白い森林 IN札幌

食いしん坊お父さんが日々の出来事を綴った自己満足なブログっす。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

かね久 山田(函館市)

2010年08月19日 | 食(十勝管外)
 我が愛読書『美味しんぼ』の第100巻「対決!日本全県味巡り青森編」で紹介された「津軽そば」
製法は、手間がかかり作り手も少なく、巷では「幻のそば」とも呼ばれてるようだ。
青森でも食べられる場所は、ごく僅からしい。
そんな内容を読んで、一度食べてみたい憧れの蕎麦であった。

 しかし、ふとした事で転機が訪れる。
以前、北海道の情報誌「HO」を読んでいたら偶然にも「津軽そば」の記事が掲載されていたのだ。
何と函館で「幻の津軽そば」を食す事が出来る事を知った。
そして、今回の出張で行く機会を得ました。
創業が大正時代の老舗の蕎麦屋 【かね久 山田】
営業時間がいつも仕事で函館にいない時間帯なので行く機会が無かったが、偶然時間があったので迷わず訪れました。
店内は、開店して間もない時間帯なのに満席に近い状態でした。



 ちなみに常連さんの注文は、「もり」と「かけ」を両方頼むのが通らしい。
私は、『美味しんぼ』にちなんで 大かけ
一風変わった蕎麦で、未体験の味に遭遇しました。
大豆の粉をつなぎに使用してるので、大豆のほのかな甘味が感じられます。
食感もなんとも柔らかい麺。
けど、これはこれで良い感じに仕上がってます。

 熱々のかけ汁は、イワシの煮干しと醤油と塩のみで味付けしてるらしい。
シンプルだが出汁の良い香りとあっさりと味わい深い日本人好みの味だ。

 とにかく不思議な美味さで、しみじみと心に染みいる素朴な美味さでした。
美味かった!
美味いしか言葉が出ませんね。
また、機会があれば是非行ってみたいですね。
ご馳走様。


「かね久 山田」

住所:函館市宝来町25-2


コメント

グリル塩豚(函館市)

2010年08月19日 | 食(十勝管外)
 独身期間中の外食で、ラーメン率がやたら高い。
それだけラーメンが好きということか。
同業者の人からの情報で、函館塩ラーメンを激安価格で提供している店があると聞いてその真偽を確かめる事に。

 やってきたのは、湯の川温泉街の近くにある 【グリル塩豚】
どうやら、ラーメン屋ではなく豚肉料理の店らしい。
何やら不安になってきた・・・
夕方の人もまばらな時間帯に入店したので、途中で逃げる事も出来ないなと腹をくくる。
着席して、速攻でメニュー表を見て激安ラーメンがあるか確かめた。
すると、「塩ラーメン 250円」の文字がある。
信じられない安さで驚愕の価格。
噂は、本当だった。
ホッとしたら、急に強気な態度に変わってしまう風見鶏な私。
何はともあれ早速、注文。



 

塩ラーメン豚バラミニビビンバ丼(ミニ)
 価格が価格なんで、量も少な目と思いきや立派に一人前の量があり、セットものにしたのでなかなかのボリュームです。
これで、ワンコインもしないのは嬉しい限り。

 塩ラーメンは、基本的な具もしっかり入って見た目的には及第点が付けられます。
肝心の味は、意外と完成度の高いラーメンでした。
澄んだ色をしたスープが細麺と絡んで、あっさりして美味い。
塩の味加減もいい塩梅。
下手なラーメン屋も真っ青な出来ですね。
ミニビビンバ丼は、それなりの味でした。

 多分、薄利多売で頑張っておられるので、色々な苦労がおありだと思いますが、いつまでも応援していきたいと思うお店ですね。
ご馳走様。


グリル塩豚

住所:函館市湯川町1丁目9番15号

コメント

焼肉 南門(北見市)

2010年08月04日 | 食(十勝管外)
 一人焼肉って平気っすか?
私は、無問題。
北見と言えば焼肉が超有名。
折角の機会なんで超奮発。
宿のオネエサンから情報を入手して、いざ出陣。
向かったのは、繁華街から徒歩10分くらいの距離にある 【焼肉 南門】
北見にある人気焼肉店の一つと教えてもらいました。
期待で胸が高鳴りますな。
一人なんで、カウンターに案内されます。
蒸し暑い日には、生ビールが必須。
キンキンに冷えて美味い!



 小型の七輪が目の前に用意されて、早速注文。
二人前でこのボリュームは凄い! 塩ホルモン
見るからに新鮮で旨そうなホルモン。
丁寧な下処理を施してるのが想像出来ますね。



 七輪の網の上で、ジュージューと脂の焼ける香りとともに煙が周りに立ち込める。
これぞ、焼肉の醍醐味。
食べ頃に焼けたホルモンは、カリっ、プルっとした食感の変化に富むのが魅力。
何とも言えない抗しがたい歯応えが、癖になりそう。
味も絶妙の塩加減で、特有の臭みもなく美味い!

 

 サイドメニューの ナムル と 韓国風おにぎり だったかな?
 韓国風おにぎりは、ひき肉とごま入り混ぜご飯を握ったもの。
塩とごま油を使用した濃い目の味付け。
家庭でも是非作ってみたいおにぎりだ。

 ナムルは、シンプルながらこれがまたホルモンに良く合う。
もやしのさっぱり感とホウレン草の甘さがたまらないっすね。
ナムルだけになまら美味い!?
お後がよろしいようで。。。
良い店を紹介してもらって、大満足。
至福のひとときでした。
ご馳走様。


「焼肉 南門」

住所:北見市本町2丁目5-16

コメント

ファミリー寿し ガーデンハウス(余市町)(再訪2)

2010年07月21日 | 食(十勝管外)
 是非、余市に来る機会があれば家族を連れて来たかった 【ファミリー寿し ガーデンハウス】
当初は、「柿崎商店」に行く事も考えたのですが、観光バスの一団を見て行き先を変更。
贅沢に寿司屋でランチっす。
たまには、いいっすよね。
土曜日だった事もあり、お得な平日ランチメニューが提供されてませんでしたが、先刻承知の上なんで、財布と相談する野暮なことはしません。
嫁サンは、寿司屋なので敷居が高いのではとビビリ気味でしたが、気さくな雰囲気だったようで安心した様子。
「ファミリー寿し」の名に偽りなし!
通常メニューも種類が豊富なので、なかなか決めれなくて迷いました。





 嫁サンと娘Hが食べた 五色生ちらし丼
当初は、嫁サンに「特上生ちらし」を食べてもらい、子供達に「いくら丼(小)」を食べてもらう予定でしたが、娘Hの「写真のものが食べたい」と駄々をこねたため、嫁サンが泣く泣く断念しHと一緒に上記メニューを食べました。
美味しかったようですが、満足度で言うと半分くらい。
理由は、ネタが普段食べられるものばかりだったのとHが想像していたよりもイクラの量が少なかったのが原因ですね。
嫁サンには、可哀想なことをさせてしまいました。
申し訳ない。



 私が食べた 特上生
「中トロ」や「アワビ」、「ウニ」等の高級なネタも入った10貫の握り。
どのネタも艶々と光輝いています。
息子Rに「イクラ」、嫁サンに「サーモン」を分けて、計8貫をいただきました。
どれもこれも美味い!



 特に美味かったのが、今が旬の「ウニ」
軍艦巻きの土台からウニがこぼれ落ちてます。
なんて、贅沢なんだ。
口の中でとろけました。
濃厚な磯の風味がたまりません。
ちなみに別途Rは、「サーモン」と「マグロ」のサビ抜きを注文し、美味しそうに完食しました。
ご馳走様。

 帰り際、車内でHに「言う事を聞かないと駄目だぞ!」と注意をしましたが、多分反省をしてないでしょう。
子供が小さい頃は、ある程度希望を聞きながら親が主導でメニューを選ばないと失敗の元ですね。
いい教訓になりました。



「ファミリー寿し ガーデンハウス」

住所:余市郡余市町黒川町12丁目65

コメント

漁師の店 富丸(留萌市)

2010年07月09日 | 食(十勝管外)
 本日、道北の某自治体で交通違反の疑いを掛けられた。
内容は、一時停止を無視したとパトカーに停車を求められて応じたが、私は停止したつもりなので違反を認める気は更々ない。
当然その場で口論になり、若い警官から「パトカーに乗ってください。」と促されたが違反を認めることになるので拒否をした。
すると、突然警官の口調が変わり一触即発の空気になる。
こうなると意地でも認めたくないので、「外で話しても問題ないだろう。」と反論する。
警官もそれに応じて、その場で再度話し合う事になり免許の掲示を求められた。
後ろめたい事は、何もないので免許を手渡し番号の控えをメモしてる間に、もう一人の警官もやって来て、若い警官と同様の事を話していた。
結局、免許を返して貰いその場を立ち去る。
反則切符を切ったわけでもなく、罰金を求められてもいないので見逃してくれたのかもしれない。
私的には、一停したのに認められないなんて理不尽な出来事で、納得がいかないし灰色決着で終わってしまった。
まるで、W杯サッカーの審判が問題になっている誤審のようだ。
多分、次回の免許更新時には、「黄金」から「青銅」に格下げになるだろう。
相手は、甘くない連中だからな。
運転中もやり場のない怒りやら不安などの様々な思いが錯綜する。

 こうなれば、ヤケ食いしかない。
以前、同業者の人から「留萌に面白い店があるよ!」と情報を入手済みである。
今回、出張の帰り道で立ち寄った 【漁師の店 富丸】
実は、デカ盛り系のメニューを提供してる店なんです。
気分を紛らわすには、持ってこいかな。





 一日限定10食 漁師のかき揚げ丼
店主らしき人から「物凄い量でしょう。」と言われ、思わず頷いてしまう。
丼からはみ出しているかき揚げ一枚は、面積と分厚さが異常な大きさだ。
しかも、二枚重ね。
細やかな配慮で、仮置き用の皿を用意してくれるのがありがたい。
かき揚げの天ぷら種は、玉ねぎが主体で鮭・イカ・タコ・海老等の海鮮物が脇を固める。
カラっと揚がって、サクサクした食感で美味い!
タレは、甘辛で私好み。

 序盤は、順調に美味しくかき揚げを一枚平らげる。
しかし、時が経つにつれ思わぬ伏兵に襲われた。
「油」だ!
どんなに上手に揚がっていても、油の許容量が半端じゃない。
じわじわと油に侵され、胃がやられてしまった。
胃の負担を最小限にするため、味噌汁や小鉢の煮物を有効に活用しながら食べ進む。
終盤は、いささか食傷気味になったが気合でなんとか完食。
胸やけすること間違いなし!
胃薬は、必須だ。
ご馳走様。


漁師の店 富丸

住所:留萌市開運町3丁目3-10
コメント