80歳に向けて・「新風来記」・・・今これから

風来居士、そのうち80歳、再出発です。

鼓舞

2018年02月26日 11時31分04秒 | 詩とか歌とか
強くなれ、強くあれ。
人は強くなければ生きていけない。
生き続けられない。

強さは力だ。
強さがあれば、多少の事にはたじろがない。

聴け!! 自分の内なる叫びを!!

それを実現しうるもの、
それは自分の強さ以外の何ものでもない。

強さこそは、自由の土台なのだ。
コメント (2)

迷いの森を

2017年10月24日 05時45分41秒 | 詩とか歌とか
洞(うろ) 洞(うろ)と 求め求めて 迷いの森を
 どこに向かって 彷徨(さまよ)い歩く  人生始末

コメント

晩秋の夜

2017年10月20日 18時47分52秒 | 詩とか歌とか
晩秋の夜、問わず語らず、ただ一人、
雲の向こうに満月を見る。

平成29年 (2017年) 10月18日(水) 曇り
コメント

遠い昔に

2016年03月24日 19時10分41秒 | 詩とか歌とか
遊び疲れて気がつけば
夕日は落ちて、風寒く、
仲間はいつか皆家に。

私はひとり、ただひとり、
帰り損ねて家の蔭。
帰り損ねた私は
これからどこへ行けばいい?

独りぽっちで夕闇さんと、
追いかけごっこでもするか。

垣根の向こうに友の声
家の明かりのほの温かさ。
とぼとぼと、家路を急ぐ悲しさよ。

むこうで私を呼ぶ声は
怖く嬉しい父の声。
コメント

どこに向かうか 独り旅

2016年01月30日 08時14分58秒 | 詩とか歌とか
昼間の自分は よく見えて
これはちょっとと思いつつ
このまま行っていいのかと
何もしないで考えて
時間ばかりが過ぎていく。

そいつがどうにも怖くって
鞄を肩に外歩き
時間追いかけ
ふらふらと
行き先決めずに彷徨 (さまよ) い歩く。


夜なら闇に総てが隠れ
誰にも見えない私の姿
闇に包まれ守られて
何故か心が落ち着いて
私にゃそこらがちょうどいい。

そんな気がして
昼間寝て
夕方近くに目を覚まし
朝日の昇るその前に
布団被って目を閉じる。


試してみたが眠れずに
何故か気持ちが定まらず
逆に気持ちが冷え切って、
布団飛び出し部屋を出る。
これからどこへ行けばいい?


寄り添う友の姿無く
道ゆく人の影も無く
この道独り、ただ独り
何も語れず何も見ず
行く先知れぬ旅を行く。
コメント (2)