孫がいるんだからもう先は見えているが、

それはともかく、帰省した愚息と、感染症といっても風邪を引いてすぐに黄色の膿汁がでる副鼻腔炎において、細菌の存在が、ウイルス感染によって・・・

白血病の時の急性副鼻腔炎は・・・・・

とか大声で議論しあっていると、孫が不安そうに見るので、どうしてだろうと思っていると、

オヤジがオヤジのオヤジに叱れらていると思って不安そうに見つめているのだそうだ。

ガキンコから見れば、ヒゲ薬剤師の話し方は、常に人を叱っているように聞こえるらしい。

だから、コワ~~~イおじいさんなのだった


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




毎年のことなのに、連休前になってようやく郵便物が一時的に激減する原因を再発見して、大きな溜息をつくことになる。

何のことはない、郵便配達員がアルバイトに変わるために、まともな引継ぎがなされないと見えて、アルバイトの人たちは、きまって自宅のほうのポストにすべての郵便物を放り込んで、薬局店頭には配達しない。

大阪から送られて来るサンケイ新聞などがポストに入らない時にだけ、しかも、新聞だけを薬局店頭に持ってくるから、郵便物が一時的に激減する原因を発見できるのだった

もう、いまさら叱ったところで直ぐに連休となり、連休中は自宅ポストに配達してもらうのだから、歯軋りするところをヒゲ薬剤師にしては、珍しく何も文句を言わずに我慢するのであった


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




勤務中だから仕方がないが、手ぶらでやってきた同級生の警察官。

彼とは高校時代からの友人で、地元の高校時代からの付き合いは彼一人に近い。

本来なら、カレンダーなどの手土産を持参するハズの予告が部下の友人からあったのだが、今日は勤務中だから仕方がない。

文武両道・失われた日本の心

このブログでもちょっと触れた同級生の警察官とは、彼のことである。

寒い中、単車で動いているから呼び込んで、これまで2度投げ込まれていた動物の死骸の現場を視察してもらった。

今度やられたときは、どうするかの相談も兼ねていたが、ヒゲ薬剤師の友人は、考えて見れば変人ばかりだ。

どこが変人かは言えないが、やはりヒゲ薬剤師に負けず劣らず変人だ

手ぶらで来た代わりに、期限切れの食品を押収して帰って行った


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今からはっきりと予感がある。
しっかりとその予感がありながら、明日は祭日で休み、しかもおめでたい天皇誕生日だというのに、間違って薬局を開けてしまうような予感である。

きっと寝過ぎたと思って、朝、大慌てで薬局を開けに行こうとするに違いないのである。

わかっちゃいるけど、身体が覚え込んでるからね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




料理方法の名前までは知らんから、あれをから揚げというのかどうか、塩コショウして薄力粉をまぶして、サラダ油の強火で揚げる

多少ともパリっとして、そりゃ~~旨い

真昼間に食べたから、はた迷惑なこと限りなし。

自分のオ●ラは、割りに香ばしくてグッド・スメルと思うのだが、他人さんには、甚だ面白くない空調?らしい。

数ヶ月に一度は、ニンニクの茎を思い出したように、タラフク食べてみる

結構、旨いのよ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




広島県にある漢方薬の私設研究所に、真冬の雪の降る日に訪れた10年前の思い出。

四輪駆動車だからと、スタッドレスタイヤも履かずに、チェーンだけを携帯して山の中腹にある研究所目指して、いい気になって進んでいたが、積雪量が急に多くなったところで、ご他聞にもれず立ち往生。

四輪すべてが空回りして動かないのだった

既に経験豊富な現在から思い出せば、馬鹿なことをしたもので、その時は、降りしきる雪の中を慌ててゴム製のチェーンを後輪(後輪駆動だから)に嵌めると、何と軽々と進むのであった。

それでも懲りずに次の週は、研究所入り口にたどり着く手前で、1m近い雪にスッポリト入り込んで動けない。

歩いて山の麓に助けを求めるにも、この豪雪とマイナス8度の寒さに身がすくむ

スコップを取り出してタイヤの所まで掘り進むのにどれだけの時間がかかったことか。
そして、ゴムチェーンを何とか嵌めて、さて動き出すと何と四輪駆動の底力!

この豪雪の中を、スイスイと泳ぐように動くのであった。

それ以来、冬の研究所へ向かう時は、必ずスタッドレスタイヤを履いて、ゴム製のチェーンを四輪分を携帯して行くのだった。

スタッドレスとチェーンさえあれば、あの雪山の豪雪の中でも、愛車テラノの性能は、抜群の威力を発揮するのだった。

30代前半に、運転免許を取得しようと学校に通ったものの、あまりに不埒な指導教官を、危うくマットに沈めそうになって3度で通うのを中止したヒゲ薬剤師は、今も運転免許を持たず、愚妻の運転に、いつもウルサイ指示ばかりを送っているのであった。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




女性薬剤師が、ちょっと用あって昨日16日は午後3時まで外出し、ヒゲ薬剤師一人で薬局をやらねばならなかった。

幸か不幸か、寒波が続くために常連さんも直接やって来られず、送ってよと電話を寄越す人ばかり。

それだけに却って、体調の変化や四方山話で長い電話になりがちだから、途中にもう一本の電話が入る。
もう一度かけなおすからゴメンネで、次の電話に出る。

するとまたもう一つの電話が鳴る。

一人だと電話の応対だけでもテンテコマイ。

気がつくと昼の3時。
朝コーヒーと小さなパンのかけらをつまんだのみ。

ガックリと疲労が出て、どうしようもない気分の悪さ

かろうじて奥の倉庫兼休憩室にたどり着いて愛用の牛黄製剤「牛龍黄」を服用する。

ぐったりとしてベットの上に転がっていると、ようやく女性薬剤師が帰ってきた。

危ないな~~~と、時々思うのはこんなときだ。

逝ってしまうと喜ぶ奴が多過ぎるので、歯がゆいばかりだが・・・・

やっぱし危ないよ、一人で薬局はやるもんじゃないぜっ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




どうも全国的に寒いらしいが、下関もめちゃくちゃ寒い。

身が縮こまり、猫もコタツは無いので、発泡スチロールの箱の中で丸くなっている。

そして風邪と流感の季節なのだった。

最近、画像を入れるのを忘れて少し寂しいので、昨日U嬢が作ってくれた5つのバナーのうちの一つを御披露です。


相互リンクプログラムネット・サイトマップ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




どうも最近いけない。

思い込みが激しくて、後になって気がついて恥を書く。

メールでの通信文に、紋切り型で返しておいたつもりが、とんでもない文章が一行混入していて、それに相手が返事して来た。

その返事に対して、「何を言ってんだよ~~~^この人は??? おかしな奴だ」
と思っていた。

あとで、自分の送ったメールを読み返してみたら、トンデモナイ、その相手に取っては、意味不明な内容を送っていたのだった。

それなのに、相手こそご親切なことに、真面目に考えてお返事下さっていたのだった。
ヤッパシ、ワシは大分焼きが回ったゾっ!

喜ぶのは、あいつとコイツとどいつだ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近、シーザブログさんを借りて、

相互リンクプログラムネット

こんな遊びをしている。

いわゆる互助会ですね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




睡眠時間3~4時間が当たり前だったが、先日歯が痛んでからは、1日おきに早く寝ている。

昨日などは夜1時前には就寝した。

青天の霹靂である。

焼きがとうとう回ったのだろう。
年貢の納め時とも言う。
もはやこれまでか

長年続いた夜更かしも出来なくなった。

現在の各ブログに限らず、若い頃から本当のことをズバリ指摘してきたから、皆に煙たがられているのは承知しているものの、各サイトやブログに貼っているランキングバナー類は、ほとんど誰もクリックしてくれない。
これがバロメーターにもなる。

誰がこんなやつの得になることをしてやるものか、という人ばかりなのだろうか
きっとそうなのだろう。

訪問者も相当に増えている漢方専門薬剤師による漢方薬方剤漫遊記でさえ、ほとんどクリックしてくれる人は、ない。

あのような真面目なブログによくぞ、50人前後も毎日訪問してくれるものよと感謝したいようでも、あれだけクリックがないということは、もしかするとあら捜しに来られているだけなのかも、と勘ぐったりもする。
これが強烈な歯痛に見舞われた男の、八つ当たりである。

このブログについては、以前どなたかが時折クリックしてくれていたようだが、最近はほとんど少なくなった。

歯が痛い時には、なんにでも当たりたくなるネ。

早く歯医者に行けって~~~

とんでもない、歯医者ほど恐いものはない


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




性懲りも無く迷惑メールが大量に送られて来る。

よくもまあ、あれだけ懲りずにエッチの誘いばかりのメールが、手を変え品を変え、おめでたいのを通り越して、あきれ果てるばかり。

もっとまともなメールが来るならともかく、ほとんどすべてがその類ばかりなんだから、ほんと~~~にあきれる

これが日本の実態を象徴するようで、イヤニなる。

ここまで堕ちるか日本人よ!と言いたいね

おまけにFaxでは、どこやらのお国の方が、がん治療の漢方薬でいいのがあるので、一緒に事業を起こさないかとか何とか、何度も入ってくるし、しかもずうずうしくも、このメールに早く連絡を寄越せ、などと図々しいのみならず、日本の薬事法も知らずに、とんでもない申し込みを平気でするのだから、ったく信じられないことばかり


文武両道・失われた日本の心

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




歯が痛んで地獄の責め苦

やりきれないこの痛さ!

ある中草薬を服用すると、一時間は持つが、また痛む。

その繰り返しだからやりきれない。

これを読んだら、この世の中に喜ぶ人間がいると思うと、余計に歯がゆいばかり、じゃなくて歯が痛い。
イタイイタイ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



     


 
 ランキングナビ 人気サイト