控えめ予算の旅の記録

男ひとり旅ならではの少々過酷な旅。いっぱい旅したいので1つ1つの旅は低予算。それでいて充実した旅を目指します。

高速バス利用者も特典がいっぱい!!

2017-09-03 15:17:00 | 佐渡島 1泊4日のバス旅 (旅レポ版)
レポート28

19:30に 佐渡島の両津港を出発し、定刻どおりに、本当に定刻どおり 22:00ジャストに、新潟港にて 船を下船。
ヒッチハイクで日本一周中の彼と別れ、23:00発の夜行バスに乗る為に、再び「万代シティバスセンター」へとやって来た。

夜遅すぎて “バスセンターのカレー” には ありつけないが、夜行バスも含めた「県外高速バスセンター待合所」は、24:00まで利用可能。


テレビもあります☆
誰でも入れるワケではなく、基本 当日の高速バス乗車券を入口で提示する必要がある。

高速バスを利用する人には、他にも特典があったりする。

新潟駅から ココ(万代シティバスセンタ-)までの路線バスが無料で利用できたり、万代シティの対象ショップで使えるサービスクーポン券(商品50円引や 飲食代10%割引など)がもらえたりと、長距離利用客は 優遇されています☆
次回は ぜひ利用したいな。






つづく

☆ブログランキングに参加しています☆

一人旅ランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

海苔がいっぱい!!

2017-09-03 06:16:28 | 佐渡島 1泊4日のバス旅 (旅レポ版)
レポート27

帰りの船も ときわ丸。


船内で頂いたのは、細かくきざんだ “岩のり” がたっぷりトッピングされた上に、紙状のモノまでもがド~ンと添えられた「岩のりラーメン」¥860。


行きに注目した、ときわ丸限定の カニ肉とカニクリームコロッケをパンで挟んだ「ときわバーガー」も気になってはいたが、

個人的には、揚げ物よりも 海苔の方が健康的かと思い、こちらに☆

客室に戻ると、ヒッチハイクで日本一周中の彼も 寝てしまっていたので、自分も横になり、新潟港まで わずかな時間ではありましたが、眠りに就きました。

食べてスグに眠るのは 健康的ではないと思いますが・・


つづく


☆ブログランキングに参加しています☆

一人旅ランキングへ

☆「鉄道旅行」のカテゴリーにも参加しています☆
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


コメント

こんな方と出会いました!

2017-09-02 14:37:00 | 佐渡島 1泊4日のバス旅 (旅レポ版)
レポート26

ナント!ヒッチハイクで日本一周している方☆


銭湯からフェリーターミナルへ戻る途中、たまたま 脇の喫茶店から出てきた彼のリュックの後ろには、
「ヒッチハイクで日本一周中 from 神戸 84日目」
の文字。

彼も フェリーターミナルへと入って行ったので、もしや!と思い、声をかけてみたら、同じ19:30発の便で 新潟港へ戻るそうだ。

話を聞くと、一旦 日本最北端の地である 北海道の「宗谷岬」に到達し、現在は そこから、日本最南端の碑がある 沖縄県の「波照間島」を目指して 本州を南下中。
佐渡島にちょっと立ち寄ったのだそうだ。

そのまま 船内でもご一緒させて頂きました。

ヒッチハイク、案外 乗せてもらえるみたいです、
意外にも、1人で車に乗っている人の方が 乗せてくれるみたいです。

この後は、行き同様、夜行バスに乗るので、横になれる船内で なるべく寝ておこうと思っていましたが・・・
何が起こるか わかりませんね。



つづく

☆ブログランキングに参加しています☆

一人旅ランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村






コメント

佐渡島に 昔ながらの銭湯

2017-09-01 19:57:00 | 佐渡島 1泊4日のバス旅 (旅レポ版)
レポート25

14:11🚏矢島入口→(宿根木線)→14:17🚏小木港佐渡汽船
さらにバスを乗り継いで、佐渡島の旅のスタート地点であった “両津港” に戻って来たのは17:10すぎ。

19:30発の船で 佐渡島を後にする前に、もう1つ何かないかな?と、両津の街を歩いていたら・・・


たまたま、商店街から一本入った通りで、昔ながらの銭湯を発見☆




本当に 昔ながらの、何の洒落っ気もない入口。




戸を開けると、中央に番台があり、まさに銭湯そのもの!

入浴料は¥420。
もしや!と思ったが、案の定、浴室にシャンプーや石けん等は 備え付けられておらず、今回は持参もしていなかったので、別途 購入しなければいけないかと思ったら、番台のおばちゃんが、
「コレ、使っていいよ!」
と、わざわざ 浴室の奥の方から、容器に入ったシャンプー等を取って来てくれた。

「使い終わったら、この辺りに置いといてね」
体だけでなく、心も温まりますね。

また、入店時に お金を支払う際、お釣りが必要だったのですが、番台にも小銭がなく、奥の方へ取りに行っている時間が すさまじく長かった!
ある意味、ほっこりする雰囲気ですね。

ちなみに、営業時間は16:00~21:00(冬季は20:30)
日曜が定休日だそうです。


つづく

☆ブログランキングに参加しています☆

一人旅ランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村



コメント

絶景!たらい船とエメラルドグリーンの海面

2017-08-31 20:56:00 | 佐渡島 1泊4日のバス旅 (旅レポ版)
レポート24

晴れて 日が当たると、エメラルドグリーンの色が より際立って美しい景勝地「矢島・経島」


タイミング良く、年配の男性を乗せた おけさ舟が目の前を横切る。


おけさ舟が動いている間は、佐渡おけさと思われる曲が 入り江内に流れる。、
曲が流れている間は、遊歩道を歩いている人も、思わず “鼻くそ” ほじって 踊り出したくなるかも?
(なぜ、鼻くそをほじるかは 13番目の旅レポに☆)




つづく

☆ブログランキングに参加しています☆

一人旅ランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村



コメント