ビスクドール・雛人形店・五月人形 佐久市 ヤナギダ店長ブログ

明治28年創業で,ブリュ・ジュモー64体他お節句雛人形をフランスへ輸出123年、軽井沢方面がお店の場所。

「暮泥む」-くれなずむ-

2018年07月14日 15時26分47秒 | owarai

夕暮れのジレンマ
「泥む」(なずむ)とは、障害が
あって、進むことができない状態
です。

暮れようとしているのに、暮れる
ことができない空・・・・。
夏の夕方は、特にそんな感じが
します。

ゆっくりおりてくる闇の中、家路
につく人々が行き交う街。少し
ずつ変わっていく空の色のように、

焦燥感と安らぎの入り混じった
複雑な気持ちが胸をよぎります。

やり残したことがあるようで、そ
れでいて、終わった仕事にほっと
している。

でも、まだ夜は長くて、何かをしな
ければ眠るにもったいない。

暮泥む空は、そんな胸のうちを映し
出しているようです。

駆け足で通り過ぎようとしている
足をふと止めて、空を見上げて
みませんか。

暮れそうで暮れない、あなたの
心が映っているかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 草原を渡る風のように | トップ | 「ある日、ある火点(ひとも... »
最近の画像もっと見る

owarai」カテゴリの最新記事