滋賀年金者ジャーナル

全日本年金者組合滋賀県本部の公式ブログです。

支所・公民館をまもる大津市民の会ニュース

2019年10月10日 | 大津支部

コメント

「年金大津」 12月号

2013年12月13日 | 大津支部
 年金者組合大津支部の機関紙 「年金大津」 12月号 が 発行されましたので、 紹介します。



    



    



    



    
コメント

「年金大津」 9月号

2013年09月15日 | 大津支部
 年金者組合 大津支部の機関紙 「年金大津」 9月号が発行されましたので、 紹介します。



    



    



    



    
コメント

「こんな時に増税やめて!」 消費税増税中止滋賀県民集会

2013年06月16日 | 大津支部
 「こんな時に消費税増税やめて」 の声を結集した6・16消費税増税中止県民集会が 16日午前10時から大津市の膳所公園で開かれ、

380人の参加者が集会のあと、浜大津近くのパルコ前までデモ行進しました。

    

集会には水原渉県生協組合連合会会長、池端武士県商工団体連合会会長、谷悦男全日本年金者組合組合県本部委員長らが連帯のあいさつ。

    

谷悦男氏が「消費税増税中止は迫る参議院選挙が天王山。消費税中止の声を広げて悪政にストップをかけよう」 との集会宣言を読み上げ、頑張ろう三唱して集会を盛り上げました。

    

このあとのデモでは「消費税増税ストップ」などと書いたプラカードを手に手に、親子連れもまじって暑さを吹き飛ばすシュプレヒコールを響かせ、市民に訴えました。

    

(年金者組合大津支部 木越)
コメント

投稿 「マスコミが今、異常だ」 

2013年05月24日 | 大津支部
日本年金者組合 大津支部 木越 暁さんからの投稿を紹介します。



    
    
    
    
    
コメント

滋賀県民メーデー中央集会に年金者組合員70人

2013年05月01日 | 大津支部
5月1日、五月晴れのもと第84回滋賀県民メーデーが県内9会場で行われ、集会とデモに多くの年金者組合の仲間が参加しました。

大津市の膳所公園で開かれた県中央メーデーでは、年金者組合大津支部から46人が参加(美内志郎事務局長の集計)したのをはじめ南大津支部、志賀町支部を含めて55人、県本部執行委員含めて約70人の仲間が集会とデモ行進に参加し「年金の削減反対」などと訴えました。

大津支部では堅田地区にお住まいの医師・斉藤さんが、この日、新しい仲間に加わりデモに初参加するなど過去最高の参加者となりました。

集会では谷悦男年金者組合県委員長が力強く連帯のあいさつ。

そろいのオレンジ色のジャンパーを着込んだ年金者の仲間が「幟(のぼり)旗を先頭にデモ行進し目立っていました。



    
                                      挨拶する年金者組合県本部谷悦男委員長



    



    
        メーデー会場からデモ行進に出発する年金者組合員



    
コメント

年金者組合 大津支部の機関紙 「年金大津」 が 復刊

2013年04月13日 | 大津支部
滋賀県の県都 「大津市」 の 年金者組合支部 が 機関紙を復刊しました。

記念すべき復刊第1号が届きましたので、紹介します。

そのすばらしい出来ばえには、目を見張るものがあります。




    



    



    



    

   



コメント

「 山宣のお墓と花やしきを訪ねるハイク 」

2013年03月12日 | 大津支部
3・10びわこ集会の雨模様とはうって変わっての春日和となった3月12日、

年金しが女性の会(奥村文子会長)が企画した「山宣のお墓と花やしきを訪ねるハイク」が行われ、

全県内から50人近くの年金者組合の仲間が参加し、墓前で暗黒政治を二度と繰り返さない誓いを新たにしました。

「山宣(やません)」の愛称で親しまれ、治安維持法改悪に反対して右翼の凶刃に倒れた山本宣治・元代議士((1889~1929年)。

年金しが女性部の要請で宇治山宣会の藪田秀雄会長ら4人が墓地と「花やしき」を案内、

詳しいガイドでたっぷり4時間、学習を重ねました。

湖南市から参加の最古老の森本博さんは「何回か山宣墓参していますが、今日ほどの詳しいガイド説明が聞けたのは初めて。

本当に来てよかった」と話しておられました。 ( 年金者組合大津支部 支部長代行 木越 暁 )



    



    
コメント

詩吟 を 一緒に 詠いませんか

2013年02月02日 | 大津支部
年金者組合大津支部の馬場さんから、次のような案内 が 届きましたので、紹介します。

「新興吟詠会」 へのお誘い 

 「 新興吟詠会 」 は 、我が国 唯一の 「 革新吟 」 として1978年、 当時 関西文化協会の上師範であった平岩松籟氏によって 創立されました。

会の目的は、 「 詩吟を学び 会員相互の親睦を深めつつ、詩歌の創作 と 吟詠を通じて 社会の進歩 と 平和に 貢献すること を 目指す 」 ことです。

この度、 「 大阪支部 大津教室 」 を 立ち上げ、広く参加の呼びかけ を しております。

健康にも良い詩吟 を ご一緒に 詠いませんか。

教室のご案内

  会場 : 大津公民館(大津市民会館内。琵琶湖ホテルの隣り)2階小四会議室

  日時 : 毎月第2土曜日 14時~17時

  内容 : 発声練習
       吟詠(古典、近代、創作詩)
       楽器演奏(コンダクター、尺八)
       漢詩創作 など

  会費 : 月額 1,000円

  参加ご希望の方は、右枠上部の「 メッセージを送る 」 から 連絡して下さい。

呼びかけ人 年金者組合 大津支部 馬場


「 新興吟詠会 」 の 詳しいことは こちら 

コメント (1)