ロビンソン本を読む

本とデザイン。読んだ本、読んでいない本、素敵なデザインの本。

傍迷惑な人々

2018-10-21 19:19:46 | 日記
 ジェイムズ・サーバー著『傍迷惑な人々』(光文社古典新約文庫)。






 著者のジェイムズ・サーバーをアマゾンで検索すると、早川書房の『虹をつかむ男』が出てくる。

 『虹をつかむ男』は『傍迷惑な人々』にも収録されていて、1947年に映画化されている。

 『虹をつかむ男』をネットで検索すると、ベン・スティーラーがリメイク版を作ろうとしていることがわかった。(2014年公開『LIFE!』)


 なぜそんなことを調べたのかというと、サーバーという作家をそれまで知らず、また調べたくなるような短編小説が並んでいたからだ。

 光文社古典新約文庫は、フォーマットが決まっているので、そのほかの多くの作家たちと同じような表紙だが、サーバーの作品の雰囲気に合っている。
 一見、意味があるのかわからない絵が、つい手に取りたくなる軽さを生んでいる。
 つかみどころのない空気は、単純だけれども、何度も見返す、読み返すこととなる。表紙も文章も。

 装丁は木佐塔一郎氏、装画は望月通陽氏。(2012)


絵には薄く影がつき、立体感を出している




 映画『LIFE!』と原作『虹をつかむ男』で同じなのは、空想好きな主人公の名前くらいなもの。
 原作は、半径3メートル程度の世界から抜け出すことはないが、空想で地球を飛び出すこともある。
 ベン・スティラーの生活も似たようものなのだが、徐々に現実が空想を超えていく。

 空想しているとぼんやりするので、よくないこととして描かれているように見えるが、空想することで、大きな一歩を踏み出すことができたでしょうと、空想を奨励しているようでもある。
 映画そのものが、空想の塊なのだし。(2014)

コメント

手創り市

2018-10-21 19:12:40 | 日記
『手創り市』出品予定の手製本が完成。








手創り市
10月28日(日)
養源寺
東京都文京区千駄木5-38-3
http://www.andscene.jp/index.html
コメント

棕櫚の葉を風によそがせよ

2018-10-19 20:04:24 | 日記
野呂邦暢『棕櫚の葉を風によそがせよ』





 好きな作家だけれど、まさか小説集成として新しく本が出るとは思っていなかった。

 40年以上も前に書かれた文章とは、とても思えない。
 作中に出てくる戦争の影さえ、ついこの間のことのように感じられてしまう。
 そんな瑞々しい世界に浸った。

 一遍読み終わると、次の作品の扉が目に入る。
 薄くアミのかかったページが、余韻をすーっと吸収していく。

 表紙は、野呂邦暢のファンでないと手に取らないだろうと思うくらい主張していなくて、そっとしておいてと囁かれているようだ。

 でも見つけてしまったので、次の2巻も読みますよ。

 装丁(書容設計)は羽良田平吉氏。(2013)


帯、カバー、表紙、見返し

コメント

インド夜想曲

2018-10-17 19:27:39 | 日記
アントニオ・タブッキ『インド夜想曲』





 最初に読んだアントニオ・タブッキは『インド夜想曲』。

 なんとも刺激的な本だった。

 まるで夢物語のような、イタリア人のインド旅行記、のような小説。

 インドにいれば、目の前で起きていることが、夢か現実かわからなくなる感覚。


 ぼくが持っているのは、白水社のハードカバー。

 華美でなく、地味でない表紙。折り返しに見える模様が奥行きを感じさせ、一筋縄ではいかないインドを表現しているようにも見えてくる。

 装丁は田淵裕一氏。 (2012年)





1992年発行のこの本は、バーコードがなくすっきりしている。

コメント

インパラの朝

2018-10-15 19:51:12 | 日記
中村安希『インパラの朝』





 本棚の中で4年眠っていた本は、開くと、紙の四囲がうっすら黄色に変色していた。

 もともと経年変化が顕著な紙だろうから、版元はこうなることを想定していただろう。

 やや古くさくなったように見える本文用紙は、著者の2年間に及ぶ旅の疲れや汚れを象徴しているようにも見える。

 しかし、カバーは変色することなく、写真の真ん中に配置されたまっ白な明朝のタイトル、まっ白な角背の中央にスミ文字と、極めて凛々しい。
 著者の真っすぐな姿勢と重なってくる。


 装丁は鈴木成一デザイン室。(2014)


帯の著者の写真が大きい。





カバー袖の著者プロフィール。
ここまで写真を大きくしなくても。
写真は小林紀晴氏。

コメント