ルアンパバーンの風景

ラオスの世界遺産『ルアンパバーン』(Luang Phabang)の静かな風景を載せていきます。
実際は暑かった。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

たくさんの仏像

2006-10-06 | ルアンパバーン
WAT VIXUN, MUSEUMにはなんか惹かれる仏像がたくさん並べられている。どれも魅力的だった…。古い仏像郡で、あまり見ない、ときに変な形してて、その当時のルアンパバーンの思い出が宿ってそうだった。反面、今にも崩れてしまいそうなあやうさがある。梶井基次郎の『檸檬』じゃないけど、朽ち果ててるところが、なんか気持ちわる美しい。表情もエキセントリックでたまらない。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

WAT MAK MOの入り口

2006-10-06 | ルアンパバーン
看板にUNESCOのマークがあります

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

WATPA PHOLPHAO

2006-10-05 | ルアンパバーン
この寺からの眺め

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

問題

2006-10-05 | ルアンパバーン
意味不明の絵がありました。

岸壁から落ちたのであろう男の人が、途中で松の木に引っかかったのか、枝に絡みついた蔓にしがみついています。
ところが、岸壁からは虎が見下ろし、松の枝に絡みついた蔓をねずみがかじり、さらに男の人の頭上には大きな蜂がぶんぶん飛んでいます。
そして極めつけは海の中に龍がいて、男の人が落ちてくるのを待っているようなすさまじい形相。

さてこの絵の意味するところは?
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

WATPA PHOLPHAO

2006-10-05 | ルアンパバーン
WATPA PHOLPHAOのブッダは貴乃花だった

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

見えてまいりました

2006-10-05 | ルアンパバーン
 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2006-10-05 | ルアンパバーン
プーシー山から見えたゴールドのWATめがけて歩いている。草道を歩き、川に出るとサンガの子等が遊んでいた。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

橋を超えた道

2006-10-05 | ルアンパバーン
とにかくてくてく歩く

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

休憩するサンガの子

2006-10-05 | ルアンパバーン
よく端に座っている

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

WAT TAOHAIからの景色

2006-10-03 | ルアンパバーン

ルアンパバーン市の橋〔Sisavangvong Bridge〕越えると、完全な村。
市街とのギャップの大きさに陶酔する。ずっと奥地へ進むと寺があり、外見ると学校があって、子ども達がいた。バイクとか青空とか・・・


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

WAT TAOHAIの犬

2006-10-03 | ルアンパバーン
ルアンパバーンの寺の番犬は面白い。ワットシェントーンの犬もなんか変。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

托鉢の風景

2006-08-14 | ルアンパバーン
僕もやった。わかりづらいけど橙色の人の列が、修行僧(僧伽=サンガ)。住民はもちごめをつまんで、サンガの托鉢の入れ物に入れていく。淡々と一連の流れで全員にあげる。あとのほうはあげるものなくなる。
托鉢に参加しろ参加しろと、売り子が観光客にたかる。もちごめを買いなさいと。その売りさばきときたらすごい強引だ。うしろのほうにはサンガにたかる小さな子どもたちがいて、托鉢のもちごめ等は彼らにrecycleされてた。サンガの人たち優しい。貧しい国なんだと思った。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラオスのバナナは甘い

2006-07-13 | ルアンパバーン
ゲストハウスに用意されているバナナも甘かった。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ルアンパバーンの夜明け

2006-07-04 | ルアンパバーン
朝はやいよ。5時に出ないと間に合わない。むこうで知り合ったおばさんの方に起こしてもらった。
この日は特別にきれいだったみたい。街は薄いピンクだった。涼しいしきれいだし、こういう街は夕方より夜明けのほうがよいね。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

メコン川の枝部分

2006-07-01 | ルアンパバーン
メコン川ってのが重要ね。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする