仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会スタッフブログ

仙台・宮城観光PRキャラクターむすび丸と、その上司や部下が仙台・宮城の観光情報とむすび丸のおしごとの様子をお伝えします。

冬のイルミネーション~地上と夜空の天体の煌めき~と周辺観光

2018年12月17日 | スタッフ日記
こんにちは。
むすび丸課長の部下です。

各地がイルミネーションで彩られ、とても綺麗ですね。

先日、むすび丸課長と一緒に川崎町の『国営みちのく杜の湖畔公園 みちのく公園』(外部リンク)で行われている
冬のイルミネーション~地上と夜空の天体の煌めき~」(外部リンク)
を見に行ってきました。

暗くなるまでの間にいろいろな観光スポットにも立ち寄ったので、イルミネーションと合わせてご紹介します。



まず、川崎町といえば、江戸時代には伊達藩の御殿湯が置かれた由緒ある温泉地『青根温泉』(外部リンク)が有名ですね。
『青根温泉』にある公共温泉『じゃっぽの湯』(外部リンク)では、日帰り入浴ができます。


『じゃっぽの湯』の周辺には『青根洋館』(外部リンク)や、


バスの終点施設を活用した足湯『停車場の湯』があります。


平成31年2月10日には『じゃっぽの湯』および周辺で、「青根温泉雪あかり」(外部リンク)が開催されます。
ろうそくを入れた多数の雪の祠で会場が温かい光で包み込まれる、必見のイベントです!


さらに、川崎町といえば今年の7月に、旧支倉小学校の校舎を利用した“食と体験の観光交流施設”『イーレ!はせくら王国』(外部リンク)が誕生しました。


館内には、地域の農産物や東北の逸品を販売する物産コーナーや、チョコレートのお店、
校舎隣の体育館にはワイナリー『Fattoria AL FIORE』(外部リンク)、

地元の名産品やカカオをふんだんに使った料理とデザートを楽しめるカフェなどがあります。


日本人で初めてチョコレートを口にしたと言われるヨーロッパと仙台を結んだ偉人『支倉常長』公のふるさとの地ならではの施設ですね!

また“食と体験の観光交流施設”の名の通り、季節に合わせて様々な体験教室が開催されており、ご家族やグループはもちろん、個人でも楽しめます。
カフェの入口には“職員室”の札があるなど、小学校だったころの名残も随所に残されていますので、楽しみ方は何通りもありそうです。


また、『青根温泉』から車で10分ほどの距離には『遠刈田温泉』(外部リンク)があります。
こちらも街の中心部に公衆浴場『神の湯』(外部リンク)があり、


周辺には無料の足湯や観光案内所、『みやぎ蔵王こけし館』(外部リンク)などがあります。


上記でご紹介した『じゃっぽの湯』と『みやぎ蔵王こけし館』は
今年の10月から運行を開始した、仙台空港から国営みちのく杜の湖畔公園までの川崎町・蔵王町・村田町を繋ぐアクセスバス『みやぎ蔵王三源郷エアポートライナー』(外部リンク)の停留所となっています。


村田町の停留所は『道の駅 村田』(外部リンク)や『蔵の観光案内所』(外部リンク)です。


さらに、各停留所には電動アシスト付き自転車を無料で借りられる『さとチャリ』(外部リンク)が来年3月まで試験運用中です。


バスと合わせて利用すればいろんな場所を散策できそうですね!


最後にご紹介するのは、タイトルにもあり、『みやぎ蔵王三源郷エアポートライナー』でも行くことができる
国営みちのく杜の湖畔公園 みちのく公園』(外部リンク)です。


『国営みちのく杜の湖畔公園 みちのく公園』では、現在「冬のイルミネーション~地上と夜空の天体の煌めき~」(外部リンク)が開催されています。

むすび丸課長が訪れた日には、川崎町観光PRキャラクター【チョコえもん】(外部リンク)さんや
国営みちのく杜の湖畔公園PRキャラクター【シカボー】さん【モシカちゃん】さんたちと一緒にイルミネーションを楽しみました。


園内はおよそ11万球の藍色の電飾で彩られており、幻想的な雰囲気でとても綺麗でした。


園内には大きなイルミネーションツリーや


ハートのイルミネーションがあり、


むすび丸課長たちもお客様と一緒に楽しんでいました。


「冬のイルミネーション~地上と夜空の天体の煌めき~」は、今後は12月19(水)~24(月・祝)日に開催されます。
点灯時間は16:30から21:00までです。


今回ご紹介した施設やスポット以外にも宮城県南地域の魅力はたくさんあります。
是非みなさんも宮城県南地域にお出かけして、温泉に入ったり、体験施設で楽しんだり、青い光に包まれてみたり……と
自分なりに様々なスポットを周遊して宮城県南地域を堪能してみてください。




部下:ツナマヨ


☆新米2018☆

2018年11月27日 | スタッフ日記

 こんにちは。
 むすび丸課長の部下です。

 先日食べた新米がとっても美味しかったので、むすび丸課長とともに今年のお米についてご報告いたします。
 小難しい話は一切ありませんのでご注意ください☆

 

=5月吉日= 晴れ☀

 田植え

 
 
 むすび丸課長は秋保地区で馬場小学校のみんなと田植えをしてきました。
 
  

 ……むすび丸課長は秋保地区で馬場小学校のみんな田植えをするところを応援してきました。



=約半年の間、お米は農家さんのお仕事によりすくすく育ちます= 晴れ☀だったり雨☂だったり曇り☁だったり
 
 ※お米の成長過程の代わりに、むすび丸課長の成長(?)をご覧ください

  
  



=10月吉日= 晴れ☀

 あっという間ですが稲刈りの季節がやってきました!!
 5月に植えて苗からすくすく育った稲を、むすび丸課長も田植えをした皆さんと刈りに行きました。

 

 みなさんの応援をしつつ

  
 
 鎌で稲を刈って

 

 こんなに素敵などや顔達成感に満ち溢れた顔を見せてくれました。
 毎年お手伝いをさせていただいているためか鎌さばきが上達してますね。



=10月吉日= 晴れ☀

 そして待ちに待った年に2回のお楽しみ♪給与支給式がありました!
 今回もむすび丸課長はお仕事の頑張りが認められ、皆様に見守られながら給与をいただきました!

  
 
 よかったですね!



 ***************************

 以上です。非常にざっくりと報告させていただきました。

 他にも今年は宮城県から プレミアムブランド米『だて正夢(外部リンク)』が全国デビューし、首都圏や県内でのPRにも励んでおりました。

 そちらの紹介は機会があれば、いずれさせていただきたいと思います。

 もう秋も終わり冬になろうかとしております。

 皆様も風邪などひかないように、あったかくしたり美味しい宮城のお米・ご飯をたくさん食べたりしてくださいね♪


 お読みいただきありがとうございました


 部下:コンクリートガール
 




 
 

祝!世界農業遺産認定 ぐる~りオオサキ謎解きスタンプラリー

2018年11月27日 | スタッフ日記
こんにちは。
むすび丸課長の部下です。

各地で落葉も進み、徐々に景色も冬へと変わってきましたね。

まだ秋が深まる前に、また謎解きスタンプラリーに参加してきたのでご紹介します!
今回参加してきたのは



です。


もう参加された方もたくさんいらっしゃるとは思いますがご紹介していきますね。

「世界農業遺産」とは農林水産省HP(外部リンク)によると
“世界農業遺産は、世界的に重要かつ伝統的な農林水産業を営む地域(農林水産業システム)を、「国際連合食糧農業機関(FAO)」が認定する制度”
だそうです。

その地域で行われている農林水産業が、“世界的に重要”で“伝統的”であると認められれば、認定してもらえるんですね。

そんな世界農業遺産に大崎地域の
“持続可能な水田農業を支える「大崎耕土」の伝統的水管理システム”
が認定されたことを記念して開催されている、この謎解きスタンプラリーでは「大崎耕土」をめぐりつつ
①謎解きコースと②スタンプコースの2つのコースを楽しむことができます。

①謎解きコースは現地に行ってヒントをもらい、パンフレットと合わせて謎を解き、キーワードを集めていきます。
②スタンプコースは、大崎地域にある様々な施設に置いてあるスタンプを、買い物・食事・見学・温泉などを楽しみながら集めていきます。

①謎解きコース・②スタンプコース共に、抽選で鳴子温泉宿泊券ペアチケットや大崎地域の地場産品が当たります!
抽選に外れても、鳴子温泉郷の湯めぐりチケットが当たるチャンスがあります!とてもいいですね!

パンフレットは、各スタンプ対象施設や大崎地域の観光案内所、県内の道の駅やサービスエリア・パーキングエリアなどで配布されています。
パンフレットに①謎解きコースのヒントや②スタンプコースの対象施設などが載っているので、まずはパンフレットを入手する必要がありますね。

詳しい配布場所は公式サイト(外部リンク)からお確かめください。

ではさっそく、今回挑戦してきた様子をご紹介していきます。



まずは謎解きスタンプラリーに参加するために、パンフレット配布箇所のひとつである『鳴子峡レストハウス』へとやってきました。



こちらの『鳴子峡レストハウス』は大崎市鳴子温泉にあり、レストランやお土産品コーナーを備えた休憩施設です。

パンフレットは中に入った受付に設置されていました。
パンフレットをもらい、スタンプも捺せました!



『鳴子峡レストハウス』は峡谷の景色もとても有名で



この日はこんな美しい景色を楽しむことができました!

周辺の遊歩道では、散策を楽しむこともできます。
遊歩道は一部通行止めもあるため大崎市公式ウェブサイト (外部リンク)でルートを確認して、お楽しみください。


この調子でどんどんスタンプを集めていきましょう!


続いてパンフレットを頼りに、周辺にスタンプ対象施設が集まる『鳴子温泉駅』へと向かいました。



『鳴子温泉駅』の入口には



このように足湯があるので、休憩ができました。

『鳴子温泉駅』から歩いてすぐの距離には


『鳴子・早稲田桟敷湯』という共同浴場や



温泉熱を利用した食事を提供している『たかはし亭』という食堂など、スタンプ対象施設が複数あります。

さらに周辺には



足湯……ではなく、“手湯”と呼ばれる手で浸かる温泉や



足湯が併設されている無料の駐車場『湯めぐり駐車場』があります。
ここでは足湯を楽しめるだけでなく、持ち込んだ卵で温泉卵を作ることもできます。



この日もたくさんの方が訪れており、多くの卵が温められていました!

車で来た方は『湯めぐり駐車場』に車を駐めて周囲の商店街を楽しみつつ、疲れた足を足湯で癒しながら温泉卵ができるのをのんびりと待つ、なんていうのも良さそうですね。
もちろん電車の方も同じ様に楽しめますよ。

また、『湯めぐり駐車場』内にあるトイレには、鳴子温泉ならではの工夫が凝らされていました。
お寄りの際はぜひトイレも含めて、お楽しみください!


次は、同じようにスタンプ対象施設が集まっている『有備館駅』へと向かいました。

道中、お腹がすいてきたので、スタンプ対象施設のひとつ『蕎麦カフェ田伝(denden)』(外部リンク)にてご飯を食べました。



自家栽培したそば粉を使ったお蕎麦やガレットだけでなく、店内ではシフォンケーキなどのスイーツも楽しめます。



美味しいお蕎麦をいただき、お腹もいっぱいになりました。
スタンプはお店の方にお声がけしたら、出していただけました。

さらに、スタンプ対象施設になっている道の駅
あ・ら・伊達な道の駅』(外部リンク)にも立ち寄りました。



『あ・ら・伊達な道の駅』のスタンプも事務所の窓口にお声がけしたらもらえました。

そんなこんな道中を楽しみながら、目的地である『有備館駅』へ着きました。



『有備館駅』といえば、このオブジェで有名ですね。


以前は仙台駅に設置されており、集合場所の目印によく使われた、いわゆる“伊達前”のオブジェです!
懐かしい方も多いのではないでしょうか。

『有備館駅』の向かいには駅名の由来になっている

旧有備館および庭園』(外部リンク)があります。


『旧有備館および庭園』は国の指定文化財にも登録されています。
茅葺き屋根の旧有備館は江戸時代にできた現存する日本最古の学問所だそうです。

名前の通り旧有備館だけではなく庭園も名勝になっていて、四季折々に見られる美しい庭園は何度も訪れたくなるところです。
こちらもスタンプ対象施設になっています。


また、すぐ近くには同じくスタンプ対象施設になっている『森民酒造』(外部リンク)があります。



『森民酒造』は明治時代に建てられた木造の酒蔵を現在も使用し、井戸からくみ上げた水で酒造りをしているそうです。

同敷地内には『昭和レトロ館』(外部リンク)という国登録有形文化財にも指定された築80年の家屋と土蔵を展示スペースとして活用した、懐かしい昭和を感じることができる施設もあります。

そして近くには今回のスタンプラリーの題名にもなっている、世界農業遺産認定の要因の一つである『内川』が流れています。



大崎耕土を作り上げる上でも非常に重要な役割を担う用水路で
元々は伊達政宗公によって岩出山城が造られる際に共に作られた人工の河川だそうですよ。
歴史を感じますね~。

薄暗くなってきたので、この日はこれでスタンプ集めを終わりにしました。
このように、各地で観光を楽しみながら、一日だけでもたくさんのスタンプを集めることができました!

実は、今回辿ったルートで謎解きコースの謎も解けたところもあるんですよ。

今回は大崎市鳴子・岩出山エリアだけを周りましたが
祝!世界農業遺産認定
ぐる~りオオサキ謎解きスタンプラリー

は12月15日まで開催中なので、他エリアもまだまだ周れそうです。


みなさんも少しずつ各地を周ってスタンプを集めたり謎を解いたりして、世界農業遺産について楽しく学んでみませんか?


------------
祝!世界農業遺産認定
ぐる~りオオサキ謎解きスタンプラリー

開催:平成30年7月30日(月)から12月15日(土)
地域:宮城県大崎地域(大崎市・色麻町・加美町・涌谷町・美里町)
問い合わせ先:宮城県北部地方振興事務所地方振興部 0229-91-0763 (土日祝日を除く9:00~17:00)
※参加には各施設で配布中の冊子が必要となります。詳しい配布場所は以下の公式サイトをご覧ください

公式サイトはこちら (外部リンク)


部下:ツナマヨ

むすび丸課長の最近のお仕事【3】

2018年10月29日 | むすび丸お仕事日記
 こんにちは。むすび丸課長の部下です。

 みなさま、7月~9月まで行われた『仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2018』はお楽しみいただけたでしょうか?

 みなさまに仙台・宮城に来てもらえるよう、むすび丸課長がどこでどんなPRをしていたのか8月と9月に頑張ったお仕事の一部を紹介させていただきます。
 (部下のひとこと付き)

 7月分と8月の七夕時期は以前他の部下が報告しましたのでそちらをご参考ください↓↓(内部リンク)
むすび丸課長の最近のお仕事【2】
むすび丸課長の七夕日記’18


 ********************************************


 ≪8/1 登米市長沼はすまつり≫

 登米市観光PRキャラクター【はっとン】(以下敬称略)と一緒に、遊覧船にのってハスを堪能しました。
 また行きたいですね。
 


 ≪8/11 多賀城市市民まつり≫
 みんなで盆踊り!
 とても楽しそうでした。
 


 ≪8/22 豪華客船「にっぽん丸」お見送り≫
 いつかこんな大きな船に乗って、旅をしたいですね。
 


 ≪8/30 「ぐんまちゃん」が行く!「古代浪漫深堀りの旅」≫
 群馬県マスコットキャラクター【ぐんまちゃん】が、ユネスコ「世界の記憶」に登録された上野三碑を巡りに宮城県多賀城市に来たので、むすび丸課長もお邪魔させてもらいました。
 もちろん、宮城県にある上野三碑のひとつ『多賀城碑』がある、多賀城市で活躍する多賀城市観光協会キャラクター【たがもん】も一緒です。

 仲の良さが伺える様子をご紹介しますね。

 ①【たがもん】は見た。
 

 ②【ぐんまちゃん】迷った果てに【たがもん】へのプレゼントは門の上(屋根)に。 <むすび丸課長撮影写真>
 

 ③【たがもん】見てないもん。
 

 ④むすび丸課長がパンフレットで、仙台・宮城のオススメを【ぐんまちゃん】にご紹介!
 

 とても仲良し3キャラ組でした。
 

 ≪9/8.9 Hey!Say!JUMP夏タビ宮城スタンプラリー特別企画≫
 この扉があったら、みんないつでも仙台・宮城に遊びに来てもらえるのにね!(むすび丸課長談)
 

 
 ≪9/17 しばた曼殊沙華まつり≫
 花のまち柴田イメージキャラクター【はなみちゃん】とじゃんけん。
 

 一面の曼殊沙華に大はしゃぎ。
 


 ≪9/22.23 ツーリズムEXPOジャパン2018≫
 全国…そして世界の観光情報が集まるお祭りです。

 沖縄の海に思いをはせて……
 

 宇宙に行……きたい……のに……
 

 温泉街ってやっぱりいいよね……
 

 思い出したかのように仙台・宮城のPRも頑張っていました!
 凛々しいですね。
 


 ≪9/29.30 加賀百万石の観光と物産展≫
 仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2018の最終日には、7月にお世話になったこの方が仙台・宮城に来てくれました。
 
 石川県観光PRマスコットキャラクター【ひゃくまんさん】です。
 「いつみても輝くまゆげと立派なおひげと豪華なボディをおもちですね(うっとり)」ってむすび丸課長が思っているように感じました。


 ********************************************


 むすび丸課長はこの他にも全国各地を、そして海外にも行って、仙台・宮城のPRを頑張っていました。
 今回はお仕事……(。´・ω・)ん?って写真が多かったですが、ちゃんと『仙台・宮城観光PRキャラクター』として、忙しい毎日を送っています。

 
 むすび丸課長、いつもお仕事お疲れ様です。

 これからも、もっともっともっともっともっと頑張りましょうね!

 期待しています!!


 
部下:コンクリートガール



第6回しばた曼珠沙華まつりが開催中です!

2018年09月18日 | スタッフ日記
こんにちは。
むすび丸課長の部下です。

最近は暑さもようやく落ち着き、秋を感じるようになってきましたね。
そんな“秋を感じる”イベントにむすび丸課長と行ってきましたのでご紹介します。

今回参加させていただいたのは9月15日~9月30日まで柴田町『船岡城址公園』(外部リンク)にて開催中の

第6回しばた曼珠沙華まつり (外部リンク)です。

『船岡城址公園』やその周辺におよそ20万本の曼珠沙華が咲き誇り、公園全体が幻想的な赤に染まります。



『船岡城址公園』の中腹にある『柴田町観光物産交流館 さくらの里』ではイベント期間中の土・月曜日の11:00から、柴田町のイメージキャラクター 花の妖精【はなみちゃん】(敬称略)とのじゃんけん大会が開催されているということで、むすび丸課長も参加しました。

むすび丸課長と【はなみちゃん】とのじゃんけんの結果は……


わかりましたか?二人は足でジャンケンをしていました。
【はなみちゃん】は[パー]、むすび丸課長は[チョキ]ですので、むすび丸課長の勝ちですね。

【はなみちゃん】と一緒に曼珠沙華の前で記念撮影をして、


会場の散策に出発します!



ところで皆さん“曼珠沙華”はご存知でしょうか?
ピンと来ない方でも“彼岸花”と呼ぶと、すぐ連想できるのではないでしょうか。

この花にはたくさんの呼び名があるらしく、曼珠沙華も彼岸花も同じ花を表しています。
いくつか説はあるようですが、“お彼岸の頃に咲くから彼岸花”という説があるように、まさに今の時期が見ごろのお花です。



では早速、『柴田町観光物産交流館 さくらの里』前の駐車場から散策を始め「リコリス坂」へと向かいます。


「リコリス坂」の“リコリス”とは曼珠沙華の別名であり、学名にも使われているそうです。

どの道を通っても左右に曼珠沙華が咲き誇っていますね。
部下をおいて、ぐんぐん進むむすび丸課長。



曼珠沙華に囲まれて、すごく楽しそうですね。


(※すでに折れていた花を特別に持たせていただきました。花や周囲の自然には手を触れずお楽しみください。)

道中にはこんな珍しい曼珠沙華もありました。

真っ白な曼珠沙華です。野生では育つことができない非常に珍しい花だそうです。
たくさんの赤の中に白があると、とても映えますね。

さらにぐんぐん進んでいくと……


「赤富士」が見えてきました。
およそ1万本の曼珠沙華が富士山を象っています。

もう少し上から見てみると、よりハッキリと見えてきます。


夜間にはライトアップが行われ、より幻想的な光景を楽しむことができるそうですよ。


「リコリス坂」周辺を1周して中腹まで戻ってきましたので、スロープカーに乗り山頂へと向かいます。

山頂の展望デッキでは蔵王連峰や町内が一望できます。
桜の名所として有名な『一目千本桜』のある白石川も見られます。

また、イベント期間中は山頂にある『天空カフェ』がオープンしており、軽食を楽しむことができます。


『天空カフェ』の目の前にある手水舎には曼珠沙華が生けられておりました。


非常に“SNS映え”する光景を撮ることができそうですね。


「第6回しばた曼珠沙華まつり」では、そんなSNS映えする写真を投稿する絶好の機会の「インスタグラムフォトキャンペーン」を同時開催中です。
方法は応募期間 9月15日~10月16日の間に、ハッシュタグ“#しばた曼珠沙華まつり”を付けて投稿するだけ!
投稿した方から抽選で15名様に、素敵なプレゼントが当たるそうですので、会場に行った際には是非ご応募くださいね!

また、“「花のまち柴田」イベント開催実行委員会公式アカウント”(外部リンク)では素敵な写真を公開中ですので、ぜひ合わせてご覧ください。


部下もいくつか写真を撮ってきたので、載せてみます。



いかがでしょうか。“SNS映え”“インスタ映え”していますか?


今回紹介したルートやスポット以外にも、公園入口の道中や「樅ノ木は残った展望デッキ」など、園内にはたくさんの見所があります。

(公園入口)

通る道によって様々な見所があるため、色々なルートを散策してみると楽しいですよ!
むすび丸課長と遊びに行った日(9月17日)は日当たりのいい場所は咲いていましたが、日陰のあたりはまだつぼみが多かったです。
曼珠沙華は10日前後咲くそうですのでイベント期間中はずっと楽しむことができそうですよ。

さらに、第6回しばた曼珠沙華まつりでは、夜間ライトアップやミニコンサート、ワークショップなどの連動イベントも開催してます。

また、会場の『船岡城址公園』では、春には桜、夏から秋にかけては曼珠沙華、秋は菊、冬はイルミネーションと、四季を通して花や景色を楽しめるイベントを開催しています。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
第6回しばた曼珠沙華まつり
開催期間:9月15日~9月30日
※開花状況により期間変更の場合有
夜間ライトアップ:17:30~20:30
会場:〒989-1606 宮城県柴田郡柴田町大字船岡字舘山95 船岡城址公園

その他連動についてはこちら(外部リンク)をご覧ください。



皆さんも柴田町に来て、曼珠沙華による幻想的な光景やたくさんのイベントを楽しんでください!



部下:ツナマヨ