読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく暮らしたいですね!

TVドラマ(日本)・しずかちゃんとパパ/正体

2022年05月09日 | TVドラマ
「しずかちゃんとパパ」
2022年
NHK プレミアムドラマ
全8話
【BSプレミアム】

写真館を営む聾唖のパパ・野々宮純介(笑福亭鶴瓶)と2人暮らしの静(吉岡里帆)
地元商店街の再開発プロジェクトが持ち上がり、住民の合意を得るため開発会社のプロジェクトリーダーとして道永圭一(中島裕翔)がやってきます
再開発プロジェクトとは別にひょんなことから知り合った静と圭一
CODAあるあるで周囲から理解を得られず苦労している静
圭一もまたコミュニケーションが苦手です
そんな2人が恋に落ち…再開発&静の恋の顛末は?

商店街の面々の助けを借りながら一人の社会人として逞しく生きるパパと、パパが心配という言い訳を盾に自立できなかったしずかの親子愛情物語です

最終話で、亡くなった母は「おかあさん」だったのにどうしてパパは「おとうさん」ではなく「パパ」と呼ばせたのか
圭一に、「おとうさんと呼んでいいですか」と聞かれた純介が拒否、「パパと呼べ」
静の名前の由来
などなど、各回で何度ももらい泣きしてしまいました

噺家の鶴瓶さんが手話のみの演技ができるのか、とても興味がありました
流石です!
その瞳の強さが苦手だった吉岡里帆さん、はまり役で、ちょっとだけ好きになりました


このドラマで聾啞者を取り巻く環境の厳しさや無理解からくる心無い発言や行動が多いことを知りました
そういった意味でも観て良かったと思えるドラマでした
    
         



「正体」
2022年
WOWOW 連続ドラマW
全4話
【WOWOWプレミアム】
初回無料放送のみ

原作 染井為人

裕福な家庭の夫婦を殺害
死刑判決を受けた男・鏑木(亀梨和也)が移送中に逃走します
およそ一か月後、彼は遠藤と名を変え建設現場に
寮は用意されているものの、苛酷な労働環境で怪我をしても治療費や見舞金も出ず、残業報酬も出ない会社に対し、法律の知識を使って交渉する遠藤に同僚の野々村(市原隼人)も協力しやがて友情を育んでいきます
しかし、テレビニュースを見て遠藤が鏑木であると確信した野々村
警察に通報するか迷ったうえ思いとどまりますが遠藤は姿を消してしまいます
やがて鏑木の所在を突き止めた警察が建設会社の寮にやってきます
鏑木はどんな男でしたか、と質問された野々宮は「遠藤は、いえ、鏑木は、いい人でした」と答えます

殺害された夫婦の母親で事件の唯一の目撃者、若年性認知症を患っている井尾由子(黒木瞳)が何かしら鍵を握っているようです

無料放送の初回はここまで

面白そうです
続きを観たいけれど、どこかで放送されるまで辛抱します(笑)

          




コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« おうち映画(海外)・若草物... | トップ | 05/07 メ~テレ落語 月亭方... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

TVドラマ」カテゴリの最新記事