20INCHERS

RIDING LIFE

個性派募集中

2024-06-01 23:44:45 | Weblog









今年もやります。
実力はあるがなかなか証明できない貴殿へ贈ります。



小難しい理屈は要りません。
時間は普通の大会より格段に長く確保します。



とにかく自身の最高のトリックに打ち込んで下さい。
詳細は後ほど度々お知らせすることになると思いますが、来ればわかります。



ライダーにやることなんて、乗る以外に何もありません。
それでは6/29(土)横須賀で、




僕と握手!






コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

奇跡の組み合わせ

2024-05-22 23:45:05 | Weblog













5/18(土)
35UP @CHIMERA GAMES




珍しくこんなこともあるものです。
たまたまラッキーにラッキーが重なっただけでしょうが、なんとコンテストにてまさかの3位入賞。




問題は何人中の3位だったか?はい、エントリー数は11名でした。
でも、人生は奇跡の組み合わせと言いますが、必ずしもただのまぐれではない手応えもありました。




大会でいつも僕を見てる方はおわかりかと思いますが、毎度毎度執拗にこだわっている「アレ」が今までこれでもかと醜態を晒し続けている中で、メークはならずとも最高の出来高を迎えることができたのです。
去年は一年間でメークは4回だけ、今年に入り今までに26回メークできています。




さすがに今回ばかりはメーク率アップ、部分部分の粘りがアップしている実感はありました。
メークするまでの所要時間は、去年の年末くらいまでは基本1~2時間、今年に入り徐々に平均30~40分、大会前日の夜遅くに乗りに行った時に観測した12~13分が今のところの新記録です。




ただ、何度も言いますが大会の持ち時間は2~3分。
普段から1日2回以上のメークを練習のノルマにするか、それとも4周目を目指すか?僕の今までの統計上おそらく後者へと靡くでしょう。




険しくてもそちらの方が前向き?な気がするのです。
ともあれ、がんばって来て良かった!と、素直に嬉しく思いました。




四の五の言わず、こんな日はたまにしかないはずです、今日は目一杯調子に乗っておきましょう 笑
勢いついでに締め切り間際に飛び込んだワンメイクジャムでも、ノリで優勝いただきました。




入賞




久しぶりに響きました。
万年予選落ち?万年最下位?の僕にとっては凡そ5~6年ぶりだと思います。




そうとなればここ最近の流れに肖って僕の住む自治体へ向け表敬訪問と洒落込みましょうか 笑
・・とまあ、調子に乗り過ぎてはいけません。




彼らと同じコンセプトで、僕が日の丸ないし日章旗を掲げ行政を訪れたらどうでしょう?
それは、訪問どころか行政に対する殴り込みとなります。




我に帰り自重しておきました。
数百日に1日あるかないかのこんな日、忘れずに記憶へ刻み込んでおきます。




今回願掛けで作ったBest TrickTシャツ、早速ご利益がありましたが、また次回の大会ではこてんぱんにタコ殴りされるでしょう。






コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ライダーの風上にも・・

2024-05-13 13:20:17 | Weblog














たくさんのお祝いのメッセージありがとうございました。
歳を重ねるにつれ、そろそろこんな失敗はなくさないといけない、自分自身に猛省を促します。




誰かが不意にしてしまったのは見たり、聞いたりしたことはありますが、皆さんは経験があるでしょうか、車にBMXを積み忘れること。
意識の低さと言われればまさに仰る通り、何も反論できません。




数年前には自宅マンションの駐車場内で、いつも通り当たり前に積み?仕事が終わり夕方航空公園につき車のリヤゲートを開けるなり、空荷?










一瞬何が起きているのかわからなくなりました。
積んだつもりが積み忘れていたのです。




丸1日駐車場に放置?、結果そういうことになります。
血相を変えて猛ダッシュで帰宅、場所は移動されていましたが無事存在を確認できた時は心底ほっとしました。




・・その時の出来事を忘れてしまったのでしょうか?
先週の金曜日の晩のことです。




なんとかしていい加減動画に収めたい問題のトリック、この日またもや夜更けにまで及んでも収録はできませんでした。
満身創痍の放心状態だったことも起因するかもしれませんが、とは言え決して許されない失敗を繰り返してしまうことに。




凹みまくって帰宅、BMXを車から下ろそうとリヤゲートを開けると、









は?どういうこと?
その直後に青ざめては猛ダッシュで航空公園へ舞い戻ることに。
夜遅い時間で駐車場が閉場されていたのが不幸中の幸いで、守衛室の管理人が保管してくれていたのです。




鎮座する神の前ひれ伏すように重ね重ねお礼を告げ、安堵の思いで帰宅し倒れ込むように眠りに落ちたのでしょうが、BMXが失くなった夢に魘されはっと飛び起きたところ、目の前にはいつも通りの僕のBMXがありました。
当たり前の日常も、自分の不注意によっては必ずしもその限りではなくなってしまいます。




積む際に、一度車を移動しないとリヤゲートが開けられないことがネックなのか、積んでもう一度車に乗る感覚、何か対策を考えなくてはいけないようです。
出発前の再確認を徹底しないことには、命よりも大切なパートナーもある日忽然と姿を消してしまうでしょう。




全てがオンリーワンの集大成。
それが僕のBMXです。















コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

和製Andrew Faris

2024-05-12 23:38:10 | Weblog













またひとり、ライダーが旅立ちました。
同じ時代を共に乗り、笑い、戦ってきたライダーです。




連休中の夜更けに同期のライダーから連絡があり、話の旨はまさかの訃報。
話を聞いた以上は、全ての予定を返上してでも最期を見届けなくては、と思い連休中もどこか落ち着かなく気が気でなりませんでした。




連休明けには会社へ出社するも早退?半ば脱走?し、一目散に松戸へ。
降り頻る雨は、あたかも彼の死を空までもが一緒に悲しんでいるようでした。




一目でわかる、Andrew Farisが本当に好きで憧れていたんだということ、遺影を見るなり改めて思い出せば、自ずと涙が溢れてきます。
ピンクのフレームにトレードマークのバンダナ、まさしく記憶に残る彼のイメージ、写真の中には変わらぬ在りし日の姿が眩しく映っていました。















僕の中の記憶は、アキルジャム、駒沢、芝園、航空公園にも駅で乗れていた時代にも時々乗りに来てくれていたこと、また、CFBでの優勝ははっきりと憶えています。
どこか弄られキャラだった彼、CFBでもみんなから「フルミスで優勝 笑」なんてコメントを浴びたりもしていましたが、弄られキャラ=愛されキャラということでもあります。




少々乱暴ですが、それがその時のライダーなりの祝福だったのです。







In The Raw // CFB Flatland Contest // Jacksonville Fla. // 2001








数年前に航空公園に乗りに来てくれたのを最後にその後会う機会はありませんでしたが、再会が最後の顔合わせになってしまうとは、哀しみを前にかけてあげたい言葉も出ませんでした。
棺の中で、静かに眠る彼に花を添え、たくさんの花に加えフィンガーバイクや往年のRideBMX、同期のライダー達は涙ながらに、




サぺス、また乗ろうな!




先輩から教えてもらったヒッチハイカーで、俺優勝したよ!




僕はそれを側で見守ることが精一杯でした。




自分達に都合のいい解釈ととられてしまうかもしれませんが、いつまでも泣いていても彼は喜ばないでしょう。
彼はこの日、僕らが久しぶりに集まる機会を与えてくれたのかもしれません。















悲しむのはここまで、この後は頭を切り換えて、かつて彼と過ごした笑い話を思い出してご飯でも食べながら盛り上がろう!と有志が揃って向かった先は、生前に彼がよく駐車場で練習しては怒られていたという回転寿司チェーン。
しらみ潰しに平らな場所を見つけては見境なくライディングに勤しむ、彼も僕と全く同じ道を歩んできたのでしょう。




暴飲暴食しながら大笑いし、決して良い子は真似してはいけない当時のエピソードの数々を肴に、きっと空の上から彼もこの宴に参加していたでしょう、これがライダー流の弔い方です。




最後に一言、サぺス君へ。
僕がいつかそちらへ行った暁には、是非また一緒に乗りましょう。






コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

反骨と信念

2024-05-11 23:56:44 | Weblog




先日から実に印象的な出来事が続いており、備忘録が追い付いていない状況ですが・・時系列に、かつ矢継ぎ早に行きましょう。
この後しばらく短編を小出しにしてお届けしたいと思います。













5/3,4(金・土)
小松駅前




数年ぶりにやって参りました。
相変わらずのグッドなサーフェイスに広大なスペース、ここに来るのは大概コンテストかジャム、等々イベントありきだったため、ライダーの本分「シンプルにただ乗る」のは初めてで、改めて贅沢な環境を堪能させていただきました。




また、今回アテンドでお世話になりました西本君、2日間を通しセッションさせていただきましたが、イメージを遥かに超えるスキルの高さ、ストイックさを肌で感じるなり、今一度自分のスタンスを見直さなくては、と感じたのは言うまでもありません。




また、彼の噂はずいぶん昔から聞いてはいましたが、これもローカルあるあるでしょうか、影響力のある先輩の駆るマシンを、ローカル戦士が挙って真似するのはよくあることです。
在りし日僕の耳に飛び込んできた「噂」とは、ひとりだけローカル戦士に淘汰されず、流されずに自分の乗りたいフレームに乗っている、という話でした。




その、しっかり「自分」の意志を貫けたからこそ、あれだけのスキルを身に付けることができたのでしょう。
きっとローカル内での風当たりも強かったと思います。




自分の意志?が、そもそもあるか?が問題です。
本質を理解し、リスペクトした上でセレクトするのはもちろん良いこと、一方で、ただ何となく周りがそうだから同じギアを使った方が安心する、という図式ではどこか宗教チックに映ってしまうものです。




みんなああだけど、自分はこうしたい。
その気持ちの現れこそがBMXフリースタイルなのだと、僕は思っています。




西本君、小松ローカル戦士のみなさん、
お付き合いいただきありがとうございました。






コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

水面

2024-04-28 23:55:25 | Weblog











水面と書いて「みなも」と読みます。
あたかも水のほとりを眺めているような気持ちになりました。




前オーナーから譲っていただいた往年のOG(ORIGINAL GRAVEYARD)バーですが、その方が数年間使っていただけに経年劣化も進んでいたのでしょう、僕が使い始めてからおよそ5~6年たった今年始め頃、微かなクラックを発見したのでした。




GRAVEYARD=墓場
文字通り「墓場まで持って行ける」の謳い文句を純粋に信じきっていた少年時代が懐かしいです。
1本前に使っていたノーベンドのOGバーが見事に折れた衝撃、その瞬間は、形あるものはいつかは崩れ去る、そんな自然の宿命を身をもって感じたひと時でした。




その1本前のは非常用に溶接補修し、スペアとして保管していましたが、今回も然り折れてからでは遅い、しかも譲り受けた今のOGバーはミニマムスウィープのため、完全に分離してしまうと溶接をしたところでベンド角の精度に狂いが生じるのは想像に難くありません。




そこで溶接職人のライダーに相談したところ、職人気質とでも言いましょうか、溶接をしてくださりその補修した部分を粋な計らいで僕のイメージに合わせ研磨までしてくれたのです。
そうなると、それ以外の部分、全体の細かい小疵が気になって来るもので・・




というのも、前オーナーはこのOGバーを塗装して使っていたのです。
そのために、塗装下地を作るため、塗料の密着度を高めるために、全体をサンドブラスターがけしてしまっていたのです。




譲り受けた段階で僕がそれを剥離し、なんとかメッキの素地は見えて来ましたが、当然疵(きず)が消えることはありません。
僕から言わせてもらえば、鏡面に対し意図的に疵を付けるなんて行為は死刑に値します 笑




そこで、ずいぶん前から検討はしていたものの、実際踏み切るところまで行かなかった再メッキを、ここに来て遂に業者に依頼してみました。
見積の段階で担当の方といろいろ打ち合わせをしている時に、バーの顔ともいえる正面から見える中心部分の入り組んだところが鏡面にならないかも?といった見解が。




下地のバフが入りにくいこともあり、下処理を入念にやらないことには鏡面にはできない、という話でした。
僕からは、可能な限りで構わないので極力鏡面に近づけてほしい旨を伝え、半信半疑で待つこと約3週間、その間は一度完全に折れて溶接し直したノーベンドの方を使っていました。




とある日の昼下がり、仕事中にメールが届き、この程度の仕上がりで良いか?との確認の連絡があり、画像ファイルを開くとそこには・・
入り組んだ隅の部分までは確認できませんでしたが、なかなかどうして雰囲気は申し分ない印象。




ただ、まだわかりません。
あくまでも、あまり舞い上がり過ぎないように、とは言えこれまでのサンドブラスターの疵だらけに比べれば、少なからず綺麗にはなっているでしょう、程度の気持ちで冷静を保っていましたが、いざ問題のブツが届き開封するなり・・






















before

after







・・思わず卒倒するかと言わんばかりの輝きに目眩がしそうでした。
BMXのパーツでここまでの鏡面の仕上がりを未だかつて見たことがありません。




これでも業者様曰く、鏡面の仕上がりはまだ7割~8割程度だとのこと。
環境問題のあおりでメッキパーツの製造が難しくなっている昨今のシーンでも、辛うじてなんとかメッキパーツを入手することはできますが、市場に出回っているパーツにおけるメッキのクオリティーがどれだけ低いかが露呈されることに。
















鏡面の反射具合、映し出すものの雰囲気が、あたかも揺れる水面を見つめるような美しさです。
このマシンを前にライディング意欲は爆上がり、連休に入ってからも延々ずっとひとりですが、昨日は5時間、今日は4時間、絶賛覚醒中なのは言うまでもありません。










コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

休みと云えども

2024-04-09 22:43:48 | Weblog











会社がこれまでずっと週末は隔週休みだったのが、今年に入り完全週休2日制になりました。
それが、想像を絶する恐ろしさだったとは・・知る由もありませんでした。




練習量が格段に増え、現在進行形で物凄い勢いで身体が壊れている真っ最中であります 笑
しかし、収穫も無いわけではありません。




4/6(土) 航空公園
意地になり後に引けなくなっているフィルドラン抜き3周、通算17回目のメークをすることができました。




前日の4/5の晩にただ単に戻っただけとも取れる、まあ醜い16回目のメーク?(と言えるのか?)がありました。
それをメークとカウントした自分への背徳感がそうさせたのでしょう、大会でも同等の醜い戻り方をし、大勢から辛辣なヤジを浴びた夢を見ては、明け方に魘され飛び起きました。




はっと我に帰り、ああ、夢で良かった・・
と、綺麗な朝の空気の中、安堵の思いに包まれながらも、早くも時間は僕をライディングへと急がせます。




いつものまだ見ぬメークを求めるシリーズを4時間ほどかけて数本こなし、体力的にもラストのフィルドラン抜きに挑むのが限界か?と思いつつ満身創痍でなんとか17回目のメーク。
しかもそれは、スカッフは前1回後ろ2回、リアの地面タッチはもちろんなし、限りなく理想に近い自分史上最もクリーンなメークです。





言い出せばキリがない欲を言うなれば、スカッフは前1回後ろ1回にしたい、ランディーロールの戻りをCANCANで洒落込みたい、諸々の思いはありますが、リズムとテンポが崩れなければ、まあ御の字でしょう。





去年は1年間で4回だけ、今年に入ってから今までに13回、メーク率アップは確実に実感できていますが、大会は言わずもがな3分のみ。
マシンが壊れるか身体が壊れるか、もう止まることはできません。













コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

遠く離れていても

2024-04-01 22:07:14 | Weblog












3/30(土)
キングオブフロアー




奇跡とは突如訪れるものです。
誰々がエントリーしている、等々、そういった事前情報も全くないまま、しかも行くと決めたのは3日ほど前、どんなコンセプトで開催するのか?全てベールに包まれたまま手探りで向かった大会でした。




いざ着いてみると、僕の後からひとり、またひとりと各地から続々とライダーが到着、エントリーを締め切る頃には、結局いつもの各地にいる同じ志を持った面々。
これもご縁、各々が何かに惹かれ共鳴したのでしょうか?
















奇跡とは俄に信じ難い、意図的に集めた顔ぶれにしか思えませんでしたが・・
何と言っても居心地が良かったのは、シンプルに本質だけに絞り、無駄や余計な煩悩を極限まで削ぎ落としたコンセプトでした。




要はライダー同士、レベルの高いトリックでお互いを高め合えれば他には何もいらない、言わんとすることはこんなイメージでしょうか?
だとすれば僕はそれに心から同意します。




30分間のジャムセッションで、残り10分が審査対象、乗りながらモチベーションを上げて行きつつ、その流れでそのまま本番に持って行けるという、昨今のコンテストシーンに一石を投じる強烈なメッセージを感じました。




やっぱりこういう場だから決まるトリック、スペース的制約をも凌駕する最大瞬間風速、今回も例に漏れずありました。
大会ミラクルと一言で片付けるのは簡単ですが、ハイリスクノーリターンの裏面カウボーイをまさかの2発もメークすることができました。




3人バトルの1回戦目で早くも敗退でしたが、それ以上の精神的、メンタル的リターンがこの日最大の収穫です。
時代と共に良くも悪くも変わり行くシーンですが、本当に大切なものを熟知しているライダー達は、それを蔑ろにはしません。




僕らは僕らの美学を貫き通しましょう。




余韻に浸りながら帰路に就き、家ではなんとまた奇遇にも、我が家の毛むくじゃらな娘がカウボーイのイメトレをしているというこれまた奇跡 笑
遠くから僕のカウボーイを見ていたのでしょうか 笑




















コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あまのじゃく

2024-03-20 22:19:31 | Weblog














改めて思いました。
トリックとは何故こんなにあまのじゃくなものなのでしょう、あたかも僕ら人間のように生きているようにすら思えます。




先日、とある有志とのセッションで、こんなにも短時間で見せたいものが次々とできるとは・・
久しぶりに僕自身まだできるトリックはたくさんあるんだ、ということを思い出させてもらいました。




こだわりを持った練習をすることや、極端に偏った物へ固執するのは自分の勝手なのですが、それができない→だから毎日そればかりやる→それでも一向にできない→できるものが何一つない、そんな心境に陥ってしまう負のサイクルがあります。




メインに練習しているもののクオリティーが100とした場合、それに対しレベルを70~80程度におさえ「メークできる」「披露できる」ものがかえってモチベーションを上げてくれることがあるのは時々気づいていましたが、例により最近すっかりそれを忘れて意固地になり過ぎていました。




去年の秋に大会で披露できたハイリスクノーリターントリックがあり、それが今年明けたタイミングで一度完全にできなくなりました。
メーク率こそ良くないものの、そんなに何時間もかけることなくそれなりにメークできたものです。




できないことが許せなくて、意地で2時間以上かけてメークした?(ただ単に戻っただけ?)頃には身体も精神も壊れ果てて、こうなることが嫌でまたさらにその練習をしなくなる、といった悪循環から抜け出せずにいたところ、なんと彼とのセッション中にいとも簡単にメーク、当然毎日練習なんてしていなかったものにも関わらず、です。




僕はもの凄く嬉しくこの上ないどや顔をキメ込んだかも知れませんが 笑、やはりノーリターンぶりは健在らしく、いただいた賛辞も、




すごいです!
・・でも、やっぱりよくわかりません!





それでいいんです。
僕はその瞬間天にでも舞い上がりそうな気持ちでした。




同時に何人かで練習をすることはありますが、セッション(交代交代見せ合い合戦)は久しぶりで、その大切さや愉しさを改めて噛みしめました。
また、その時にヒントをもらった動きを、今日の第2ラウンドで初メーク、続けてもう2回メーク!




手の内を明かしたくないので詳細説明は控えますが、日々メインに練習しているもののうち、約10年ほど前から練習しているものがあります。
そのトリックの入りは結構つかめてきているため、後半をばらしてポイント練習をした部分の初めてのメークだったのです。




これで後々一連の流れとして繋がれば、苦節10年いよいよ完成の暁を迎えるかも知れません。
今年中目標に取り組んでまいります。




まあ、明日乗ってみれば、トリックはまたそっぽを向いて知らん顔かも知れません。
そんな切なさ、儚さが、途轍もない魅力なのでしょう。





コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぷぉちょむきんぜっと

2024-03-16 19:13:05 | Weblog




引き続き熊本回想記です。
そこら中で会う人会う人が、再会に次ぐ再会の踏襲なのですが・・またもや久方ぶりにお会いしたのは、少年時代からずっと羨望の眼差しで見ていた山さん。
初めてお会いできたのは、僕が20歳の時初めてエントリーした海外戦であるサンディエゴのBS会場でした。













その時よく見ていたDIG-IT ZINEでの姿格好そのまんま、フルブラックのMoralesにOGバー、当時の「時の人」Edgar Plasenciaを彷彿とさせる出で立ちだったのをよく憶えています。
ロングルーティーンを繋ぎ倒したシメのダブルディケード、その時の模様は、VHS「SICK」に小田君とのパートで収録されています。




また、例により遠き在りし日のファンライドコンテストネタですが、たまたまその日他のイベントとかぶり多くのライダー達はそちらに行っていたため、心なしか例年よりエントリー数が少ないことがあったんです。
鬼の居ぬ間に・・とでも言いましょうか、幸運にも僕がその時優勝したことがありました。




お褒めの言葉をいただくも、僕はへりくだりいつもの強豪達が不在だったから・・と答えたところ、山さんからは「面子がどうこうよりも、大会で優勝することはすごいことだ」と、恐れ多くもありがたいメッセージをいただいたこと、今でもはっきり覚えています。




あれから25年、そんな遠い記憶もどこか虚しく、
この日熊本での誇らしきリザルトを、弱い自分へ烙印を押す意味で貼り付けておきます。




















コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする