滋賀年金者ジャーナル

全日本年金者組合滋賀県本部の公式ブログです。

みなさま 良い年をお迎えください

2012年12月31日 | 滋賀県本部

コメント

奈良、埼玉、京都に続いて、沖縄、広島県本部が目標達成

2012年12月30日 | 滋賀県本部
全日本年金者組合中央本部 の 「総合計画 ・ 組織活動推進ニュース」 第27号 に よれば

奈良、埼玉、京都 に 続いて、 沖縄、広島県本部 が 今日 30日、「仲間づくり月間」 の 目標 を 達成しました。

この月間中 に 全国で 2630人 の 実増となり、 組合員数 11万934人 に なりました。

奈良は 81人、埼玉は 351人、京都は 118人、沖縄は 32人、広島は18人 の 実増で 目標を達成、

北海道は 116人、東京は 136人、神奈川は 183人、愛知は 120人、大阪は 196人、兵庫は 233人、福岡は 112人 の 実増で 奮闘中です。

我が 滋賀県は、 実増21人 と 苦戦していますが、 「月間」 を 1月まで延長して 目標を達成します。


次に、篠塚多助 中央執行委員長からの メッセージ を 紹介します。

  ご苦労さまでした。

 月間、総合計画 と 奮闘された皆さん に 感謝します。

 目標達成 は 「春」 は 3県でしたが、 「今秋」 は 1府 4県 と なりました。

 支部の目標達成 も 139、成果支部 567 と 「春」 を 上回りました。

 この月間の前進に確信を持って 新年を祝し、 来年こそ 躍進しましょう。

     12月30日

     中央執行委員長 篠塚多助 


コメント

志賀町支部 が 今年も 「餅つき」

2012年12月30日 | 志賀町支部
志賀町支部の支部長 Kさんからの情報です。

志賀町支部では 今年も 28日に、例年通り 「餅つき」 を 行いました。

毎年10数人以上は 参加するのですが、 今年は 10人でした。

最近は 何故か 天候が今ひとつ・・・

やっぱり 昼頃から 雨がぱらついてきたので、早速テントを張って、17臼 を 搗きあげました。

昼食は、 定番の オロシ餅 と 豚汁、 みんなで 賑やかに 食べました。

男性は屋外、女性は屋内で 小餅作り、

私の家では、 お餅に塩を入れて 搗き上げます。

塩味がして、おいしく 食べられます。

塩入りは、 富山県 砺波地方では 一般的なお餅で、

薄く切って わら縄で吊るし、乾くと 「おかき」 にして、子どものおやつにします。

醤油をつけて 海苔で巻くような食べ方は 決してしません。

コメント

年末は餅つきで交流

2012年12月30日 | 志賀町支部
年金者組合 滋賀県本部の機関紙 「年金滋賀12月号」 から、年の瀬の話題 を 転載します。


コメント (2)

金念寺 「土曜講座」 だより

2012年12月29日 | 東近江支部
年金者組合 東近江支部 鈴木悛亮さんから、次のような 「お知らせ」 が 寄せられました

東近江市 八日市金屋 の 浄土宗 金念寺(こんねんじ) では、門の前の 「旧行者堂」 を 「金念寺ホール」 として改修、

10月から 月1 ~ 2回、 土曜日の午後、 「土曜講座」 として、 講座 (集い) を 開いています。

10月 は 「原発・尖閣問題」、11月 は 「金念寺・金屋の歴史」、

12月22日 は 深尾道典さんの 「お話」 でした。

「失われた魚を求めて」 『ハリンパ(ハリヨ)の章』 と題する講演の後、

「NHKのFMドラマ」  「幻の魚・ハリンサバの告別」 を 聴きました。

少人数でしたが、質問も出され、充実していました。


1月から 野沢 正さんのシリーズが始まります。
 
野沢さんには 教員時代の経験 と 退職後の 「ボランティア」 活動の取り組みから 「教育問題」 を 中心に語ってもらいます。

この 「お話」 は しばらく続きます。

音楽 も 堪能です。 「歌」 を 交えての 「トークショー」 です。

1月12日(土)午後2時からです。


来年(2013年)の予定。

皆さんのご希望 に 応じて 実施します。

ただ、 土曜日で、 他の行事と重なる場合 は 延期 (中止) します。

ホールの南側に掲示板を取り付けました。

 住職(鈴木悛亮)による郷土の歴史 ・ 江州音頭教室

 中国語教室 ・ 料理教室 ・ 歎異抄を読む会 ・ 映画 ・ ビデオ鑑賞

 原発問題の取り組みの交流会 ・ 子育て講座

参加費 は 無料です。

講師の謝金 は 原則として、していません。 「出前講座」です。

講師の方 を 募集しています。

お問い合わせ 鈴木悛亮 090-1897-5744  konnenji@hotmail.co.jp

コメント

「年金者組合新春観劇会」の残席わずか!

2012年12月29日 | 年金しが女性の会
「年金しが女性の会」 では、 「前進座初春特別公演」 (京都南座) の チケット を 取り扱っています。

大好評のうち、 残券は 残り少なくなりました。

残券は、1等席 ( 12500円 のところ 6500円2枚

観劇ご希望の方は、 至急 お申し込み下さい。

申込先 : 年金しが女性の会 事務局 電話 077―592-2102 (奥村)

日 時 : 1月8日(火) 夜の部  午後4時開演

演 目 : 「赤ひげ」 「雪祭五人三番叟」

あらすじ ・ みどころ

「雪祭五人三番叟」

古来、三番叟は初春の声であった。

ぴたりと揃った動きと“瞳(まなこ)”に溢れる気迫。

種蒔きから五穀豊穣を祈念する勇壮な舞へと盛り上がる中――――

そこに降り出す突然の雪。

精根尽き果てそうになる一人を四人が励ましながら、一気にクライマックスへ。

京都南座では初御目見得となる、前進座女優による、力強くも華やかな舞踊をお楽しみください。


「赤ひげ 」

長崎で蘭法 (オランダ) 医術を学び、江戸に戻ってきた若き医師、保本登。

彼には 幕府お目見医の席が用意されているはずだった。

ところが、貧民施療院である小石川養生所に呼び出され、医長の“赤ひげ”こと新出去定に、有無を言わさず住み込みの見習医を命じられる。

登は自暴自棄となり、禁制の酒に手を出すなど、赤ひげへの反発を繰り返した。

婚約者の妹まさを、むじな長屋に住む悲しい過去を持つ佐八、一家心中する五郎吉とおふみ……

赤ひげの貧しい人たちに対する治療姿、真摯な生き方に触れ、登の閉ざされた心は徐々に開かれていく。 

あやめ、彼岸花、菊と季節は移る――

それぞれの過去を背負う人々との出会いと別れ。

登が感じたものとは――

そして登が選んだ生き方とは――







コメント

彦根・愛犬支部が今年最後の荒神山ハイキング

2012年12月28日 | 彦根・愛犬支部
彦根・愛犬支部の荒神山ハイキング サークルは 今日、今年最後の荒神山ハイキングを行いました。

このサークルは 毎週、10人前後で 標高284m の荒神山に登っています。

標高差 約200m、歩行距離 約5.6Km と 登山というほどではありませんが、

今年も 年間51回も 登りましたので、全員の脚力は 徐々に 向上してきました。

雨天決行ですから、今年の2月3日は 大雪でしたが、 頑張って登りました。



今日は、天気予報では雨ということでしたが、最後まで 何とか 降られずに済みました。


途中 ふと、北の方を見ると「伊吹山」 が 雲の上に 浮かんでいました。


目を東方向に転じると、霊仙山 がそびえています。。


40分余り歩いて、体が温まってきた頃、頂上展望台に到着です。

早くも 荒神山神社の迎春準備が整い、「謹賀新年」の看板 が 掲げられています。


これは展望台からの眺望ですが、今日は湖西の比良山系を望むことは出来ません。


頂上付近には、先日の雪が 未だ残っていました。


頂上で、ゆっくり おしゃべりしてから下山開始、 登山口に戻った途端、 雨が降り出しました。


往きも帰りも、頂上でも、 ずっと おしゃべりしながらの、気楽なハイキングです。

帰路の中腹で、パノラマ撮影してみました。


来年は、4日 が 「登り初め」 です。

コメント

全日本年金者組合が目標達成に向かって追い込み

2012年12月27日 | 滋賀県本部
全日本年金者組合中央本部の 「総合計画・組織活動推進ニュース」 第25号によれば、

全国の組合員数は 11万775人 に 前進、

各県本部とも、目標達成に向かって追い込み中です。

中でも、北海道は大雪、零下30度の中で、最後の統一行動を組んで 前進しています。

京都府本部は、月間目標達成まで あと24人、全支部が目標を達成しようと奮闘中。

大阪本部は、残り70人をと、1万人基礎作りへ懸命。


ところで、我が滋賀県本部では、甲賀、守山・野洲、湖北の3支部が支部目標を達成 しました。

甲賀支部は この秋 23人の新組合員を迎え、支部目標を超過達成、

守山・野洲支部では 女性陣が大奮闘、支部目標を達成、

湖北支部も 頑張りと粘りで目標を達成しました。

滋賀県本部は 「仲間づくり月間」 を 1月末まで延長し、月間目標の達成をめざします。

滋賀県本部委員長は 「年初めから、意気高く 滋賀年金者組合の力を発揮しよう」 と 呼びかけています
コメント

「阪神・淡路大震災18年メモリアル」のご案内

2012年12月27日 | 滋賀県本部
県労連から 「阪神・淡路大震災18年メモリアル」 の 案内チラシが届きましたので、転載します。


コメント

日電硝子第2次不当労働事件について (県労連FAXニュース)

2012年12月27日 | 滋賀県本部
県労連FAXニュース(12月26日付け)が届きましたので、転載します。

コメント