両国の布花と日々の暮らし ~阿藤雅恵布花Studio PRIMAVERA~

山上るい先生の布花をたくさんの方に知っていただき、布花を作る楽しさや技術のヒントなどを、お伝えしています。

サイトリニューアルしました。

教室やレッスンのご案内、過去作品のアーカイブなどを掲載しています。
阿藤雅恵布花スタジオPRIMAVERA
旧ブログはこちらからご覧ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

るい先生の大輪牡丹 Nina さん完成しました

2017-08-29 09:42:31 | 布花レッスン


牡丹はシルクデシンを花弁用に1メートルカットします。同様に葉も一メートルで一本用です。
染色に少し時間はかかりますが、コテではなくガーゼに挟んで手撚りなのが一番の難関です。
ニナさんも手に豆を作り頑張っていました。



ようやく完成です。
顔より大きいくらいな大輪に大満足しました。
お疲れ様です。頑張りました。



私がるい先生のアトリエで習った25年前のアンティークになった牡丹と一緒に。
Ninaの夢の一つにドイツに布花の牡丹園を作ることも加わりました。

展覧会の布花たち。百合のリース色々、コスモスアレンジなど

2017-08-25 09:29:24 | 展覧会


ショッキングピンクの百合を生かすようにアレンジしました。
ここにも大好きなハーデンベルギアが大活躍しました。



コスモスは初秋を感じさせてくれる花です。
大きくて安定感のあるアレンジのお助け布花の一つのモンステラの葉を使い低いカゴに生けました。



ベージュに染めたカサブランカとるい先生のリースのご本にあるビロードの花穂、白のオールドローズなどで
気品のあるリースになったでしょうか?

まだまだ沢山の布花作品が展示されます、どうぞお出かけくださいね。

交通会館での布花展準備中の布花リースなど続々完成しています

2017-08-23 21:39:54 | 展覧会




布花5人展ですが、長年お休みすることなくずっとご一緒に習い続けているので、お二人一緒に生けました。
シルバーキャットは地味ですがおしゃれなので根強い人気の白い野草のような花です。
るい先生の御本のピンク色のペチコートをはいた薔薇は本当に可愛いですね。



小さな小さな豆のような花を付けたハーデンベルギアをふんだんにカゴに飾りました。
優雅でそして豪華です。大好きな花です。



小さな山つる紫陽花はしっとりと大人の雰囲気を醸し出しています。

まだまだほんの一部です。皆様是非お遊びにいらしてくださいね。

Ninaさんの色々な薔薇レッスンの作品たち

2017-08-22 22:13:19 | ニードルパンチ




るい先生の枯れていく花の御本が大好きで前回来日の時より一層勉強したので今回はとても
簡単に?次々進んでいます。
ご本人は難しい,上手に作れないと嘆きますが、なかなか努力家なので進歩は著しいです。



この薔薇はコテが1寸2分の大きな丸ごてを使います。
るい先生の付けられた薔薇のタイトルが、口紅を付けすぎた薔薇、というのなので、日本語のわからない方に
いい加減な英語で説明しながら苦笑いのわたしです。
Ninaさんの日本滞在もあと一ヶ月です。一緒にもう一頑張りしましょう。

黄色のロロ薔薇と生徒さんの宿題の薔薇たち

2017-08-20 21:06:47 | 布花レッスン


黄色の薔薇を作りました。
珍しく花びらも葉も全部ツイルでカットしました。
葉の表には絖を染めて使用しました。
ロロ薔薇はるい先生が、薔薇のご本で「薔薇が咲いていくさまに、ろろ、ろろ、ロロ、ロロ、と
音楽を感じた時があります。丸く花芯を抱く様を、だからわたしはロロ薔薇とよんでいます。」
とおっしゃっていました。
以来私たちも丸く花芯を抱く薔薇が大好きでロロ薔薇と呼んで愛しています。



毎月宿題を完成されるとご持参してくださる Y田さんの初めてのロロ薔薇です。
渋めのワインカラーはロロ薔薇をとても魅力的にしてくれたようです。