920の娘

東京生まれの東京育ち。趣味のゴルフのこととか旅行のこととか。あとは適当に何でも書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビヨンセのコンサート@神戸

2009-10-12 21:55:10 | 落語、お芝居、コンサート
なんとわざわざ神戸まで行って生のビヨンセを見てきた。

太ももしっかりしてる!かっこいい&可愛い。

登場の音楽はいつも渡辺直美が踊っているやつ。

うわ、渡辺直美じゃなくて本物のビヨンセだ、と感激。

私の席はそんなにいい席ではなかったのでついつい大型スクリーンを見がちになってしまうのだけれど

(野球場に野球を見に行ってスクリーンばかり見てしまう感じ?)

スクリーンもかなり高画質&凝っていて、ついつい見入ってしまったのは私だけではない気がする。


アラニス・モリセットの歌を歌ったときは本人の声と激似。カバーだとは思わなかった。

衣装は全体的に趣味悪いけどビヨンセだったらいいっか、と許してしまえる。

ビヨンセが大好きだったあの人と一緒に行けたら楽しかっただろうにとふと感傷にひたってしまった。
コメント

jeal kb 3rd ワンマンライブ “秋薔薇ノ乱”

2005-10-29 23:38:18 | 落語、お芝居、コンサート
ロンブー淳がヴォーカルを務めるビジュアル系バンド"jeal.kb"のワンマンライブを観に行く。何故なら友達に誘われたから。私は亮君の方が好きなんですよ。だって性格よさそうじゃない?そうしたら亮君も出てきてちょこっと喋りました。淳はわりと歌上手いです。

コメント

ユンディ・リー ピアノリサイタル@ザ・シンフォニーホール

2005-10-11 23:53:10 | 落語、お芝居、コンサート
ユンディ・リー様のコンサートを観に、わざわざ大阪出張。
曲目は、モーツァルト「ピアノ・ソナタ10番 ハ長調K.330」、シューマン「謝肉祭op.9」、リスト「スペイン狂詩曲」、そして最後にショパン「アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ 変ホ長調op.22」でした。
3年前のコンサートはチケットを取り損ねたので今度こそと思っていたらやはり東京での公演は取り損ねてしまい、大阪はチケットが残っていたので迷わずチケットをGET。だってそうでもしないといつ観られるか分からないんだもの。
ではここで素人ならではの感想を述べさせていただきます。
なんか、音が違う!
全然違う!
一つ一つの音が繊細かつダイナミック。
アンコールで何度も何度も出てきて演奏をしてくれたけど、一晩中弾いてて欲しいと思うくらい、美しかったです。演奏もルックスも。
未だ感動冷めやらず。
コメント

立川談志一門会@国立劇場大劇場

2005-08-31 23:01:00 | 落語、お芝居、コンサート
初めて聴く生の談志師匠でした。
談笑の金明竹は東北弁バージョン。
談春はいいですね、やっぱり。聴き入ってしまいます。
しかしサゲをかみ、本人も苦笑い。
今回、とても腹立たしかったのが、私の席のそばに座っていた酔っ払いジジイのお陰で落語に全く集中できなかったこと。公演中に大声をあげるわ、関係ないところで拍手するわ周りに座っていた観客はちっとも落語に集中できず、劇場も対応が遅く、そいつをつまみ出すまでは、ほんっとに苛々しました


コメント   トラックバック (1)

のようなもの

2005-07-20 16:31:19 | 落語、お芝居、コンサート
最近はまっているもの。
三遊亭金馬師匠の『居酒屋』。
「できますものは汁、柱、鱈、鮟鱇のようなもの、鰤にお芋に酢章魚でござい、ヘェーイ」。
先週から聴き始めて毎日4、5回は必ず聴いてます。
そのうち飽きるのだろうけれど飽きるにはあまりに勿体ないと分かっているのでしばらく聴くのをやめようと思います。(ガマンガマン)
コメント

湯屋番

2005-06-09 23:32:28 | 落語、お芝居、コンサート
池袋夜席。たい平師匠「湯屋番」でした。
「青菜やろうと思ったんですけど道灌を演っていた人がいたので青菜はやめます。」と仰っていました。私がリクエストした「金明竹」には一言も触れていなかったけれど・・・。(この噺はやらないのかな)
コメント (2)

生たい平師匠に会った!!

2005-06-08 23:01:29 | 落語、お芝居、コンサート
たい平師匠、喬太郎師匠、彦いち師匠を目当てに
今日が誕生日の友人GAKUさんと共に新宿末廣亭夜席に足を運ぶ。

寄席終了後、焼き鳥食べたい気分。
末廣亭近くの焼き鳥屋さんに入ると何とたい平師匠ご本人と目が合った。
恐らく本人に違いないとは思ったものの一瞬びっくりして何も言えずそのまま席についた。
ビールと焼き鳥を注文しも我慢しきれなくなり
「たい平師匠、本日はお疲れ様でした。」と声をかけてしまった
「末廣亭にいらしてたんですか?」とたい平師匠。
「たい平師匠が目当てです。日曜日のにぎわい座にも行きました。」と私。

しばらく時が経ち、たい平師匠が我々に
「頼まれてもいないけど書いてみました。」と言って
2枚の紙をそれぞれに手渡してくれた。
そこには「笑顔が見たくてこの仕事」「一樹の木陰ひとときの涼」「林家たい平 2005.6.8」
の文字と絵がスラスラと書かれてあった。
大感激で写真も一緒に撮ってもらいました。

たい平師匠はファンを大切にするとても良い方でした

また「明日は池袋ですよね」と言うと、「じゃあリクエストしてくれたらその噺をするよ。」
私は迷わず「金明竹」GAKUさんは「青菜
明日ほんとにやってくれるかなドキドキ。

コメント

林家たい平独演会vol.9「天下たい平」 @横浜にぎわい座

2005-06-05 20:09:23 | 落語、お芝居、コンサート
前座は金原亭駒春さん。若いのに上手ですね。DNAの違いかな。

たい平師匠は昨今のレッサーパンダブームにちなんだ新作一本と「たがや」と「船徳」を演じた。
「たがや」は地噺で。(地噺:落語の形式の一。登場人物の対話によらず、演者が聴衆に状況や心理の説明を行いつつ、筋を進行させる。大辞林 第二版)
たい平師匠はサゲを変えていたのですがたい平師匠らしい爽やかなサゲだと思いました。

コメント

Jack Johnson ~ジャック・ジョンソンのコンサート~

2005-05-25 12:10:21 | 落語、お芝居、コンサート
今日Jack Johnsonのコンサートに行きます

私はあまり音楽は詳しくないのですが、彼とG.Love and Special Sauceは好きですね。

帰ったら詳細ご報告します。
コメント   トラックバック (2)

ルミネtheよしもとに行ってきた

2005-05-11 23:13:44 | 落語、お芝居、コンサート
品川庄司見たさ。
特に品川さん。
新喜劇も初体験です。
出演者は、タカアンドトシ、2丁拳銃、アップダウン、Bコース、ビッキーズ、品川庄司、千原Jr.、キムキム兄やん、大山英雄他。

感想:
吉本新喜劇は面白い。
アメリカのシチュエーション・コメディと一緒ですね。東京にはああいうお笑いの舞台の手法というのがあるのでしょうか?
残念だったのは修学旅行の団体がうるさかったこと。
一般のお客さんははっきり言って迷惑だし、舞台の上の芸人さんもやりにくいったらありゃしない。ルミネは修学旅行のお陰で収益上げてるのかもしれないけど、どうもよろしくないね、あれは。品川庄司も苦笑い。というか半ばあきれてました。

コメント