コタルのルン

スコティッシュフォールド、コタロウとの日々を綴る徒然日記です。「スコティッシュ・マメゾウ日記」から改題しました。

西沢渓谷散策&金山志賀坂林道挫折ツー@NSGGツーリング倶楽部

2018-05-20 | バイク、ツーリング
天気は快晴、爽やかな空気、深呼吸しながら、緑の遊歩道を散策。

前回に引き続き、またまたハイキング組み込みとなった5月定例ツー。
どうしたんだ企画の鯛さん。やはりネイチャー路線に宗旨変えしてしまったのか・・

と、いうわけで、勝沼IC先のコンビニで集合後、
雁坂トンネル手前の西沢渓谷Pに向け出発。

本日の参加:鯛、hashi、旅鴉、taira、yamaの5名(敬称略)。それにしても、集合時間30分前に全員集合とは、
「○○は朝早く目がさめてしまう。」というのは、そのとおりなのか。

渓谷Pから、笛吹川沿いに登って行く。
奥に見えるのは甲武信岳か。

そういえば、はるか昔、30年以上前、私が山登ラーだった若き日。
沢登りで西沢渓谷を詰めて、甲武信ヶ岳まで登ったことがあったっけ。
体力が有り余っていた頃の思い出だけど。

我々はツー途中なので、こーんな格好でプラプラと歩いているわけだが・・

なんか場違いな雰囲気が。
道行く皆さん、ザックしょってそれなりにトレッキング仕様なもので。

ま、気にしない気にしない。
気持ちいいねー。

さあ、そろそろ渓谷かな。


あれ?この先1時間くらい歩かないと、渓谷入り口に着かないんじゃない?

「えー、やだよ。ツーはこの先長いしさ、もうこのあたりで引き返そうよー。」
誰が言い出したか、結局このあたりで引き返すことに。
ま、気持ち良い散策ができたので、良しとしましょう。

さて、Pに戻った後は、雁坂トンネルを抜けて、埼玉県に。
中津川大橋から左に入り、中津川林道へ。
三国峠へと続く道から、途中右に入ると金山志賀坂林道だ。
突然道幅が狭くなり、少し登るとニッチツの廃鉱山がある。



何度かきているが、不思議な感じがする場所。
廃墟マニアにはたまらないんだろうな。
この先も、狭く舗装はしてあるが石が浮いた林道を登っていく。
途中、いくつかのタテカンに、
「この先がけ崩れ、R299方面には抜けられません。」との表示があったが、
「バイクなら通れるんじゃないの」くらいの軽い気持ちで八丁トンネルを抜け、
峠のPを過ぎ、下りはじめたとたん・・

ガーン!、ホントに崩れてる。

こんな状況なら、峠のPで馬で止めてくれればいいのに。

代表して途方に暮れる鯛さん。
250cc位のオフ車なら越えられるかなあ・・などど思ってはみたものの、
ま、大型ばかりの我々にはかなわないこと。
あきらめて引き返す。
来た道引き返すのって、長く感じるんだよなー。
下った後は、素直にR140で花園ICに向かい、
手前の道の駅で解散。
途中挫折(散策と交通止め)もあったが、心地よい季節に新緑を満喫。
充分リフレッシュできたかな。

本日の走行:327㎞。
R1200R燃費:23.5km/l。



コメント   この記事についてブログを書く
« 八重桜まつり2018ツー@NSGGツ... | トップ | 東北ツー①山形姥湯温泉へ@NSG... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バイク、ツーリング」カテゴリの最新記事