こころの宝物

「きれい・ねっと」の本づくりのこと
「なおちゃん流ホ・オポノポノ」のこと
あなたのこころにも宝物が増えますように…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新刊やイベントなど続々です♪

2014-08-27 17:43:03 | こころの宝物
こんにちは♪

ほんのさっき、9月28日(日)の午後
中山康直さんと舩井勝仁さんの講演会開催が決まりました。
(大阪天満、国労会館の大会議室)

で、その日には中山康直さんの新刊
『奇蹟の大麻草 人類への贈り物』を
間に合わせて、私も参加したいなと思っています。
ピンときた方
ぜひ、ご一緒しましょうね^^

にんげんクラブの兵庫・大阪支部合同開催で
会費は3,000円かな。
お申込みは大阪支部代表の小原さんまでお願いします。
http://www.rakuenlife.com/20140928.html

また、そんなに変わらない時期に
赤塚高仁さん舩井勝仁さんの共著
『聖なる約束 砂漠は喜び砂漠に花咲き』も
発刊できる、発刊したい、うん、できる気がする。

このタイトルね。
私は著者じゃないけど入れてもらって3人の
それから糸川英夫博士の
真実の祈りが込められているんです。

イスラエルは雨が降りません。
だから水に流せない。
私たち日本人はある意味今、危機的状況にある。
だけど水に流せます。

もしもアジアの東の果ての日本の雨を
もしもアジアの西の果てのイスラエルの砂漠に
分かち合い降らせることができたなら
「砂漠は喜び砂漠に花咲き」
ほんとうの平和が訪れるんじゃないか。

それをいろんな方向から本気で考えた
そんなご本です。

実はこのフレーズは聖書の預言の一節なのです。
だからこれは「聖なる約束」

どんな約束も神様がやってくれるんじゃない。
守り果たすのは、その約束をした一人ひとりだということ。

伊勢に親しみ、大和をこよなく愛し
「日本とイスラエルが手をつないだら、
 本当の世界平和が訪れる」という
糸川博士の遺志を継ぎ
13度もイスラエルを訪れ
イスラエルをもこよなく愛する赤塚さんと
その想いの本質を時にやわらかに時に鋭く
引き出す舩井勝仁さん。

って書いてたら、赤塚さんからメールがきました。

以心伝心、できるってことね♪

そうそう。
今、新刊仕上がったら
途端にもう次の新刊のお話が始まるので
お知らせがままならないのですが

柴田久美子さん舩井勝仁さんの新刊
『いのちの革命 恐怖を超え、死の扉を開く』
先行発売中です。

にんげんクラブの勝仁さんのブログとか
http://www.ningenclub.jp/blog02/archives/06kreport/201420156/

舩井☆SAKIGAKEサイトとか
http://funaimedia.com/sakigake/今日の船井勝仁/今日の舩井勝仁-28/

ご紹介いただいているので
ぜひご一読いただけましたら幸いです。
(なおちゃんのブログ見たとお知らせいただければ送料サービスします^^)

とにもかくにも。

ふんがー
こぴっとがんばりまっす☆
コメント   この記事についてブログを書く
« 来年はきれい・ねっと感謝祭... | トップ | 11月15日、京都で次元の扉を... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

こころの宝物」カテゴリの最新記事