Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

ワイドナショーで松本人志氏が安田純平氏をまだバッシング!「安田さんはジャーナリストなのかということで叩かれている」。

2018年11月04日 | 社会とマスコミ

こういうことをするのがジャーナリストって勘違いしてるんじゃないの?

てか、安田さんを叩いている人ってみんな安倍信者でしょう。安田さんが安倍首相に批判的じゃなかったらみんな叩かないわけで。

 

  ダウンタウンの松本人志氏が先ほど放映された2018年11月4日放送のフジテレビ「ワイドナショー」に出演し、内戦下のシリアで武装組織に拘束され、3年4カ月ぶりに解放されたフリージャーナリストの安田純平さんについて、また言及しました。 

 番組では11月2日に行われた安田さんの帰国後初会見を特集し、松本氏は会見を受けて

「安田さんのニュアンスが変わってきたのは、嫁さんがめっちゃ怖かったのかな」

と笑えないギャグを飛ばしました。

 40カ月も誘拐されてた犯罪被害者とその家族に対してきわめて不謹慎だと思いますが、千歩譲って、まあここまではお笑い芸人だから赦すとしましょうよ。

素敵なお連れ合い!どうせこういう場面も彼は見ていなんでしょ。



 しかし、松本氏は続けてこういうことを言ったんです。

「ただ、いろんな人が安田さんへのバッシングをしているじゃないですか。それに対してジャーナリストの人がジャーナリストがいかに大切かを説いている。これはずっと平行線ですよ」

「なぜならば、安田さんを叩いている人は彼がジャーナリストなのかというところで叩いている。ジャーナリストの皆さんはジャーナリストの大切さを言うだけだから、これは交わらないんですよ」

「それ(戦地取材をし、その状況を伝えること)ができる人だったのか、というところで(批判が)起こっている」

  いや、さすがに安田さんがジャーナリストじゃないんじゃないかって叩かれてるわけはないでしょ!?

こういう作業が取材でなくていったいなんなわけ??

 

 

 そうではなくて、武装勢力に捕まったのが「自己責任」じゃないかということで、心無い人が安田さんを叩いているわけです。

 実は、松本氏は先週の同番組で

「そもそもジャーナリズムとはなんなんだろうか。みなさん、ジャーナリズムをうまく利用してるところがあるなって、結構ジャーナリズムでなんでもいけちゃうなーって。

我々みたいな芸人はちょっとなんか言うたらすぐ叩かれるけど、我々も突き詰めたらそこそこのジャーナリズムやからね」

と言っていたので、いろんな意味でジャーナリストの事、間違えているのではないかと思ってたんですよね。
 
 だいたい、「我々もそこそこのジャーナリスト」ならまだわかるけど、そこそこの「ジャーナリズム」って言葉の使い方も間違ってるし(笑)。それ、人間に使う言葉じゃねえ(笑)。
 
 とにかく、芸人も突き詰めたらジャーナリズム?ってのがジャーナリストの認識を誤っている何よりの証拠です。
 
 
犯罪被害者が記者会見の冒頭でまず謝らないと家族ともども生きていけない、という社会がもう終わってると思う。
 
 
 
 
 それにこの人、安田さんに取材ができる人なのかって問うてる割に、取材なんて絶対しなくて意見だけ言ってる芸人がジャーナリズム?ですからね。言ってることがまるで矛盾してます。
 
「お笑い芸人はお笑いだけやっとれ!」
 
とは言いませんよ。誰にでも言論の自由はあり、芸人さんもどんどん社会問題・政治問題について発言してもらったらいいんですよ。
 
 でも、彼って結局視聴率を上げるためにちょっと目立つことを言うだけの人でしょう。
 
 こういう勘違いした人には、仮にも「報道的」なこともやる番組はやってほしくないですね。
 
誰が私を「人質」にしたのか―イラク戦争の現場とメディアの虚構
安田 純平  (著)
PHP研究所

武装勢力に拘束され、「人質」と呼ばれた著者。現場に存在した事実とメディアの虚構が交錯するなかで、彼が見た真実とは何だったのか?

 

ルポ 戦場出稼ぎ労働者 (集英社新書)
安田 純平  (著)
集英社

現代の民営化が進む戦争では、世界中の貧しい人々が集められ、基地や建設現場などの危険地帯に派遣され、労働者として働いている。こうした出稼ぎ労働者なしでは、もはや軍事的なオペレーションは、成立し得ないのだ。著者は自ら出稼ぎ労働者となり、イラク軍基地訓練施設に単独で潜入した。グローバル化世界における、世界の貧困を前提にした戦争ビジネス、その実態に迫った貴重なルポルタージュ。


囚われのイラク―混迷の「戦後復興」
安田 純平  (著)
現代人文社

イラクで武装グループに拘束されたジャーナリスト・安田純平は、拘束の3日間に何を体験したのか。つぶさな現地取材をもとに「戦場イラク」の現実を報告する。




関連記事
 
 

この人は何か放言して、それが報道されるとそれでジャーナリストって勘違いしてるんですかね。

だいたい、お笑い芸人さんて、冒頭の「嫁さん怖い」発言のように普通の人が言ったら許されないことでも、芸人だからということで許されていることの方が多いですよ。

要は甘えているわけです。

ムカムカしますが、私にできる市民運動としてもう一回ランキング上位を狙っています。ご協力お願いいたします!

一日に1万回もアクセスあるのに、15人しかクリックしてくださらなくて困ってます(笑)。

上下ともクリックしてくださると大変助かります!

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村ランキング

 


2018/11/04 10:32 ニコニコニュース

松本人志「安田さんを叩いている人と擁護してるジャーナリストの意見はずっと平行線」

【簡単に説明すると】
・松本人志が安田純平について言及
・意見が平行線?
・安田純平はジャーナリストだったのか?
ワイドナショー

2018年11月4日に放送された『ワイドナショー(フジテレビ系)』にて安田純平さんの会見の模様が特集された。
会見を見た松本人志さんが「今安田さんをバッシングするじゃないですか。それに対してジャーナリストの人がジャーナリストがどれだけ大切なものか解くんですよ。安田さんはジャーナリストなのかということで叩いているのに、ジャーナリストの皆さんはジャーナリストがどれだけ大事か言う武田からこれは交わらないですよ」と意見し、それに対してゲストの堀潤さんが「それって凄い大事」と賛同した。

松本さんは「安田さんはそれが(取材が)できる人だったのかってことで議論になっている」とした。

 

 

松本人志、安田純平さんの会見に「この1週間でニュアンス変わってきた。どんなゲリラよりも嫁さんが怖かったんやろなぁ」

[画像] 松本人志、安田純平さんの会見に「この1週間でニュアンス変わってきた。どんなゲリラよりも嫁さんが怖かったんやろなぁ」


 「ダウンタウン」の松本人志(55)が4日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演し、2015年6月にシリアで武装勢力に拘束され、先月に解放されたフリージャーナリスト・安田純平さん(44)が今月2日に帰国後初めての記者会見を都内の日本記者クラブで行った印象を明かした。 
 
 安田さんは会見の冒頭におわびと感謝を述べ、シリア入国や拘束された経緯、3年4か月の監禁生活などを赤裸々に振り返った。拷問体験と抗議のためにハンガーストライキを実行したことも明かした。一部で「自己責任論」をめぐってバッシングを受けているが「自業自得で批判は当然」と明言。「あきらめたら試合終了」の直筆サインを披露して2時間40分の会見を終えた。
 
 松本は会見を見た印象を「安田さん、この1週間でニュアンス変わってきたのは、ボクが一番簡単なことは、嫁さんがめっちゃ怖かったんやろうなぁって。あんたえらいことなってるで言われて」とし「どんなゲリラよりも嫁さんが怖かったんやろなぁって思うんです」と笑わせた。
 
 その上で「今、安田さんをバッシングするじゃないですか。それに対してジャーナリストの人がいやジャーナリストがどれだけ大切なものなのかをすごく説くんですけど。これずっと平行線ですよ。なぜならば、安田さんを叩いている人は安田さんはジャーナリストなのかっていうことで今、叩いている。ジャーナリストのみなさんはジャーナリストがどれだけ大事かをずっと言うだけですから、これ交わらないですよ」と指摘していた。

 

 

 現代ビジネス

最近、私はどうも心がザワザワしている。理由はまこと理不尽だ。複数のニュースアプリの通知で、下記のような文章が何度もスマホに送られてくるからである。

・解放された安田さん「地獄だった」
・安田さんに「自己責任」バッシング

さらにツイッターを開くと、この「安田」氏は「ジャーナリスト失格」だの「ウソツキ」だのと散々な言われぶりである。私はたまたま彼と同姓の同業者であるせいで、今回の安田氏の解放にあたり、彼の親族を除けば日本で最もビビっている安田となっている。

念のために確認すれば、私は中国ルポライターの安田峰俊(36)であり、昨今話題のフリージャーナリストの安田純平氏(44)とは面識も血縁関係もない(少なくとも「ひいひいじいさん」以降の縁者でないことは100%確実だ)。

なので、私は本件が起きるまで安田氏について「中東で拘束された人」以上のことはよく知らなかった。彼が立派なジャーナリストなのか、それともネットで叩かれている通りの怪しげな人なのかを、確信を持って判断できるだけの予備知識も持っていない。

安田純平氏のツイッターには、心無いバッシングが殺到している。

さらに軽く調べてみても、安田氏に言及する大手メディアは「知る権利」がどうだといった大きな話が多く、具体的に彼の何がすごいのかの説明は少ない。対して彼を叩くネット世論や一部の識者には、ツイッターの本人発言の切り貼りやネット上のコピペを根拠にした印象論や、イデオロギーありきの主張が多いように見える。

本来、プロを評価する基準は、SNSのつぶやきや本人の属性(政治志向・社会的地位・経歴・家族関係・出自など)ではなく、本業の成果であるべきだ。だが、世間では彼が本業で何をしているかを具体的に示さないまま毀誉褒貶の議論だけが先走りしているため、私は彼をどう評価していいのかわからないのだ。

そこで本稿では、ひとまず安田氏が過去にどんな仕事をしていたかを調べた上で、彼への批判がどこまで的を射ているのかを考察してみることにした。

彼の経歴を精査する

まず、安田氏のプロフィールを簡単に確認しよう。彼は一橋大学卒業後に信濃毎日新聞に入社して6年間勤務した後、03年にフリージャーナリストになりイラクで取材を開始。04年春にイラクで現地武装勢力に拘束されていた日本人人質3人に続くように、イラク国内で別の武装勢力に拘束されたが4日で釈放されている。

帰国後、04年に『囚われのイラク』(現代人文社)、『誰が私を「人質」にしたのか』(PHP研究所)を刊行。その後もイスラム圏で取材を続け、2010年にイラクの軍事関連施設内での料理人としての就業生活を描いた『ルポ 戦場出稼ぎ労働者』(集英社新書)を刊行する。

やがて、内戦の勃発とともにシリアへ取材の舞台を移した後、2015年6月に行方不明。同年末に現地武装勢力に拘束されたことが明らかとなり、画像やビデオ映像が何度か公開されてから、今年(18年)10月23日に釈放が確認された――。とまあ、そういう経歴である。

フリー転身直後の03年8月、安田氏が『創』に寄稿した記事。表題の通りイラク戦争の取材のために信濃毎日新聞社を退社している(『創』03年8月号より)。
拡大画像表示

上記のWikipedia的な概要から抜け落ちた安田氏の仕事について、国会図書館のサイトで検索してみると、04年から15年にかけて、対談などを含めて『婦人公論』『週刊金曜日』『世界』『論座』などの商業媒体に寄稿された本人名義の記事が20本以上、『マスコミ市民』など地味な媒体での発表も含めれば30本以上が確認できた。中東関連の他のジャーナリストの著作の構成にも参加している。

ほか、12年8月11日付けの『報道特集』(TBS)で、安田氏が撮影した長尺の戦場映像「内戦のシリアに潜入した日本人ジャーナリスト」が放送されている。私がTBSの同番組担当者に尋ねてみたところ「自分の知る限り、いわゆる戦場ジャーナリストで安田氏の実力を疑う人はいない」とのことで、一線級の仕事として評価されていると見ていい。

彼はキャリアスタートの時点で新聞社に6年間勤務し、南アルプスのし尿処理問題や脳死肝移植問題などの調査報道に従事している。プロの記者として通用する水準の取材・執筆・撮影のノウハウは充分に身についていると考えるべきだろう。英語はもちろん、イラクでの料理人生活を通じてアラビア語もかなり話せるようだ。

安田氏について、ネットでは「自称ジャーナリスト」みたいに書かれる例があるが、経歴やスキルを見る限り、むしろ海外事情が専門の日本人ジャーナリストとしてはかなり優秀と見ていいだろう。付言すれば、日本には現地語がまったくできないのに中国通や韓国通として振る舞っている評論家やジャーナリストがいくらでもいる。

「拘束されすぎ」という批判に思うコト

また、ネットでは安田氏について「何度も拘束されすぎている」と書かれる例もある。これらを受けてか、保守系識者の間では嘉悦大教授の高橋洋一氏が「プロとしての準備の不足」、政治アナリストの渡瀬裕哉氏が「能力不足のジャーナリスト」、元大阪市長の橋下徹氏が「3回も行ってるんだからバカの上塗りと一緒」などと断じている。

安田純平氏の記事の中身

次に安田氏の具体的な記事を見ていこう。安田氏の寄稿先は、はっきり言って左派やリベラル系の媒体が多い。主著の『ルポ 戦場出稼ぎ労働者』を出した集英社新書も、比較的、左派系のラインナップが多い新書レーベルだ。だが、媒体の政治的なポジションはさておき、実際の安田氏の原稿は例えば下記のような感じである。

“アクードさんもシーア派だが、フセインを強く支持していたようだ。「サダムが大勢のイラク人を殺したと米国は言うが、どこからか死体を運んできて、サダムが殺した、と写真を撮っているだけだ。遺族を名乗る人にも金を与えて泣かせ、撮影しているのだ」という主張は妄信的にも聞こえる。(略)”

“なぜ彼らがそこまでフセインを支持するのかは判然としなかったが、米軍への憎しみが募れば募るほど、こうした感情が膨らんでいく面はあるだろう。しかし、こうした感情が高まるほど、米軍は疑いを持ち、抑えつけようと躍起になっていく。各地で米兵襲撃が頻発していくにつれて、恐怖にかられた米兵はちょっとしたきっかけで引き金を引くようになり、新たな憎しみを生み出していく”

“(米軍に銃撃されて連れて行かれた10代の少年のうち)重症を負った少年の母親は、涙をぽろぽろとこぼしながら「息子に会いたい。いったいどこにいるのか知りたい。無事でいるのかどうか心配で仕方がない」と声をしぼり出すように言った。その晩、一帯の民家から銃を押収していった米軍は、その後もやってくることがあるが、少年たちの消息をたずねても「知らない」と突き放されるだけだという”
(04年1月付け『世界』722号「イラク再訪 米軍襲撃者捜索の続く街で」)

一見してわかるように、当事者への地道な取材がなされており、もちろん文章も商業レベルに達している。元新聞記者であるせいか文体がやや堅苦しく、前のめりで遊びがない感じもするのだが、例えば憲法9条の擁護やアベ政治批判といった「サヨクくさい」主張を前面に出して押し付けてくるような臭みはない。

『週刊金曜日』に寄稿された安田氏の原稿。記事分量いっぱいを使って現地事情を伝えており、息苦しくなるほど情報の密度が濃い。(『週刊金曜日』2014年7月18日号より)
拡大画像表示

もちろん、安田氏とて本人の思想信条と寄稿先媒体の「色」とは多少の親和性があることだろう(余談ながら私の寄稿が最も多いのは『SAPIO』と『週刊プレイボーイ』だ)。また対談記事や著書の一部分などでは、集団的自衛権の行使に懸念を示すような政治的な発言も多少はある。

ただ、仕事のコアである戦地の描写において、彼は個人の思想信条の表明を抑制して事実を伝える姿勢を取っている(これは11月2日におこなわれた本人の記者会見の中継を見ていても確認できた)。

米軍の駐留や自衛隊のイラク派遣の現状がこれでよいのか、シリア内戦をこのまま放置してよいのか、自分の見聞をそのまま提示して結論を読み手に考えさせるスタンスは、ジャーナリズムとしてまっとうなものだ。

なお私の経験上、中国の新疆ウイグル自治区やチベット人の居住地域に行くと中国政府に心の底から憤りを覚えるようになる。これと同様に、中東にディープに入り込んだ人が、現在の混乱の原因を作ったアメリカや19世紀以来の欧米中心主義に反感を覚えることも、人間の心の働きとして妥当なものであろうかと思う。

他にもネットでは安田氏に大量の批判が噴出している。いわく「身代金がテロリストの資金源になった」「救援に税金がかかった」といった批判だ。だが、これらもどうやらナンセンスである。

まず、テロリストは日本人がダメならば他国の人をさらって身代金商売をするだけであり、それならカネを払ってでも人命が助かったほうがいいという考えがある。だが、そもそもの話として、今回の安田氏については身代金が払われたか否かも不明だ。

少なくとも日本の税金が身代金に投入された可能性はかなり薄い。欧州諸国では政府が身代金を払ったり、アメとムチとあらゆるコネを通じて海千山千の交渉をおこなう国もあるのだが、日本政府はいずれも極めて消極的なことで有名なのだ。

ちなみに安田氏の04年のイラクでの拘束については、釈放にあたり外務省の関与はほぼゼロで、カネも動いていない。加えて言えば同年、先立って別の武装勢力に拘束されていた人質3人(活動家2人とフォトジャーナリスト1人)についても、身代金は一銭も払われておらず、帰国の航空券の費用も自己負担だったことが判明している。

今回、安田氏に対して明確に使われた「日本の税金」は、主に外務省職員の対応費用だろう。だが、そもそも自国民保護は国家の義務だ。そして「国家」という存在は、私たち国民の財産を収奪(徴税)する代わりに、公務員を通じて等しく公共サービスを提供する役割を持つ機関である。

そして日本国家の公共サービスは、仮に当人が「反日」的なイデオロギーの持ち主だろうと、事前に救援を拒否していようと、本人の納税額と提供するサービスのコストがまったく不釣り合いだろうと、そうした個別の事情とは関係なく国民全員に平等かつ機械的に提供されるシステムとなっている。

彼が他に被ったとされる数回の「拘束」は、イラク軍や地元の警察によるものである(しかもキャリア最初期の03年に集中している)。官憲による外国人の拘束は、拘束の長期化や身代金の要求、処刑などの深刻な事態に至る可能性が相対的に低く、何をやるかわからない武装勢力による拘束とは根本的な性質が異なる。

(ちなみに、海外取材で官憲による尋問やパスポートの一時没収は日常茶飯事だ。はばかりながら私自身も、覚えている限りで11年1月に雲南省で1回、14年3月に新疆ウイグル自治区ポスカム県で1日に4回ぐらい、15年5月に陝西省富平県で1回、中国の公安や武装警察に「プチ拘束」されている。陝西省の例については、近著の『さいはての中国』をご覧いただきたい)

中国陝西省富平県にある習近平の父・習仲勲の墓。私は外国人立入禁止のこの墓の敷地に入り、中国の公安に「拘束」されたことがある(『さいはての中国』72p参照)

武装勢力による拘束も、戦場ジャーナリストの間では珍しくない。例えば常岡浩介氏は過去にアフガニスタンとクルディスタンなどで現地武装勢力らに2〜3回以上拘束されており、後藤健二氏(故人)は15年にシリアでIS(イスラム国)に拘束・殺害されている。漫画家の西原理恵子氏の元夫の鴨志田穣氏やその師匠格の橋田信介氏も、90年代にカンボジアでポル・ポト派に拘束されている。

拘束どころか亡くなる例も多い。04年に橋田信介氏がイラクのバグダッド〜サマワ間を移動中に武装勢力に襲撃されて死亡、07年に長井健司氏がミャンマーの反政府デモの取材中に政府軍兵士らしき男から至近距離で撃たれて死亡しているほか、12年には山本美香氏がシリアで銃撃されて命を落としている。彼らはすべてベテランのフリージャーナリストだ。

「プロ」でも拘束や死亡のリスクあり

上記のそうそうたる顔ぶれを見れば、安田氏の拘束回数が特に多いわけでも、危機管理能力が他の同業者と比べて甚だしく欠如しているわけでもないのは明らかだろう。

なお、安田氏は今回の拘束直前の15年3月、対談記事「私たちはなぜ、戦場へ向かうのか」(『婦人公論』No.1420)で、イラク戦争のリポートで知られる綿井健陽氏、ISへの潜入取材歴を持つ横田徹氏と以下のようなやり取りをしている。

横田 目の前に爆弾が落ちたことがありました。僕も足を負傷していたんだけど、周りの人たちのケガがひど過ぎて、しばらく自分のケガには気がつかなかった。(略)

安田 自分は最近、防弾チョッキを新調しました。ヘルメット込みで10万円ぐらいのものを。現地の診療所でも簡単な治療ぐらいはしてくれるのですが、貴重な包帯を使わせるのも申し訳ない。防げるケガはなるべく防ぎたいと思って。

綿井 メディアの中では、民間の警備会社に委託するというケースもありますね(略)。安全を金で買うか、地域社会にそっと紛れこむか、どちらかを選ぶしかない。でもそれも結果論で、警備を付けたから狙われる、丸腰だから狙われるという両方の可能性がある。

現地の人が大量に誘拐されたり虐殺されたりしている場所を取材する戦場ジャーナリストは、たとえ一流のプロでもけっこう捕まるし殺されるのだ。実に恐ろしい話だが、彼らの業界では「よくあること」とも言えるのである。一般人(心情的には私自身もそうだ)の感覚としては「なんでそんなヤバイ場所に行くんだ?」という気もしてくる。

だが、平和な社会の常識からそのくらいかけ離れた怖い場所だからこそ、誰かが足を踏み入れて肌感覚の悲惨な現実を伝え、事態の解決を喚起する必要があるとも言える。小なるは中学生のイジメ問題から、大なるは特定民族の虐殺に至るまで、第三者に伝えられなかった悲劇は結果的に「起きていないこと」と同じにされてしまうからである。

いずれにしても、海外で危機に陥った邦人の救援は(たとえ事件原因が「自己責任」的なものであっても)日本国の義務として当然に課されているものであり、外務省の正当な業務なので、そこで使われる税金は「無駄使い」とは言えない。

そもそも私たちの祖国・日本国は、開催が義務でもない東京オリンピックの関連事業に数兆円をぶちこみ、さらにクールジャパン事業に数百億円を使うほど気前良く税金を消費する国ではなかったか。自国民保護はこれらよりもずっと本質的な国家の仕事なのだから、その業務遂行にあたり相応のコストが投入されるのは当然のことだろう。

最後に安田氏の解放それ自体についての答え合わせをしておけば、今回の解放にはカタール政府の働きかけが大きかったとされている。

17年にサウジアラビアやUAE・エジプトなどから国交を断絶されたカタールは、現在はトルコに接近。最近の中東ではトルコ・カタール枢軸とサウジ枢軸が激しい対立を展開中だ。今年10月2日にイスタンブールのサウジ領事館内で、反体制サウジ人記者のジェマル・カショギ氏がサウジ当局に殺害された事件が政治問題化しているのもこうした背景によるものである。

トルコ・カタール両国は、安田氏を拘束していた武装勢力とコネを持っていたとされる。安田氏の唐突な解放は、国際的支持を求めるトルコ・カタール陣営が日本の歓心を買う目的で働きかけたとも言われており、それは現今の情勢を見る限りおそらく妥当な見立てだろう。

つまり安田氏の一件は、中東諸国のバランスゲームのなかでカタールの国益の観点からなされたもので、日本政府の意向とはあまり関係がなかった可能性がある。カタールは億単位のカネを支払ったという説もあるが、それは彼らが自国の都合でそうしたのであり、国際政治のカードに使われただけの(と見られる)安田氏を非難するのは筋違いかと思われる。

今回の件で、仮に安田氏の側に問題があったとすれば、以前にツイッターで外務省をディスっていたのに、最終的に多少は外務省のお世話になった点が「カッコ悪かった」くらいのことしかない(重ねて確認すれば、自国民であればカッコよい人もカッコ悪い人も保護するのが国家の義務である)。

だが、そうしたことは決して安田氏の過去の仕事の価値やジャーナリストとしての評価を減じるものではないし、日本人による戦場報道の意義を毀損するものでもないだろう。

別に安田氏と同姓だから贔屓をするわけではないが、自分で調べてみた限り、私はそのように結論付けるよりほかはないと思うのである。

11月26日(月)19時30分より、ノンフィクションライターの石戸諭氏と安田浩一氏によるトークライブ『ウェブ発ルポルタージュの可能性』を開催します。詳しくは以下のリンク先をご覧ください。https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58129

 

 

私にできる市民運動としてもう一回ランキング上位を狙っています。ご協力お願いいたします!

 

『事件』 ジャンルのランキング
コメント (54)   この記事についてブログを書く
« 11月3日(土)のつぶやき その2 | トップ | 11月4日(日)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

54 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何回滑ったら芸人失格なのかな? (時々拝見)
2018-11-04 14:17:58
 そこそこ(底底)のジャーナリズムじゃなくて、アジテーターかデマゴーグでしょう。水曜日のダウンタウンで、警察への通報が相次いだ件もあるので、”警察お騒がせ芸人”て名乗っても良いと思います。
 あ、タイキック炎上事件もありましたね。
真実を伝えられたくない (「アベの脱税疑惑」改め「詐欺師 安倍晋三」)
2018-11-04 22:43:41
安田純平さんは、真実を伝えようとしていました。

彼へのバッシングは、真実を隠ぺいしたい者たちが行っているのでしょう。

イスラエルの犯罪。
岸信介の犯罪。
安倍晋三の犯罪。

知られたくない人たちは、真実を報道する者に、銃を向けます。

ところで、何故、安倍政権はアメリカの言いなりなんでしょう。
祖父、岸信介の重大犯罪を公開されたくないからではないでしょうか。

岸信介の犯罪、私利私欲のために日本を戦争へと導いた犯罪。戦争で、私的利益を得た犯罪。

そうでなければ、なぜ、アメリカのスパイになったのでしょう。「お前の犯罪を暴かれたくなかったら、言うことを聞け。」と米軍に言われたのではないでしょうか。
恥ずべき売国奴。それを隠ぺいする安倍晋三も売国奴。

違うというなら、なぜ、巣鴨から出てこられたのか。明快な説明と、それを支える証明を。
市民生活を破壊する法案への解説も、よろしくです!!! (諦めぬ理屈屋)
2018-11-05 00:28:53
改めてこの芸人の悪辣さが理解できた。
でも彼がメディアに出てくる人々の大まかな考え方なんでしょうな。アホらしい(笑)。
ダルビッシュ選手がものすごく立派な若者に
思えてきたくらいだよ。
私が腹が立ったことは、マツモトみたいなアホよりも報ステで眼鏡をかけた銀行員みたいなコメンテーターが安田さんの件での意見が両極端になっていると述べていたこと。
あいつは何者なんだろ?ランドセルのCMが似合いそうなお兄さんが出てない時に出てたか?
つまり、宮武さん的な意見とマツモト的なそれとを並べているってことだ。
私は宮武さんの解説がぶっとんだモノとは思えないけど。寧ろかなり理性的じゃないか?

それはそれとして、ここではあえて違う話題を
コメントしたいですね。
おいおい、これは本当にアベシンシャーのサンケイのニュースなのかっていぶかしくなるような記事だ(笑)。
水道民営化への懸念を解説する産経新聞ニュースです。
一部を記せば・・
>「住民の福祉とはかけ離れた施策である。国民の生命と生活に欠かせない水道事業は民営化になじまない」。新潟県議会は10月12日、水道法改正案に反対する意見書を可決。野党系が発案したものだが、最大会派の自民党が賛成するという異例の決断だ。

 民営化が進展すれば、海外から「ウオーターバロン」(水男爵)や「水メジャー」と呼ばれる巨大な水道事業者が日本に押し寄せるという懸念もある。
・・だってさ!

その他にも海外で民営化による暴動が起きたことや水道料金の値上げや水質悪化の問題だのと
産経新聞と記されてなければ赤旗だと言われてもほぼ違和感ないくらい、なかなか突っ込んだ解説である(笑)。
興味深いのはあの野党統一候補がグーチョキパー状態(自民党分裂という点も考えればよほどタマが悪かったのか、疑問だが)で争っていた新潟市長選挙の頃の県議会議決ってことだ。
参議院選挙を地方の反乱として安倍晋三に突きつけるテーマにできるんじゃないか?

※休火山から活火山というか、一気に本気モードになって新記事を連発する宮武さんへ❗
先の国会で徳俵で救われた天下の悪法、水道料金化法案阻止の論陣を張って頂きたいです。
これ、まずまちがいなくほとんどの有権者が認識していないテーマじゃないですか?
簾頭の官房長官がやたらめっぽう携帯代金値下げと唱えるのは、水道料金値上げなどの誰でもピンとくる『痛み』を逸らすための周到な策なのではないか?
人は見かけによらぬもの (諦めぬ理屈屋)
2018-11-05 00:51:09
ネットのニュース記事で知ったこと。
山路徹さんという、何だかチャラいおじさんがとてもまっとうなことを述べていたという。
以下は特に私の心に響いたところだ。

>今回、“シリアは避難勧告が出ていたのに“ということで安田さんを批判している人もいるが、福島第一原発事故のときに、大手メディアは政府の退避指示にしたがって、記者をみんな圏外に出した。もちろん組織としてコンプライアンスもあるし、記者たちの生命を守るのも仕事なので、その判断が間違っているとは言えない。だけど、圏内には多くの人が支援物資も入らない中、取り残されていた、そういう人たちを誰が伝えたかといえば、指示を無視して現場に入っていったフリーランスだった。もちろんジャーナリストは、なにか起きたときに助けてもらうことは期待していない。私も東海村の臨界事故を取材したが。そこに取り残されてる人がいれば伝えるのが報道の責務。それをやらなくして何が報道だ」と話した。

これは、どうやらネット番組上での発言らしいが、どこだったかは忘れた(笑)。アメ何とかみたいな名だったような?
安田さんをぼろくそに叩く人たちってご都合主義者だと改めて感じ入りました。
リスト作っていた人もいたが(笑)山路徹さんは入れなくていいんじゃないかな。
これはひどい (ナーマ)
2018-11-05 06:27:48
これはひどい発言ですね。安田氏に対する最大限の侮辱であり、引いてはジャーナリスト、ジャーナリストたらんとしている人たち、そういった人たちが形成しようとしている社会をも侮辱しているといえます。

本人は芸人と立場で好き勝手なことを言っているだけだという認識なのかもしれませんが、ネットが浸透したとはいえいまだにテレビは影響力が大きい媒体ですから、社会に対する責任は重大です。安田氏がどういったことをしてきた人物なのかくらいは知ってほしい、知る努力をしてほしいと思います。

ジャーナリストであれば抗議するべき内容ですから、同席して賛同していた堀潤氏は少なくともそういった存在ではないのでしょうね。
Unknown (大阪在住)
2018-11-05 07:31:24
松本人志という芸人さんは、そもそもが不謹慎と言われる領域にある笑いを扱って成功した人なんですから、ニュースや時事問題を扱う時も似たようなスタイルになるのは当然の話だと思います。
それに対して不快感を覚える人がいたり、不謹慎さを理由にバッシングが起こるのも言葉通りに当然の話でしょう。

で松本さんの「なぜならば、安田さんを叩いている人は彼がジャーナリストなのかというところで叩いている。ジャーナリストの皆さんはジャーナリストの大切さを言うだけだから、これは交わらないんですよ」ですが、
これっていわゆる既存のジャーナリストが安田さんをジャーナリスト扱いしていないことで逆にバッシングが増えていることを少し斜め上からですがきちんと捉えていると思いますよ。

例えば単なる犯罪被害者なら監禁中にどんな酷い目にあっていたかくらいしか聞けないでしょうけど、ジャーナリストに対してなら相手が政治的な組織か営利誘拐を目的とするグループか、テレビを見られたりデザートが出たくだりなら、それは懐柔策だったのかなどプロに聞くべき質問や、プロならではの回答が、あまりに表に出てこないから安田さんがジャーナリスト扱いされていないと見られている部分はあると思います。

「英雄扱いすべき」と言う発言にしても、英雄というものが(特攻隊のように)何かを覆い隠したい時にこそ声高に謳われて来たきたことを思えば、ある意味贔屓の引き倒しとして働いたんじゃないかなぁ?
 (raymiyatake)
2018-11-05 07:54:31
当ブログでは人を不快にするコメントも削除対象です。

コメントしているご本人はなかなか気づかないものですので、ご注意くださいませ。
ホントに大阪に住んでる? (バードストライク)
2018-11-05 09:06:33
このネトウヨさんの文章、回りくどくてぜ〜〜んぜん頭に入らないな。
何が言いたいのかな。
スパッと言ってもらいたいな。
要するに、安田さんはジャーナリストぢゃないって言っているのかな。
しかし監禁組織の詳細についての質問などが出ないのは安田さんがジャーナリストとして捉えられてないから・・・って、そりゃすごい言い掛かりぢゃないのかな。
まともな質問をしない記者どもが低レベルなんぢゃないのかな。
なのに低レベルな質問しかされない安田さんが悪い、なんて
「イジメられる被害者が悪い!」
と言って首吊りの足を引っ張るヤツとおんなじちゃうんちゃうかな。


ん?


ん・・・


ん!!!


思い出したぞ 💡


大阪在住さんて、前川さんのことをすご〜〜〜〜〜〜〜〜く しつこくdisっていた人だよね?
自民党議員の「16歳少女女体盛り」とか「ホステス連れで酔って観光客に殴りかかる」(← ちなみにこいつは沖縄県知事選後に “ 〇イ〇リしたいメール ” でまた名を上げた国場な)とか「国会の女性職員と不倫」とか、もうもう山のように出た自民党議員のスキャンダルに対して考えを問うも、
「バードさんは憲兵さん」
とか人をバカにしくさって挙句何も答えることなく逃走したネトウヨさんなのだ
Σ(-᷅_-᷄๑)

そのくせまた安田さんとか韓国人徴用工などをdisるために平然とやってくるんだから、なんたる厚顔無恥!
不愉快!!
バードさん (時々拝見)
2018-11-05 10:22:01
 憲兵さんて揶揄したのこの人でしたか。憲兵さんて揶揄するってことは、”非国民さん”か”売国奴さん”て自覚があるんでしょう。
そうだった (Chroma(余震たぶん収束?))
2018-11-05 13:55:57
道央方面は余震が収まったぽいと思ったら今度は道東で地震。なかなか安心できないスな。

で、そうそう。大阪在住さん、地震やらなんやらで忘れてたけどバードストライクさんの言ってる件があったわ。
https://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/7f02c3647347d0dc8ce32c119f7ea0cb
引用させてもらうけど、

・ 女体盛り池田
・ セクシーヨガ林
・ ソープ義家

この件はどうなるのか見解を聞きたかったんだった。なんで前川氏は☓でこいつらは◯になるのか。説明願いたいな。

あとそれ以外にもバードストライクさんから質問出てるから、ちゃんと答えてあげた方がいいよー。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会とマスコミ」カテゴリの最新記事