goo

仏名会 その11

次神分

 抑(そもそも) 仏名懺悔の庭、滅罪拝経の砌(みぎり) 等

 但第三日目、抑も三箇日 仏名懺悔の庭等



次霊分

 登霞聖霊、大師等聖霊、成等正覚の奉(おん)為に

  釈迦牟尼宝号  丁



次祈願

 天皇陛下宝祚万歳の奉(おん)為に

  薬師宝号  丁


 伽藍安穏、興隆仏法、諸徳大衆、善願円満の為に

  観音宝号  丁


 乃至法界平等利益の為に

  妙法経名  丁

  文殊宝号  丁



次勧請

 敬礼十方三世仏 仏名教主釈迦尊

 一万三千諸善逝 滅罪生善仏名経

 宝達喜王諸聖衆 還念本誓来影向



次香炉を置き経を取りて題を揚ぐ  表紙開否二説

 南無仏説仏名経 南無滅罪生善仏名経

 南無仏説仏名経 南無滅罪生善仏名経
        
                 経置否二節



次如意を取り仏名を申す

 南無帰命頂礼 万三千善逝 還念本誓来影向



次教化

 一日
 一心の誠を凝して 法主三劫の仏をぞ拝み給いける。

 能札所礼性空なれば 感応道交しぬらんこそ 覚えれ。

 二日
 仏名懺悔の筵(えん)を思えば 喜王菩薩の誓いぞたのもしき。

 現在賢劫の仏にそえて 利益人天のためしを留め給いければこそありけれ。
 
 三日
 一心に思いを凝らして 法主三劫の諸仏を招き奉り給えば、
 八難を離れて 速やかに四八妙相を備え給うべきものにぞありける。






今日は、ここまで!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

仏名会 その10

法要次第

1、台門行要抄

   仏名会導師作法



先礼仏頌

  当願衆生 得無碍眼 見一切仏

  唯願如来哀愍我 当今都見大悲身 三業無倦奉仕尊 速出生死帰真際



次三礼対懟  本儀法要、唄・散華・薬師梵音。仏名有り


次表白  

 謹み敬って、三身即一釈迦牟尼如来・十二上願医王薄伽・
 一万三千諸仏善逝・十方三世応正等覚者・滅罪生善仏名妙典・
 八万十二権実聖教・宝達喜王等の諸大菩薩・迦葉阿難等の諸賢聖衆、
 総じては仏眼所照塵数世界海の現不現前の三宝の願海を驚かして
 白して言さく。

    方に今

 当寺恒例の斎会と為して、仏名懺悔の梵筵を展ぶる事あり。

    其の趣旨如何となれば夫れ

 我等無明の眼り一たび起きて、長夜の夢永く結びより以来、
 結業無蔓として冥より冥に入り、
 塵労浩然として迷より迷に還る。

    
 
    加之

 十悪五逆悪として 造らずと云うこと無く、
 謗法闡提罪として犯さずと云うこと莫し。

 悲しいかな、現生後に鎮えに苦悩を受けんこと。

 傷いかな、将来世に永く出離を忘れたること。

 爰に我が大師釈尊、此の倒惑を愍みて、以って滅罪の経文を宣べ、
 其の沈没を哀んで、以って礼仏の方軌を留めたまえり。

 したがって之を修すれば忽ちに衆罪の霜を拂い、
 信じて之を行ずれば自から九品の蓮に託す。

 仏語は誠謗なり。

 誰か帰せざらん。

 但し罪業は重縁より生ず。

 懺悔は須らく重心を用ゆべし。

 山岳を移すに非ずんば 焉んぞ紅海を塡ん。

 宜く事理の一心を専らにして、過現の衆罪を懺すべし。

 嗚呼一息追わざれば千載永く徂く。

 前路遥遠にして資量有ること無し。

 冥使追め来る。

 怖る心何ぞ緩まん。

    仰ぎ願わくは

 一万三千諸仏善逝、互いに哀愍を垂れて此の誠を照見したまえ。

 凡そ厥の貴賤の檀王、結縁の霊寺、
 各々苦域を出て有縁無縁平等に利益せん。





今日は、ここまで!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

仏名会 その9

知恩院の納骨仏名会は、十二月二日~四日 阿弥陀堂で修され、
その年に納骨された亡霊の冥福と 
越年招福を祈る家族連れの参拝でにぎわう。

今は期日に隔てがあるが、
知恩院仏名会は もと二十一日より三日間で、
十九日の一山煤払いと、
二十日 御影堂安置 法然上人像の塵落としである、
御身拭式(おみぬぐいしき)と
一連の行事であった。
 
道場と 祖師と 衆生の身心を清め、
一年の御恩に感謝し、
新年の修正会で 社会の平安と信者の幸福を祈るわけである。



奈良 長谷寺の仏名会は 一月八日~十日で、
信者が裸参りをする裸祭りである。

これは 年越しの祓いである禊の要素を含んでいる事を
意味するという。



この外、現在でも
京都 清水寺(十二月一日~三日)、
大津石山寺(十二月六日~八日)、
東大寺二月堂(十二月十四日)、
金峯山寺蔵王堂(十二月十四日~十六日)、
奈良 矢田寺(十二月九日)
などで 仏名会の法会が行われている。



歳末行事には 懺悔 や 払い に関わるものが多い。

身心を清浄にして 新しい年を迎えようというのである。

煤払い(祓い)、禅宗別時念仏、知恩院御身拭式などと同義の中に
仏名会も位置付けされるであろう。





今日は、ここまで!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

仏名会 その8

習俗

陰暦十二月を「師走」と言う。

これは 一年の総仕舞「師極つ」の転訛という説と、
僧侶の忙しい様子を語源とするという説が
あるのだそうだ。

後者であれば 仏名会もその一因であったのだろうか。

交替で修行する仏名会の導師が揃わない事もあり、
臨時に 所謂 野伏(のぶし)僧が呼ばれる事もあったらしい。

それほど盛行した仏名会も 
現在では左程ポピュラーな仏教行事ではなくなったようだ。



仏名会を仏名懺悔、仏名悔過、御仏名とも別称する。

前述したように、三会以外で 仏名会は 
灌仏会、施米、文殊会等と同様 宮中の重要行事であった。

皇室と関連の深かった天台宗においても
いつしかこの法会が行われるようになり、
現在でも 十月二十日から 二十二日まで 
根本中堂で修されている。

もっとも、法華懺法が 法事などでよく修されるように、
懺悔という事を重視する天台宗で仏名会が行われるのは 
当然であろう。

過去に行ぜられた仏名会に関する資料も 数点伝わっており、
それらによると 特に 無動寺谷と根本中堂で
この法会が盛んであった事が伺える。

また、所依経典は『三千仏名経』で、
その精神は『華厳経』の
「我昔所造諸悪業  皆由無始貪瞋癡 
 従身口意之所生  一切我今皆懺悔 」
であるという。





今日は、ここまで!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

仏名会 その7

ところで、仏名会は 
当初において 懺悔だけを目的としていたわけではない。

『十二巻本仏名経』には、
「三世諸仏の名字を受持し読誦するならば、

 現世安穏、諸難遠離、諸罪消滅、来世得無上菩提

 の功徳が得られる」

と説かれている。



また、日本でも 
当然 仏名会を修行した功徳については
意識されていたわけで、

永観二年(984)成立の『三宝絵詞』には、
三千仏名経中の

『過去荘厳経千仏名経』冒頭の文を引いて、

「三世三劫の諸仏の名を聞き、
 書写し、
 形像を描き、
 香華、伎楽を供養し、
 至心に礼拝すれば
 無量の功徳を得られる。

 住する所では 常に三宝に遇う。

 八難に堕ちることもない。

 礼拝する時には 
 心に観想し 口に唱える。

 願わくば、
 三悪道に堕ちることなく、
 国を富ませ、人民に安心を与え、
 よこしまな人の心に善心を生まれさせ、
 すべての衆生と共に 極楽浄土に往生させたまえ。
 
 ホトケの名を聞いたら 心から礼拝せよ。


 礼拝しない者がいても 謗ってはならない。

 計り知れない長い間に犯した一切の罪は
 消滅するであろう。」

と記している。



この内容でみる限り、
仏名経読誦の修法は 
修道儀礼を超えて、祈祷儀礼の領域にも依用される
十分な要素を持っているといえるのである。





現実に 仏名会が 宮中で修されたとしても、
それは 貴族自らが参加すると言うよりは
むしろ 僧侶による代受苦の修行であったという。



『建武年中行事』などに記された宮中仏名会の様子によると、
導師は 寒夜の行として下賜された被綿(かずけわた)を身に着け、
一仏毎に 五体投地礼を繰り返す。

これは 三日の各一夜を 初夜、半夜、後夜に分けて
交替で修行した。

この間 貴族も立ち会うが、
村上天皇などは 和琴を奏し、
右大将は 悪魔払いとて 弓弦をかき鳴らしたり、
寒いので 別室に下がった公卿たちは
摂津栢梨(かえなし)庄から献上させた酒を飲んだり(栢梨の献杯)
などしたという。



『三宝絵詞』では
『阿含経』を引いて
僧に衣を施す功徳を殊更に述べているが、
仏名会に被綿を布施するのは 恒例であったようだ。






また、仏名会の道場には、
正面に三千仏の掛け軸が掛けられ、
参拝者を取り囲むように 地獄変屏風が立てられるのが
通例であった。

罪を懺悔しない者の堕ちる世界を
絵画によって教示しようとしたわけで、
『枕草子』では 清少納言が 
その図柄を 不気味がっている。

地獄変屏風を立てたり、
念仏の心得として 
観念、称念 の両門を主張する事は、
当時の天台浄土教の影響が
強く作用していると考えられる。





このように、日本における仏名会は
古来からの大祓と同様の感覚で受容されながらも、
そこに求められたものは 穢れの浄化のみならず、
国土安穏や五穀豊穣、極楽往生なども含まれていた
と認識しなければならない。



さらに、懺悔という自己修養が基本にある修行であったものが、
祈祷という対他的法会にまで拡大されてきて、
必然的に 僧侶は 施主の代受苦者として
三千仏礼拝をおこなったのである。

歴史上の仏教法会のなかで言えば、
むしろ 仏名会は
対他的祈祷法会の側面が 半分以上であった
と言っても良いのかもしれない。





今日は、ここまで!





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ