コタルのルン

スコティッシュフォールド、コタロウとの日々を綴る徒然日記です。「スコティッシュ・マメゾウ日記」から改題しました。

朝からおこられた

2005-09-28 | コタロウ
今日は朝からおこられました。 ご飯をわしわしと食べて、オクサンのベットで寝ていたら、急に気持ち悪くなって、一気にどばっと、毛玉もろともやりました。 オクサンはちょっと怒った後、悲しそうにシーツとベットパッドを洗濯しました。 ゴメン。でも仕方ないんですネコですから。毛玉、吐きます。 今年はいつもより抜け毛が多く、どうも調子悪いです。 マメゾウは全然平気なので、ボクがマメより長毛のせいかな。 . . . 本文を読む
コメント (2)

これだもん

2005-09-27 | マメゾウ
聞いて聞いて。 ボクのちぐらなのに、いつの間にかコタロウ兄のお気に入りになった。 朝からコタロウ兄、ボクのちぐらに入りっぱなし。中でのびーっとしている。 ボクが入れない。これだもん。やなんだよな。ひどいな。 ふっふっ、でもボクは知っている。うちにはもう一つちぐらがあるんだ。 屋根もついていて、コーデュロイ地の色もシックなやつだ。 これが出てきたら、絶対ボクのにしてやる。 . . . 本文を読む
コメント

ちぐらもう一つ

2005-09-26 | マメゾウ
ちぐらをもう一つ出してもらった。これはボク専用にしよう。 でも、ずっと入ってると、ちょっと暑い。 もう少し寒くなったら入ることにしようかな。 うーん、なんだかカビ臭いよ。オクサン、今度、天気いい日に干してください。 ああっ!コタロウ兄、ボクのちぐらに入っちゃだめだってば。 自分のちぐらがあるじゃないか! . . . 本文を読む
コメント

ちぐらの法則

2005-09-25 | コタロウ
そろそろ、お昼寝するときに「ねこちぐら」(ホントはこれは違いますが、うちではそう呼んでます)が欲しい季節になってきました。 この時期、まだ一つしか置いてありません。 ボクが入ってると、マメゾウが無理無理に入ってくるので、こんな状況です。 みっしりと詰まっていると、暖かくて気持ちいい。 でも、そろそろ、もう一つ出してもらおうかな。ちょっと苦しいから。 . . . 本文を読む
コメント

ショートトリップ

2005-09-24 | マメゾウ
コタロウ兄がベランダで、ねこおもちゃにマタタビを振りかけてもらい、トリップしている。 ボクにもやらせて!やらせて! あー、たまらない (コタロウ兄)あまりやりすぎるな。はやく返せよ。 . . . 本文を読む
コメント

そしてこうなりました

2005-09-21 | マメゾウ
1年ちょっと前のボクはこんなだった。↑ ひたすら食べて・・。 寝て・・。 そしてこうなりました。↑(今のボク。こんなにデカくなりました。) . . . 本文を読む
コメント

昔SINRAという雑誌があった

2005-09-20 | コタロウ
昔、5年位前まで「SINRA」という雑誌が、新潮社から出ていたそうだ。(1994年創刊、2000年休刊)。 どんな雑誌だったか。新潮社のホームページによれば"「深呼吸する地球マガジン」をキャッチ・フレーズに、動物や鳥、昆虫、そして森、海など自然関係の写真と、ナチュラル・ライフをテーマにした月刊のグラフ雑誌です。"とありました。オクサンはこの雑誌のファンで、特に猫の特集の号はほとんど買っていたようで . . . 本文を読む
コメント (3)

君の名は

2005-09-19 | マメゾウ
ボクらはよく違う名前で呼ばれる。 コタロウ=こた、こたる、くろちゃん、ジャイアントスパンクス、しっぽくた?? マメゾウ= まめ、うずら、チクザ(エモン)、ちんくま、ミニチュアパンクス、くます?? 後半はほとんど何だかわからないけど、まあニンゲンの気分しだいでよばれるわけです。 これ、ちょっとかわいいね。 愛知万博マスコットの偽物登場 口コミで広がる (朝日新聞) - goo ニュース キリゾー . . . 本文を読む
コメント

ワクチン効きすぎ

2005-09-18 | コタロウ
昨日病院から帰ってから、何だか身体がだるい。 きっとワクチンのせいだ。去年もこんなだったんです。 食欲もないし。熱があるかも。無理無理に連れて行ったダンナのせいだ。 (ダンナ)「そんな怖い顔してにらまないでよ。ワクチンは年に1回打たなきゃいけないんだよ。」 でも、とりあえず、今日はダンナとは遊ばない。 . . . 本文を読む
コメント

ひどいめにあった

2005-09-17 | マメゾウ
今日は、コタロウ兄ともども、キャリーに押し込まれ、病院に連れていかれた。 ボクラのホームドクターである、猫の病院フェリスだ。 年に一度の健康診断とワクチン接種だけど、ボクは快調なんだよ。 コタロウ兄は、この夏調子悪くて何度かお世話になったけど、ボクは1年ぶり。 まだ1.5ヶ月位の子猫の頃、ボクは衰弱してホントに危なかった(らしい)。 その時お世話になったのがこの病院。やさしい♂ニンゲンの先生がいる . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (1)