goo

運命はいつも自分自身の中にある

令和4年初春 鳳暦の春は廻り鴻均の気は転ず


至心に三寳を拝し、檀信徒皆々様のご清祥を祈念申し上げます






令和3年の深谷市は、「澁澤榮一」に終始した一年でした。

そしてまだまだ・・・

栄一の顔が 新一万円札に刻されるまで 深谷の渋沢熱は続く事と思います。

改めてその偉業の数々に心から敬意を表します。



さて、言わずもがな、渋沢栄一フィ―バーは 
NHK大河ドラマ「青天を衝け」放映に起因するもので
(「鶴瓶の家族に乾杯」や「ブラタモリ」等にも取り上げられ、
  何人かの檀徒も番組に出演、当山も画像の端に映していただきました)、
テレビ マスコミの影響力の大きさを実感しました。

そんな中、「青天を衝け」のドラマの中での役者さんの、
軽やかで、不思議で、爽やかなセリフに、
私は毎回 心躍らされていました。


「なるほど こりゃあ おかしれぇや!」


   徳川慶喜の側近で、栄一を歴史の表舞台に導いた平岡円四郎の口癖。

  「可笑しい」と「面白い」を合成したようなこの言葉は、
   やがて栄一も使うようになり、徳川慶喜にも引き継がれます。



「なんだいな、このぐるぐるはー!」

   他に表現しようがないほどの嬉しさ、面白さ、気持ちの高ぶりを   
   感じた時に栄一が目を輝かせて叫んだ言葉。



「これからですわ。わしゃ わくわくしてきました!」

   蟄居を解かれ 朝廷に再度出仕する事を許された岩倉具視が
   喜びを爆発させて叫んだ言葉。



「快なり!」

   徳川慶喜の父 斉昭の口癖。

   慶喜も 薩摩の傀儡からの決別を宣言した時に この言葉を放っています。





これらのセリフは 脚本家の大森美香さんによるものだと思います。

大森さんは 近世日本騒乱の時代を 力強く切り開いた渋沢栄一等英雄たちを
歴史の教科書から 現代に蘇らせてくれました。

そして、これらの言葉たちは、混迷の現代を生きる私たちに、
「かくありなん!」 「さもありなん!」 「かくあるべし!」
と大いなる示唆を与えてくれていると思うのです。





もちろん、人生を「イケイケ」のポジティブ思考だけで生きていれば、
失敗したり、間違ったり、時代や環境や偶然に足元を掬われる事も
多々あるでしょう。

時代に翻弄され、立ち位置を次々に変えていかざるをえず、
自己嫌悪になっていた栄一に対し、
愛妻千代が 優しく、しかし 説得力を持って語りかけます。



「孔子様とて 過ちて改めざるは これを過ちという とおっしゃっています。 

  曲がったり 時には間違えて引き返したって よいではありませんか。」 




人生を生きる事に恐れる事はないと思います。

もし 今の自分の間違いに気づいたら
「ギャ―」っと叫んで、
「はーっとため息ついて、
地団駄踏んで、
涙流して、
深く深く反省して、
その間違いを改めさえすればいいんじゃないかと
私は思います。

そうする事で 自分の人生が 自分自身の人生になる

人生の中で様々に織りなされる偶然 → 奇跡 → 運命、
すべて自分が作るもの、自分が決めるもの、自分のものです。

自己満足でもいい。

震えるほど素敵な毎日を 前を向いて 笑いながら過ごしていきたいものです。





最後に そうして生きる人生で とても大切な事。

母 ゑいが、わんぱくだった栄一を優しく諭した言葉です。


「あんたがうれしいだけじゃなくて みんながうれしいのが一番なんだで」

栄一は 「みんながうれしいって何だろう」をお探し求めて人生を歩み続け、
様々な偉業を成し遂げました。

みんなを大切に思って、みんなのために邁進し続けた栄一は
きっと幸せだったろうと思います。

自分一人だけの幸せは、この世界には 決して存在しません。

大切な人のうれしいが 自分の幸せだと感じられれば、
その人は 本当の幸せに包まれるものだと思います。





檀信徒の皆さんが、それぞれの大切な人を想いながら、その大切な人と共に
日々おかしろく過ごせる事を祈っています。

                              長勢山主 敬白



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

《照千一隅》

令和3年の初春にあたり、謹んで至心に三宝を誦し

併せて檀信徒の皆々様の御清祥を心からお祈り申し上げます






去年の一月が始まりでした。



コロナ禍は 益々深刻な状況です。

医療崩壊が始まっています。

自衛隊も出動しました。

専門家委員会は、既に国民一人一人のレベルで感染を止められる状況ではないと断じました。



この未曽有の災禍の中、私たちはどう過ごしていけば良いのでしょう?



新型コロナウイルス感染予防のために、自分ができることをしっかりとしていくこと以外にないと思います。

手洗い・うがい・マスクの着用・換気 等を地道に実行し、不要不急の外出や 会食を辛抱する、

基本の三密(密閉・密集・密接)回避 等々です。

コロナ問題に飽きることは、絶対にあってはなりません。



そして、コロナ禍の様々なストレスを乗り越えるため、

こんな時代だからこそ 明るい気持ちを保つことを意識すべきだと思うのです。

住職として、令和3年初頭の皆様へのメッセージは、敢えて・・・

   キレイだね! ステキだね! おいしいね! うれしいね! 楽しいね! 幸せだね!

どの言葉でもいいんです。

一日一回以上、小さな声でもいいから 声に出して言ってみると、

きっとほほ笑んでいるご自身に逢えると思います。





昔、ある国の王様が 隣の国を訪れて、その国の王様に

「私の国には 直径が一寸ある宝玉が 10個 あるけれど、

 あなたの国の宝物は何ですか?」

と自慢しながら聞いたそうです。

隣国の王様は

「私の国には 宝玉は 1つもないけれど、

 優れた将軍たちがたくさんいて、

 それぞれ国境をしっかり守ってくれています。

 だから国民は いつも安心して生活しています。

 この将軍たちが 私の国の かけがえのない宝物です」

と答えました。

宝玉を自慢した王様は、自分の物欲的な小さな考え方を恥じて、

すごすごと自分の国に帰って行きました。



このお話は、伝教大師最澄さまが、

その国にとって一番大切なものは何かを説明した書物の中に出てくるたとえ話です。

最澄さまは、国の宝物を 次のように教示されました。



《道心のある人》 

悟りを求めて しっかりした誓い

(すべての人を救う・すべての煩悩を断ち切る・すべての学問を学びつくす・必ず悟りを得る)

を立て、それに向かって真摯に努力を怠らない人のことです。


《照千一隅のひと》 

自分のすべきことを今いる場所で(一隅の自分) しっかり実行している人のことで、

その人達の努力の結果、他のたくさんの人達が 心安らかに生活することができ、

あらゆる世界(千の世界)が 平和に導かれていくのです。

前のたとえ話は、このことを説明するためのお話です。


《有言実行の人》

私利私欲を捨てた正しい自分の意見をきちんと周りの人達に説明し、

それにともなった正しい行動を 身をもって行うことが出来る人のことです。


《慈悲に満ちた人》

とは、悪いことはすべて自身が受け持ち、

良いことはすべて自分以外の人々に分け与えることが出来る

優しさに満ちあふれた人のことです。



国宝の人を目指す。

コロナ禍を生きなければならない私たちの、

生き方の指針になるような気がします。





生きていく ということの中には、楽しいこともたくさんありますが、

哀しいことや辛いことも やっぱりたくさんあります。

これまでの人生、涙が出てしまうほど苦しい時に 私を助けてくれたのは、

いつだって誰かの笑顔だったような気がします。

家族 友達 仲間 道ですれ違った知らないおじいちゃん テレビや雑誌に出ている人 小説や漫画の主人公、

誰でもみんな笑顔は素敵です。

だから、私たちも できるだけ笑顔でいましょうよ。

誰かのために、自分のために。

前を向いて 胸を張って 口角上げて・・・

皆さんが少しでも安らぎを感じて生きていける一年でありますように。

                                山主敬白



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

緊急 年末年始行事予定の変更

檀信徒各位様                R2.12.19

                  深谷市中瀬410 吉祥寺

冠省 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。

このことを考慮して、先にご案内申し上げました年末年始の行事を

一部変更します。ご理解とご協力をお願いいたします。   草々





1 お焚き上げ  大晦日 午後2時までに 古札や古塔婆等

  “お焚き上げ所” にお納め下さい





2 除夜の鐘  当山関係者のみで行います



  ・今回は一般参詣者の鐘打はご遠慮下さい





3 初参り・年始  元旦午前9時~午後4時



  ・御来山に決してご無理はなさらないで下さい



  ・分散参拝にご協力ください ~ 午後は 比較的空いています



   2日以降のご参詣も可能です



  ・濡れ縁から土足のまま お参りいただけます





4 中瀬地区年始回り  4日  感染予防でご辞退なさる方は

  遠慮なくお申し出下さい



   (中瀬外檀信徒には御札等郵送させていただきます)





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

メッセージ

新型コロナウイルス感染拡大にともなう仏事執行の指針  5.メッセージ

不要不急の外出は しないようにしましょう!

 但し、屋外での適宜の仕事や散歩は、体力をつけるため、ストレスを解消するために必要です


咳エチケットを心がけましょう!

 マスクを有効な場面で正しくつけることは、新型ウイルス感染が終息するまでの間は礼儀です


部屋の喚起をよくしましょう!

 窓やドアを開けたり 換気扇をつけたり 等、部屋の空気を入れ替えると 気持ちも入れ替わります


大人数が集まる場所に行くことを避けましょう!

 通院・仕事・用事で 人に会いに行かなければならない場合 等には マスク・消毒 等 予防に充十分気を配って出かけましょう。また、買い物は 曜日・時間 等を 考慮して 短い時間で済ませましょう


間近での他人との会話には 十分気を付けましょう!

 離れて暮らす家族・親類、友人・知人とは 電話やメール・ライン 等でお話しましょう

 80% 他の人との接触を避けるのは 寂しいことですが、感染が終息するまでの間、皆で辛抱しましょう


こまめな手洗い・うがい・洗濯・掃除などで、自分自身と身の周りを清潔に保つように心がけましょう!

一日一度は テレビ・ラジオ・新聞・インターネット 等で 正しい情報を得ましょう!

 状況・情勢は 日々刻々と変化していきます。デマに惑わされないようにしましょう


危機意識を持ちましょう!

 ウイルス感染拡大を 他人事として論評するのではなく、自身のこととして真剣に考えましょう!


新型コロナウイルス感染拡大、緊急事態宣言に乗じた詐欺・空き巣 等には 十分気を付けましょう!


冷静に毎日を過ごしましょう!

 意識過剰になったり 慌てたりせず、自分にできる感染予防を しっかりしながら 日々平静にすごしましょう




明けない夜はありません   やまない雨はありません



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新型コロナウイルス感染拡大にともなう仏事執行の指針

                               令和2年4月20日
檀信徒各位様
                                     吉祥寺

合掌 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が 全世界の人々の生命と生活を脅かしています。

吉祥寺では、政府の「緊急事態宣言」、天台宗の「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた行事開催の基本方針」に則り、檀信徒の健康と安全の確保、感染拡大防止という観点から、以下の通りの方途で年中行事・法要・式典に対応いたします。

   各種法要・式典の執行に際し、
   檀信徒各位様には世情をご勘案いただき、
   緊急事態宣言解除後 おおむね1ヶ月程度までを目途とし、
   法要式典の規模縮小・延期・及び多人数・長時間に亘る会合・会席等の
   自粛をお願いします

吉祥寺では、このような状況が1日も早く終息することを願い、本尊如来に日々心からの祈りを捧げています

                                           再拝


                      記


1.年中行事は例年通り修行します

 *山家会などの日時が決められた年中行事は 例年通り法要を修行し、
  その際その法要の主旨に加えて 新型コロナウイルスの感染拡大が
  一日も早く終息することを祈ります

 *盆供・新盆総回向・棚経などの盆行事、秋季彼岸行事、施餓鬼会等は 
  例年通り行う予定ですが、感染が収束しない場合は、別の方途でこれ等の
  行事・法会を執行する場合もあります


2.不定期行事はしばらく自粛します

 *仏遊会・法話会などの不定期行事は、状況が落ち着くまで休止させていただきます


3.忌日・年忌法要は行います・・・ご相談ください

 *ウイルス感染が収束するまでの間、主催される法要は 
  少人数での参集をお勧めします
  (本堂・客殿は 比較的広いので、少人数の法要であれば、三密~密閉・密集・密接は 
   ある程度防ぐことができます)

   (例)①当該の忌日年忌供養を縮小して、
       次回の供養で関係者に広くお声がけすることもひとつの方法です

      ②法要は本堂・自宅・ホールを問わず、お一人だけのご参詣も可能です。

      ③今回の当該法要は、次回を期して取り敢えず塔婆供養にするのも方法です
       (塔婆供養とは、事前にお施主様不在のままお塔婆を前に本堂で
        法事を行い、その後 日時を決めてお施主様にご来山いただき、
        受付けでお塔婆をお渡しする という法事の方法です)

      ④清宴の席を設けず、お弁当を手渡しして これに代えることもできます 
       (仕出し店の対応は可能です)



 *緊急事態宣言の影響で、お仕事に支障が出るなどして家計にご負担がかかり、
  現在不如意な状況の方は、志納金(お布施・塔婆料 等)が後日になっても
  結構です。また、ご志納が困難な場合は 遠慮なさらずにご連絡ください。
  減免も含めてご相談に応じさせていただいております。

 *平素の墓参は 屋外でのお参りなので、他の人との距離に注意すれば 
  危険はありません。



4.通夜・葬儀は行います・・・ご相談ください

 *感染拡大(緊急事態)の状況を鑑みつつ、規模・場所・日時 等を お施主様と
  十分話し合い、ご遺族が納得できる形で 故人の最後のお見送りを
  させていただきます。

  (例)①「通夜」「葬儀」を ご家族と ごく親しい皆様で執り行い、四十九日忌や
      百箇日忌 等の折に 関係者に広くお声がけして「告別式」をおこないます

     ②上記の法要を 自宅で少人数で行います

     ③やむを得ない状況によっては、通夜・葬儀を 四十九日忌や百箇日忌に
      合わせて行うことも可能です

     ④清宴の席を設けず、弁当を手渡しして これに代えることもできます  
      (仕出し店の対応は可能です)

     ⑤場所、日時、交通機関等の都合で、どうしても当該会場にお伺いしての法要が
      困難な場合に限り、お施主様・ご遺族様不参であっても、
      本堂で御位牌に対し奉り 法要を行うことはできます

     ⑥最近 葬儀社によっては勧められることもある「一日葬」という形の儀式は、
      通夜と葬儀が別の意味の法要なので 思想的にありえません。
      少人数で、通夜振る舞い等がなくても、或いは上記⑤の方法でも 
      通夜は可能です。惑わされないでください



 *緊急事態宣言の影響で、お仕事に支障がでるなどして 家計にご負担がかかり、
  現在不如意な状況の方は、ご志納金(お布施 等)が後日になっても結構です。
  また、ご志納が困難な場合は 遠慮なさらずご連絡ください。
  減免も含めてご相談に応じさせていただいております





次回、「5.メッセージ」に続きます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前ページ