MY LIFE,MY SPIRIT by Masato

今までの人生で感じたこと、自分の考え方を率直に語ります

ユダの裏切りと人間の弱さ

2006-12-13 16:36:07 | Weblog
イエスの弟子でありながらイエスを裏切り、銀貨30枚でローマ軍に売ったと言われるユダは、2000年経った今も世界中のキリスト教徒から憎まれているようである。
先日ユダの福音書が発見され、今までと違ったユダの解釈が研究されているが、それが正しいのかどうかはわからない。だが僕のブログではスピリチュアリズム的観点からユダの裏切りについてコメントしてみたい。

なぜユダはイエスを裏切ったのか。ユダはお金目当てでイエスを売ったように考えられているが、必ずしもそうではない。ユダの裏切りの本当の理由を探るには、彼の内面を理解する必要がある。

ユダは比較的初期の頃からイエスの弟子だった。しかしユダはあまり心が清くなかったため、イエスは次第にペテロをはじめとする後から弟子になった者たちを可愛がるようになっていった。そのためユダは嫉妬心を抱いていたらしい。

またイエスがあまりにも多くの人々からすがられ、愛されるのに、弟子である自分には誰も寄ってこない状況にも不満を募らせていた。

またユダは貴族趣味的で、高貴な身分に対する憧れがあった。イエスが貧しい人や娼婦や病人に接するのを見て、そういう身分の低い人達と関わると政府や律法学者等から白い目で見られるから止めてくださいと、イエスに何度も進言していたという。
しかしイエスは止めなかった。人間は自分にとって利益になるような人だと寄っていき、そうでなければ離れていくものだが、イエスは自分の利益云々で付き合うのではない、無償の愛が大事だということを身をもって示したかったのである。

イエスはこうしたユダの内面を見抜き、もっと心を入れ替えて神への信仰を持つよう、他の弟子たちの前でユダを叱責したこともあったという。

こうした状況の中、ユダはイエスに対する嫉妬心が芽生えていった。人間は自分の愛する人が自分を愛してくれないと、愛情が憎しみに変わることがある。ユダもイエスを愛するが故に憎しみに変わっていったという。

またユダはイエスが本当に救世主であるのか試したいと考えていたらしい。イエスが本当に救世主なら、また今まであれほどの奇蹟を起こしてきたイエスであれば、ローマ軍に捕らえられても奇蹟を起こして逃げることができるだろう、それを確かめてみたいと考えていた。

ユダの裏切りにはこうした背景があったとスピリチュアリズムでは説明している。

しかし奇蹟は起こらなかった。イエスが十字架にかかって死んだ翌日、ユダは救世主を試そうとした自分の愚かさに気付き、銀貨を投げ捨て、首を吊って死んだ。

昔も今も奇跡など自分の目で見なければ信じられない、証明されなければ信じられないという人は多い。証明されなくても教えの内容で信じられる人は精神的にかなり進化しているが、そうした人は少ない。
ユダは信仰心の弱い、唯物的な人間だったのだろう。

ユダは自らの嫉妬心やプライドが信仰を崩壊させ、救世主を試そうとしてイエスを裏切った。前述した映画アマデウスのサリエリのパターンとよく似ている。

キリスト教社会では極悪人のように見られているユダであるが、必ずしもそうとは言えない。ユダが本当に極悪人であったら、自殺はしないはずだ。イエスが死んでも悠々としていただろう。ユダは悪人というよりも唯物的で弱い人間だったと言える。

ユダを非難するのは簡単だが、こうした人間の弱さは誰の心にも潜んでいて、ユダの裏切りのような行為は誰にでも起こり得ることだと思う。

ユダの裏切りは人間の心の弱さを象徴しているようである。


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まさに (teketeke)
2006-12-14 11:12:18
こんにちは、コメント失礼します。
ユダは私たちの代表で、まさに自分の内面そのものだと思います。
いろんな説があり、金庫番をしていたユダが金を使いこみ、あのような行動を起こしてしまった・・・とか。
過去の事と思わず、我が身と照らし合わせて悔い改め祈る事が大切だと思います。
良きアドベント、クリスマスをお迎えください!
ユダの裏切りから学ぶ (須藤 正人)
2006-12-14 17:18:49
コメントありがとうございます。

ユダの裏切りにはいろんな説があるようですが、ユダがお金目当てだけでイエスを裏切ったとは考えにくいですし、これが真相ではないかと考えています。

ユダの裏切りからは、嫉妬、プライド、信仰心の欠如がこうした不幸を呼ぶのだと学ぶべきでしょうね。

僕の書いているスピリチュアリズム的イエス像は、キリスト教会の説明とは全然違うと思いますが、クリスチャンの皆さんにとって何かの参考になれば幸いです。