考える
2017/08/26(土) 快晴
本日、母の散骨。


妹は九州、東京まで呼び寄せるには、ちょっと可哀想だ。
弟は、仕事・・・。

結局、話し合い(?)の結果、私独りで行くことになった。
本当は、弟にこそ、行ってもらいたかったのだが、
これは、やむを得ないことなのかも知れない。
兄弟とは言え、所詮は二人、別人格なのだ。
考え方の相違はあって当然だろう・・・。

結果、散骨は私独りで。
(何とも貧弱ならぬ貧相な散骨式だ。)


それで、良いのか、悪いのか・・・?
しかし、これは、やむを得ぬ事なのかも知れない。

朝、7時起床
いつもなら、5時に目が覚めるのに、今日に限って、7時とは・・・。

少々・・・、いやいや、ひどく焦る。

午前7時45分、自宅出発。
これからなら、充分に、間に合うはずだ。


 江東区越中島 水上橋
 11:15 出航予定 (10:40に、船着き場へ)
沖合に散骨。


見上げる空は、快晴。

「散骨日和」・・・?

午前8時08分 町田駅発「快速急行」
新宿駅 午前8時40分 着

新宿駅で「京王線」と「京葉線」を間違えた。
かなりの時間ロス・・・。

焦りまくる。

「京葉線」とは、東京発らしい。

何と紛らわしい路線名だ !!
誰にともなく、毒づいてみる。

新宿発 9:20に乗る。→ 東京 9:52着

京葉線に乗り換えようとするが、ホームがやたらに遠い。
今度は毒づいている暇もない。
またまた焦りまくる !!

京葉線 東京駅 10:11発。
10:25 越中島駅 着

(「こしなかじま」 でなく 「えっちゅうじま」 なんだな!!)

・・・あと残り時間、15

業者さんから送られた写真入りの案内図を睨みつつ急ぐ。

・・・③ イカリが見えます。 ・・・ あったぁ~!!
ランニング中のお年寄りに確認。
(こちらも年寄り・・・か!!) 

間違いない・・・ようだ!!

もうすぐ ・・・ 。

どうやら、無事に(多分)「乗船入り口」までは、辿り着いたようだ。

10:40到着。

船着き場に、船はない。
どうやら、間に合ったらしい。


2~3人の待ち人らしき人々・・・。
同乗者なのかも知れない。

コメント

思い込み

2017年08月29日 18時01分17秒 | 考える
他人の思いなぞ、私が知りうるはずも無し。

共感とは、つまるところ、当方の一方的な思い込みに過ぎない。
しかし、思い込みでも、何でも、ともかく結果オーライ。

もっとも、何事にも、逆もまたあり・・・。

いずれにせよ、どちらかが真であるという保証はどこにもない。

人には人の生き方、考え方があるのだ。
他人の意見を、とやかく言ったところで、何の足しにもならない。

人生は 「個」 だ・・・などと言いつつ、人の間で生きていく矛盾。


コメント (2)

自分は特別の存在である

2017年08月21日 06時00分54秒 | 考える
8月1日(火)
やるべき目的が、見失われたままの状態が続いている。 

とにかく、何をしようとしても、金がかかる。 
が、今の私には、金を稼ぎ出す術がない。

理想は、著作・・・書くことで、金を稼ぎ出せたらと、ずっと思っていた。 

とは言え、所詮は夢のまた夢・・・?
「並み人間」の人生などは、なかなか思うようにはいってくれないようだ。

出来れば、福祉関係の仕事に就きたかったのだが、気付けば、いつの間にか、
福祉される側になっていたということらしい。


人は、自分に関わる総ての事象に意味を求め、さらにはその意味を自分自身に
関連づけようとする。


今の私に、何が出来るか? 
何か、有用なことが出来るだろうか?
出来るはずだと、思いたい。 
塗装も印刷も、もはや、過去のものだ。

さらに、人づきあい、仕事をスムーズにこなしていくために、「難聴」 は、最大の
欠点だ。

70歳・・・他人は、老人だと言う。
私は、そうは思っていない (・・・つもりだ)。

しかし、いずれにせよ、細かい作業のための体が、思うように動かなくなってきた
ことは確かだ。 

実際問題として、私が、「福祉、福祉」 とわめくのは、結局、他人との関わりを失い
たくないというだけの話なのだろう。

ふと思う。
何故か、弟を含めて、他人が、皆、自分から離れていく。
そんな恐怖・・・。
 
しかし、また、よくよく考えてみれば、私自身が、他人と付き合うことに煩わしさを
感じ始めているということに他ならない。

「自分は特別の存在である」 という、裏付けのない思い。

しかし、私が、「他の誰でもない」ということだけは、間違いない・・・(?)
だろうと思う。

コメント

置手紙・・・総てを忘れてしまわぬうちに (2)

2017年08月15日 17時49分25秒 | 考える
金持ちの定義
(私は) どのくらいの金が欲しいのか?
人は期待が満たされて、初めて金持ちだと自覚するのではないか。 

脳はまず、問題が明らかにならないと、答えの出しようがない。 
目標が明確になったら(?)、その目標解決に見合った行動は何か
と考える。


企業は、人(顧客)のニーズを満たそうとする集合体である。
顧客のニーズは、生活における不便、不満を解消することだろう。

そのために、企業は、お客さんの話を真剣に聞き取っていく。
そのうえで、圧倒的に多い不満は何か? ・・・と考える。

だから、・・・せねばならない。 (逆転の発想)

アイデアを実現できるプロを集める。
従業員だけで成功する方法

上司に対する不満 → 上司が偉くなれば、自分も偉くなる。
上司のニーズに答える。
他人がやりたがらないことを、進んで引き受ける。

以前、読んだ本に、そんなことが書いてあったような。 

今では、もう、あまり役に立たない知識かもしれない。 

しかし、もう少し考えてみると、企業も人(個人)も、
結局は同じようなものではないか。



酒飲みは、相手が欲しくなる。 (突然変異・・・?!) 

一度、吹っ切る必要がある。
いつまでも、愛だの恋だのと言っている年代でもあるまい。 

別の形の感情操作。
それに、体力回復・・・ 「生きているという証」 

とは言うもののねぇ~・・・。

今後の体力、知力、そして記憶力 ・・・、
う~~ん・・・、 どうなんだろう・・・?
どうも、私は弟にすら、信用されていないようだ。
 

「本当は、どこでも、何でも、何回でも、同じことが出来なければ
ならないのでしょうが、私は一回しか出来ない。」  高倉 健
  

死ぬな!!  
どんな名優でも、一回しか経験できない大切な時間だ。


何かをやろうとするなら、生き続けねばならない。
・・・さらに、死んだ人間は、「過去」 に対して、何一つ抗弁できない。
コメント (2)