5人と1匹~お気楽家族~プラスα

らぶらどーる寝とり~ば~のれおんとその他大勢のにんげんのくらし。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バイカー(>_<)

2012年01月04日 | にんげん

これ、三男坊のバイク。

 

中型免許を取り 400ccのバイクも買いました。

 

 

み~~~~~~~~んな 勝手に決めて 

何事も 事後承諾。

 

 

もう 親が 何言おうとも 聞く耳は持ち合わせていないよう。

 

本物のバイク乗りは 冬場は乗らないんだよって言っても 聞きません。

 

 

とにかく 今は これが かっこいいんだと 信じて疑わない。

 

自分の好きなモノが ここまでハッキリしていて

しかも

実行してしまう情熱と根性は 立派だと思うけれど

 

 

親の心配は 尽きません・・・・。

 

バイトも夜中の帰宅になるし、

いつ警察や病院から 連絡がくるやも知れぬ不安材料を抱えっぱなし。

 

 

 

自分で選んだ道なんだから 学業だけは 疎かにしないで

無事 卒業して 国試合格して 就職する日を

ただ ひたすら 待つのみ・・・・。

 

おっと、その前に

進級できるかが先決でした。

コメント (2)

『卒業』

2011年03月01日 | にんげん

なんだか終わってみれば あっという間の事でした。

 

三男 S太が 無事 高校を卒業しました。

 

 

部活に明け暮れたこの三年間。

 

 

10キロの道のりを

雨の日も 雪の日も 

台風の時も、暑い夏の日も

 

ひたすら 頑張って自転車で通った。

 

学校が終わると、そのままチャリで 県営プールへ。

自宅を通り越して 山道を上る。

 

他の多くの部員は 部活のマイクロバスでプールに。

 

仕方ないよね。。

 

その分 練習後の帰宅は 誰よりも 早く 家に着くんだから。

 

この三年間で自転車2台。

 

よく 頑張ったよ。

 

カッコわりーーーからと

少々の雨では 合羽も着ないで 濡れて行った。

 

途中でパンクしたことも何度もあったね。

 

 

6歳上のS兄の「弟」だったから

若干の先入観はあったのかもしれないけど

この2人は 兄弟とは言え まったく 違うタイプ。

 

勉強での成績も 部活での活躍も

S兄には 遠く 及ばなかったけど

 

 

そんなものは なんの 事は無い。

 

S太にとって この3年間は

S兄に 負けないくらい 充実した素晴らしい時間だったと

母は わかっています。

 

 

逞しく成長したキミは 母の 自慢の息子です。

 

 

 

校長先生、式辞 ちょっと 長すぎましたよ・・・・(-_-;)

 

なにしろ このあとに わたくし 

卒業生保護者代表で「謝辞」を 述べなくてはならないっちゅう

大役を 仰せつかっておりましたので

 

校長先生のお話を聞いてる余裕はありませんでしたの。

 

 

なにしろ 卒業証書授与式が 

・・・・・・・・・・・・・。

 

有り余る若きエネルギーの放出を 押さえることが出来なくて

・・・特に COコースの生徒たちがね。

 

パフォーマンスがどんどんエスカレート。

 

校長先生は おもちゃじゃないのよーーー!!

 

とか 思ったけれど

 

まあ、これが T校魂?っていうか なんというか

既成の枠では 捉えきれない すごいものが ありました。

 

若さゆえの暴走かもしれないけど

こんな事 許されるのも 今日まで、ココでだけのこと。

 

ここから巣立ったら もうこんなことは出来ないって わかってるんだよね。

 

なので、

わたくし、 原稿の冒頭の一部を変更せざるをえませんでした。

 

「厳粛かつ盛大な」

(^_^;)

そこらへんは臨機応変にね・・。

 

 

思ったほど がちがちに緊張はしなかったのですが

口の中が やたら乾いて 濶舌が・・。

しゃべにくいったら もう。

 

それでも こっちは 必死に カミカミにならないように

がんばったのに・・・・・・・・

 

S太には 「 読むの おせーしィ かーちゃん 」と

ダメ出しされてしまいました。

 

 

とにかく この日の 大一番は 無事終了。

 

生徒退場したあと、

PTA感謝状の贈呈を受けて 漸く 解放され 外へ。

 

すると 今年も 部活の 1・2年生が 卒業のお祝いに来てくれてました。

あとで聞いたら 3年生は 胴上げしてもらったそうです。

 

かわいい後輩たちです。

 

 

「 卒業祝賀会 」の準備もあるので あまりゆっくりはできなかったけど

 

教室にも行けました。

 

 

 

しっかりと 担任と 握手するS太です。

 

ひとりひとり 思い出の 品と 成績表を 手渡されていました。

 

 

先生、お忙しい時間のなか

子供達のために 一人一人に 写真を組み合わせて 

ラミネートでシートに作って下さいました。

 

画像、動画をいれた ディスクも作成して下さっていました。

 

ありがとうございました。

 

最後までいたかったのですが

祝賀会の準備に いかなくてはならず

 

ひと足 お先に 教室を あとにしました。

 

 

・・・・・祝賀会につづく・・・・

 

 

コメント (4)

『 謝辞 』かァ・・

2011年02月28日 | にんげん

きっと、他に 適任な方は いくらでもいらっしゃるのです。

私が やりたいわ!!って思ってる方もいるかもしれません。

それに、 もっと優秀なお子様の保護者が 言ったほうが

ねえ・・・・いですよね。

 

なのに なんで よりにもよって この「わたし」なんでしょうか?

ただの「学年PTA委員長」なんですけど・・

各コースでの 持ち回り制で『 卒業実行委員長 』当たっちゃいました。

(^_^;)

断れないんですよね?

 

 

そうしてこの1年かけて

「 卒業実行委員会 」としての活動を行ってきました。

 

すべては 3月1日の 卒業祝賀会のために・・。

仕事は

卒業アルバム・文集の製作に携わること、

卒業記念品を 決めて 贈呈すること

祝賀会を 主催すること。

実行委員で 各担当に分かれて 準備してきました。

 

だけど・・・・・

委員長だけ 仕事 多くね?????

 

仕方ないですけど・・・もう 目の前ですからね。

 

こんなわたしではありますが、精一杯 努めさせていただきます。

ありきたりで恥ずかしいのですが頑張って考えた 「 謝辞 」なので

記念に ここに アップしておきます。

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

「 御礼のことば 」

卒業生 283名の保護者を代表致しまして 一言 御礼のことばを

述べさせていただきます。

まぶしい日差しに 街路樹の 白もくれんの蕾も膨らみ始めた

早春のこの佳き日に、厳粛かつ 盛大な 

卒業証書授与式を挙行していただきましたこと

心より 御礼申し上げます。

また、ご来賓の皆様におかれましては ご多用中にもかかわらず

ご臨席賜り 誠にありがとうございました。

たくさんの方々からの心温まるお祝いのことばと、励ましの言葉は

卒業生たちの胸に 深く刻まれたことと思います。

思えば三年前、歴史と伝統を誇るこのT高校の門をくぐり、

期待と不安で臨んだ入学式は、つい昨日の事のように思い出されます。

今、子供達は T高校の卒業生である誇りと未来への希望を胸に、

それぞれの進路へ踏み出そうとしています。

この三年間で経験した様々な出来事を通し、

辛かったこと、悔しかったこと、それでも 最後の最後まで

希望を捨てず 諦めずやり抜くこと、仲間を信じること 

そして、目標を達成する喜びを知り 逞しく

成長していく姿を見ることができました。

これも ひとえに どんな時も 見捨てずに 根気強く

教え導いて下さった先生方と

楽しい時も辛い時も 共に励まし合って乗り越えてきた

仲間たちとの出会いのお陰と 感謝しております。

自然豊なこの○○○キャンパスで過ごした3年間は 子供達にとって

何物にも変えがたい 豊な 実り多い時間だったと思います。

夢へと向かって 歩むその道には 幾つもの苦難が

立ちはだかることでしょうが この「T高校」で培った「生きる力」と、

仲間たちの 声をからした あの日の 「がんばれ!」が きっと

背中を押してくれることでしょう。

校長先生をはじめ 諸先生方には 時に厳しく 

心温まるご指導を頂き誠に ありがとうございました。

卒業していく子供達ではありますが、まだまだ未熟です。

これからも 温かく 見守っていただけたなら 幸いです。

最後になりましたが、T高校の益々のご発展と御活躍、

皆様のご多幸とご健康を祈念して 御礼のことばとさせていただきます。

 

平成23年3月1日

卒業生保護者代表 △△△△△

 

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

 

後は、 これ、 噛まずに ちゃんと 読めるか・・・・・

心配です。

 

※ 文中、大好きな 歌の歌詞を一部 引用させていただきました。

・・・わかるかな・・・・。

コメント

2010’高校祭

2010年10月16日 | にんげん

ついに この日を迎えました。

私にとっても 最後の高祭です。

学年部PTAとして 模擬店を出店しました。

昨年に続き 『 カレーライス 』


今年は 他に カレーをやるところがないというので

400食 販売 目標に 計画しました。


3年生ともなると 先生も進路のことでお忙しくなるので

そうそう 当てにすることもできず

かといって 役員の皆さんを招集するのも 大変です。


ここは 出来ることは 全部自分でやってしまうのが

1番 手っ取り早いのです( 大変だけどね・・・^^; )


昨年の 経験もあるので だいたいの見当もつくし。


問題は この行事に 参加協力してくれる人の確保です。

先生に 全世帯に向けてお便りを出してもらったものの

果たして 必要なだけの人数が 集まってくれるのか 心配でした。



詳しい打ち合わせもできないまま だんだん 近づいてくる 高祭・・。

実際に ばたばたと動き出したのは10日前くらいから?


大鍋を借りる予約から始まって

材料の見積もり、予算立て、買出し、

手伝ってくれる方へのお便り作成、電話がけ、

・・・・・・・・・・・

仕事の帰り、休日を使って 短期決戦で 臨みました。

今年は お手伝いのほかに 食材の 提供も呼びかけたおかげで

お米と ジャガイモは 買わずに済みました。

ほんとうに 有難いことでした。


前日の金曜日の午後から 搬入 下ごしらえ等の準備。


保護者だけでは 到底 やりきれないほどの作業でしたが

水泳部に助っ人の声をかけたら 快く 3年生が 応援部隊できてくれて

荷物の搬入、お米の計量やら 野菜の皮むき、

こっちの手が余るほど 一生懸命に 手伝ってくれました。


お陰で 予定より かなり早く 作業を終えることができました。

みんな ありがとーーーー



そして 当日。

前日までの雨も上がり 最高のコンディションです。

朝の7時半から 総勢11名で カレー作り。

5台の炊飯器 フル稼働で ごはんを 炊いて

9時には 最初の 1鍋のカレーが完成。

あとは もう みなさんに 任せても大丈夫


今年は カレー という事で 黄色のバンダナを揃えてみました。




お客さん いっぱい きてくれるかな?

来てくれるよね!

400食 作れるのかな?

400食 売れるのかな?



もう でも やるしかない



始まってみると  そんな心配は 吹っ飛びました





お昼時には 捌ききれないほどのお客さんが押し寄せて

飛ぶように 売れていきました。

用意したお皿が全部無くなれば 400食は 販売した事になります。

1時半を過ぎたころから 販売ペースが落ちたものの

なんとか400食完売の目標達成がみえてきました。

ご飯は たっぷりある・・・カレーが 足りるかな??

(*_*; 大丈夫か?


鍋の底が見えてきて ついに カウントダウン・・・・。


そして 2時には 最後のお皿に 最後の1杯。。。。

カレーの鍋も見事に 空っぽになりました。

完売です

              

やったよー!

やり遂げた この達成感を みんなで味わうことができました。


先生はじめ 手伝ってくれた保護者の皆さん、3年生たち

食材提供して下さった方々のおかげで

今年も 無事に 大成功に終わらせることができました。



ありがとうございました。

感謝です。


そして

学年部PTAで とうとう お手伝いできなかった 水泳部

今年は ホタテ焼きと イカぽっぽ、トン汁、ジュースの 販売をしたんです。

水泳部も 大盛況だったようで・・・お疲れさまでした。


ホタテ 食べたかった・・・・。



コメント

18歳

2010年09月30日 | にんげん

現役引退してから 急に 筋トレなんぞ 始めたこのひと・・

普通はさァ 現役のときこそ 日々 筋トレに励むものじゃないの?

「 どう? オレの背筋! 」

とか、言われてもねえ・・・(-_-;)

どこらへんが すごいのか まったく

まったく わかりません。。。




ってかさ


母は それよりも

チミの その 小ぶりな ヒップのほが よいです。

(*^_^*)

コメント

インハイ出発

2010年08月16日 | にんげん

明日から始まるインハイに向けて

昨日 仙台空港から 一路 沖縄へ出発したS太さん。

 

『 補欠 』としての参加ですので

自己負担金は15000円で済みました

 

「 インハイ 行くから! 」

と告げられた日には・・・

まだ費用がいくらかかるか皆目見当がつかなかったので

 

正直 勘弁してくれよ~~(*_*;

と いう感じで プリントを受け取るまで

ドキドキものでした。

 

プリントを受け取って

最初に確認したのは

 

日程でもなく

宿泊所でもなく

集合時間でもなく

 

もちろん

 

『 参加費用 』

 

金額を見て 胸をなでおろしたのは言うまでもありません

 

去年 修学旅行で沖縄に行ってまだ1年も経っていないっつーーに

 

それに 修学旅行の時よりも めっちゃ楽しそう

 

 

『 補欠 』とは言え まあ マネージャーのようなものですが

 

こんな経験をさせていただけるだけ 幸せな奴だと思います。

 

 

 

 

6泊7日の 沖縄旅行?(2回目?)

 

しっかり 働いてきて下さい。

 

 

 

 

いいなあ、、、沖縄かぁ

 

お土産は・・・・・

 

これ?

コメント

舞い降りた天使

2010年08月08日 | にんげん

 

ダーリンの甥っ子に 赤ちゃんが 産まれた。

 

 

お祝いを兼ねて

赤ちゃんを見に行ってきた。

 

 

パパ似の男の子。

 

 

丁度 生まれて 1週間だというのに

なんと はっきりとした顔立ち。

 

 

赤ちゃんの存在から 遠ざかって久しいから

その 小ささに新鮮な 驚きを感じた。

 

 

こんなに小さいのに

まわりの全てを 虜にしてしまう

 まさしく それは  この世に舞い降りた天使。

 

 

 

 泣いても ぐずっても かわいい。

 

どうしようもなく かわいいんだ。

 

 

いま この 無垢な 命 を腕に抱き 想うのは

 

わが子らへの 悔恨の念。

 

 

 

今更 どうにかなるものではないけれど

 

今一度 許されるものならば

わが子らを 愛情いっぱいに 育て直してみたいもの。

 

 

 

あの頃 そんな事など 思いもせずに

子供たちを 自分の所有物がごとく

 

押さえきれない衝動と感情を

小さな子供たちに そのままぶつけていた。

 

 

 

SORAくん  

 

すくすくと 元気いっぱい 大きくなって。。。。。。

 

 

君の 成長を 楽しみにしています。

 

 

コメント

出発!

2010年07月21日 | にんげん

 

今朝 盛岡に向けて 出発する三男。

 

いよいよ7/23~7/25 東北大会です。

 

突然の 猛暑に 体調を崩さないように 

スタミナ食でにんにく バンバン 使ってきました。

 

 

さすがに 東北大会では

決勝に進むのは 厳しいので

きっと S太のレースは

予選の 1本 になるでしょう。

 

でも その最後の レース、

渾身の泳ぎを見せてもらいたいと思います。

 

いつか 思い返したとき

「もっと やれたんじゃないのか 俺?」

 

必ず そんな風に感じるときがあるはず・・・・。

 

でも いや あの時は やり切った、 そう思ってもらいたい。

 

 

いま まったく 新しい仕事を覚えながら

毎日 ばくばくしながら悪戦苦闘中の母ですが

なんとか 仕事やっつけて

23日~3日間 応援 行って来ます。

 

夏バテ してる 場合じゃないんだ・・(*_*)

コメント (4)

ケガノコウミョウ

2010年05月29日 | にんげん

 

神奈川に住む 妹が 骨折して 入院して手術した。

 

 

自宅マンションの外まわりの通路で 転倒したのだと。

雨で濡れた タイルの床材。

滑って危ないとわかっていて 気をつけて歩いていたのに

それでも 滑って 転んだんだとのこと。

 

 

県内に住む 妹が 見舞いに行くというので

私も 一緒に 様子を見に行くことにした。

 

 

私たち 三姉妹 揃って 会うなんてこと もう何年も無かった。

 

2年前の6月 ホントは 会っていたはずなのに

東京へ向かう 新幹線のホームで

あの「 宮城・岩手内陸地震 」に遭遇してしまった。

 

 

まさか、こんな形で 三姉妹が集合するなんてね・・。

久し振りの再会の場が 病室とは。

 

 

術後3日目の足は まだ パンパンに腫れて痛々しかったけれど

本人は 意外に元気そうで ちょっと安心。

 

入院している次女と、三女は 双子。

 

 

みんな それぞれ 家庭を持って

仕事を持って・・・

会いたいなあ・・と思ってはいても

なかなか お互いの都合を合わせるのは難しい。

 

だけど いざとなったら こうして会えるんだ。

 

 

今度は みんな 健康なときに 集まろうね。

 

早々に退院しようとしている次女に

「ちゃんと 抜糸してギプスしてから退院しなさいね!」と

看護師をしている三女が きつーーーく 言い含めて

私たちは 帰路に就いた。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

挫ける・・

2010年05月10日 | にんげん

 

もう いつ頃だったか 確かではありませんが

2月かな、3月かな・・

ある時 鏡に映った 自分の姿の一部が変なのに気づいたのです。

 

なんで?

なんで 膝の裏が 出っ張ってる???

 

 

そうなんです。

右の膝の裏が やけにぽっこり 膨れていました。

左側と見比べても 明らかに 膨れています。

 

( 気のせいじゃあないわ・・・ )

 

それから 家族に「ねえ、見て 見て・・」と

みんなに 確認してもらい

気持ち悪いくらい膨れているんだと 認識しました。

 

すぐに ネットで検索してみると

『ベーカー嚢胞』が1番怪しいんじゃないかということに。

これは 症状がぴったり。

 

そして とりあえずは そんなに慌てて病院に行くほどのことではないと

わかったので 安心しました。

 

  

でも、 なんでもない訳ではなくて

膝頭の周辺が重苦しい感じ、太腿のあたりが軽く痛い感じ

歩きすぎると 張る感じ・・違和感が増してきました。

 

見ると、以前より 確かに 膨れ方が 大きくなってきていました。

 

 

これは いつかは 病院に行かなくちゃいけないんだよなあ・・・・

と思っていたのですが

なんというか、きっかけがなくて ^_^; ・・・・・。

 

 

それが たまたま シフト休みだった5/10に

ダーリンも年休取って病院通院日にしたから

一緒に行こうというのですよ。

 

・・・・う~ん どうしようかな やっぱり1度診て貰わなきゃ駄目かな・・・・

と、悩んでいたら

「 帰りに カラオケ♪でもしてくるか?」

 

そっか!

あとのお楽しみを くっつけておけばいいのか。

嫌なこと、痛いことはちょっとの我慢。

その後は カラオケ♪~

 

単純です。カラオケに釣られて病院受診決心ですからね。

 

 

そうして 遂に 病院にいったのです。

 

3時間も待ちました。

 

 

 

やっと やっと 診察の順番が回ってきました。

 

覚悟を決めて 診察室へ。

 

ぶちゅーーっと針刺して 袋に溜まった水を抜いてもらえばおしまいさ・・・

痛いのは 少しのあいだだけ・・・・

と 何度も 自分に言い聞かせて行ったのに。

 

 

問診して エコーで診て 結局はですね~

 

 

 

 

 

また来週 行かなくちゃいけないんです。

 

 

 

「 CT  撮って 関節由来か 血管由来か はっきりさせてから

それによっては 外科か整形外科か 分かれますから 」

 

 

・・・ちなみに 今回は『外科』で受診しました。

 

 

9割がた 『ベーカー嚢胞』でしょうが 万が一違うってこともありますから

念のために CT 撮って 確実なところで 処置したほうが良いでしょう・・って。

 

 

『ベーカー嚢胞』だと、整形外科になるんですけど、、、、

すると 整形外科を受診しなおすってことですよね。

 

 

 

・・・・・・・(-_-;)

 

 

 

・・・・・・・挫けました。

 

 

 

 

 

 

 

せっかく  決心してやってきたのに

 

 

 

1週間後、CT撮って 外科で その検査結果を聞く予約を入れてもらい

 

 

 

その結果によっては  また 日を改めて

他科を受診??

 

 

 

 

 

・・・・・・・・挫けるよ~~(T_T)

 

 

 

 

コメント (2)