季節の風にのって    ワークショップ HIRO

不器用とかセンスがないとか「ノー プロブレム」
やってみたい気持ちが一番
さあ、 一緒に楽しんでみましょう

ハンドメイドのフェルト

2021年01月25日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                     フェルト

                                          寒さが続くと体が硬くなってしまう
                                       だからこそハンドメイドの出番
                          

       準備する材料はいたってシンプル
       家にあるものでOK 身近なものでできるもので

      原毛だけは店で購入

      ①中性洗剤 台所にあるもの
      ②洗濯ネットを切ったもの ハンカチ程度の大きさ
      ③発泡スチロールクッション材 
 ハンカチ程度の大きさ      

      作りたい型紙サイズにクッション材を切りその上に原毛を細かく手でちぎり重ねる
      ネットをのせその上から洗剤液の薄めたものを注ぐ
      後はひたすた手のひらでこする(ビニール袋などで覆ってするとやりやすい)
      洗い流しできあがり



               手前のフェルトは
強くこすったもの

             後ろはふんわりと緩いもの
              
それぞれに風合いが異なり楽しめる 

コメント

寒さが

2021年01月24日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                    寒さ

            植物には厳しかった冷え込み
            ここは都会の花に念押しの対応が欠かせなかったのに
            店前の花たちに申し訳ない
                

            八ヶ岳では当たり前の雪

            だからこそ土地に見合った植物が生き残る
            育ってきた環境が違うのだから当然のこと
            四季のあることに感謝と口にしながら
            頭の中は快適温度をイメージしてしまう
            
実生から育てこの環境に適するようにしたいと

            反省しきり



                  春よ来い 早く来い

コメント

ちょこっと身近なもので

2021年01月23日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

            先日、生の落花生をいただく
        あまりにもかわいいのでちょこっとアクセサリーに変身



            準備は

            フェルト・ブローチピン・ニスかマニキュアの古くなったもの・接着剤
            

            ポイントは

            茹でてしっかりと乾燥させるの



             生前母が編んでくれた40年ほど前のベスト
             コロコロと殻の中で落花生の実が動く
             何だか懐かしさで胸があつくなる

コメント

乙女つばき

2021年01月22日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                 乙女つばき

              寒さが厳しくなる中咲き始める

              我が家の改築とともに年を重ねる

              身の周りの花にはそれぞれに物語がある       

              これもそのひとつ

              

                   今朝の冷え込み

                 つくばいのなかで凍てつく

                 

コメント

ひな飾り

2021年01月21日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                  ひな人形

              我が家にやってきてから30年ほど

              古物店で買い求めた雛飾り

              顔の表情が何とも言えない

              誰かに微笑みかけているようで

              気持ちがなごむ


                    部屋の空気が変わる

                    懐かしさでいっぱい

                    着物の色合いが時間とともに変わる





                  りわけ好きなこの表情

                  じっと見ていると父にも似て時間のたつのを忘れてしまう

コメント

ひな人形

2021年01月20日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                                                                       

                     ひな人形

                                                20年以上になる
                                                しじみ貝に千代紙を張り付けてマッチ箱サイズ
                                                つまようじで細かな手作業したことを思い出す



                   

                      土鈴のひな人形
               

         

                  扇子に春を描く
                  ちょこっと手を加えた雛飾り

                  セダムの寄せ植えをそえて

                   

コメント

春の香り

2021年01月18日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                    春のかおり

                    ふきのとう
                   
                    田舎秋田では「ばっけ」と呼ぶ   
                    雪の中から顔を出す
                    春の気配を感じる山野草の一つ


                       

                  ふきみそやてんぷらなどにして食べる

                  まだまだこれから大きくなるふきのとう
                            

                          刺身の薬味とお吸い物に
                          今夜のおかずにいただく 

コメント

出番です キンカン

2021年01月16日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

             

                    キンカン

              花の少ない時期
                            そんな寒さに負けずに元気をくれるキンカン・ゆず・夏ミカンなど
                            冬晴れの空に向かってそのあいらしさが好きだ
                            キンカンはディスプレーの必須アイテム




                       
節分

                                          カウンターにちょっこと節分グッズと並んで
                                   

                  鬼のデコバージュ

              地方のおみやげきびだんごの包装紙を使って

                裏面はももたろう
              
サイドに家来のきじ


                  ♪おにはそと  ふくはうち♪

コメント

柚子

2021年01月15日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                                                                     柚子

                                                                 大好きな素材のひとつ 

                  父が生前育てていた柚子
      
                  今年もたくさんの楽しみを運んで

         

                    ワークショップの材料に欠かせない

 
      
      
                       ドライにした柚子を使って オブジェに

       

                     我が家のひな飾り添えて

                     部屋いっぱいに春の香り

                     「春よ来い 早く来い」

コメント

ひな人形

2021年01月11日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                      おひなさま

                    子どもが遊んで楽しめる組木
                    近所の大工さんからいただいた
杉の端材
                    廃棄物になってしまうのはあまりにももったいない

                    木の節が模様のようになって

                    面白いアクセント
   



                       男の子に色つけする
                        食紅を使用する
                       口の中に入れても安心




                        




                       

                      プレッチェルパンをお供えして

                       ひな人形完成!


コメント

主役は?

2021年01月10日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

        寒さが激しい日が続く
        こんな時はドライにした野の花を頼る
        「待ってました」という声が耳に届く
        別に忘れていたわけではない
        その出番がピッタリとマッチングするまでは大切に

     

 

               戸外の寒さにがんばっている
               山ゆり・ゆうすげ・やまずみ・からまつなど 




                    玄関先の冷え込む中でも
                    トウガラシ・あじさい・きびなど

コメント

生藍染め 

2021年01月09日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                     生の藍染
                   ドライ状態の藍を使用        

                   何度も鍋の中に入れたり出したり
                   空気にさらす

                   色が徐々にかわっていく
                   その瞬間が一番の楽しみ
                                                             

               好みのグラデーションカラーになるまで繰り返す

                                                             

                 左 染料染め下地に重ねて生藍染で            

                 右 紅花で一度染めた生地を生藍染めで

コメント

みじかなもので 

2021年01月08日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                                                           玉ねぎ染め

                身近な材料を使って 草木染が楽しめる
                                             玉ねぎの皮をネットに入れて
                                             鍋で煮出す
                                              染め液作り

                                              色止めはは鉄媒染
 
                           
                                                                   

                                                          キャンバス地とジョ―ゼット布を染める
                         やわらかなピンクに
                                                                                                       

                                             

                                                

                   さっそく糸を抜きテーブルセンターに

コメント

2021 ワークショップHIRO

2021年01月07日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

         
                  2021年ワークショップHIRO

                  Art from another point of view
  
             身近な材料を使って「ものを創る」楽しさを体験してみませんか?
             不器用とかセンスがないとか「No Probrem」
             やってみたい気持ちがいちばんです。さあ、一緒に楽しみましょう!



                        ふじつるオブジェ せんだんの実・まき・ゆず・ドイツトウヒ
           

                 こんな思いで新たなスタート

      手でものを創るという行為は私たちの柔らかな思考を育み色々な角度からものをみる力を

                      培かってきたように思います。


      「工夫して何とかしたい」作品として少し歪んでいても心地よいと感じる自分流のしなやかさ。
      単一のものさしにとらわれないそんな暮らしへのきっかけになれたらと。
      自分の手で創ったものへの愛着がこれまでの生活風景に何かひと味加えてくれると思っています。

コメント

思いをはせて 正月

2021年01月06日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                         正月

                    
      
             
                     

                      升
                父が商売で使っていた道具

                小豆や米など量り売りをしていたころ
     
                四角やふち辺はすり減らないように鉄加工されている

                醤油の升には柄が付く 

                醤油が浸みこまないように漆加工されている

                正月が来るたびに父がその話を聞かせてくれた

                手にするたびにあの頃の声が聞こえてくる

               
             

                      暮らしの中に
                      思いをはせる「正月」

コメント