ポレポレタイムスのぽれーっとした日常

ポレポレ隊員による映画や写真、時にはよもやま話など。現在「水になった村」を広めつつ新作「バオバブの記憶」(仮)制作中!

監督です

2009年09月28日 00時51分33秒 | 水になった村
今日は大阪十三での上映でした。第七芸術劇場での上映は公開時以来、2回目です。関西の方々、本当にありがとうございました。
おかげさまで、本日は満員御礼以上、補助席を設けて見るほど、大勢の方々に見ていただく事ができました。
対談相手の宮本博司さんとは今回で3回目。新聞記者も多かったですね。知人も多く。楽しい一夜でした。
やはり客層がダムに関心ある人が多く、鋭い質問が多かったのですが、やはり僕はそれに答える事なく、宮本さんがすべて答えてくれる形になりました。
僕は相変わらずのほほんと向き合っていて、ダムの事と、村の人達の事ばかりを考えている毎日。でも僕の舞台はすべて現場なのです。
ニュースだけの論争でなく、新聞紙上での論争でなく、どんな事があっても一度見てみない事には一言も話せない主義なのです。それが僕のやり方なのです。
今回、八ツ場ダムのことも話題に上がりましたが、僕は何度も行っています。
でもまだ話す事ができるほど、頭の中で整理できていないのです。
たくさんの議論が飛び交っていましたが、現場の空気ってもっともっと壮絶なものです。言葉にならないっていったらいいでしょうか。悲しいや淋しいでは語り尽くせないのです。でも表に出す人間はそれを見せていかなくてはならないのです。
ダムの論争は無限だと思います。でも現場に行った人達が自分の言葉で語る場を作っていきたいと思います。それがこれから議論につながっていく事と思います。


最新の画像もっと見る

コメントを投稿