輪-Rin News

繋がる人の輪
季節の風を感じながら過ごす大切な時間。

さくら日和

2010年03月30日 | あすか便り
久し振りに風もなく、春の明るい陽射しの飛鳥です。
飛鳥川沿いの桜は、満開まであと一息というところ。

誠トヲル個展 春先遊戯・3月31日(水)~4月4日(日)

2010年03月29日 | ギャラリーから
奈良県出身、京都市立芸術大学デザイン学科在籍の誠トヲル(マコトトヲル)さんは
イラストレーションやポスターデザイン等、学業の傍ら、関西を拠点に活動中です。
今回は、地元での初展覧会&初の個展開催となります。
若さと独自の感性で築かれた世界をお楽しみ下さい。
会期中はポストカードの販売などもあります。

今週末はここ連日の寒さも少し緩み、ちょうど桜も見頃となりそうです。
皆様のお越しを心より、お待ちしています。

創作粘土~春の花展~開催中。

2010年03月25日 | ギャラリーから






桜、水仙、ヒアシンス、ムスカリ、菜の花、スノードロップ・・・
春の花が満開です。

創作粘土 春の花展・3月25日(木)~28日(日)

2010年03月23日 | ギャラリーから
夢工房主宰の辻 由美子さんとその教室の皆さんの作品展が開催されます。
樹脂粘土、紙粘土、土・石粉粘土で作った春の花々が、にぎやかに集います。

そろそろ見頃を迎える飛鳥の桜。
お花見にお越しの折には、是非お立ち寄り下さいませ。

日本画展・画廊飛鳥

2010年03月21日 | あすか便り
古民家を生かした画廊飛鳥では、今、明日香村在住の日本画家、烏頭尾先生ご夫妻の作品展が開催されています。
精先生は「明日香の風景と鳥たちの景」、忠子先生は「花とドール」をテーマに出展されています。
古い話ですが、忠子先生は、私が幼稚園年長組の時の担任で、お絵かきを熱心に指導して下さったことを記憶しています。
おふたりの柔らかい色使いの作品の数々、そして会場の落ち着いた雰囲気に、心和むひと時でした。
会期は28日(日)までです。

画廊飛鳥では、これからのシーズン、様々な展示会・イベントが企画されています。

Workshop ご案内( 型絵染め)

2010年03月19日 | ギャラリーから
型絵染めの講習会を開催します。
はがき大の和紙に、渋紙の型紙をつかって、季節の絵柄を染め上げます。
写真は5月の絵柄の一例です。
当日は春夏秋冬、四季の絵柄の中から3種類をお選びいただき、お好きな色合いで染めていただきますので、
それぞれに個性豊かな作品に仕上がります。
作品は絵はがきとして、また額等に入れて、季節ごとに飾って楽しんでいただけます。
  
   日時:4月9日(金)   13:15~15:15
       または
       4月10日(土) 13:15~15:15

   場所:輪-Rin 

   講師:遊染倶楽部 内田 恭子さん

   参加費:1300円(材料・和紙はがき3枚 講習費含む)

   持ち物:エプロン

        お申し込みは4月4日までに、輪-Rinへご連絡下さい。

足袋ソックス

2010年03月18日 | ショップから
昔、おばあちゃんがはいていた懐かしい足袋型ソックス。
“タビックス”なんて呼んでいたけれど、“文化足袋”とも言うらしいです。
布の足袋に比べたら、確かに脱ぎはきし易くて、ぴったりフィットする・・・当時としては画期的だったのでしょうね。
動きやすくて、リラックス感もあります。柄も色々あって楽しいです。
女性用(一足380円)、男性用(一足480円)です。

豆鋏ストラップ

2010年03月14日 | ショップから
携帯していると、いざという時に便利な糸きり鋏(1780円税込)。
小さな鈴も付いて見た目はかわいいけれど、切れ味は抜群の本物ですから
お取り扱いにはご注意を!
ケースの柄は全部で6種類あります。

菜の花畑

2010年03月12日 | あすか便り
♪本番を 待ちて整う 春舞台♪

ここ数日の寒の戻りも和らぎ、少しほっとできる一日でした。
今日は学生さんたちのグループをたくさん見かけました。
そろそろ飛鳥も賑やかになってきますね。
甘樫丘公園は春の香りに包まれていました。


ステッチトートバッグ

2010年03月10日 | ショップから
さらりとした麻布の風合いに、シンプルなステッチが効いたお洒落なバッグ(6510円税込)は、
これからの季節に活躍しそう♪
A4サイズがゆったり収まる38×38×15cm。
3色、どの色も素敵で選ぶのに困ってしまいます・・・