920の娘

東京生まれの東京育ち。趣味のゴルフのこととか旅行のこととか。あとは適当に何でも書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

くろ黒亭@幡ヶ谷

2009-10-10 19:19:33 | レストラン(その他)
しゃべくり007でチュートリアルの徳井さんがおすすめしていたお店と思ったら

徳井さんじゃなくて有田さんだったみたい。完全な記憶違い。

ところでここは豚しゃぶだけでなくつまみも旨いね。

宴会にも、軽く飲んで食べるのにも重宝しそう。

くろ黒亭
〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷2-48-5
TEL:03-3373-2117
コメント

ダンディゾン(吉祥寺)

2008-06-21 17:05:04 | レストラン(その他)
デュヌラルテのパンもおいしいんだけど
http://www.dune-rarete.com/
友達におしえてもらった吉祥寺のダンディゾンのパンもおいしかった。
http://www.dans10ans.net/

焼きたてのパンはなんだって美味いとは思うけどね
コメント (3)

かど家@両国(軍鶏鍋)

2006-01-31 17:50:22 | レストラン(その他)
江戸東京博物館に広重の名所百景を観に行く。
と、その前に腹ごしらえ。
この方のサイトを参考にさせていただく。(あと東京新聞の「味な老舗」のバックナンバーより)
「太田なわのれん」の鶏バージョン。
お昼はきじ焼きや親子があるということだったが、今回は名物の軍鶏鍋を賞味。
鍋は秘伝の八丁味噌。
軍鶏と地鶏を掛け合わせたという鶏の様々な部位がお皿に盛られてやってくる。
モモ肉だけではなく、レバー、砂肝、皮といった部分もふんだんに盛り込まれている。葱、豆腐、春菊を一緒に入れて、溶き卵につけていただく。
卵も鮮やかなオレンジでぷっくらふくらみ弾力がある。
ご飯のおかわりをしてしまった。
卵もおかわりすればよかった。
お値段はお昼にしてはちとお高いので用心を。


住所: 墨田区緑1-6-13
電話: 3631-5007
予算: 7000円~
営業時間: 12:00~14:00 17:30~21:00
定休日: 日曜、祝日
コメント   トラックバック (8)

オリエンタルラウンジ@マンダリン・オリエンタル東京

2005-12-16 20:56:54 | レストラン(その他)

とりあえず行ってきました。確か12月5日オープンだったのですよね。
日本橋三越隣りの三井ビルの上層階(30-38階)を占拠しているマンダリン・オリエンタル。レセプションは38階で、エレベーターで到着するとそこには息を呑む様な東京のパノラマが広がっている。お茶をしたオリエンタルラウンジは38階。37階にのバー、ダイニングも絶景が見渡せるようになっている。夕暮れ時は本当にロマンチック。期待以上に素敵でした。(写真は37階からの眺め)
コメント (6)   トラックバック (7)

スコット@熱海(洋食)

2005-10-27 17:40:26 | レストラン(その他)
伊豆高原からの帰り道。
母が熱海の「スコット」に行こうと誘う。

「スコット」は昭和21年創業。谷崎潤一郎、志賀直哉、高見順などの文人たちが足繁く通ったという洋食屋である。熱海で洋食といえば「スコット」らしい。
ビーフシチュー(2625円)が看板料理のようなので注文してみる。トロトロに柔らかくて口の中で溶けてしまいそうな食感。

「スコット」
住所:静岡県熱海市渚町10-13
電話:0557-81-9493
コメント (3)

上海園林@浜松町

2005-10-07 23:39:41 | レストラン(その他)
田町のジャパンタイムズホールでコンサートを聴いた後、新亜飯店の小龍包を食べようとしたら、ラストオーダーが21時半ということで断られてしまった。残念、気分はもうすっかり中華だったので、以前行った事のあった貿易センター向かいの上海園林へ。

ここのお店は会社関係の知り合い(上海出身の方です。)のおばあ様がオーナーであり、初めて利用させていただいたのは、その方の送別会の席。前回お料理を美味しくいただいたので、この日も利用させていただきました。

うん、美味しい。至極真っ当。お店も綺麗だし、サービスも行き届いているし、普段使いに最適。

上海園林
住所:〒105-0013
   東京都港区浜松町1-29-6
   浜松町セントラルビル1F
電話:03-5472-6606
コメント (2)

レチュード(L'ETUDE)@赤坂(フレンチ)

2005-10-07 14:24:09 | レストラン(その他)
父920クニオ(60歳)が通勤途中、歩いていて見つけたフレンチレストラン。
赤坂アークヒルズの向かい、道路一本奥に入ります。

スープ、メイン、デザート、コーヒー又は紅茶付きのランチコースが1300円とお手頃です。その他、前菜が付くコース、メインがお肉とお魚両方選べるランチコースなどがあって、値段はコースによって異なります。(当たり前か)

店内はビストロより少し高級感のある落ち着いた雰囲気。


人参のポタージュ。飲む前に写真を撮るのを忘れてしまいました。


テーブルには小さくて可愛い生花が飾ってあり、こんなちょっとしたことでも和みます。

メインはヒラメのポワレとスズキのフリット。ソースはオランデーズソース(だったと思う。)わりとクラシックなフレンチの味でボリュームもなかなかのもの。


デザートは大きなお皿にちょこっと乗ってきました。パッションフルーツのシャーベットとパンプディングのようなケーキ。私はパッションフルーツ大好きなのでうれしかったです。


壁に飾ってある絵も秋の季節を感じさせます。(反射してよく見えませんね。)

元々は飯田橋で「ラ・ターシュ」という名前で営業していたそうですが、赤坂に場
所を移し、名前も「レチュード」に変えたそうです。ちなみに私の友人でグルメなシバモトさんは「ラ・ターシュ」に行ったことがある、と言っていました。

今度はディナーでも来てみたいです。

レチュード
住所:港区赤坂2-21-10
電話:03(3583)2121 
営業時間
ランチ  11:30~15:00 L.O. 13:30
ディナー 18:00~23:00 L.O. 21:30
コメント (1)

シンスケ@湯島(居酒屋)

2005-10-07 08:26:58 | レストラン(その他)
居酒屋の名店特集。

森下の「山利喜」。BRUTUSの今月号の表紙になっているのを見かけ、まだ行ってない私は「これでまた人がワッと押し寄せて並ばなきゃいけなくなるよ」と残念な心持。

湯島の「シンスケ」は去年の冬、GAKUさんに連れて行ってもらった。お酒は「両関」と呼ばれるお酒一種類のみということ。ほほぉ~、こだわりが感じられますね、ってな感じで夜の帳がおりると共に、4代続く居酒屋にしてはわりと新しい引き戸をガラガラ引くと、既に店内は人で埋めつくされており、最後の一席がちょうど残っていた。客は40代、50代のインテリっぽい客が大半。20代の若造は我々のみ。その人らの視線を浴びながら奥の席に着き、お酒を注文し、ぬたやてんぷら(確かきびなごだったかしら)を肴にくいっといってみる。

くいっといってみた感想。
もっと年とってから一人で呑みに来たい場所でした。以上。

以下は「居酒屋の流儀」(著者: 太田和彦、発行: 講談社)からの引用:
『東京湯島天神下、「正一合の店、シンスケ」は創業昭和元年、取材時(平成10年)で開店72年となる東京の居酒屋を代表する名店だ。大カウンター前には白徳利がずらりと並び、その上には値段明記の短冊品書がはり出され目を楽しませる。余計なものがなにもない店内はまことに潔くキリリとしている。酒は戦前から扱っている秋田の「両関」1種のみ。看板の正一合で大吟醸1,500円、純米520円、本醸造500円。秋から冬には樽酒も出る。肴はすべて東京の正統的な居酒屋の肴ばかりだ。久里浜産の蛸ぶつ、きちんと作られたぬた、浅蜊と豆腐の深川豆腐、いわしを粗めにたたいて揚げたいわし岩石揚げなどの定番から、新タケノコ若筍煮、谷中生姜、鮎、はも、なまりと新ごぼう煮などが季節を伝える。』

こちらの特集「由緒ある居酒屋」も是非参考に。(山利喜も載ってます。)
コメント

リストランテ濱崎に行ってみた・・・

2005-10-06 22:53:45 | レストラン(その他)
言わずと知れたリストランテ濱崎。
一ヶ月前から予約してやっと行きましたよ。

感想。
友人のシバモトさんと行くも、私のほうが先に店に着いたので席で待っていたのだが、その間飲み物を勧めるでもなく私は放ったらかし。2人揃ったらアペリティフの説明に入ろうと思ったのかもしれないが、放ったらかしはちょっと寂しかった。店に先に入る私が悪いのだろうか?いや絶対に違う。普通飲み物くらい勧めるだろう。

食事は一ヶ月待たされたわりには普通だと思った。どれもあまりピントの無い味で印象に残る料理が無かったように思う。
あ、デザートのモンブランだけは美味しかったな。
コメント

ざくろ@日暮里(ペルシャ・トルコ料理)

2005-10-04 23:12:11 | レストラン(その他)
シバモトさんが水タバコが吸えるお店、と言っておしえてくれた。
飲みきれないコース付きの食べきれないコースで3000円、食べきれないコースのみだと2000円でかなり安い。
床に座って食べるのだが、出てくる料理はどれも本格的で美味しい。
ただ難点が一つあって、これを長所と呼ぶか、短所と呼ぶかは人によって意見が分かれるところだが、オーナーが超ハイテンションで一度行くと大変疲れてぐったりしてしまうことが難点だ。それでも料理が美味しかったし、安いのでもう一度行ってもいいかな、と思う。

ちなみにAll aboutにも「エスニック好きなら一度は行くべし!」との紹介が。

ざくろ
荒川区西日暮里3-14-13
日暮里小西ビルB1F

コメント (4)   トラックバック (1)