ビスクドール・雛人形店・五月人形 佐久市 ヤナギダ店長ブログ

明治28年創業で,ブリュ・ジュモー64体他お節句雛人形をフランスへ輸出123年、軽井沢方面がお店の場所。

『かぐわしい 』 ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月30日 19時55分21秒 | owarai
【コラム】
芳しい・香しい

:香りがよい。
 魅力的だ。
  心をひきつける。

君は薔薇の花より香しい。
たまには臭い口説き文句も
悪くない


63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


「今、思う」 ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月30日 19時49分46秒 | owarai
【コラム】

「こころ内に動けば色外に現れる」
清水寺の大西良慶和上は、
「人間は善いことをできん
でもいい。『あんな善いことをし
たいなあ、こんな善いことをし
たいなあ』と思っているだけで
いい。

そのかわり、悪いことは思って
いかんよ」と言いました。

こころ内に動けば、おのずと
色外に現れるからです。
大西和上に教えを受けた森貫主
は、「人から『偉いなあ』と誉め
られるようなことはしたくても
なかなかできないが、

『善いことができれば、いいな
あ』と思うだけで身体が善いほ
うに向いていく。と同時に、

悪いことを考えても外からは見
えないが、実際にせずとも、ふっ
と思い浮かべるだけで、知らず
知らず身体が悪いほうに向いて
しまうのです」と語る。

人間の行動を考えて見ると、
潜在意識=心にあることが、声
を出すか出さないかは別として

言葉となり、それが神経を経て
筋肉に伝わって行動になるわけ
だから、「何を思うか」というこ
とが最も大切だということがわ
かります。

相模原市の障害者福祉施設で19人
が殺害された事件で、逮捕された施
設の元職員・植松聖容疑者(26)は

自分が、入院患者によって生かされ
ている“ありがたさ”に気がついて
いないのです。

事件が起きると、よく「真面目
な人だったのに・・・」という
知りあいの方のインタビューを
見聞きすることがあります。

心の蔵には善悪併せ持って入っ
ていますが、意識がふっと悪に
触れたときに魔が差すわけです。

そんなことのないように心した
いものです。

63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


「それでもまだ成功しなかったら」 ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月30日 04時59分56秒 | owarai
【コラム】

『ある問題を解決するために
22通りの方法を試み、
それでもまだ成功しなか
ったら、
23番目に方法を
試さなければならない』。
ハロルド・ジェニーン
(実業家/1910-1997)

アメリカのITT社の社長に
就任するや、以後14年の
長きにわたり増収増益をも
たらした。

これは企業の買収や合弁に
よるものであるが、彼の手腕
によるところが大きいだろう。

ハロルドの名前は著書
『プロフェッショナルマネジ
ャー』をユニクロの柳井氏が
「最高の本」と賞賛したことで、
日本で知れ渡った。

22通りくらいでへばっている
ようではまだまだ、逆にいえば、
プロだって22通り試しても
うまくいかないのは、

よくあることなのだ。いわん
や、私たちをや。

63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


「赤い糸というよりは・・・」 ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月29日 19時54分33秒 | owarai
【コラム】
あなたに、どれくらいの恋の歴史が
あって、どんな恋をしてきたかは
知らない。あなたは私の過去も
きかない。

それはいっそ潔く、私にはとても
ほどよい接し方で、あなたはいて
くれる。

あなたは、社内では、それほど
女子社員に興味を持たれるような
態度は示さないから、ただ、おと
なしい真面目な人という印象で
通っている。

けれど、結構、目ざとい女子社員
もいて、
「あの物静かな感じがいいわ。噂
はなにもないけれど、誰か決まった
人いるのかしら」

なんて言ってくるのを聞くと、私
はドキッとする。
それでも、私たちのつき合いは、
深く静かに、そして穏やかに
進んでいった。

゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚♡゚

素のままで ムリもしない 
心具合は

作ろうとして出来るものでも
ない

ごく自然に ふたりの調和、空気、
呼吸

なじんでいけば 目に見えない赤い
糸というより

もっと自然な 運命 結びつき
ゆるやかに 時と愛は進み

確かめなくとも 確実に
ふたりの空間ゆるがない



63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


「女の幸せ」 ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月29日 15時57分35秒 | owarai
【コラム】
女の幸せやドラマは、
恋にしろ結婚にしろ
男との関わりにおいて
の哀歓。

が、男の人生は、女との
関わりと関係なく翔んだり、
泣いたり、戦ったりできる
という違いがある。

男にとって女は、人生の
華(あい)であり、
エネルギーであるけれど、
女にとって男は人生その
ものである。

結局、女は愛する自分の
姿を求めてさまよいつづ
け、男は次に戦う対戦相手
を求め続ける。

そんな大人の男女が、
どうつっぱろうと、た
そがれ近くなれば夕月を
待つ男心、深夜になれば
朝陽を待つ女心の本音で
は。


63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


『忘れ種』―わすれぐさーブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月29日 11時56分55秒 | owarai
【コラム】

失恋した親友を慰めるため、
女二人で贅沢三昧の旅に出た。

旅館のいちばんいい部屋を
とって、おいしいものを
食べて・・・
でも、ふとした拍子に彼女
の瞳が曇る。

夜、二人で露天風呂に行ったら、
きれいな月が出ていた。

大きな満月を見ていたら、自分
たちがちっぽけな存在に思えて
きて・・・・。

彼女は少しだけ元気になった。

『忘れ種』ワスレグサ
心配や心の憂さを吹き払うもの。

63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


『オナラも、しよう』 ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月29日 05時36分54秒 | owarai
【コラム】

「盲腸炎になるのは、試験が
終って、夏休み前のリラック
スした時」。
学生時代、試験が終わった
後に、盲腸炎になる友達は
いませんでしたか。

なぜか夏休みの前に、盲腸
炎がはやりました。

極度の緊張が解けた瞬間に、
盲腸炎になるのです。
だから試験が終わった後な
のです。

スイカのタネを食べると、
盲腸炎になると言われた
のは、

夏休みの前が、
ちょうど試験が終わる頃だ
ったからです。

「これが終われば夏休み」
というリラックスから生まれた
「リラックス病」なのです。

だから、心配いりません。
あなたやあなたの友達が、
盲腸炎になったら、
リラックスしてるんだと
考えましょう。


63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


『客愁』―かくしゅうーブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月28日 16時14分22秒 | owarai
【コラム】
嫌なことがあったら、私は
すぐに旅に出る。

遠くに行かずに、
近くのホテルに一泊二日の
旅に出る。

そして、
日常をちょびっと上から
覗き込んで、
自分自身に手紙を書く。

すると、ほら・・・少し、
楽になる。

【客愁】旅行中のもの思い。


63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


「筆をとるまえに完成した“絵”」 ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月28日 12時00分26秒 | owarai
【コラム】
川が流れるのは、そのもとに
水源があるからです。

我々にとって、生きることの
水源は「理想」です。

この理想を明確に意識してい
るか否かで、結果において
非常に大きな差が出てきます。

理想を描くときに大切なことは、
「ああなったらいいな、こうな
ったらいいな」とただ空想する
だけでなく、

理想が完全に成就した姿を自分
の心の中に鮮明に描くことです。

その違いは紙一重ですが、そこ
には微妙な相違が生じます。

芸術家が、書を書いたり絵を
描く際、一枚の紙を手にした
ときに、

そこにすでに自分の描こうと
するものが紙面に現れるよう
でなければ、立派なものは
描けないと言います。

ただ筆を持っていい加減に
描いたのでは、ろくなもの
はできないのです。

ですから自分の理想は、現実
のもと同じように、常に自分
の心にはっきりと明瞭に描く
ことが大切なのです。

夢と現実の境目がないほどに
鮮明に描けたとき、その夢は
九分通り現実化すると考えて
よいのでしょう。

あなたの夢を鮮明に描いて
いますか?


63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


『一回落としたくらいで、諦めない』。ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月28日 05時31分08秒 | owarai
【コラム】

「食べる前に、アメを落と
しても、OK」。
人生には、
せっかくのごちそうを落とし
てしまって、がっかりするこ
とがあります。

でも、思い出してみてください。
子供の頃は、節分に家中にまい
た豆を、

健康のために
拾って食べていました。

火鉢の灰のおモチを焼いて、
灰をはらって、食べていました。
なにせ、野沢菜入りのおやき食
べてますからwww。

アメを口に入れる前に、
下い落としても、
3回までは食べることが
できるのです。

神さまは、見て見ぬふりを
してくれます。
1回落としたくらいで、
諦めていませんか。

63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


「恋風」こいかぜ :ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月27日 19時48分51秒 | owarai
【コラム】

私は最近、嘘をつくようになった。

「苺をもらったからジャムを
作ったの」
と言っては、彼にジャムを届ける。

けど結局は、彼にうまく渡せなくて、
自分で食べることになる。

さて、次はどんな嘘をついて
会う口実にしよう。

『恋風』
せつない恋心を、
風が身にしみわたるのにたとえて
いう。

63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


「片想いの切なさに押しつぶされそうになったとき 」ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月27日 16時00分20秒 | owarai
【コラム】

恋をしていると、切なさで
胸がいっぱいになる瞬間
がある。

そんなとき、私は大きく深
呼吸をすることにしていた。

そうしないと、息が止まって
しまいそうで怖かったからだ。

ところで、メールも深呼吸
のかわりになるようだ。

思いを吐き出すためか、
少し楽になるのが不思議だ。

・・・・・・・

朝、地下鉄の出入り口で、
あなたと目が合ったとき、
私がどんな気もちになった

か、あなたはわからない
でしょう。

夕方、表参道駅のところで、
あなたが笑ってくれたとき、

私がどんな気もちでいたか。
それも、あなたにはわから
ないでしょう。

わからなくて、いいのです。
知られたくないのです。

でも、また偶然に見かけたら、
また、私に笑いかけてください。

お願いだから・・・・。



63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


「矜持」きょうじ :ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月27日 11時55分25秒 | owarai
【コラム】

自分の能力を信じて抱く誇りとか
自負のことを言う。プライドと
言い換えてもいいかもしれない。

「きんじ」と慣用的に読む人がいる
が、本来の読みは「きょうじ」。
また「矜恃」と書くこともある。

最近は矜持を持つ若い人が少ない
ように見える。

子供に対する世界各国の比較調査
でも日本の子供は自己評価が低い。
社会も教育も子供の自信を失わ
せるようなことを一生懸命やって
いるようにしか見えない。

本物の実力とそれに見合った矜持
を持った人が求められていると
思うのだが。

63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


「お金と時間と才能がないうちに始める」。ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月27日 04時53分35秒 | owarai
【コラム】
好きなことができないのは、
お金がないからではありま
せん。

好きなことが「わからない」から、
できないのです。

「お金がないから、好きなことが
できない」と、人は言います。
では「好きなこと」とは何ですか?

「時間がないから、好きなことが
できない」
「才能がないから、好きなことが
できない」
でも、お金も時間も才能も、手段
にすぎません。

手段をそろえるために、短い一生
を使うのはもったいない。
お金や才能なんか後回しにして、
好きなことをやりませんか。


63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』


『海を見ていた午後』 ー恋泉ー: ブリュー・ミュージアム SAKU 店長コラム

2017年04月26日 19時52分37秒 | owarai
【コラム】

私は今、
いつものカフェで彼を待って
いる。

別れ話をするために・・・。

「絶対に泣くもんか」
と思っていたけど、

彼の車が見えた途端、
涙がこみあげてきた。

悔しいから、
ぜったいに泣くもんか・・・。
(T-T)

【恋泉】こいいずみ
恋のために流す涙。

63体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業122年』