三好キリスト教会(Miyoshi Christ Church)

愛知県のみよし市(三好町)にある小さな教会の案内です。
まだ小さいですが皆様のお越しを心からお待ち申し上げています。

【教会案内】ようこそ、三好キリスト教会へ!【INFO】

2022年08月07日 | willkommen!


ようこそ、三好キリスト教会へ!

ここは、愛知県みよし市にある、小さなキリスト教会です。

Welcome to our "MIYOSHI Christ Church"!!
This is an evangelical free church(from German) in Miyoshi-city @ Aichi-ken!


まだ小さな教会ですが、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げています。


教会はここにあります。


みよし市の中心部、保田ヶ池公園の目の前にあります!



現在、感染予防のため、換気を良くするために礼拝中窓は開けています。寒かったり暑かったりしても大丈夫な服でお越し下さい。
Currently, the windows are open during worship to improve ventilation to prevent infection. Please come to worship in clothes that are okay even if it is cold or hot.



ご連絡は、miyoshichurch@gmail.comのメールアドレスか、メッセージを送るのお問合わせフォームからメッセージをお願いします。
(If you want to contact us,Please write E-mail to miyoshichurch@gmail.com or push on this and write your name and message)




・礼拝は毎週日曜日午前10:30から行われています。
("Worship time" starts from 10:30am every Sunday)

・水曜日19:00から、「聖書を読む会(聖書研究会)」が開かれています
("Bible study time" starts from 7:00pm every other wednesday)

・毎月第2日曜日の13:00から、「English Cafe Time 」がありますよ!
みんなで「楽しい英語の時間と美味しいアメリカのお菓子」を楽しみましょう!
だれでもわかる簡単な英語で楽しく学べます。
(The 2nd Sunday afternoon of every month, we have "English Cafe Time " enjoying
for English conversation and eating American dessert!)




これからの予定は、こちらのカレンダーからどうぞ!


【ナビでお越しになる方】
新しい住所は、
みよし市園原1丁目16番地4
です


教会は「みよし市役所」に近いところにありますが、三好ヶ丘からも東郷・日進・豊田市からも礼拝に参加していますよ!

"Miyoshi Christ Church" is in the mid of Miyoshi-city,near Toyota,Nissin and Togo-town!



・2022年8月7日三好キリスト教会主日礼拝





・おはなしのじかん「アテネでの伝道」





https://miyoshichurch.mystrikingly.com/
Comments (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

この1年の感謝をする礼拝です

2021年12月26日 | Weblog
10:19:55

名古屋は雪の便りですが

みよし市はよく晴れています。
ただし、物凄くクソ寒いです


pic.twitter.com/He968EfV2X


10:28:39

まもなく、一年を感謝する日曜日の教会の礼拝が始まります
#churchjp


pic.twitter.com/PNct9QwtUs


11:20:01

今日の教会の礼拝の聖書箇所は、
創世記23章から
#churchjp

pic.twitter.com/yys29zMgMu


11:21:44

『サラの生涯、サラが生きた年数は百二十七年であった。
サラはカナンの地のキルヤテ・アルバ、すなわちヘブロンで死んだ。アブラハムは来て、サラのために悼み悲しみ、泣いた。』
(創世記 23章 1〜2節)

サラはアブラハムがまだ「約束の土地」に来る前からの妻
#churchjp



11:22:48

『イサクは、その母サラの天幕にリベカを連れて行き、リベカを迎えて妻とし、彼女を愛した。イサクは、母の亡き後、慰めを得た。』
(創世記 24章 67節)

アブラハムとサラの一人息子であったイサクも、サラを慕っていた
#churchjp




11:27:58

『サラはカナンの地のキルヤテ・アルバ、すなわちヘブロンで死んだ。アブラハムは来て、サラのために悼み悲しみ、泣いた。』
(創世記 23章 2節)

アブラハムは今までも、度々泣いている描写があるものの、
悼み悲しむ様子をみせたのは初めて
#churchjp




11:29:12

「私は、あなたがたのところに在住している寄留者ですが、あなたがたのところで私有の墓地を私に譲っていただきたい。そうすれば、死んだ者を私のところから移して、葬ることができます。」
(創世記 23章 4節)

アブラハムはそれまで土地を所有して居なかったが、この時はじめて墓地を所有しました #churchjp



11:30:21

『ヒッタイト人たちは
「ご主人、私たちの言うことをお聞き入れください。私たちの間にあって神のつかさです。私たちの最上の墓地に、亡くなった方を葬ってください。私たちの中にはだれ一人、亡くなった方を葬る墓地をあなたに差し出さない者はおりません。」
(創世記 23章 5〜6節) #churchjp




11:31:49

『そこで、アブラハムは立って、その土地の人々、ヒッタイト人に礼をして、
「彼の畑地の端にある、彼の所有のマクペラの洞穴を譲っていただけるように。十分な価の銀と引き換えに、あなたがたの間での私の所有の墓地として、譲っていただけるようにしてください。」
(創世記 23章 7、9節) #churchjp





11:32:42

『エフロンはヒッタイト人たちの間に座っていた。ヒッタイト人のエフロンは、その町の門に入るヒッタイト人たち全員が聞いているところで、アブラハムに答えた。』
(創世記 23章 10節)

公式な取引でアブラハムは墓地を取得した
#churchjp



11:33:12


「いいえ、ご主人。どうか、私の言うことをお聞き入れください。あの畑地をあなたに差し上げます。そこにある洞穴も差し上げます。私の民の者たちの前で、それをあなたに差し上げます。亡くなった方を葬ってください。」
(創世記 23章 11節) #churchjp



11:33:47

『エフロンはアブラハムに答えた。
「では、ご主人、私の言うことをお聞き入れください。銀四百シェケルの土地、それなら、私とあなたの間では、何ほどのこともないでしょう。どうぞ、亡くなった方を葬ってください。」
(創世記 23章 14〜15節) #churchjp



11:36:31

後のエレミヤは

『そこで私は、おじの子ハナムエルから、アナトテにある畑を買い取り、彼に銀十七シェケルを払った。』
(エレミヤ書 32章 9節)

この時と比べても、アブラハムは大金を払っています
#churchjp



11:38:07

『その息子、イサクとイシュマエルは、アブラハムを、マムレに面するマクペラの洞穴に葬った。これは、ヒッタイト人ツォハルの子エフロンの畑地にある。』
(創世記 25章 9節)

後にアブラハムも、同じ場所に葬られることになりました
#churchjp




11:40:45

アブラハムはこうして歴史を刻んでいた。

年末、私たちも自分の生き方を省みる機会を持つことも必要かもしれない
#churchjp




12:41:04

日曜日の教会の礼拝が終わって、
みんなでクリスマスの飾り付けを片付けています
#churchjp


pic.twitter.com/86l6KdAFwk




12:41:30

今日の教会のお花?です

#churchjp


pic.twitter.com/fP01GqR9k2







礼拝の様子はこちらから(動画です)


・2021年12月26日三好キリスト教会年末感謝礼拝

https://youtu.be/jHZ3SOtliDs



・おはなしのじかん「エジプトににげる!」

https://youtu.be/hCA7jb6WtTA


Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クリスマスイブです。

2021年12月24日 | Weblog
ことしのクリスマスイブも、みんなで集まられませんでした。

ビデオでご参加下さい

2021年三好キリスト教会クリスマスイブ礼拝

https://youtu.be/YCIUsZ9YWFk
Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クリスマスの礼拝です

2021年12月19日 | Weblog
10:23:23


すっかり冬景色

寒い寒い公園は人影まばら

pic.twitter.com/2LAEk0JOq5



10:36:17

日曜日のクリスマスの礼拝が始まりました。

#churchjp


pic.twitter.com/IyPlD3vpcm



11:13:36

今日の教会の礼拝の聖書箇所は、
イザヤ書9章から
#churchjp


pic.twitter.com/Z3q9z3KfD2



11:14:09

イザヤ書9章は、キリストが誕生する預言がなされた
有名な箇所
#churchjp




11:14:51

『ひとりのみどりごが私たちのために生まれる。ひとりの男の子が私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。
その主権は増し加わり、その平和は限りなく、ダビデの王座に就いて、その王国を治め、さばきと正義によってこれを堅く立て、これを支える。今よりとこしえまで。万軍の主の熱心がこれを成し遂げる。』
(イザヤ書 9章 6~7節)

イザヤは、ダビデ王の系統の者が王として生まれて来ると預言している
#churchjp





11:21:32

『しかし、苦しみのあったところに闇がなくなる。先にはゼブルンの地とナフタリの地は辱めを受けたが、後には海沿いの道、ヨルダンの川向こう、異邦の民のガリラヤは栄誉を受ける。』
(イザヤ書 9章 1節)

南ユダ王国と違って先に滅亡して行方知れずになった、あの北イスラエル王国も復活するのでしょうか?
#churchjp




11:24:17


『闇の中を歩んでいた民は大きな光を見る。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が輝く。』
(イザヤ書 9章 2節)

不安と不信仰の中に潜んでいた人たちに
力強い救いの手が差し出される、と

#churchjp





11:28:58

私たちは、「目を背けたくなる」様々な事柄から、目を背ける。
しかしそのような事柄にも光が当てられ、神さまに目を向けるように促されるのが
キリストの誕生という事象
#churchjp





11:31:07

『その主権は増し加わり、その平和は限りなく、ダビデの王座に就いて、その王国を治め、さばきと正義によってこれを堅く立て、これを支える。今よりとこしえまで。万軍の主の熱心がこれを成し遂げる。』
(イザヤ書 9章 7節)

神さまの力が働かれる
その事に気づくことはとても大切
#churchjp





12:02:28

今日の教会のお花はクリスマスらしく
華やかです
#churchjp https://pic.twitter.com/YrhclUVsIs








礼拝の様子はこちらから(動画です)


・2021年12月19日三好キリスト教会クリスマス礼拝

https://youtu.be/P4CTp2YDicw



・おはなしのじかん「博士たちの礼拝」

https://youtu.be/VsniWBhLxq4


Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アドベントの第3週の礼拝です

2021年12月12日 | Weblog
10:24:02


12月としては、そんなに寒くない朝の公園

小さい子ども連れた家族が遊んでいます


pic.twitter.com/Y78OKZXpOO



10:32:51

まもなく、クリスマスのアドベント第3週の日曜日の教会の礼拝が始まります
#churchjp


pic.twitter.com/GLfcuPgXms



11:16:39

今日の教会の礼拝の聖書箇所は、
創世記22章から
#churchjp

pic.twitter.com/6436d00efB



11:18:25

『これらの出来事の後、神がアブラハムを試練にあわせられた。神が彼に「アブラハムよ」と呼びかけられると、彼は「はい、ここにおります」と答えた。』
(創世記 22章 1節)

色々あったあとに、やっと一人子が生まれアブラハムに、
神さまが呼びかけられた #churchjp




11:20:11

『そのころ、アビメレクとその軍の長ピコルがアブラハムに言った。「あなたが何をしても、神はあなたとともにおられます。』
(創世記 21章 22節)

神さまを知らないアビメレクからしても
アブラハムは神さまに祝福されているとように思えたのです #churchjp




11:22:54

子どもが生まれたことによって、全てのことが終わった気になっていたアブラハム。

でも、神さまはまだ終わっていないと
#churchjp





11:25:27

『神は仰せられた。「あなたの子、あなたが愛しているひとり子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。そして、わたしがあなたに告げる一つの山の上で、彼を全焼のささげ物として献げなさい。」
(創世記 22章 2節)

色々苦労してやっと生まれた一人息子を捧げるとは
神さまはどういうつもりなのか、と
#churchjp





11:26:41

私たちも、神さまから、
理解出来ない、難しいことを要求されることもある

それではアブラハムは、神さまからの要求を、どのようにしたのか
#churchjp





11:27:39

『翌朝早く、アブラハムはろばに鞍をつけ、二人の若い者と一緒に息子イサクを連れて行った。アブラハムは全焼のささげ物のための薪を割った。こうして彼は、神がお告げになった場所へ向かって行った。』
(創世記 22章 3節)

アブラハムは神さまからの要求を理解出来なかったが従いました
#churchjp




11:29:48


『イサクは父アブラハムに話しかけて言った。「お父さん。」彼は「何だ。わが子よ」と答えた。イサクは尋ねた。「火と薪はありますが、全焼のささげ物にする羊は、どこにいるのですか。」
(創世記 22章 7節)

いつもの礼拝の時のささげ物のやり方と違ったので、イサクは面食らった様子。
事情を聞かされていなかったようです #churchjp




11:31:24

『三日目に、アブラハムが目を上げると、遠くの方にその場所が見えた。』
(創世記 22章 4節)

アブラハムも、「神さまがイサクを捧げるように要求された」ことを
3日以上黙っていた模様です。
#churchjp




11:32:40

『アブラハムは全焼のささげ物のための薪を取り、それを息子イサクに背負わせ、火と刃物を手に取った。二人は一緒に進んで行った。』
(創世記 22章 6節)

イサクは薪を背負っても大丈夫なくらい屈強な青年になっていたのです。
#churchjp





11:33:54

『アブラハムは答えた。「わが子よ、神ご自身が、全焼のささげ物の羊を備えてくださるのだ。」こうして二人は一緒に進んで行った。』
(創世記 22章 8節)

アブラハムはイサクの言葉を邪険にする事なく、丁寧に回答しました
#churchjp





11:35:19

後の人は、このように書いています。
『信仰によって、アブラハムは試みを受けたときにイサクを献げました。約束を受けていた彼が、自分のただひとりの子を献げようとしたのです。
神はアブラハムに「イサクにあって、あなたの子孫が起こされる」と言われましたが、
彼は、神には人を死者の中からよみがえらせることもできると考えました。それで彼は、比喩的に言えば、イサクを死者の中から取り戻したのです。』
(ヘブル人への手紙 11章 17~19節) #churchjp





11:37:07

『神がアブラハムにお告げになった場所に彼らが着いたとき、アブラハムは、そこに祭壇を築いて薪を並べた。そして息子イサクを縛り、彼を祭壇の上の薪の上に載せた。』
(創世記 22章 9節)

薪を背負えるぐらいの青年になっていたということは、分別もつくような年齢であったはず。この「ささげ物」には、イサク自身の協力もあったかもしれません
#churchjp





11:37:51

『アブラハムは手を伸ばして刃物を取り、息子を屠ろうとした。
そのとき、主の使いが天から彼に呼びかけられた。「アブラハム、アブラハム。」彼は答えた。「はい、ここにおります。」
(創世記 22章 10〜11節) #churchjp





11:39:20

『御使いは言われた。「その子に手を下してはならない。その子に何もしてはならない。今わたしは、あなたが神を恐れていることがよく分かった。あなたは、自分の子、自分のひとり子さえ惜しむことがなかった。」
(創世記 22章 12節)

アブラハムが神さまを畏れていると分かったのです #churchjp





11:40:38

『アブラハムが目を上げて見ると、見よ、一匹の雄羊が角を藪に引っかけていた。アブラハムは行って、その雄羊を取り、それを自分の息子の代わりに、全焼のささげ物として献げた。』
(創世記 22章 13節)

神さまは全てを理解し、ちゃんと代わりを用意をしていたのだけれども、アブラハムを試されたのです #churchjp





11:41:57

『アブラハムは、その場所の名をアドナイ・イルエと呼んだ。今日も、「主の山には備えがある」と言われている。』
(創世記 22章 14節)

色々困難があったとしても
神さまは最後には私たちのために備えてくださる方です #churchjp







礼拝の様子はこちらから(動画です)


・2021年12月12日三好キリスト教会アドベント第三主日礼拝

https://youtu.be/oA50nMzInXY



・おはなしのじかん「ひつじかいたちの礼拝」

https://youtu.be/6LOnYgBhdbU


Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アドベントの第2週の礼拝です

2021年12月05日 | Weblog
10:23:08

寒くなって、
すっかり寂しくなった
公園の木々


pic.twitter.com/pCg8DaiQ73



11:16:51

今日の教会の礼拝の聖書箇所は、
創世記21章から
#churchjp

pic.twitter.com/ipIi4h2fzH



11:17:57

『主は約束したとおりに、サラを顧みられた。主は告げたとおりに、サラのために行われた。
サラは身ごもり、神がアブラハムに告げられたその時期に、年老いたアブラハムに男の子を産んだ。』
(創世記 21章 1〜2節)

神さまが約束されたアブラハムの子どもが、サラを通して生まれました。 #churchjp




11:21:48

年老いてやっと生まれたイサク。男の子かどうかも今と違いお腹の中にいるときでは分からない時代。

『アブラハムは、その子イサクが彼に生まれたとき、百歳であった。』
(創世記 21章 5節) #churchjp



11:24:16

『サラは言った。「神は私に笑いを下さいました。これを聞く人もみな、私のことで笑うでしょう。」
(創世記 21章 6節)

サラは以前、神さまの使いの人から、子どもが生まれると聞かされた時には、
そんなことは有り得ないことだ!と笑ったのです。

ですが今は、本当に神さまが預言されたことが成就したので、嬉しくなって笑ったのです。 #churchjp



11:26:59

『サラは、エジプトの女ハガルがアブラハムに産んだ子が、イサクをからかっているのを見た。』
(創世記 21章 9節)

今までは「アブラハムの唯一の子ども」として重宝されていたのに、イサクが生まれたことでイシュマエルの中に疎外感が生まれたのかも。
#churchjp




11:32:53

『それで、サラはアブラハムに言った。「この女奴隷とその子を追い出してください。この女奴隷の子は、私の子イサクとともに跡取りになるべきではないのですから。」
このことで、アブラハムは非常に苦しんだ。それが自分の子に関わることだったからである。』
(創世記 21章 10〜11節) #churchjp

サラは以前も、ハガルとイシュマエルに強く当たっていました。

アブラハムは、今回の妻の立場の「サラとハガル」、子供の立場の「イサクとイシュマエル」との騒動は予見出来たはずなのに、アブラハムはそれを放置していたのです。
#churchjp





11:35:38

聖書のこの後の物語によると、まもなく神さまはアブラハムに、イサクを捧げるように要求することになる。

この事のためにもハガルとイシュマエルをアブラハムから離し、子供がイサクしかいな状態にする必要があったのかもしれません。
#churchjp





11:37:28

『翌朝早く、アブラハムは、パンと、水の皮袋を取ってハガルに与え、彼女の肩に担がせ、その子とともに彼女を送り出した。それで彼女は行って、ベエル・シェバの荒野をさまよった。』
(創世記 21章 14節)

アブラハムは、ハガルとイシュマエルを放り出した。ハガルは行く宛なく、さ迷うことになったのです #churchjp




11:38:00

『皮袋の水が尽きると、彼女はその子を一本の灌木の下に放り出し、
自分は、弓で届くぐらい離れた向こうに行って座った。「あの子が死ぬのを見たくない」と思ったからである。彼女は向こうに座り、声をあげて泣いた。
神は少年の声を聞かれ、神の使いは天からハガルを呼んで言った。「ハガルよ、どうしたのか。恐れてはいけない。神が、あそこにいる少年の声を聞かれたからだ。
立って、あの少年を起こし、あなたの腕でしっかり抱きなさい。わたしは、あの子を大いなる国民とする。」
神がハガルの目を開かれたので、彼女は井戸を見つけた。それで、行って皮袋を水で満たし、少年に飲ませた。』
(創世記 21章 15〜19節)

神さまは、そんなハガルとイシュマエルを見捨てることはなかったのです #churchjp





11:40:51

『アブラハムは幸せな晩年を過ごし、年老いて満ち足り、息絶えて死んだ。そして自分の民に加えられた。
その息子、イサクとイシュマエルは、アブラハムを、マムレに面するマクペラの洞穴に葬った。』
(創世記 25章 8〜9節)

ハガルとイシュマエルはアブラハムと離れて暮らしていたが、
このあともアブラハムとの繋がりはあった様子です #churchjp




11:42:43

神さまは、私たちに最善を為さる方です。
どのような大変なことが待っているのかわかりませんが、
私たちは従って生きていくことが大事なのです
#churchjp





12:06:59
日曜日の教会の礼拝が終わって、
ミカンやお芋が出てきました
#churchjp


pic.twitter.com/Cb0D8mR87M



12:07:54

今日の教会のお花です。
冬のお花ですね
#churchjp


pic.twitter.com/15THYOiS9D



13:08:30

日曜日の教会の礼拝が終わって、
子どもたちの集会「じぃざすきっず」が始まりました。

クリスマスらしく、みんなでスノードームを作っています。
#churchjp


pic.twitter.com/OZl2njlYt4





礼拝の様子はこちらから(動画です)


・2021年12月5日三好キリスト教会アドベント第二主日礼拝

https://youtu.be/Akffq4udULs



・おはなしのじかん「神さまを賛美したマリヤ」

https://youtu.be/6TjXuUH3cn4


Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アドベント第1週の礼拝です

2021年11月27日 | Weblog
10:19:27

寒いというより
空気が冷たくて鋭い感じ

日差しは暖かい

pic.twitter.com/W2nEn8ACyv



10:28:21

まもなく、
アドベントの第一主日礼拝が始まります
#churchjp

pic.twitter.com/LPXMkoTIB6



11:07:17

今日の教会の聖書箇所は、
創世記20章から
#churchjp


pic.twitter.com/zy2r8iXjm8



11:08:45

アブラハムは、妻サラを妹と称しました。
これは12章のエジプトに行ったときと同じ?似たような展開になりそうな

#churchjp




11:09:46

『アブラハムは、自分の妻サラのことを「これは私の妹です」と言ったので、ゲラルの王アビメレクは、人を遣わしてサラを召し入れた。』
(創世記 20章 2節) #churchjp

しかも、前回と違い、
神さまから素晴らしい契約を与えられて、神さまに従ってゆく決心をしたその後であったし、
また、ソドムとゴモラの惨劇があったその後でもあったのに。
#churchjp





11:14:10

『その夜、神が夢の中でアビメレクのところに来て、こう仰せられた。「見よ。あなたは、自分が召し入れた女のために死ぬことになる。あの女は夫のある身だ。」
(創世記 20章 3節)

神さまは、信じていないアビメレクの前にも現れました。

全知全能なる創造主である神さまは、全ての人の神さまだから、信じて居る人にも、信じていない人にも表れます #churchjp




11:15:03

『アビメレクは、まだ彼女に近づいていなかった。そこで彼は言った。「主よ、あなたは正しい国民さえも殺されるのですか。
彼が私に『これは私の妹です』と言ったのではありませんか。彼女自身も『これは私の兄です』と言いました。私は、全き心と汚れのない手で、このことをしたのです。」
(創世記 20章 4~5節)

自分には落ち度は無かったのに
可愛そうに、その事を責められたアビメレク

#churchjp




11:18:55

『翌朝早く、アビメレクは彼のしもべをみな呼び寄せ、これらのことをすべて語り聞かせたので、人々は非常に恐れた。』
(創世記 20章 8節)

事はアブラハムとアビメレクの間だけで済む問題ではなく、
国全体の問題となったのです
#churchjp




11:19:39

『アビメレクはアブラハムを呼び寄せて言った。「あなたは何ということを私たちにしたのか。私がいったい、罪となるどんなことをあなたにしたというのか。あなたが、私と私の王国に大きな罪をもたらそうとするとは。あなたは、してはならないことを私にしたのだ。」
また、アビメレクはアブラハムに言った。「あなたはなぜ、こんなことをしたのか。」
アブラハムは答えた。「この地方には、神を恐れることが全くないので、人々が私の妻のゆえに私を殺すと思ったのです。』
(創世記 20章 9〜11節)

命を失う恐れが勝って、ほんとうのことを告げられなかったアブラハム #churchjp




11:21:35

『また、本当に、あれは私の妹、私の父の娘です。でも、私の母の娘ではありません。それが私の妻になったのです。』
(創世記 20章 12節)

神さまを知らないアビメレクに対し、
苦しい言い訳をするアブラハムです。 #churchjp





11:24:16

アブラハムは、創世記12章でも、
同じ過ちを犯しました。
しかし、その過ちを反省しなかったので、
この20章でも同じ事をした。

アブラハムは、人を恐れるよりも、全てをつかさどる神さまを畏れるべきだったのですが
#churchjp





11:26:18

『何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。』
(ピリピ人への手紙 4章 6節)

私たちは生きているので、心配事が無くなることはない。
その心配事を、神さまに打ち明けてゆくことが、とても大切なのです
#churchjp





11:28:34

『そこで、アブラハムは神に祈った。神は、アビメレクとその妻、また女奴隷たちを癒やされたので、彼らは再び子を産むようになった。』
(創世記 20章 17節)

アブラハムが神さまに執りなしの祈りをすると、アビメレクと家族に子どもたちが生まれました。
その後に、アブラハムにもイサクが与えられるたのです

#churchjp





12:39:12

今日の教会の礼拝がおわり、
みんなでクリスマスの飾り付けをしています
#churchjp


pic.twitter.com/wTt9XHf7zy





礼拝の様子はこちらから(動画です)


・2021年11月28日三好キリスト教会アドベント第一主日礼拝

https://youtu.be/vuKFt39-TNA



・おはなしのじかん「神さまを賛美したザカリヤ」

https://youtu.be/jTU5QrnZ3_M


Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「アブラハムのとりなし」  Abraham's Intercession

2021年11月21日 | Weblog
10:22:31

公園の秋の彩りも
中盤から終盤に差し掛かってきました

pic.twitter.com/ttBur9763V



10:33:35

まもなく、日曜日の教会の礼拝が始まります

#churchjp

pic.twitter.com/6G246m5XVS



11:20:03

今日の教会の聖書箇所は、
創世記18章から
#churchjp


pic.twitter.com/3PUQIVObUQ



11:21:17

『主は、マムレの樫の木のところで、アブラハムに現れた。彼は、日の暑いころ、天幕の入り口に座っていた。
彼が目を上げて見ると、なんと、三人の人が彼に向かって立っていた。
アブラハムはそれを見るなり、彼らを迎えようと天幕の入り口から走って行き、地にひれ伏した。
彼は言った。「主よ。もしもよろしければ、どうか、しもべのところを素通りなさらないでください。』
(創世記 18章 1〜3節)

アブラハムは旅人をもてなしました
神さまからのお使いの人だとわかったので。
#churchjp




11:23:25

『すると、そのうちの一人が言った。「わたしは来年の今ごろ、必ずあなたのところに戻って来ます。そのとき、あなたの妻サラには男の子が生まれています。」サラは、その人のうしろの、天幕の入り口で聞いていた』
(創世記 18章 10節)

その旅人は、アブラハムに
イサクがもうすぐ生まれますと伝えました #churchjp





11:23:57

『主はこう考えられた。「わたしは、自分がしようとしていることを、アブラハムに隠しておくべきだろうか。
アブラハムは必ず、強く大いなる国民となり、地のすべての国民は彼によって祝福される。』
(創世記 18章 17〜18節) #churchjp

あらためて、アブラハムに神さまの考えを伝えたのです



11:24:42

その後に、
『主は言われた。「ソドムとゴモラの叫びは非常に大きく、彼らの罪はきわめて重い。
わたしは下って行って、わたしに届いた叫びどおり、彼らが滅ぼし尽くされるべきかどうかを、見て確かめたい。」
(創世記 18章 20〜21節) #churchjp

ソドムとゴモラには、アブラハムの甥ロトが居ました。
ロトのためでなく、アブラハムは町の人全体のために神さまに祈ったのです

『アブラハムは近づいて言った。「あなたは本当に、正しい者を悪い者とともに滅ぼし尽くされるのですか。』
(創世記 18章 23節)
#churchjp





11:27:39

『正しい者を悪い者とともに殺し、そのため正しい者と悪い者が同じようになる、というようなことを、あなたがなさることは絶対にありません。そんなことは絶対にあり得ないことです。全地をさばくお方は、公正を行うべきではありませんか。」
(創世記 18章 25節) #churchjp

アブラハムは改めて神さまに問いただしました。



11:29:09


『もしかすると、その町の中に正しい者が五十人いるかもしれません。あなたは本当に彼らを滅ぼし尽くされるのですか。その中にいる五十人の正しい者のために、その町をお赦しにならないのですか。』
(創世記 18章 24節)

アブラハムは町の人のために、執りなしの祈りをしたのです
#churchjp



11:30:26

『主は言われた。「もしソドムで、わたしが正しい者を五十人、町の中に見つけたら、その人たちのゆえにその町のすべてを赦そう。」
(創世記 18章 26節)

神さまもアブラハムの執りなしの祈りに答えました #churchjp




11:31:11

『もしかすると、五十人の正しい者に五人不足しているかもしれません。その五人のために、あなたは町のすべてを滅ぼされるのでしょうか。」主は言われた。「いや、滅ぼしはしない。もし、そこに四十五人を見つけたら。」
(創世記 18章 28節)

その後もアブラハムの必死の執りなしは続きました
#churchjp





11:34:50

アブラハムは、自分の子孫が与えられ、祝福されるという「良い知らせ」だけでなく、
甥ロトが住むソドムとゴモラが滅びる、という「悪い知らせ」も神さまから与えられたのです。
#churchjp





11:38:54

神さまから与えられる祝福はとても大切。大いに感謝するべきことです。
ですが、それと共に残念なお知らせが与えられることもあります。

神さまは私たちに、身の回りにある「残念なお知らせ」を告知し、それを自分のことのように祈るように促しています
#churchjp





11:50:13

今日の教会のお花です
#churchjp


pic.twitter.com/wqQoXWUuPk





礼拝の様子はこちらから(動画です)


・2021年11月21日三好キリスト教会主日礼拝

https://youtu.be/-kjLnvHY2yk



・11月21日おはなしのじかん「王さまになったダビデ」

https://youtu.be/vFz2xqiYoBI


Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

きょうは、こども祝福礼拝です

2021年11月14日 | Weblog
10:21:43

すっかり秋の装いな

日曜日の公園

pic.twitter.com/UtY5gKUSt3


10:30:20


まもなく、日曜日の教会の礼拝が始まります

#churchjp


pic.twitter.com/0NLN1oq66n


11:17:18

今日の教会の礼拝の聖書箇所は、
創世記17章から
#churchjp


pic.twitter.com/IYtW3KUO7I


11:19:53

『さて、アブラムが九十九歳のとき、主はアブラムに現れ、こう言われた。「わたしは全能の神である。あなたはわたしの前に歩み、全き者であれ。
わたしは、わたしの契約を、わたしとあなたとの間に立てる。わたしは、あなたを大いに増やす。」
(創世記 17章 1〜2節)
アブラム(アブラハム)の「子孫が増える」という考えと、
神さま言う「子孫が増える」の考え方は
少し違ったのです #churchjp



11:22:55

「これが、あなたと結ぶわたしの契約である。あなたは多くの国民の父となる。
あなたの名は、もはや、アブラムとは呼ばれない。あなたの名はアブラハムとなる。わたしがあなたを多くの国民の父とするからである。』
(創世記 17章 4〜5節)

『次のことが、わたしとあなたがたとの間で、またあなたの後の子孫との間で、あなたがたが守るべきわたしの契約である。あなたがたの中の男子はみな、割礼を受けなさい。』
(創世記 17章 10節)

神さまは、アブラハムに印を求めました

アブラハムにも、その一族にも
#churchjp




11:26:04

『主はモーセとアロンに言われた。「過越に関する掟は次のとおりである。異国人はだれも、これにあずかってはならない。
しかし、金で買われた奴隷はだれでも、あなたが割礼を施せば、これにあずかることができる。』
(出エジプト記 12章 43〜44節)

割礼を受けた者であれば一族(仲間)とされたのです #churchjp




11:27:49

『また神はアブラハムに仰せられた。「あなたの妻サライは、その名をサライと呼んではならない。その名はサラとなるからだ。』
(創世記 17章 15節)

神様はまた、アブラハムの妻にも改名をするように命じました
それは、 #churchjp




11:29:06

『わたしは彼女を祝福し、彼女によって必ずあなたに男の子を与える。わたしは彼女を祝福する。彼女は国々の母となり、もろもろの民の王たちが彼女から出てくる。」
(創世記 17章 16節)

それは、
アブラハムだけでなく、妻のサライも『国々の母』として祝福されるためでした。
#churchjp




11:30:14

『アブラハムはひれ伏して、笑った。そして心の中で言った。「百歳の者に子が生まれるだろうか。サラにしても、九十歳の女が子を産めるだろうか。」
(創世記 17章 17節)

信仰の父アブラハムでも、神さまのことばを完全には信じていなかった
#churchjp




11:31:34

『そして、アブラハムは神に言った。「どうか、イシュマエルが御前で生きますように。」
(創世記 17章 18節)

アブラハムは「常識的な考え方」として
妻サライから生まれる子どもが神さまから祝福される(相続財産を受ける)のではなく、
側室の子イシュマエルが祝福されるものだと考えていた #churchjp



11:33:26

『神は仰せられた。「いや、あなたの妻サラが、あなたに男の子を産むのだ。あなたはその子をイサクと名づけなさい。わたしは彼と、わたしの契約を立て、それを彼の後の子孫のために永遠の契約とする。』
(創世記 17章 19節)

しかし神さまは、妻であるサラから生まれる子供こそが祝福されると答えました。

イシュマエルではなく、アブラハムの妻サライに与えられる子どもを神さまは正当な子孫としました。
名前もすでにイサクと名付けられていたるのです。
#churchjp




11:35:16

『イシュマエルについては、あなたの言うことを聞き入れた。必ず、わたしは彼を祝福し、子孫に富ませ、大いに増やす。彼は十二人の族長たちを生む。わたしは彼を大いなる国民とする。』
(創世記 17章 20節)

かといって、イシュマエルもないがしろにされるのではなく、ちゃんと神様からの祝福があると答えられました。
#churchjp




11:35:42

『しかし、わたしがわたしの契約を立てるのは、サラが来年の今ごろあなたに産むイサクとの間にである。」
神はアブラハムと語り終えると、彼のもとから上って行かれた。』
(創世記 17章 21〜22節) #churchjp

しかし、正当な後継者はサラから生まれる子供イサクである、と。


11:36:57

『彼の家の男たちはみな、家で生まれた奴隷も、異国人から金で買い取った者も、彼と一緒に割礼を受けた。』
(創世記 17章 27節)

アブラハムはその時、神さまの言うとおりに、一族みんなに割礼を施しました。 #churchjp



11:39:41

神さまはアブラハムに約束されたこと(子孫を与える)ことを成し遂げました。
アブラハムはぜったい無理と思っていましたが。

私たちも神さまからの約束が叶うことを無理だと思うことがあります。
でも、神さまは約束されたことを成し遂げられる方なのです。
#churchjp







礼拝の様子はこちらから(動画です)


・2021年11月14日三好キリスト教会こども祝福礼拝

https://youtu.be/xmoLKmemB2E



・おはなしのじかん「神さまにゆだねたダビデ」

https://youtu.be/SHUSNaHG4Do


Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「イシュマエル誕生の経緯」 History of the birth of Ishmael

2021年11月07日 | Weblog
11:16:03



すっかり秋色な

日曜日の公園

pic.twitter.com/PID6FQ6sU5


10:35:20


まもなく、日曜日の教会の礼拝が始まります
#churchjp

pic.twitter.com/gmZkMhx8D4


11:25:48

今日の教会の礼拝の聖書箇所は、
創世記16章から
#churchjp

pic.twitter.com/Fya5YD3Zul


11:26:56

『アブラムの妻サライは、アブラムがカナンの地に住んでから十年後に、彼女の女奴隷であるエジプト人ハガルを連れて来て、夫アブラムに妻として与えた。』
(創世記 16章 3節)

アブラムが神さまから与えると言われた土地に着いてから、10年がたった
#churchjp



11:29:03

『アブラムの妻サライは、アブラムに子を産んでいなかった。』
(創世記 16章 1節)
神さまはアブラムに星の数ほど子孫を与えると言ったのに、
まだ一人も与えられていなかった
#churchjp



11:30:46

『サライはアブラムに言った。「ご覧ください。主は私が子を産めないようにしておられます。』
(創世記 16章 2節)

子どもが生まれないのは、神さまのせい。
だから、神さまの考えよりも、自分の考えを優先するようになった #churchjp





11:31:28

『彼女にはエジプト人の女奴隷がいて、その名をハガルといった。
サライはアブラムに言った。「どうぞ、私の女奴隷のところにお入りください。おそらく、彼女によって、私は子を得られるでしょう。」アブラムはサライの言うことを聞き入れた。』
(創世記 16章 1〜2節) #churchjp




11:34:30


『彼はハガルのところに入り、彼女は身ごもった。彼女は、自分が身ごもったのを知って、自分の女主人を軽く見るようになった。』
(創世記 16章 4節)

妻サライが言った通りのことをすると、サライの女奴隷ハガルは、子どもが生まれていない女主人であるサライを見下すようになった
#churchjp



11:39:30

『アブラムはサライに言った。「見なさい。あなたの女奴隷は、あなたの手の中にある。あなたの好きなようにしなさい。」それで、サライが彼女を苦しめたので、彼女はサライのもとから逃げ去った。
主の使いは、荒野にある泉のほとり、シュルへの道にある泉のほとりで、彼女を見つけた。
そして言った。「サライの女奴隷ハガル。あなたはどこから来て、どこへ行くのか。」
(創世記 16章 6〜8節)

神さまの使いはハガルに会いました
#churchjp




11:40:24

『そして言った。「サライの女奴隷ハガル。あなたはどこから来て、どこへ行くのか。」
すると彼女は言った。「私の女主人サライのもとから逃げているのです。」
(創世記 16章 8節)

ハガルはアブラム、サライの元を去ったが、かといって何処へ行くかというあてはなかった #churchjp



11:41:38

『主の使いは彼女に言った。「あなたの女主人のもとに帰りなさい。そして、彼女のもとで身を低くしなさい。」
また、主の使いは彼女に言った。「わたしはあなたの子孫を増し加える。それは、数えきれないほど多くなる。」
(創世記 16章 9〜10節)

神さまはハガルに祝福を与えたのです #churchjp




11:42:42

『そこで、彼女は自分に語りかけた主の名を「あなたはエル・ロイ」と呼んだ。
彼女は、「私を見てくださる方のうしろ姿を見て、なおも私がここにいるとは」と言ったのである。』
(創世記 16章 13節)

アブラムでもサライでもなく、神さまは傍系であるハガルにもちゃんと祝福を与えられた

神さまは「主役級」の人だけでなく、傍系の「脇役」の人たちにも
ちゃんと語られ、導いてくださる方です
#churchjp



12:22:02

今日の教会のお花です

#churchjp

pic.twitter.com/9rnR69X4JC



12:44:59

教会の礼拝が終わって、
子どもの集会「じぃざすきっず」が始まりました。

ゲームをしていますが、
子どもより大人が盛り上がっています
#churchjp

pic.twitter.com/sJZMNiGeEQ



13:01:29

子どもたちの集会「じぃざすきっず」では

食パンのアレで、どれだけ繋げられるかというゲームをしています
#churchjp

pic.twitter.com/Dy9qvWErn6







礼拝の様子はこちらから(動画です)


・2021年11月7日三好キリスト教会主日礼拝

https://youtu.be/B4UDKUl0kyw



・おはなしのじかん『逃げるダビデ』

https://youtu.be/P9HpKuj_Nak


Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする