ルアンパバーンの風景

ラオスの世界遺産『ルアンパバーン』(Luang Phabang)の静かな風景を載せていきます。
実際は暑かった。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

聖剣伝説2 Legend of Mana

2009-01-12 | 宗教
2009年の正月は聖剣伝説2 #LEGEND OF MANAをやってた。どっかに行けばよかったけど感動したからいいです。
聖剣伝説はエランヴィタールがわかってる。マナの樹とかマナの力は神道や仏教やキリスト教そのもの。メコン川を下る時フェイサイでスクウェアの人に出会ったけど色々と見てますね。グラフィックもいいけどなにより草人の存在がよかったかな。次にやるゲームの予定はあったけど、印象がとても深いのでもったいないので感傷に浸ってました。
・我々は科学があれば生きていける。
・マナの樹を復活させても云々。
・人はマナを奪い合うことにしか生きて来なかった。
・草人が"マナの樹のところにいくのー。"と言っても草人はかわいい草人のままでいいと知識に固まった者は行かせない。
・聖邪はマナの一側面。
・アーウィンのように破壊する自由もある。
・精霊は人間を嫌っている。でも今の精霊は過去の戦争によって本来の精霊の姿を失っているのではないか。
・マーメイドは歌を歌っているだけ。それで沈没する船が悪いのよと人間の理不尽で森に引きこもらされているマーメイドを外に出そうとする。
…そんなストーリーでした。多くの登場人物が生きた性格をもっているのは源氏物語並みだと思いました。
エランヴィタルとか霊性については物理学でも解明しうるもので、解明できなければまだ物理学のほうが未発達なんでしょう。神棚に米を供えた時に反応してくる神の力や、神社と仏閣では霊性が違うのにそれが説明できてないことになるから。といってもそれは無理難題で、どこまでいっても推測に留まるけど。要素を蒐集しても膨大すぎることになるし、素粒子についても一言で「時間も空間もない」スケールといっても現実的な想像すら出来ないものであるから。
去年の正月はポケモン『時の探検隊』をやってましたがこれもいい哲学してました。ちょうど素粒子に興味をもっていたからポケモンも完成度高いなぁと思ったものです。不可知でも正しい理論とか正しい芸術には神秘に通じるものがありますね。限定的ではなくて広がりがあるのです。
霊性がわかればキリストの言ってることも親鸞もベンジャミンもわかったようなもんです。霊性がわからなければたぶんなにもわからないでしょう。
とはいってもX-FILEのオカルトの連中はあまり好きではないです。どうせ雀や自然を愛していないだろうから。年末には意識と言葉と行為が世界を作り上げているとオカルト肯定者が主張していたけど、ならばその意識と言葉と行為をもっと清めることに心血を注ごうと考えるのが宗教者です。自分が成長しなければ面白くない。量子力学的に証明されつつあると言いつつ慈悲や真心を持とうと思わないで芸術には敬意を払いもせずに偉いこと言ってるだけでは面白くないです。聖剣伝説2をやれと思いました。音楽もわからず八正道もできないのが大半のオカルト肯定者のような気がしてます。僕はなるたけならそうはなりたくないです。懺悔


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする