ポレポレタイムスのぽれーっとした日常

ポレポレ隊員による映画や写真、時にはよもやま話など。現在「水になった村」を広めつつ新作「バオバブの記憶」(仮)制作中!

監督です(朝ズバ)

2009年10月17日 23時52分17秒 | 水になった村
昨日、長野原町の八ッ場ダムの現場に行ってきました。贅沢をして川原湯温泉の高田屋さんにお世話になりました。
TBSの朝ズバ(みのもんた氏の司会)の番組のロケでもあったのですが(本日朝に放送しました)、この時期に八ッ場に行く事に違和感を持っていたのです。僕の通常の撮影は全く何もない平日が好ましいのですが、八ッ場の場合、毎日が論争の日々で、この地域の事を知るには一番難しい時期というというのか、ほとんどの人は口を閉ざしています。
カリカリしているし、カメラを持ち歩いている事が、いやな時なんです。僕は…。
現場はカメラマンばっかり。少しいやになってしまいました。という僕もそう見られていたのかもしれませんね。
川原湯温泉のみなさんは、とにかくダムを造る造らないという議論より、この先の暮らしの見通しを明確に打診してほしいと言うことでした。たしかにその通りだと思いました。今は惰性でどちらの方向に向かっていいのか、わからない状態で調印して出て行く事も今すぐにはできないでしょうし、腹立たしいということと不安とが入り乱れている印象でした。
順序として、中止ではなく、凍結から中止に展開していけば、これほど現場に不安を残さずにすんだのではないかと思ったのです。言葉の暴力も少なからずあったのかなと思いました。
しかし僕はダムは造らない方が絶対にいいと断言します。それは未来のためにも。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿