華の会

日本文化を考える

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

早稲田大学演劇博物館研究員  深谷 大氏 講演会

2018年02月19日 | 歌舞伎
早稲田大学演劇博物館研究員  深谷 大氏 講演会
平成30年2月22日木曜日 午後2時~4時
演題:「歌舞伎と江戸文化」
講師:早稲田大学演劇博物館研究員  深谷 大氏
会場:世田谷文学館 二階講義室

古典芸能鑑賞講座 「花の会」 のお知らせ 
平成30年(2018)第Ⅰ期 スケジュール表
『花の会』は古典芸能大好きの主婦たちが
昭和60年9月、狂言師 善竹十郎さんに
世阿弥の『花伝書』の講義をお願いして始まりました。...
『日本の古典芸術をより身近なものとして理解し、
人生の糧とすべく共に学び楽しむ』をモットーに
33年間続いている古典芸能鑑賞講座です。

1、平成30年1月11日木曜日 終了
演題:「作り物について」 
講師:シテ方金春流        高橋 忍氏
会場:世田谷文学館 二階講義室

2、平成30年1月25日木曜日  終了
演題:「支配人の目から見た歌舞伎座よもやま話」 
講師:歌舞伎座舞台顧問      金田 栄一氏
会場:世田谷文学館 二階講義室

3、平成30年2月8日木曜日  終了
演題:「若手役者達の挑戦」
講師:共立女子大学名誉教授   近藤 端男氏
会場:烏山区民センター 第7会議室

4、平成30年2月22日木曜日 午後2時~4時
演題:「歌舞伎と江戸文化」
講師:早稲田大学演劇博物館研究員  深谷 大氏
会場:世田谷文学館 二階講義室

5、平成30年3月15日木曜日 午後2時~4時
演題:「六世中村歌右衛門のこと」
講師:日本芸術文化振興会顧問     織田 紘二氏
会場:世田谷文学館 二階講義室

平成30年3月29日木曜日 午後2時~4時
演題:「近代の劇場シリーズ 六回」 
講師:明治大学教授    神山 彰氏
会場:世田谷文学館 二階講義室


当期分会費 4.000円  (単独受講1.000円)


コメント

「狂言作者 竹柴正二氏のお話しの会」

2017年08月19日 | 歌舞伎
「狂言作者 竹柴正二氏のお話しの会」
狂言作者というと鶴屋南北や黙阿弥という昔の戯作者を思い出します。あまり新作物を上演しなくなった現在の歌舞伎界で、古典歌舞伎を上演する時、狂言作者はどのような役割をはたしているのでしょうか?狂言作者を50年以上勤めている竹柴正二さんにお話を伺います。お話しの最後に50年以上使い続けた樫の拍子木で「柝」を聞くことができるかもわかりません。
平成29年8月24日木曜日 午後2時~4時
演題:「狂言作者の仕事」 
講師:狂言作者 竹柴 正二氏
会場:世田谷文学館 二階講義室
会費:単独受講1.000円
京王線「芦花公園、南口下車5分
http://www.setabun.or.jp/guide/access.html


古典芸能鑑賞講座 「花の会」 のお知らせ 
平成29年(2017)第Ⅲ期 スケジュール表
『花の会』は古典芸能大好きの主婦たちが
昭和60年9月、狂言師 善竹十郎さんに
世阿弥の『花伝書』の講義をお願いして始まりました。...
『日本の古典芸術をより身近なものとして理解し、
人生の糧とすべく共に学び楽しむ』をモットーに
32年間続いている古典芸能鑑賞講座です。

1、平成29年8月24日木曜日 午後2時~4時
演題:「狂言作者の仕事」 
講師:狂言作者 竹柴 正二氏
会場:世田谷文学館 二階講義室
http://www.setabun.or.jp/guide/access.html

2、平成29年9月14日木曜日 午後2時~4時
演題:「近代の劇場シリーズ 五回」 
講師:明治大学教授    神山 彰氏
会場:会場未定
       
3、平成29年9月28日木曜日 午後2時~4時
演題:「女形修行のことなど」
講師:歌舞伎俳優  中村 京蔵氏
会場:世田谷文学館 二階講義室
4、平成29年10月12日(木)午後2時~4時
演題:「仮名手本忠臣蔵の現代語訳」
講師:作家     松井 今朝子氏
会場:未定
5、平成29年11月 日木曜日 午後2時~4時
演題:「高麗屋三代」
講師:松竹常務取締役 岡崎 哲也氏
会場:会場未定
      
6、平成29年11月30日(木)午後2時~4時
演題:「2017年後半の演劇界」
講師:共立女子大学名誉教授   近藤 端男氏
会場:会場未定
当期分会費 4.000円  (単独受講1.000円)
歌舞伎鑑賞会 10 月19日 
     国立劇場   11時半 レクチャー
              12時半 開演
コメント

古典芸能鑑賞講座 「花の会」 のお知らせ 

2017年08月19日 | 歌舞伎
古典芸能鑑賞講座 「花の会」 のお知らせ 
平成29年(2017)第Ⅲ期 スケジュール表
『花の会』は古典芸能大好きの主婦たちが
昭和60年9月、狂言師 善竹十郎さんに
世阿弥の『花伝書』の講義をお願いして始まりました。...
『日本の古典芸術をより身近なものとして理解し、
人生の糧とすべく共に学び楽しむ』をモットーに
32年間続いている古典芸能鑑賞講座です。

1、平成29年8月24日木曜日 午後2時~4時
演題:「狂言作者の仕事」 
講師:狂言作者 竹柴 正二氏
会場:世田谷文学館 二階講義室
http://www.setabun.or.jp/guide/access.html

2、平成29年9月14日木曜日 午後2時~4時
演題:「近代の劇場シリーズ 五回」 
講師:明治大学教授    神山 彰氏
会場:会場未定
       
3、平成29年9月28日木曜日 午後2時~4時
演題:「女形修行のことなど」
講師:歌舞伎俳優  中村 京蔵氏
会場:世田谷文学館 二階講義室
4、平成29年10月12日(木)午後2時~4時
演題:「仮名手本忠臣蔵の現代語訳」
講師:作家     松井 今朝子氏
会場:未定
5、平成29年11月 日木曜日 午後2時~4時
演題:「高麗屋三代」
講師:松竹常務取締役 岡崎 哲也氏
会場:会場未定
      
6、平成29年11月30日(木)午後2時~4時
演題:「2017年後半の演劇界」
講師:共立女子大学名誉教授   近藤 端男氏
会場:会場未定

当期分会費 4.000円  (単独受講1.000円)

歌舞伎鑑賞会 10 月19日 
     国立劇場   11時半 レクチャー
              12時半 開演
コメント

古典芸能鑑賞公開講座 「花の会」 のお知らせ 

2017年04月13日 | 文楽
大向弥生会幹事   堀越 一寿氏講演会のお知らせ

平成29年4月13日(木)午後2時~4時
       演題: 「御目見得と初舞台」
       講師: 大向弥生会幹事      堀越 一寿氏
       会場: 烏山区民センター 第4会議室

      烏山区民センター案内

         京王線千歳烏山東口下車北に徒歩1分

http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1202/1235/d00004109.html


古典芸能鑑賞公開講座 「花の会」 のお知らせ 
平成29年(2017)第二期スケジュール表

『花の会』は古典芸能大好きの主婦たちが昭和60年
狂言師 善竹十郎さんに世阿弥の『花伝書』の講義を
お願いして始まりました。
『日本の古典芸術をより身近なものとして理解し、
人生の糧とすべく共に学び楽しむ』をモットーに
32年間続いている古典芸能鑑賞公開講座です。

1,平成29年4月13日(木)午後2時~4時
       演題: 「御目見得と初舞台」
       講師: 大向弥生会幹事      堀越 一寿氏
       会場: 烏山区民センター 第4会議室

      烏山区民センター案内

         京王線千歳烏山東口下車北に徒歩1分

http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1202/1235/d00004109.html
      
2、平成29年4月27日木曜日 午後2時~4時
       演題: 「二世尾上松緑の思い出」 
       講師: 日本芸術文化振興会顧問 織田 紘二氏
       会場: 烏山区民センター 第7会議室

3、平成29年5月11日木曜日 午後2時~4時
      演題: 「豊竹呂太夫襲名について」
      講師: イヤホーンガイド解説者 高木 秀樹氏
      会場: 世田谷文学館 二階講義室


    世田谷文学館の案内
         京王線芦花公園駅下車南に徒歩5分
       http://www.setabun.or.jp/

4、平成29年6月8日木曜日 午後2時~4時
      演題: 「能装束について」
      講師: シテ方金春流  高橋 忍氏
      会場: 会場未定

5、平成29年6月22日木曜日 午後2時~4時
      演題: 「調査研究と資料収集」
      講師: 国立劇場首席芸能調査役  石橋 健一郎氏
      会場: 会場未定

6、平成29年7月6日木曜日 午後2時~4時
      演題: 「2017年前半の演劇界」
      講師: 共立女子大学名誉教授     近藤 端男氏
      会場: 会場未定

当期分会費 4.000円  (単独受講1.000円)

5月25日木曜日  文楽鑑賞会  国立劇場  小劇場 11時より




コメント

大衆文学部門は黒板伸夫・永井路子編「黒板勝美の思い出と私たちの歴史探究」

2016年12月24日 | 文学
大衆文学部門は黒板伸夫・永井路子編「黒板勝美の思い出と私たちの歴史探究」
大衆文化部門 大館の小松さん受賞 著書「忠臣蔵映画と日本人」 /秋田
毎日新聞
大衆文学と大衆文化の2部門があり、小松さんは後者で受賞した。なお、今回の大衆文学部門は黒板伸夫・永井路子編「黒板勝美の思い出と私たちの歴史探究」( ...

大館市在住の映画評論家、小松宰さん(72)の著書「忠臣蔵映画と日本人」(森話社)が、優れた大衆文学の研究に与えられる「第27回尾崎秀樹記念・大衆文学研究賞(早乙女貢基金)」の大衆文化部門に選ばれた。数々の忠臣蔵映画の中に、日本人固有の精神性や美意識を探った労作として高く評価された。小松さんは「師走といえば忠臣蔵。この時期の名誉ある賞に感激している」と話している。

 忠臣蔵は江戸時代から庶民に親しまれ、製作された映画は300本を上回るといわれる。小松さんは小学生の頃、家族で映画館に足を運び、忠臣蔵を楽しんだ経験がありそれ以来の大ファンだという。

 小松さんは北鹿新聞の元記者。本書(四六判、272ページ)は、2014年9月から10カ月間にわたって陸奥新報(弘前市)に連載した「忠臣蔵映画の深層心理」を再構成・改題し、15年11月に出版された。

 同賞は、作家や評論家らでつくる「大衆文学研究会」(縄田一男会長)が主宰。大衆文学と大衆文化の2部門があり、小松さんは後者で受賞した。なお、今回の大衆文学部門は黒板伸夫・永井路子編「黒板勝美の思い出と私たちの歴史探究」(吉川弘文館)が選ばれた。

 選考委員でもある縄田会長は「忠臣蔵の映画についてこれほど深い考察をした著作は類がない」と称賛。小松さんは「ずっと『忠臣蔵博士』を目指して研究を重ねてきました」と振り返る。

 授賞式は26日、東京都千代田区の「如水会館」で行われる。【田村彦志】
コメント

古典芸能鑑賞公開講座 「花の会」 のお知らせ 記事のタイトルを入力してください(必須)

2016年11月08日 | 文楽
古典芸能鑑賞公開講座 「花の会」 のお知らせ 
平成28年(2016)秋期スケジュール表

『花の会』は古典芸能大好きの主婦たちが昭和60年
狂言師 善竹十郎さんに世阿弥の『花伝書』の講義を
お願いして始まりました。
『日本の古典芸術をより身近なものとして理解し、
人生の糧とすべく共に学び楽しむ』をモットーに
30年間続いている古典芸能鑑賞公開講座です。

1,平成28年8月25日(木)午後2時~4時
       演題: 「新劇の時代 Ⅷ」
      講師: 明治大学教授 神山 彰氏
      会場: 世田谷文学館・2階講義室

      世田谷文学館の案内
         京王線芦花公園駅下車徒歩5分
       http://www.setabun.or.jp/

2、平成28年9月15日木曜日 午後2時~4時
       演題: 「国立劇場の周年事業」 
       講師: 日本芸術文化振興会顧問 織田 紘二氏
       会場: 世田谷文学館・2階講義室

3、平成28年10月 日にち未定 木曜日 午後2時~4時
      演題: 「仮名手本忠臣蔵の大向こう」
      講師: 大向弥生会幹事      堀越 一寿氏
      会場: 会場未定
    
4、平成28年10月 日にち未定 木曜日 午後2時~4時
      演題: 「花の会の活動を振り返る」
      講師: 花の会代表       池田 孝子氏
      会場: 会場未定

5、平成28年11月10日木曜日 午後2時~4時
      演題: 「文楽の忠臣蔵」
      講師: イヤホーンガイド解説者  高木 秀樹氏
      会場: 会場未定

6、平成28年12月 日にち未定木曜日 午後2時~4時
      演題: 「2016年後半の演劇界」
      講師: 共立女子大学教授     近藤 端男氏
      会場: 会場未定

当期分会費 4.500円  (単独受講1.000円)
11月24日木曜日  歌舞伎鑑賞会 国立劇場 大劇場  11時より
12月15日木曜日  文楽鑑賞会  国立劇場  小劇場 10時30分より
コメント

古典芸能鑑賞公開講座 「花の会」 のお知らせ 

2016年08月18日 | 歌舞伎
古典芸能鑑賞公開講座 「花の会」 のお知らせ 
平成28年(2016)秋期スケジュール表

『花の会』は古典芸能大好きの主婦たちが昭和60年
狂言師 善竹十郎さんに世阿弥の『花伝書』の講義を
お願いして始まりました。
『日本の古典芸術をより身近なものとして理解し、
人生の糧とすべく共に学び楽しむ』をモットーに
30年間続いている古典芸能鑑賞公開講座です。

1,平成28年8月25日(木)午後2時~4時
       演題: 「新劇の時代 Ⅷ」
      講師: 明治大学教授 神山 彰氏
      会場: 世田谷文学館・2階講義室

      世田谷文学館の案内
         京王線芦花公園駅下車徒歩5分
       http://www.setabun.or.jp/

2、平成28年9月15日木曜日 午後2時~4時
       演題: 「国立劇場の周年事業」 
       講師: 日本芸術文化振興会顧問 織田 紘二氏
       会場: 世田谷文学館・2階講義室

3、平成28年10月 日にち未定 木曜日 午後2時~4時
      演題: 「仮名手本忠臣蔵の大向こう」
      講師: 大向弥生会幹事      堀越 一寿氏
      会場: 会場未定
    
4、平成28年10月 日にち未定 木曜日 午後2時~4時
      演題: 「花の会の活動を振り返る」
      講師: 花の会代表       池田 孝子氏
      会場: 会場未定

5、平成28年11月10日木曜日 午後2時~4時
      演題: 「文楽の忠臣蔵」
      講師: イヤホーンガイド解説者  高木 秀樹氏
      会場: 会場未定

6、平成28年12月 日にち未定木曜日 午後2時~4時
      演題: 「2016年後半の演劇界」
      講師: 共立女子大学教授     近藤 端男氏
      会場: 会場未定

当期分会費 4.500円  (単独受講1.000円)

11月24日木曜日  歌舞伎鑑賞会 国立劇場 大劇場  11時より
12月15日木曜日  文楽鑑賞会  国立劇場  小劇場 10時30分より

コメント

わんこの写真

2016年06月08日 | ペット
最近のわんこの写真です。
コメント

家の近くで咲いた金蘭です。和田さんの写真

2016年06月08日 | 


私の家の近所で毎年、咲く金蘭の写真です。
コメント

古典鑑賞講座 「花の会」 平成24年(2012)秋期スケジュール表

2012年08月29日 | 歌舞伎
古典鑑賞講座 「花の会」 のお知らせ 
平成24年(2012)秋期スケジュール表

『花の会』は古典芸能大好きの主婦たちが昭和60年
狂言師 善竹十郎さんに世阿弥の『花伝書』の講義を
お願いして始まりました。
『日本の古典芸術をより身近なものとして理解し、
人生の糧とすべく共に学び楽しむ』をモットーに
27年間続いている古典芸能鑑賞公開講座です。

1,平成24年9月6日(木)午後2時~4時
       演題:「新劇の時代 Ⅳ」
      講師:明治大学教授 神山 彰氏
      会場:世田谷文学館・2階講義室

      世田谷文学館の案内
         京王線芦花公園駅下車徒歩5分
       http://www.setabun.or.jp/

2、平成24年9月13日木曜日 午後2時~4時
       演題:「忘れられぬ脇役の人々」 
       講師:日本芸術文化振興会顧問 織田 紘二氏
       会場:北烏山地区会館・2階会議室

        北烏山地区会館の案内             
            京王線 千歳烏山駅西口徒歩15分
            バス ときわ橋停留所(吉祥寺~千歳烏山駅)
http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1202/1236/d00004157.html

3、平成24年10月4日木曜日 午後2時~4時
      演題:「木母寺と梅若伝説」
      講師:木母寺 阿部 亮照氏 中嶋 秀信氏
       会場:世田谷文学館・2階講義室
    
4、平成24年10月18日木曜日 午後2時~4時
      演題:「中村雀右衛門の想出」
      講師:松竹歌舞伎プロデューサー 岡崎 哲也氏
      会場:烏山区民センター 第4会議室

      烏山区民センターの案内
           京王線 千歳烏山駅東口徒歩1分
http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1202/1235/d00004109.html

5、平成24年11月1日木曜日 午後2時~4時
      演題:「演題未定」
      講師:共立女子大学教授  近藤 端男氏
      会場:世田谷文学館・2階講義室

6、平成24年11月22日木曜日 午後2時~4時
      演題:「猿之助襲名のことなど」
      講師: 作家 松井 今朝子氏
      会場:世田谷文学館・2階講義室

7、平成24年12月6日木曜日 午後2時~4時
      演題:「今年後半の歌舞伎総評」
      講師:演劇評論家 藤田 洋氏
      会場:会場未定

当期分会費 4.500円  (単独受講1.000円)


コメント

「花の会」平成23年(2011)秋期スケジュール表

2011年08月22日 | 歌舞伎
古典芸能公開講座 「花の会」 のお知らせ 
平成23年(2011)秋期スケジュール表

『花の会』は古典芸能大好きの主婦たちが
昭和60年9月、世阿弥の『花伝書』の講義を
狂言師 善竹十郎さんにお願いして始まりました。

『日本の古典芸術をより身近なものとして理解し、
人生の糧とすべく共に学び共に楽しむ』をモットーに
26年間続いている古典芸能公開講座です。

1、平成23年9月1日木曜日 午後2時~4時
      演題:「新劇の時代 Ⅱ」
      講師:明治大学教授 神山 彰氏
      会場:烏山区民センター 第会議室
京王線千歳烏山駅下車
      烏山区民センター案内 
      http://setagaya.co.jp/kuminkaikan/karasuyama/

2、平成23年9月22日木曜日 午後2時~4時
      演題:「二代目中村又五郎の思い出」
      講師:松竹プロデューサー 岡崎哲也氏
      会場:会場未定

3 平成23年10月6日(木)午後2時~4時
       演題:「明治歌舞伎の一面」
       講師:京都造形芸術大学専任講師 矢内賢二氏
       会場:世田谷文学館・2階会議室
             京王線芦花公園駅下車
      世田谷文学館の案内
      http://www.setabun.or.jp/

4、平成23年11月20日木曜日 午後2時~4時
      演題:「演題未定」
      講師:共立女子大学教授 近藤端男氏
      会場:会場未定

5、平成23年11月24日木曜日 午後2時~4時
      演題:「演題未定」
      講師:作家   松井今朝子氏
      会場:会場未定

6、平成23年12月8日木曜日 午後2時~4時
      演題:「今年後半の歌舞伎総評」
      講師:演劇評論家 藤田 洋氏
      会場:会場未定

当期分会費 4.000円  (単独受講1.000円)

歌舞伎鑑賞会
10月27日木曜日 12時  国立大劇場
宝井馬琴原作 通し狂言「開幕驚奇復讐譚」
主演 尾上菊五郎 時蔵 菊之助 松緑 他
終演後レクチャー 日本芸術文化振興会顧問 織田紘二氏
               参加費 9.000円
               

コメント

古典鑑賞講座 「花の会」平成23年(2011)春期スケジュール  

2011年04月02日 | 歌舞伎
古典鑑賞講座 「花の会」 のお知らせ 
平成23年(2011)春期スケジュール表

『花の会』は古典芸能大好きの主婦たちが昭和60年
狂言師 善竹十郎さんに世阿弥の『花伝書』の講義を
お願いして始まりました。
『日本の古典芸術をより身近なものとして理解し、
人生の糧とすべく共に学び楽しむ』をモットーに
26年間続いている古典芸能鑑賞公開講座です。

1,平成23年4月7日(木)午後2時~4時
       演題:「花と歌舞伎」
       講師:日本芸術文化振興会顧問 織田紘二氏
       会場:世田谷文学館・2階会議室
             京王線芦花公園駅下車
世田谷文学館の案内 http://www.setabun.or.jp/

2、平成23年4月21日木曜日 午後2時~4時
       演題:「釘町久麿次の思い出」 
       講師:伝統芸能研究家 清水可子氏
       会場:世田谷文学館・2階会議室
              京王線芦花公園駅下車

3、平成23年5月19日木曜日 午後2時~4時
      演題:「演題未定」
      講師:共立女子大学教授 近藤端男氏
      会場:世田谷文学館・2階会議室
    
4、平成23年6月16日木曜日 午後2時~4時
      演題:「大阪の団菊祭」
      講師:松竹プロデューサー 岡崎哲也氏
      会場:会場未定

5、平成23年6月23日木曜日 午後2時~4時
      演題:「古浄瑠璃の時代」
      講師:早稲田大学演劇研究センター研究員 深谷 大氏
      会場:世田谷文学館・2階会議室

6、平成23年7月7日木曜日 午後2時~4時
      演題:「今年前半の歌舞伎総評」
      講師:演劇評論家 藤田 洋氏
      会場:会場未定

当期分会費 4.000円  (単独受講1.000円)

文楽鑑賞会 5月12日  国立小劇場
竹本綱太夫改め九代目竹本源太夫
鶴沢清二郎改め二代目鶴沢藤蔵 親子同時襲名公演
「源平布引滝」「襲名披露口上」 「傾城恋飛脚」
        開演後レクチャー 高木秀樹氏
               参加費 7.000円
                   


コメント (1)

永井路子氏講演会中止のお知らせ

2011年03月21日 | 文学
古河市文学館のHPから

永井路子氏講演会中止のお知らせ
4月17日に開催を予定していた
「古河文学館テーマ展開催記念 永井路子氏講演会」は、
震災の影響により中止とさせていただきます。

永井路子旧宅臨時休館のお知らせ
3月11日に発生した東日本大震災の影響により、
しばらくの間、休館とさせていただきます。

http://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/bungaku/index.html

コメント

織田紘二氏講演会のお知らせ 三島由紀夫の思い出

2011年02月15日 | 歌舞伎
古典鑑賞講座 「花の会」 のお知らせ 
平成23年(2011)秋期スケジュール表

『花の会』は古典芸能大好きの主婦たちが昭和60年
狂言師 善竹十郎さんに世阿弥の『花伝書』の講義を
お願いして始まりました。
『日本の古典芸術をより身近なものとして理解し、
人生の糧とすべく共に学び楽しむ』をモットーに
25年間続いている古典芸能鑑賞公開講座です。


平成23年2月17日木曜日 午後2時~4時
      演題:「三島由紀夫の思い出」
      講師:日本芸術文化振興会顧問 織田紘二氏
      会場:北烏山地区会館 二階会議室
      会費:1000円
北烏山地区会館の案内
   http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00004157.html

コメント

古典鑑賞講座 「花の会」 のお知らせ  平成23年春期

2011年02月15日 | 
古典鑑賞講座 「花の会」 のお知らせ 
平成23年(2011)秋期スケジュール表

『花の会』は古典芸能大好きの主婦たちが昭和60年
狂言師 善竹十郎さんに世阿弥の『花伝書』の講義を
お願いして始まりました。
『日本の古典芸術をより身近なものとして理解し、
人生の糧とすべく共に学び楽しむ』をモットーに
25年間続いている古典芸能鑑賞公開講座です。

1,平成23年1月13日(木)午後2時~4時
       演題:「演能雑感と装束付けデモンストレーション」
       講師:シテ方金春流 高橋 汎氏
       会場:北烏山地区会館 二階会議室
   北烏山地区会館の案内
   http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00004157.html
2、平成23年1月27日木曜日 午後2時~4時
       演題:「昨年の歌舞伎界 特に菊之助の合邦」 
       講師:共立女子大学教授 近藤端男氏
       会場:世田谷文学館・2階会議室
              京王線芦花公園駅下車
 世田谷文学館の案内 http://www.setabun.or.jp/


3、平成23年2月10日木曜日 午後2時~4時
      演題:「戦後歌舞伎の名優芸談」 
      講師:松竹歌舞伎プロデューサー 岡崎哲也氏
      会場:北烏山地区会館 二階会議室


4、平成23年2月17日木曜日 午後2時~4時
      演題:「三島由紀夫の思い出」
      講師:日本芸術文化振興会顧問 織田紘二氏
      会場:北烏山地区会館 二階会議室

5、平成23年3月10日木曜日 午後2時~4時
      演題:「古浄瑠璃の時代」
      講師:早稲田大学演劇研究センター研究員 深谷 大氏
      会場:会場未定

6、平成23年3月31日(木)午後2時~4時
       演題:「新劇の時代」
       講師:明治大学教授 神山 彰氏
       会場:世田谷文学館・2階会議室
             京王線芦花公園駅下車
当期分会費 4.000円  (単独受講1.000円)
コメント