R1250GS Adventure 2023年モデル到来ッ!

2022年11月23日 | モトラッド京葉からのお知らせ

こんにちは、モトラッド京葉 中村です!

 

 

 

今回は当店に入ってきた新車のお話。

勿体ぶるのは嫌いなので、とりあえず画像を貼りましょう。

1時間の放送枠内で「この後、衝撃の結末が!」という同じ予告を
5回も6回もやって尺を稼ごうとする"勿体ぶる番組"って多いじゃないですか。
個人的にああいうのは…、うん…。

 

 

 

 

さぁ、どうぞご覧下さいな。

当店のマネージャー、三宅が9月末にブログで紹介していた車両です。

あれからもう2ヶ月かぁ、最近バイクで遠出してないな…。

 

 

 

 

いつぞやにブログで少し触れた"インターナショナルGSトロフィー"にちなんだ色で、
大会で使用された専用のR1250GSを彷彿させるカラーリング。

それを知らないとしても、”白×青(紺?)×赤”って単純にカッコ良い配色ですね。

 

しかも「さすがGS」と言いますか、カラーリングがカッコ良いだけでなく、
空気圧センサー(後述)やDRLなどなど装備もいくつか追加されているという気合の入りよう。

 

 

 

 

この直線的な塗り分け方、VFX-WR ALLEGIANTSHOEIのヘルメット)と似合いそう…!

誰だ、今「あのヘルメットの色はハ〇クバーナだろ」とか言ったの。

 

 

 

 

フロントウインカーの下には"GS TROPHY"のレタリングが。

大きいロゴも格好良いですが、こういうさりげないのも良いですよね。

 

 

 

 

タンクのグラフィックはGS40周年記念モデルと共通のデザインで、
向こうが黒×黄に対してこちらは青×白。

色が変わるだけで印象も随分変わります。

 

~にしてもこの青色が良い色してるんですよ、ホントに。

そのうち自分のバイクを塗装するつもりで考えていますが、
この色に仕上げてもらうのもアリかも…。

ちなみに今現在の予定はコレ

 

 

 

そして、地味ながらも恩恵はヒジョーに大きいエアバルブ。

 

今までのGS-Aだと、TR412と呼ばれる真っ直ぐなエアバルブが付いていました。

しかし、ここ最近ガソリンスタンドに置いてある空気入れの大半が
バイクの事を全く考えてないんじゃないかというような形状の為、
こういう道具を持っていないと空気が入れられないなんてことも…。

使用する際にちょっとコツは要りますが、
上のリンク先に出ている「エクステンションエアバルブ」は
1つ持っておくと何かと楽ですよ。

 

 

 

しかぁ~し。

 

 

今回入荷した新型GS-Aには空気圧センサーが備わっており、
それに伴ってエアバルブの形状もご覧の通り変更されている為、
空気圧の維持管理がグンと楽になりました!

いやぁ、コレは結構重要なポイントですよ。
いちいちエアゲージを当てなくても空気圧が判るし、
減ってたら給油ついでに簡単に入れられるわけだし。

 

 

 

…と、ただでさえ装備も性能もモリモリでとんでもないバイクなのに、
更に細かく気の利いた進化を遂げてきたR1250GS-A。

 

只今(2022年11月現在)店頭に1台だけ在庫がありますので、
気になる方はお早めにお問い合わせ下さい!

いやぁ、バリバリの新車なんですけど、
お察しの通り次の入荷がいつになるかわからんもので…。

 

モトラッド京葉 : 047-396-8412

 

以上、中村でした!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

New R1250RS(の情報)もやって来た!

2022年11月16日 | モトラッド京葉からのお知らせ

こんにちは、モトラッド京葉 中村です!

 

 

 

突然ですが、皆様はこの動画をご覧n~

 


前回の記事と同じ件(くだり)じゃないか」って?  ハイ、スミマセン。

 

 

 

2023年度のカラーバリエーション発表の際に
RシリーズでR1250RR1250RSだけが音沙汰無しだったもので、
つい先日の「R1250Rがモデルチェンジするよ!」という告知があった時に
「近々RSも発表があるんじゃないかね」とは予想していましたが…。

いやはや、ホントに発表されましたな。

 

 

 

90年代などはともかくとして、
基本的にここ5年くらいの"RとRS"は表裏一体のような存在なので、

Rで変更された部分はそのままRSにも適用されます。

という事は。

 

 

 

 

 

 

やはりRSもシングルシート化かっ…!

くそぅ、Rだけのアイデンティティとはならなかったか…。

 

 

 

 

 

 

RSの場合、1,254ccとなった2019年にはLEDの顔になっていた為
顔つきなどは特に変更されていない様子。

この鋭い二眼のLEDヘッドライトって人気ありますからね。

 

尚、2023年モデルからは"DRL"が採用されたようなので、
下まぶた(?)の部分などの光り方が若干違うかも。

 

 

 

その他、

ABSをはじめとした各電子制御のアップグレード
・エンジンの出力特性にECOモードを追加
・オプションでシートヒーターを用意などなど

~といった部分も、Rのモデルチェンジに併せる形で追加となっています。

 

 

 

 

色のバリエーションもRと同系統となる予定みたいで、

 

 

 

クールで知的な印象のライト・ホワイトと、

 

 

 

動画でもバシッと決まっていた、
シングルシートを採用しているトリコロール

※正確には"ライト・ホワイト/レーシング・ブルー/レーシング・レッド"。
便宜上この3色が使われていると"HPカラー"だとか"トリコロール"と呼ばれる事が多いような。

 

 

 

ダークなカッコ良さが売りのブラック・ストーム・メタリックの計3パターン。

そういえばRSのブラックはシングルシートじゃないのね。

 

 

 

 

しかして今回モデルチェンジとなった、
RとRSの画像を並べると…

 

 

 

 

 

 

 

 

…見える。

「SSっぽくてこっちの方が格好良い」といって
RSの方ばかりオーダーされそうな未来が見えるッ!

いや、選ぶのはその人の自由なので別に良いんですけどね!

 

 

 

 

 

尚、RS/Rの各データを見比べて、中村が確認出来た違いは以下の通り。

 

【顔つき】
カウルの有無によるものなので、当然違います。

【ハンドル】
RS:スワローハンドルをゴツくしたようなモノ
R:バーハンドル(テーパー)

【ホイールベース】
RS:1,530mm
R:1,515mm

【全長】
RS:2,202mm
R:2,165mm

【"キャスター"】
RS:110.8mm
R:125.6mm

※多分"トレール量"の事だと思いますが、"Wheel Castor"としか書かれていないので…。

【車重】
RS:243kg
R:239kg

【加速(0~100km/h)】
RS:3.25秒
R:3.4秒

【最高速】
共に200km/h
※2022年モデルではRがRSより5km/h上回っていました。

 

~といった具合。

 

 

 

 

この"通好みの個性"では、RがコブラFZ400Nのような扱いをされてしまう…。
あくまで個人の見解です。

 

 

 

 

 

とまぁ、ここまでは想定内。

想定内なのでしたけど…、

 

 

 

…動画のワンシーンに映るコレ。

 

 

 

 

 

 

コレだよコレェ!!

 

何なんだね、この切削加工されたシャープなホイールはっ!

 

 

 

 

↑Rの時は従来と同形状だったぞ!
なんなら"謎のワイヤースポークホイール"も動画で出てこないし…。

 

 

そりゃぁ、(Rの動画に出てくる)鳥さんだってこういう顔になりますよ。
「あれ、このバイクはホイール変わってないぞ」って顔。

 

 

 

 

動画内ではただ映像がチラッと映るだけで
特に「NEW DESIGN WHEELS」などと紹介されるわけでもなく、

配布している資料にもホイールに関する言及は無し。

一切が謎のホイールですが、果たしてコレは
「Rがワイヤースポーク履くのならRSは切削ホイール履いちゃうぞっ☆」という
RSだけの専用オプションなのでしょうか…。

 

 

さぁ、どうなるRSとRのホイール事情。

 

 

 

 

~ともあれ、2023年に満を持してモデルチェンジ予定となる
水冷ボクサーエンジンのロードスポーツモデル、"R"と"RS"。

共に日本への導入時期や仕様の違いなどは不明ですが、
情報が入り次第、都度記事にしたいと思いますのでお楽しみに!

以上、中村でした!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

G310R 2023年モデル 到着!

2022年11月10日 | マネージャー三宅ブログ

昨日のRnineTに引き続き!

2023年モデルが入荷しましたのでご紹介します。

 

RnineT 2023年モデル到着! - モトラッド京葉ブログ

11月に入りました!2022年もあと2か月!です。(早いですね~)今後どんどん寒くなるのでしょうね、、ここ数日は小春日和で快適なのですが。さて、事前告知しておりましたRn...

goo blog

 

1024_P1110168.jpg

車両価格 71.7 万円
支払総額 80.9 万円
消費税   保証付  
新車(在庫あり) ―

G310Rの2023年モデルです。新しく装備された「デイタイムライディングライト」が特長です。

上の画像は蛍光灯の下で撮影したので、ちょっと赤の鮮やかさが表現できていないですね...

実際には下のメーカー広報画像のように、鮮やかな青と赤が目を惹くカラーリングです。

P90470141_highRes_bmw-g-310-r-polar-wh.jpg

気になる方は是非、実車の確認をしてみてください!モトラッド京葉2階の新車ショールームにて展示中です。

Motorrad Keiyo!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

RnineT 2023年モデル到着!

2022年11月09日 | マネージャー三宅ブログ

11月に入りました!

2022年もあと2か月!です。(早いですね~)

今後どんどん寒くなるのでしょうね、、ここ数日は小春日和で快適なのですが。

さて、事前告知しておりました RnineT ブラックストームメタリックが本日無事に入荷いたしました

 

RnineT 黒 次回入荷分がご商談可能です! - モトラッド京葉ブログ

2023年モデルRnineTブラックストームメタリック希少な車両ですが、1台空きがでました!2023年モデル車両本体価格2,303,000円(税込・諸費用別)【装備品(赤字は2023年モデ...

goo blog

 

RnineT の新車入荷は本当に久しぶりです。

1024_P1110159.jpg

RnineT 初期型より細かな改良を受けながらも、基本的なデザインは大きく変わっていません。

それが「良いところ」ですね。

1024_P1110160.jpg

あ~美しい!

1024_P1110162.jpg

1024_P1110164.jpg

ビビッときた方は、ぜひお早めにモトラッド京葉スタッフまでご相談くださいませ!

Motorrad Keiyo!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

New R1250R(の情報)がやって来た!

2022年11月02日 | モトラッド京葉からのお知らせ

こんにちは、モトラッド京葉 中村です!

 

 

 

突然ですが、皆様はこの動画をご覧になられましたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

我らがBMW Motorrad ロードスターシリーズのR1250R

 

 

 

(モチロン押し売りはしないですよ)中村がBMWの中でも執拗にプッシュする一台ですが、
それの新型がいよいよ公開されましたよ!!

 

 

~と独りで勝手にアツくなっていたら、上司がそれを察したのでしょう。
ある時に「新型R1250Rの紹介記事を書け」とのお達しが。

 

 

 

 

 

「ブログを書け」という業務内容そのものは有難いですが、
つい先日”キャブ車に乗って、更に古いキャブ車を所有する方に会いに行った奴”が
最新モデルの紹介をするというのも何だか変な感じ(画像はその時の帰り道)。

 

 

 

 

…という事で今回は、メーカーから「これだったらお客様に話しても良いよん」と
開示されている画像や情報を(中村の勝手な感想も交えて)紹介したいと思います!

さぁ、ご覧あれ。

 

 

 

 

 

んん~、たまらんのぅ…!

 

 

 

そもそも何故ロードスター(というかR1250R)が好きなのかという話ですが、ん、「聞いてない」って?
「他のボクサーと比べて目立たない」気がしてたまらなく好きなのです。

 

 

~だって、ほら、

・他の追随を許さぬアドベンチャーバイクのベンチマークR1250GS Adventure
・我が道を往く、我が道となる。四十年以上も積み上げた歴史が生きるR1250GS
・圧倒的に快適な長距離ツーリングを提供する"走るラウンジ"R1250RT
・高速道路もワインディングも難なくこなす俊敏なボクサースポーツR1250RS
RSからカウルを取ったヤツ、R1250R

~って思ってる人、絶対に結構いるでしょ。
怒らないから正直に言ってごらん。

 

 

 

やれ「カウルがある方が得」だとか「シリンダーが多い方が偉い」、
果ては「馬力がある方が良い」や「排気量が云々」など、
無意識のうちに比較され損得や優劣をつけられるこのご時世。

 

(無論、「そのバイクが好き」なのであれば全然問題ないですが)
「そういう見方をしないでちゃんと”そのバイク”を見てやれ!」

常々感じながら周囲のバイクを見ている次第です。
も〇のけ姫でア〇タカが言ってたでしょう、「曇りなき眼で見定めよ」って。

 

 

 

それらを踏まえた上でR1250Rを見ると、

・ネオレトロというわけでもない、現代的且つ独自なデザインのネイキッド
・「モーターサイクルなんだから。風、感じましょうよ」という車体構成
・実は足回りが独自で、R1250RSよりもホイールベースが少し短い(つまりクイック)
・(当然ながら)水冷ボクサーの中で最軽量の車重

~といった具合。

 

どうよ、この「見て・乗って楽しけりゃ良いだろうよ」と言わんばかりの要素たち。

 

更にね、ボクサーエンジンはトルクたっぷりだから発進の瞬間から楽しくてね、
それをそのまま軽量な車体に突っ込んでるから他のRシリーズよりも
エンジンのパワーを一番感じやすくてね、
それでね、シートもコシがあってライディンg…

 

 

 

 

 

 

話を戻しましょう。

そんなんだから"オタク"という人たちは煙たがられるんですよ。

 

 

パッと見の印象だと、LEDになったヘッドライトが一番目につきますね。

 

F900R、S1000Rが共に”直線的で透明感あるLEDヘッドライトであるのに対し、
2022年までのR1250Rは”曲線が多く有機的なハロゲンヘッドライト”だったので、
ようやく他のロードスターファミリーと統一されたな、という印象。

まぁ2022年までのモデルも、上下に二分割したような形状など
おおよそのトコロは似せてたんですけどね。

 

ちなみにオプションで、カーブの角度に応じてヘッドライトの照射位置を調整する
コーナリングライトの機能を持たせる事も可能
だとか。

冷静に考えると、GSやRTなどの”固定されたヘッドライト”はともかくとして、
ハンドルを切るとライトも角度が変わるネイキッドバイクでコーナリングライトって凄まじいですよね。
どういう機構になっているんだろうか…。

 

 

 

 

 

F900Rがデビューした当初は、このライトを見て
「某TVゲームのあるロボットの頭部に似てるな」と思っていましたが、
今となっては結構好きなデザインだったり。

 

 

 

真横から見たフォルム。

 

フロントから見た時もそうですが、
個人的には「フロントフォークのアウターチューブが銀色になった」のは◎。

オーリンズっぽく見えるせいかどのメーカーもよく純正で金色にしますが、
私ゃオーリンズに拘りはありませんので。
さっきも言ったでしょう、「曇りなき眼で見定めよ」と。

 

 

とりわけグレーのカラーリングだと、
全体の配色がモノトーンで統一されていてステキッ
…!

 

似たようなモノトーンっぷりのバイクとして、
R nineT Pure Aluminiumも中々良いんですよねぇ…。

 

 

 

反対側。

 

2022年までのモデルもそうですが、この手のデザインってたまらん。
なんて言うんでしょう、凝縮されているというか筋肉質というか。

 

 

 

オプションでシートヒーターが装着出来るそうで、
コレはその操作をイメージした画像。

本音を述べると、シートヒーター云々よりも
「ドイツ語の綴りって英語と少し似てるな」って方に気を取られました。

 

ちなみに"R1250"の刻印が入った黒いハンドルバーは、
特定のカラーリングでの標準装備となる模様。

 

 

 

 

 

 

そして、今回皆さん(私もですけど)が最も気になるであろうポイントがコチラ。

 

 

 

オプションカラーその1、”スポーツ”と…、

オプションカラーその2、”トリプルブラック”。

 

そして、それらオプションカラーに付いてくる…、

 

 

これですよ、これ、シングルシート!

 

しかもコレ、シートにカバーを被せているタイプではなく
完全なシングルシートカウルとなるようで、
カバーでは出来ない細身でシャープなシルエットがMarvelous!

余談ですが、昔腕時計店に勤めていた時、ビスが外れたサングラスを持ってきた外国人のご夫婦が来て、
その場でビスを付けてあげたら「Oh,Marvelous!」を連呼していました。

 

 

 

ちょっとねぇ、動画を見ててこのデザインにはやられました…。

「楽しけりゃ、そしてカッコ良けりゃ良いだろう!?」というこの姿勢、好き。

 

 

尚、「色は好きだけど実用性も欲しいんっ…!」という人の為に、
シートやステップを付けた"パッセンジャーパッケージ"も用意されるようですよ。

 

 

 

 

 

 

あと、もう一枚気になる画像がありまして、

 

 

 

これ。

 

ナンバープレートのところにはR1250Rって書いてあるのに
ホイールはワイヤースポーク。

ご先祖様である空冷R1200Rの"Classic"という仕様では
ワイヤースポークホイールを履いていたことはありますが、まさかそれが復活…?

 

 

 

~でもコレ、この画像以外に何も情報無いんですよ!

概要を記したPDF文書でもホイールについて一切触れられてないし…。
画像配布するんならそこも何かアナウンスしておくれ…。

 

でもまぁ、こういう画像をしれっと配布するくらいですから、
R1250R Classic(もしくはクラシックパッケージとか?)を
検討しているという事でしょう! …多分。

 

 

 

良いなぁ、こういう現代的なネイキッドにワイヤースポークホイールを履かせるのって好き。
他社ですけど、これとか分かりやすい一例。

 

 

 

改めて、メーカーからのアナウンスは以下の通り。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

標準装備

・LEDヘッドライト化
・LEDウインカー(形状変更)
・エンジンの出力特性に「エコモード」を追加
・スポーツコアスクリーン(車両のバンク角などが見れる機能)を搭載
・USBソケットを追加(左膝の辺り)

※他にABS等の電子制御もいくつか列挙されていますが、
基本的には現行のR1250Rにも搭載されているので割愛。
プログラムが更に調整・改良されているのかも。

 

オプション

・ライディングモードプロ(自分好みに調節可能な出力モードが追加されるそう)
・アダプティブヘッドライト(コーナリングライト)
・シートヒーター
・シングルシート

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

いずれもあくまでEU仕様での話なので
日本仕様では色々と変わる可能性はありますが、
今は国内向けの正式発表をじっくり待つと致しましょう!

 

以上、中村でした!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ボクサーエンジン搭載車を更にPremiumにっ…!

2022年10月29日 | モトラッド京葉からのお知らせ

こんにちは、モトラッド京葉 中村です!

 

 

 

皆様、最近巷でこういうお品物が出回っているのをご存じでしょうか。

 

 

 

twitterでも書きましたが)カワサキ・500SS MACHⅢガチャポン
※横のCR2型リチウム電池はサイズの比較用。

 

いやぁ、"他社のバイク"とかそれ以前に、あのMACHⅢが
このご時世にガチャポンで(しかもMACHⅢオンリーで)発売されるとは…。

普通こういうのって750SSや350SSなどの兄弟車とセットで出してきそうですが、
そこをド初期のH1、H1A、H1Bだけで出してくる潔さ…!
~出来ればH1Cも欲しかった。

 

 

ガチャポンなので多少"部品のゆがみ"だとかはありますが、
手のひらに2~3台くらい置けそうな小ささにも関わらず
特有のディティールを再現しているのは天晴の一言。

さすがは僕らのタカラトミー

 

 

 

見て下さいよ、このアングル。

ここから見た時の"手前2本のマフラーの微妙な角度の違い"とかもう…もうっ…///
個人的にMACHⅢは社外チャンバーとかではなく純正のマフラーが一番好き。

 

尚、

・燃料タンクのレインボーカラー
・大文字で傾いたKAWASAKIロゴ
・サイドカバーの"500"の表記

~は付属のシールで再現(画像のはまだ貼っていません)

 

 

ん~、"最速"の名を欲しいがままにした2ストトリプルの排気音が聞こえてきそう…。

 

 

 

 

 

 

 

これ以上は怒られそうなので話を戻しましょう。

BMW Motorradに関連するホビーがあればそれの記事も書いてみたいですけどねぇ…、
レゴのM1000RRは値段的にすぐには買えないですし、
かといってコレのレビューとかは我々大人は書きようがないですし。

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、気を取り直して今回のキャンペーンをご紹介!

 

 

 

 

 

 

かつてのBMW・R5に敬意を表し現代の技術でリファイン。
弩級の空油冷エンジンと流麗なデザインを以て誕生した話題作、R18シリーズと…
(画像はR18B

 

 

 

デビューから8年以上経ち今ではすっかりお馴染みとなった、
伝統的なスタイルに無限のカスタムの可能性を秘めた粋なバイク、R nineTと…
(画像はR nineT Urban G/S・GS40周年記念カラー)

 

 

 

常に止まることなく進化を続けるBMW Motorradというブランドを
最も体現しているであろう、最新技術の集合体であるR1250シリーズ。
(画像はR1250GS Adventure

 

 

只今、これらの"ボクサーエンジン搭載車"を対象とした、
アクセサリーパッケージのセールを開催中です!

 

 

アクセサリーパッケージについてざっくり紹介すると
"特定のカスタムパーツが数点セットになった販売方式"で、
例えば下の表。

 

 

キャンペーン対象となるR18シリーズのアクセサリーパッケージ表。

 

 

これで言うところのパッケージAであれば、

 

 

 

コレ(2464007)と…、

 

 

 

コレ(2469284)の計2点がセットになっている、というモノ。

 

 

 

ちなみに(念の為)上記のパッケージAはココの部品ね。

 

 

 

で、パッケージAの値段が税込み343,200円
(2022/10/29時点での2点の税込み単価をただ合算したもの)

 

今回のキャンペーンの場合、これが30%オフですので、
343,200円×0.7=240,240円。

 

~つまり、削り出しの上質なエンジンカバーとシリンダーヘッドカバーが
102,960円もお得にGET出来るという事に!
※取付に伴う工賃や、その際同時に交換が必要な部品などは別途料金が発生します。

 

 

 

 

 

102,960円浮いたら、福どらさんどら焼き(珈琲あん)が468個も食べられて幸せ

 

 

 

 

 

ついでにR1250GS-Aパッケージも見てみましょう。

 

これの場合、読んで字のごとくR1250GS Adventure用のパーツが
2点で一纏めになっているというパッケージ。

 

 

 

アンダーガード(8405391)と…、
※エンジンの下側を保護するプレート。

 

 

 

リアアクスルカバー(9898516)。
※リアホイール軸の空洞になっている部分を塞ぎ、泥などが入りにくくする部品。

 

 

この2つの合計金額が税込み73,040円(2022/10/29時点)なので、
73,040円×0.7=51,128円。

 

わーぉ、21,912円お得になるとな…!?

 

 

 

 

21,912円浮いたら、コージーコーナーさんエクレア(モカ)が151個も食べられて幸せ。

 

 

 

 

 

 

 

~改めて概要をまとめましょう。

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

BMW Motorrad アクセサリーパッケージセール

 

期間中、対象となるアクセサリーパッケージが
メーカー希望小売価格から30%オフでご購入可能。

 

期間:2022/10/6(木)~2022/12/23(金)

 

※単体でのご購入の場合はセール適用外、
表に掲載されているパッケージ単位でのご購入に限ります。

又、取り付けに伴う工賃、取り付けに必要な別売りの部品などは別途料金が発生。
これらの料金はセール対象外となります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

「表だけじゃどんな部品かわかんねぇし!」とお嘆きの方は、このリンク先の検索窓の数字を、
表に書かれているお好みの品番に入力し直して検索を掛けて頂ければ画像が見れる…はず。
今回中村が調べた部品は全部見つけられました。

 

その他ご不明点や気になるトコロがありましたら、
是非当店にお問い合わせください!

 

【Motorrad Keiyo】

TEL : 047-396-8412

営業時間 : 10:00~19:00(日曜は10:00~18:00)

定休日 : 毎週月曜及び毎月第二・第三火曜日

 

 

 

メーカー純正の高品質なパーツたちをお得に入手出来るチャンスですので、
この機会に愛車を自分だけの一台に仕立て上げてみませんか?

 

以上、中村でした!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

R18B の良質な中古車が入荷しました!

2022年10月28日 | マネージャー三宅ブログ

秋の下取・買取キャンペーンにて、続々とBMW認定中古車が入荷中です(^^♪

認定中古車でしたら、実車があって即納可能なので人気も高いのです。

その中から1台をご紹介します。

R18B ファーストエディション!

1024_P1430798.jpg

車両の詳細は下記リンク先をチェックください!

認定中古車在庫検索 | BMW Motorrad Website

1024_P1430796.jpg

1024_P1100876.jpg

1024_P1100920.jpg

1024_P1100844.jpg

純正エンジンガードに、ドライブレコーダー前後カメラを搭載した、お買得な1台です。

ビビッときた方は是非お問い合わせをお待ちしております。

Motorrad Keiyo!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スタッフ中村が試乗しました! - R1250R・G310R編

2022年10月23日 | モトラッド京葉からのお知らせ

こんにちは、モトラッド京葉 中村です!

 

 

 

題名の通り、当店が保有している試乗車を2台ばかし乗りましたので、
今回は(高慢にも)その感想を書き連ねたいと思います!

まぁ、そもそも試乗車を用意しているわけですので、
「中村の感想を読むよりも実際に乗った方が早くね?」という気がします
が、
細かい事は気にせずに"小学校の卒業文集を久々に読むような感覚"で楽しんで下さいな。

 

 

 

 

元々、お客様から「当店でG310Rを試乗したい」というお問い合わせを頂き、
系列店であるモトラッド八千代にG310Rの試乗車があった為
当店のR1250Rと入れ替えた、というのがそもそものキッカケ。

その為、走行距離としてはせいぜい片道30km程度の試乗なので、
全てを把握するような試乗ではない点はご了承下さい…。

まぁ、距離云々は抜きにして「業務の一環でバイクに乗れる」のはバイクバカ冥利に尽きますがね!

 

 

 

では本題に。

 

 

 

某日、朝のR1250R。

 

 

中村が普段乗っているバイクは110~200kgのバイクなので、
それらと比べると大きさと重さは感じるな、という印象。

とはいえ、ちゃんと扱えば"べらぼうに重い"という事はありません。

まぁ、過去に「リアタイヤチューブがパンクした400ccアメリカン」を
一人で20~30mほど押した事がありますが、
あれに比べたらR1250Rどころか
R18Classicすらマシってもんですよ、ええ。

 

 

 

さて、モトラッド八千代に向けていざ出発!

※尚、道中やモトラッド八千代の画像はありません。

 

 

 

 

・当店出発

・湾岸道路に向かう

・湾岸市川から東関道に乗る

・道なりに進み、千葉北ICで降りる

・国道16号線を道なりに走る

・モトラッド八千代着!

~というルートで向かいますので、そんなにカーブは無く
殆どまっすぐ走るような感じ。

 

ささ、行きましょ行きましょ。

 

 

 

 

後ろから。
「バイクに乗ると撮影が面倒くさい」と感じるこの思考はどうにかした方が良いですね…。

 

いやぁ、何せ低速トルクがモリモリなのと、車体の重量配分が良いせいか、
当店から高速に向かうまでの”住宅街みたいな地域”でも扱いにくさは全く感じません

押し引きの際には「よっこいしょ」と言いたくなる多少の重量感があったのに、
走っている最中はその重さが「安心感・安定感」に変化するんですよねぇ。

これがBMW Motorradの実力か…。

 

 

 

この日の早朝、比較対象としてコレに乗ったのですが、
R1250Rが「喫茶店でコーヒーを愉しむ」ような質感なのに対して、
コレは「コーラ強制一気飲み」って感じ。

 

 

 

 

 

~ともあれ、約250kgの車重を意に介さないしなやかさで、
住宅街は難なくクリア。

 

さぁ、東関道は如何なものか。

 

 

 

 

 

うん、速ぇ。

 

ここでもボクサーエンジンのトルクが大活躍で、
なんて言いますかね…、「エンジン音以上にスピードが乗る」んですよ。

合流や追い越し車線など、ちょいと加速させたいなという時も
スロットルを少し捻ってあげるとスムーズに力強く加速してくれます。

でもタコメーターを見ると、意外と3,000~4,000rpm程度しか回っていなかったり。

 

 

加速の際などにボクサーエンジン特有の「車体が右に振られる現象」がありますが、
最初から知ったうえで割り切ってしまえば「これも個性」と笑えるレベル

というか気になるほど強く揺さぶられたら乗れん。

 

 

そしてシートはコシがあって肉厚、そして乗車姿勢も緩やかな前傾で、
「出来るだけネガな要素を取り除いて、バイクの運転だけを楽しめるようにした」
という感じがひしひしと伝わってきます。

 

いやぁ、とても快適且つ適度にスリリング。
幅広い人に乗って楽しんでもらえるバイクだろうなぁ、と実感しました。

※ちなみに今回はほぼずっと"ROADモード"にて試乗。
何をトチ狂ったか渋滞にハマった時に"DYNAMIC PROモード"を試したところ、
ただ挙動がシビアになっただけなので戻しました。

 

 

 

さぁ、お次はG310R(画像は当店に帰ってきた時のモノ)。

 

 

 

八千代から当店に帰る時、折角なので
「国道16号線と並走する、少しうねったバス通り」に迷い込み入って
多少のワインディング気分を体験しましたが…、

 

 

……

 

 

 

 

…いやぁ、コレよコレ、絶対的な軽さと小ささにモノを言わせて
くねくねした道をスイスイと往なしていくこの楽しさよ!

 

(R1250Rではそもそもそういう区間を走りませんでしたが)
重量級、もしくはパワーが大きすぎるバイクではどうしても

車体の重さやパワーに振り回されそうで不安になる
パワーを出し切れず悶々とする

~という事態によく陥りますが、G310Rくらいのサイズであれば
「無理なく無理せず、一番オイシイ部分を堪能出来る」ので、
市街地や峠道などではかなり楽しそう。

※別に「攻めろ」という意味じゃないですし、そもそも私ゃ攻められませんよ。

 

 

 

さぁ、レッツ高速道路。

 

 

 

 

…率直に述べるとギリギリ。

 

 

80~120km/h程度のスピードは出せるのですが、
やはりその辺りの速度になるとそこそこ引っ張る必要があります。

当然ガツンと加速してくれるわけではないので、
追い越しを行う際は状況を確認してからでないと、
意地悪な車にせっつかれるかも…?

 

加えて、およそ90km/hを超えたあたりから
尻(シート)に微振動がそこそこ伝わってきます。

600ccのSSに乗って回すとハンドルからビリビリ振動が来ますが、それに近いです。

 

高速道路は急いでいる時専用かな、というのが正直なところ。

 

まぁ、「小排気量車は高速道路がキツイ」と言われるのは
G310Rに限った話ではありませんからねぇ。

 

 

ただ、「(中村もそうですが)基本的に下道しか使わない」という
少々偏屈なライダーの方であれば、

・低燃費
・ヒラヒラ曲がれて押し引きも楽な軽い車体
・パワーを絞り出して使うようなエンジン

~という構成は中々そそられるかと。

 

 

同じ「現行車で、251cc以上399cc未満の単気筒バイクたち」を比較すると、

・クラシカルなデザインと穏やかな空冷エンジンでトコトコ走れるGB350
・とにかく回るエンジンと先鋭的なフォルムが個性的なファイター、390DUKE
・程良いパワーで万人に扱え、BMWらしいデザインのスポーツマシン、G310R

~と、良い具合に棲み分けが出来ているのも◎。

そうだそうだ、シングルスポーツ市場はもっと活性化しろ。

 

初心者にとっては”バイクのハウツーを学べる先生”として、
ベテランにとっては”下道でのびのび遊べるパートナー”として
大いに活躍出来そうな気がします。

 

 

 

 

 

~参考になりましたでしょうか。
…ん、「ならない」って?やっぱりか。

機会を見つけられたら、自分自身の勉強も兼ねて
今後もあれこれと試乗して紹介しますので、
そちらも是非ご期待下さい!

そして願わくば、魅力があるのに忘れられがちなロードスターシリーズを買ってあげて下さい…。

以上、中村でした!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

BMW新車入荷情報~!

2022年10月21日 | マネージャー三宅ブログ

ドイツより海を越えて日本に到着したマシンをご紹介します

 

R18 Classic ブラックストームメタリック 

(ブラックエンジン仕様)

1024_P1430719.jpg

R18シリーズの中でも、当店で一番販売台数の多い R18 Classic が久々に入荷しました。

2022年導入モデルより、エンジンがブラック化されさらに精悍さが増しています。

ブラックストームメタリックだけに採用されている、黒いシリンダヘッドカバーも魅力の一部です。

R18シリーズには、当店独自の「販売支援」にてお求めやすいようサポートいたしております(有効期限あり)

(R18Transcontinental/R18B/R18 Classic/R18 が対象となります)

詳しくはモトラッド京葉スタッフまでお問い合わせくださいませ。

1024_P1430714.jpg

1024_P1430716.jpg

【主要装備】

・アダプティブ・ヘッドライト
・ロック付きフューエルフィラーキャップ
・デイタイムライディングライト
・ヒルスタート・コントロール
・ヘッドライト・プロ
・中間点灯ライト
・フロアボード
・グリップ・ヒーター
・クルーズコントロール
・リバースギア
・ローシート

RnineT アーバン G/S ライトホワイト

(デザインオプションサイレンサー装備)

1024_P1430705.jpg

【主要装備】

・アダプティブヘッドライト      
・DTC      
・ダイナミック・エンジンブレーキ・コントロール      
・ヘッドライトプロ      
・エキゾーストパイプクロム仕様      
・ABSプロ      
・ローシート(820 mm)     
・ライディングモードプロ      
・グリップヒーター      
・クルーズコントロール      

1024_P1430706.jpg

プラス64,000円の「デザインオプションサイレンサー」付で大変カッコ良いです(^^♪

こちらのRnineT アーバン G/Sもフリー在庫となっております。

ご興味のある方は是非お早めにお問い合わせください!!

Motorrad Keiyo!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

RnineT 黒 次回入荷分がご商談可能です!

2022年10月14日 | マネージャー三宅ブログ

2023年モデル RnineT ブラックストームメタリック

希少な車両ですが、1台空きがでました!

P90403329_lowRes_bmw-r-ninet-standard.jpg

2023年モデル 車両本体価格 2,303,000円(税込・諸費用別)

【装備品(赤字は2023年モデルに新搭載)】

・ダイナミック・エンジンブレーキ・コントロール    
・デイタイム・ライディング・ライト    
・ヘッドライトプロ    
・ABSプロ    
・ライディングモードプロ    
・グリップヒーター    
・クルーズコントロール

ご興味のある方は、ぜひモトラッド京葉スタッフまでお問い合わせくださいませ。

(入荷時期等はお問い合わせください)

Motorrad Keiyo!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする