悩んでいます

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
現在の悩み、心のうち

レジ袋有料化

2018-10-21 18:37:16 | 自由人 元気に気まま生活を送る
テレビのニュースでレジ袋が有料化されると言っていた。

私の暮らしている地域はすでに有料化されているので
このニュースに驚くことはなかった。
ここ数年、スーパーに買い物に行くときには必ずエコバッグを持って行く。
それが当たり前の生活になっている。
もしも忘れた時は、ビニル袋を買う、お店に置いてある空き箱をもらってそれに入れる、
またはそれまでに使っていたビニル袋を使いまわすなどすればいいだけだ。

しかし、テレビでは、ビニルゴミによる海洋汚染が深刻だと報じていた。

確かにうちの近くの海岸沿い堤防付近には
ビニルゴミが散乱しているのをよく見かける。
先日そのゴミを拾って歩く人がいるのも見かけた。

私が暮らす広島市ではゴミの減量、リサイクルを進めようということで
ゴミの分別に力を入れているが、それでもこんな状況があるから
そんな取り組みをしていない地域ではゴミが多いのだろうなと容易に想像できる。

広島市では、ゴミを8種類にも分けて出すようになっている。
その8種類とは
1可燃ゴミ・・・・台所ゴミ・再生のきかない紙屑・木くずその他
2ペットボトル・・飲料用・酒類・醤油のペットボトル(キャップトラベルを外して出す。)
3リサイクルプラ・リサイクルできる容器包装プラスチック
4その他プラ・・・包装容器を除くプラスチック類
5不燃ごみ・・・・陶磁器・その他(ビニルシート・化粧品の瓶・ハンガー・傘・金属の蓋など)
6資源ごみ・・・・紙類・ガラス類・金属類・布類
7有害ごみ・・・・蛍光管・乾電池・体温計
8大型ごみ・・・・家具・寝具・家電製品・その他(自転車・ベビーカー・スーツケースなど)

大型ゴミは納付権を購入して、大型ゴミに張り付けなくてはならない。
しかも大型ゴミセンターに、ゴミ出し予約をしないといけなくなっている。
少し面倒だと感じるときもあるが、物を大事に使おうという気持ちをもちやすくなったとも思う。

さらに広島市では、この8種類のゴミをできるだけ再生しようとしている。

例えば、ペットボトルはユニフォーム・シャツ・カーペット・パック・シート、水切りネット・バインダー・ボトル製品など
プラスチックは文房具・日用雑貨など・プラスチック製品・工業用原材料
古紙は新聞・ダンボール・トイレットペーパー・菓子箱など
古布は自動車の断熱材・梱包用のパッキン・軍手・ウエス・布手袋・雑巾など
金属類は鉄筋・アルミ缶・機械・自動車部品など
ガラスはビール瓶・ジュース瓶・酒瓶・醤油瓶など
に再生されているようだ。

学校などのトイレに「広島紙」と書かれている再生トイレットペーパーが置かれ、使われている。

リサイクルプラザの見学に行くと、どんなものに再生されているか
実際に再生されている製品を見ることが出来るので行ってみるといいかもしれない。

それから、広島市ではゴミの減量化に力を入れていることを
小学校で学習するようにもなっている。

この広島市の取り組みは全国に広めていきたい誇れるものだと
今回のニュースを見て特に強く感じた。

考えもなしに捨てたゴミによって海洋汚染が進むだけではない。
そのゴミをえさと間違えて呑み込み死んでしまう海洋生物もいるという。

環境破壊の現実が大きく広がったために今回のレジ袋有料化となったということも
事実の一つとして挙げられると思う。

世界ではすでに60ヶ国がレジ袋の有料化に取り組んでいるという。
地球環境を守って行こうという動きに
日本も動かざるを得なくなったという側面があるようでもある。

一人一人がちょっと気をつけることはもちろんだが
ゴミの出し方も工夫を凝らすとか、再生の取り組みを進めるとか
日本全体で取り組むことも必要だと、今日のニュースを見て思った私だ。
コメント

買い出しに行く

2018-10-19 17:28:20 | 自由人 元気に気まま生活を送る
今日は何だか変な天気。
午前中はいい天気だったのに、午後からは小雨が降り始め
少したってから本格的な雨の時間があった。

そんな中、今日は「買い出し」に行った。

いったい何の買い出しか?と思うだろう。

スーパーに食料品購入に行ったのではない。

今日の「買い出し」は~~~『駄菓子の買い出し』

近くの大型ショッピングセンターの中に駄菓子屋がある。

子どもが家にいる頃は駄菓子を一緒に買いに行ったこともあるが
いくら良く買っても500円分ぐらい。
しかも数も5つぐらいまでが殆どだった気がする。

ところが今日は、何と個数100個分の駄菓子買い出し。

ある催し物の景品として子ども達に配る予定のお菓子なのだ。
来るだろう子どもの数はおよそ100人ぐらいと想像している。
その駄菓子を配るのが本来の目的ではないので、ほんとに景品なのだ。

だから、駄菓子一個にかける金額も少額。
大体一個当たり20円から30円程度を目指すことになっていた。

一個当たりがそれぐらいの金額なら、きっと飴とかガムとかぐらいしかないだろう。
私は勝手にそんなことを考えていたのだが予想とは違っていた。

まあ、いろいろあるわあるわ。
飴、ガム、ポテトフライ、どら焼き、麦チョコ、おやつ揚げと言う魚肉製品、ロールケーキ、
ビスケット、おみくじ付きチョコ、うまい棒、ベビースターラーメン、コーン菓子、ラムネ菓子などなど。

ぽっきり30円と言うのはなかったが、30円台のお菓子がこんなにあるとは知らなかった。

いろんな種類があるので見るのも楽しいが選ぶのも楽しい。
子どもが駄菓子屋に行きたくなるのは分かる・・・と心からそう思った。

子どもの頃、田舎に小さなお店があってそこで駄菓子を売っていた。
そこでは「シガレット」と言う、たばこの形をした駄菓子を売っていたのを覚えているが
今もそれはしっかりと残っていることが分かった。

この「シガレット」を自分用に買って帰ろうかと思ったほどだ。

今度また行って、買ってみたいと思った駄菓子が他にもあった。
それは透明プラ容器に入っている、イカの足みたいなのを串にさしてあるもの。
たくさん入っていて、お祭りの時とかに串を売っているのを見たこともある
あのおつまみみたいなイカだ。

ビールを飲みながら串を手にもって食べるのは面白いだろうな。

今日の買い出しは、ほんと、楽しかったなあ~。
コメント

洗濯ものを干す

2018-10-18 22:00:00 | 自由人 元気に気まま生活を送る
自分と他の人とのやり方が違う、
そんな当たり前のことが、気になる時があるだろうか?

私はこれまで、
「あら、私のやり方と違うわ。そうかこんなやり方もあるのか。」
とびっくりしたことは何回もあった。

でもそれで嫌だとか、気になって仕方がないなんてことはなかった。

自分が好きなようにやればいい、それが自分流のやり方ならそれでいいじゃないか・・・と。

しかし、しかし、最近私は気になって仕方がないことがある。

それはお隣さんの洗濯物の干し方だ。
いや干し方と言うより干すときの音のことと言った方が正しい。

洗濯ものは見えないのだが、干しているなとすぐわかる音がするのだ。

それも、大きな音がするので気になって仕方がない。

バシッ、バシッ!!と派手な音が聞こえてくる。

しわを伸ばして干したい、仕上がりをきれいにしたい、
アイロンがけの手間を省きたいなど理由はいくつかあるのだろうが
しばらくその音が続くので私は気になるのだ。

しかも、そのお隣さんのうちからだけ、そんな派手な音が聞こえてくるから
余計に気になってしようがないのだと思う。

近所にたくさん家があるが、
洗濯物を干すときにそんなに派手な音が聞こえてくるうちはない。

騒音を立てて困らせようとしているのではないことも分かっているから
文句を言いに行くわけにもいかない。
だけど気になる音なのだ。

私も多少パンパンとたたいて干すことはあるが
あそこまで派手にバシバシはやらない。

音をそんなに立てること、洗濯ものをひどくたたくことが本当にいいことなのか?
最近私はそんなことも考えてしまうようになった。
衣類の繊維は丈夫に作られているだろうから
激しくたたいても大丈夫なのだろうが・・・。

でもものによってはたたかない方がいいものもあるだろう。

まあ、たたきたきゃたたけばいいだけのこと。
そのうちの衣類がいたもうがどうなろうが構わないと言えば構わない。

ただ、あまり激しい音なので、「バシバシ」が聞こえてくる時には
うるさく感じて「またか~。」と窓を閉めてしまわないといけないのが嫌なだけだ。
窓を閉めたら多少音が小さくなるが、それでも聞こえてくるほどたたき方は激しい。

私があまりにも気にしすぎなだけだろうか?
コメント

やはり今年もにわかファン

2018-10-17 22:43:00 | 自由人 元気に気まま生活を送る
ああ、私はやはりテレビにくぎ付けになってしまった。
思っていた通りだ。

今夜の野球放送、カープと巨人の試合を見ずにおれなかった。

でも私は根っからのファンと言うわけではないのだが・・・。

黒田さん・新井さんのことは気になって仕方がなく
一昨年あたりから、カープの試合をテレビ観戦することが増えた。

去年からは鈴木さんとか丸さんとか菊池さんとかのことも
すごいなあ~と関心をもって見るようになった。


先日カープの優勝前ごろから
俄然私はにわかカープファンに変身し、野球放送を見るようになったのだ。

カープのユニフォームを持っているわけでもなく
応援グッズを持っているわけでもない。
ましてやファンクラブに入っているなんてこともないわけで・・・。

だのに、地元の野球チームが頑張っていることは分かるし、
当然応援したい気持ちになるのだ。

今夜もそうだった。

「わ、今夜は大瀬良選手が投げてるわ~。頑張って!!」
「お!やったね、盗塁成功!」
「うん、いいぞ、ホームラン。」
などなど心の中で呟きながら野球放送を見た。

9回に中崎が出てきた時には、「とうとう出てきたね。頑張って!」と。

そして、私はカープが勝ったことが分かるまでテレビを見続けた。

そのため、いつも夜にジムに行くのだが
ジムに行く時間も遅くなってしまった。

ここ何日かはテレビで野球観戦が続くだろう。

こんな私だが、実は今夜ちょっとしたハプニングがあった。

テレビでニュースを見ようとしてリモコンの電源を入れようとしたのだが
何回押してもテレビの電源が入らなかったのだ。

あれ??おかしいな、今朝は入ったし昼にも入ったはずだけど。
何回か試してみても電源は入らず。

そう言えばしばらく電池を変えていないし、きっと電池切れだろう。
そう思って近くのお店に電池を買いに行き、リモコンの中の電池を入れ替えた。

やはり電池切れだったようで、すぐに電源は入ったのだった。

おかげでカープの野球放送をしっかり楽しむことができた。

よし、明日もしっかり見よう、応援しよう。
ガンバレ、カープ!!!!!
コメント

軽減税率って?

2018-10-16 22:38:09 | 自由人 元気に気まま生活を送る
2019年の10月1日からこれまで8%だった消費税が10%に上がるというニュースが
テレビなどでは大きく取り上げられている。

そして、「軽減税率」導入の話でもちきりだ。

なぜ「軽減税率」が導入されることになったのか?
おそらくたいていの人が想像はつくと思うが
それは「低所得者の負担緩和」が目的だ。

低所得者はたいてい所得全体に占める食料品支出の割合が高い。
よく「うちはエンゲル係数が高い」などど表現したりするけれど・・・。

そんな低所得者ほど税の負担感が重くなってしまう。
だからその緩和に向けて導入されるのが軽減税率」だという。

平成24年の消費税増税法・低所得者対策の一つとして検討を求める条文が盛り込まれ
自民・公明両党の3年及ぶ議論の末に具体化が決まったという。

酒類・外食を除く飲食料品へ適用されるそうだ。
生鮮食料品・パンや麺類・弁当・菓子などは8%に据え置かれる。

そして、この軽減税率導入によって、
年収が250万円前後の低所得世帯の税負担は、年に1万1千円程度緩和されるという。

このことを知って、私はすぐに
「この軽減税率がほんとうに税負担感を緩和することになるのか?」
と疑問をもってしまった。

高額所得者も低所得者も、生鮮食料品などは8%負担。

じゃあ高額所得者の方がより優遇されていることにならないのか?

所得が多い家は高級食材をたくさん買い、美味しいものをたくさん食べても消費者税は8%
お酒をたくさん飲んでも外食の回数が多くても、税が10%になったって大したことはないかもしれない。

低所得者は、酒類や外食にかかわる消費税が10%になるから贅沢はできないと感じる人も多いだろう。
実際に外食の機会が減るのではないか?と私は考える。

ということは軽減税率が導入されたって
結局は負担感が軽減されることにならないのではないか。

収入によって消費税率を変えるとかすれば、多少負担感が軽減されるかもしれない。

しかし、スーパーやコンビニなどで
買い物の度に収入証明書を出さなくてはならなかったらそれこそ大変だし、
お店の人もいちいち税率を変えてレジ打ちの仕事をしないといけないのは大変過ぎるだろう。

どうしたら、低所得者世帯の税負担を緩和することになるのか?
3年かけて議論されたというが、
もう少し検討することにしてもらいたい気もする。
コメント