ロッシー小川ブログ  MY FAVORITE LIFE

女子プロレス、ルチャ・リブレ、レトロなどなど、プロレス人生を謳歌するロッシー小川の仕事や趣味について大公開!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女子ガイコク人列伝(第43話)エイプリル・ハンター

2009年02月03日 09時35分26秒 | 女子ガイコク人列伝
1971年9月24日生まれ、米国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。175cm、70kg。(得意技)ラリアット、スタンディング・ムーンサルト
 若い頃から筋骨隆々でもの凄い筋肉を誇っていたが、グラビア雑誌のモデルを経て、98年にケビン・ナッシュ率いる、あのnwoのマネジャー役でWCW入り。そのセクシーなマッスル・ボディで人気を集めた。しかし、本格的なプロレスラーをめざし、ボストンにあるキラー・コワルスキー道場に入門。ここからはHHHや、チャイナが育っており、“第2のチャイナ”と注目された。
 東海岸のROHなどに出場していたが、日本へはトヨタ社のファンカーゴというCM撮影で来日。これにはバイオニックJも撮影に参加した。02年11月にNEOに来日したが、私が彼女を知ったのがAtoZ旗揚げを控えた03年6月頃だった。ロス在中の日本人ブッカーに旗揚げ戦に参戦させる外国人のブッキングを依頼すると、リストに上がったのがエイプリル・ハンターだった。写真を見て一発で来日を決めたが、それはそれは素晴らしい肉体を誇っていたものだ。ラリアットの迫力、リフトアップするパワー…これぞ男子顔負けの新しいタイプの女子レスラーと思った。しかし、アメリカではプロレス活動だけでは生活できないらしく、普段はパソコンを使って、オペレーターのような仕事に就いており「3週間以上の滞在は不可\能\」と言われてしまった。
 AtoZでは旗揚げ戦のみで招聘したが、一緒に来日したアリソン・デンジャー(スティーブ・コリノの妹)とステーキハウス「リベラ」に連れて行ったものだ。その後「一軒家プロレス」の映画化で再び招聘。2週間のロケはすべて東京都下のホテルに宿泊し、アクション・シーンをこなした。私はホテルへのピックアップだけでロケは見なかったが、かなり激しいシーンが続いたため足首を捻挫してしまった。クランクアップ後の1週間は、AtoZのツアーに出場させる予定が入っていたため、道場に連れて帰り、応急処置でなんとか試合には間に合った。
 声はハスキーでいかにも薬物を使用しているようだったが、あの肉体は分厚いステーキのよう。ボストンで親しくなった坂井澄江がブッキングし、サブーのチャリティー興行に来日。ゼロワンの大会にも出場していた。直訳すると、“4月の狩人”なんてリングネームになるが、自身のWebサイトでは、アダルト映像や写真も通信販売しており、その肉体を武器に逞しく生きている。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ⅩⅡ ダーク・エンジェル表紙... | トップ | 風香THE BEST »
最近の画像もっと見る

女子ガイコク人列伝」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事