季節の風にのって    ワークショップ HIRO

不器用とかセンスがないとか「ノー プロブレム」
やってみたい気持ちが一番
さあ、 一緒に楽しんでみましょう

春 うるい

2021年02月28日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

「うるい」
       店先に並び始めた 春の味



         「ぎぼうし」
         日本の風土に適した植物ナンバーワン



         私のふる里秋田では「うるい」とよぶ
         かぶと一緒に漬物にする
         ぬめりがあって抜群
         酢味噌和えなどにする
        
 

         寒さが続く
         今年はまだまだ先送り
         春よ来い

コメント

春が来た

2021年02月27日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

見つけた
       「こんにちわ」
     
                               

          いつも走るコースを外れてふらりと迷い込んだ
          空地の中でひっそりと   
                                                 

    ここ数日の温かさで大喜び

                               

          どこもかしこも
          お花畑よりもふきのとう
          「ふきちゃん」のおでまし

コメント

三寒四温

2021年02月26日 | ガーデニング

                                                                             
                                                                 三寒四温・啓蟄 

                                                               クロッカス・ムスカリ
      
     
                  昨年11月に植え込んだ球根
                  よく忘れずに顔をだす
                                                            「脱帽!」

                  これから春の香り
                  セリも美味しそうに顔をだし始める頃
    


                      オブジェ      ふじつるとハクモクレン小枝

コメント

三寒四温

2021年02月26日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                                                                             もうすぐ桜の季節
                                                                 三寒四温・啓蟄 

                                                               クロッカス・ムスカリ
      
     
     昨年11月に植え込んだ球根
     よく忘れずに顔をだす
      「脱帽!」

     これから春の香り
     セリも美味しそうに顔をだし始める頃
    


                      オブジェ ふじつるとハクモクレン小枝

コメント

春が来た

2021年02月25日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                      春が来た

                      そこまで来ているのに

                      なかなか手が届かない

                      まちどうしくて

                      迎えにいきたいな

コメント

ふきみそ

2021年02月24日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                         ふきみそ

                    生前母から教えてもらったやり方で

                    大鍋の中にサッとくぐらせていく
           

                         冷水に入れる

          
    

                      みじんぎりしてごま油で炒める

                      味付けは酒とみそが基本

                      保存食用には砂糖を加える

                

                          苦みを味わって

             
                           ふるさとの味
                         母の味に調える

                  

                                                                       ありがとう

                         春が来た

     

コメント

コロナ禍で届いた知らせ

2021年02月22日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                                                                         エール

LAから届いた知らせにホット一息

コロナ禍でも仕事ができてよかった

音楽活動が思うようにできない中で久しぶりに見た息子の笑顔

    春はそこまでやってきているのだから   

https://www.facebook.com/login/?next=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fgakum%2Fposts%2F10158298407567701

 

                   

 

 

 

コメント

ありがとう

2021年02月21日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                  このままでは・・

                  何とも言えない気持ちになった

                  拾い集める

               

                 伐採された木蓮

              

               

                    玄関先に活け込む

               小枝をあちらこちらに伸ばしたつぼみが賑やか

                

                ここ数日の暖かさでつぼみがふくらむ

                我が家で花が開いてくれたらと願う

                毎年「春」を告げてくれていた

                  「本当にありがとう」

 

       

 

コメント

木蓮

2021年02月20日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                    木蓮

                 重機の音が今朝も鳴り響く 

               

                  慣れ親しんだ風景がこわれていく

                  ここに住んで36年たつこの浜田山

        春は木蓮に会えるのが楽しみ  

       何年になるであろうこの大木

       根っ子をえぐられ伐採される

       毎年、近隣の風景が変わり住まいのかたちも様々に変様

       春には咲く準備をしていたつぼみたち

       早朝、その小枝を拾い集める

コメント

ふきのとう

2021年02月18日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                     ふきのとう


                             春を告げる
                              一番乗りに
                             庭の片隅からじっとその時をうかがう
                             ここ数日の暖かさで一気に顔を出す


                   

                      故郷の秋田では苦さが山菜と同じように好まれる
                      そのアクの効用は冬の身体に溜まった毒素をだしてくれるという
    
                     

                       お吸い物にちらす
                       天ぷらにすると苦みが消えてしまう
                       どこか物足りない味になる
                                     「春よ、来い」

コメント

ワークショッ 夏みかん

2021年02月17日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                                                                ワークショップ

                             マーマレードジャム作り 

              夏みかん3個丸ごと使いきってのワークショップ

   ご近所さんからいただいた夏みかん 

    白いわたをとる

                        ひとつづつ丁寧に取り除く

                        湯でこぼしを数回

                       

         部屋中、さわやかな春の甘酸っぱさ

         あちらこちらに香る

          「ハイ!できあがり」

         今年で2回目 マーマレードにトライ

         昨年よりもずーっとみかんの味が引き立つ一品に「ご苦労様でした」

 

コメント

ちょこっとつる編み物

2021年02月16日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                    小物グッズ


                      三寒四温
                      寒い日は部屋の中で手を動かす
                      すぐできる
                      「フッフッ・・」うれしい

                                    
          

                   傷んでしまったジャスミンのつるを拾い集めて

                       
     
     
          

              小皿にちょっこと藤つるの持ち手を付けて

             テーブルの上で作業ができるちょこっと編み物タイム
    

コメント

ひな飾り

2021年02月15日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                            ひな飾り

               フランスパンとジャムとジャズの店SONKA
    
     


                                     シジミ貝殻で作ったミニチュアサイズ
                                     カリン材を糸鋸でくりぬきひな人形
                                     おぜんにはフランスパンのラスクを



                                     
                                     我が家で
                                     主役よりも好きな人形
                                     ひとつひとつの所作に
                                     吸いよせられる
                                     ため息が漏れる

コメント

雛飾り

2021年02月14日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

ひなかざり

      
      ひな人形を飾る
      毎年、桐箱から出すとき懐かしくあの頃に思いをはせる
      

    

      顔の表情が生き生きとして
      引き込まれそうに

     

      たんすやながもちなど
      飾りの細部まで緻密に


      重箱やおぜんなど
      お椀の料理に
      面白さが尽きない

コメント

ひな人形

2021年02月12日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

                   ひな祭り


                  江戸時代のひな人形
                                                                                                   
 

              官女 

                その表情や細工ひとつひとつに目をこらす

              五人囃子

              今にも動き出し

              笛やつつみが奏でる

              聴こえてくる

              作られた時代の技と思いに圧倒される

              災いから子どもを守りたいと願った人々の暮らし

              ものであふれかえる「今」を思う

                                                          
                    
                       ひな祭り

              
                                 
                       季節の味 

                     おひなさまの器には
                    ふたを開けるとうどの味噌和えが顔を出す
                            

コメント