両国の布花と日々の暮らし ~阿藤雅恵布花Studio PRIMAVERA~

山上るい先生の布花をたくさんの方に知っていただき、布花を作る楽しさや技術のヒントなどを、お伝えしています。

サイトリニューアルしました。

教室やレッスンのご案内、過去作品のアーカイブなどを掲載しています。
阿藤雅恵布花スタジオPRIMAVERA
旧ブログはこちらからご覧ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

布花のお供え餅作りました。毛糸の花もモコモコです。

2017-12-16 23:20:16 | ニードルパンチ




お正月の飾りにとお供え餅を作ったら、レッスン希望の生徒さんがいらしてびっくりしましたが,やはり可愛いかも。
橙、みかんも。干し柿も絹を染めて作りました。
昆布は古い柔らかい絹でパリパリの感じを出しました。干し柿とても気に入ってます。
1センチくらいです。



毛糸のコサージュは私の楽しみで習い始めて5年以上経ちました。
ニードルパンチと言ってモヘヤなどで作ります。
どなたでも楽しく制作できるので、オススメです。
煉瓦画廊のチャリティー展も今年が最後ですがまた参加できて嬉しいです。

この記事をはてなブックマークに追加

Ninaさんの色々な薔薇レッスンの作品たち

2017-08-22 22:13:19 | ニードルパンチ




るい先生の枯れていく花の御本が大好きで前回来日の時より一層勉強したので今回はとても
簡単に?次々進んでいます。
ご本人は難しい,上手に作れないと嘆きますが、なかなか努力家なので進歩は著しいです。



この薔薇はコテが1寸2分の大きな丸ごてを使います。
るい先生の付けられた薔薇のタイトルが、口紅を付けすぎた薔薇、というのなので、日本語のわからない方に
いい加減な英語で説明しながら苦笑いのわたしです。
Ninaさんの日本滞在もあと一ヶ月です。一緒にもう一頑張りしましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

房すぐりは甘酸っぱい想い出の花

2017-07-11 22:33:20 | ニードルパンチ


赤いたわわに実った房すぐりの枝が青山フラワーマーケットに飾られていました。
20年も前に六本木の教室の近くのゴトウ花店でも日本橋でも見つけると嬉しくて重い鉢でも、買って帰りました。
どうして昔は鉢植えだったのかしら。
今は枝で十分楽しめますもの。
魅力的な枝です。
淡い緑と白の花は、これも大好きなアナベル、アジサイの仲間です。
大きな塊の花には小さな花が2000枚?以上もっとかな。
色が移ろうとまた素敵になります。



布花の房すぐりです。
可愛いですね。

この記事をはてなブックマークに追加

薔薇のレッスンと八重のかすみ草

2017-03-05 23:05:07 | ニードルパンチ


蕾の薔薇はサテン20枚で作りました。大人色がすてきです。



お友達のウエディングの二次会用ドレスの薔薇のプリントに合わせた薔薇の色で作りました。
二度目のロロバラですが、一度目が大福餅?雪だるま?おまんじゅう?系でできてしまったからリベンジですと今回は頑張りました。
ご本人曰く、素敵に出来て、あげるのが惜しくなりました。残りの薔薇が楽しみですね。
自分でも気に入って手放したくないものが、喜ばれる布花というのが現実です。



前回の宿題の一部が完成したのでと、シルクジョーゼットの八重咲きかすみ草をご持参くださったので
写しました。尊敬に値するような細かい作業ですが、素晴らしいですね。

この記事をはてなブックマークに追加

お雛様クリムト風?階段の隠れたお雛様集団

2017-02-16 17:40:57 | ニードルパンチ


アトリエの玄関にお雛様を飾っています。狭いのでミニチュアの、手のひらサイズばかりです。
銀座の仏壇屋さんハセガワギャラリーで一目惚れ(私は惚れっぽいです)して買いました。
土鈴になっている土雛に手描きで桜が描かれ、屏風も桜の絵です。
クリムトの絵画を思い出します。大人の雰囲気が素敵です。



先日の東京ドームのテーブルウエア展で博多人形のレリーフが、小さくてあまり可愛いのでこれも一目惚れです。



両国駅では千葉・勝浦の階段に100組以上のお雛様を飾るお祭りの宣伝をしています。
総武線、西口(国技館側)のエスカレーターで降りた反対の階段で発見しました。
わあ!とても得した気持ちです。すごいな!

この記事をはてなブックマークに追加