goo

平成29年大施餓鬼会のご案内

檀信徒各位様

         平成29年大施餓鬼会のご案内

合掌

 天気高清の候、
貴家ご一同様に於かれましては 
愈々ご清栄の事と拝察申し上げます。

 さて、当山恒例の大施餓鬼会 並びに 檀徒各家先祖代々諸精霊総回向
本年は 下記のとうり 執行致します。

 尚、本年の法話は、比叡山でたびたび回峰行を行じてこられた、
滑川町圓光寺住職 高橋亮誠先生に、
天台宗の修行について お話しいただく予定です。

皆様お誘い合わせの上、是非 ご参詣下さい。
                                再拝



          

   1.日時 11月18日(土曜日) 午後1時参集

   2.回向志納金 卒塔婆一本につき 基準5,000円





☆同封の郵便局「払込取扱票」がそのまま申込書になっていますので、
 必要事項をご記入の上、郵便局で志納金の払い込みをお願いします。
 (直接 吉祥寺へお持ちいただいても受付けさせていただきます)

☆準備の都合がございますので、お申し込み(郵便局払込取扱票)と
 回向志納金納入は 10月30日までにお願いします。

☆回向料の領収証は、郵便局「払込取扱票」を以て代えさせていただきます
 (6ケ月間保管しておいて下さい)。

☆卒塔婆を申し込まれて 当日欠席された場合は、当山にて後日立てておきます。
 墓地が遠方の方は 卒塔婆を郵送させていただきますのでお申し出ください。

☆深谷市中瀬地区内のご親類を通してお申し込みになる方は、お申し込みとご納金が
 重複しないように よく連絡を取り合って下さい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

平成28年 大施餓鬼会のご案内

「お葬式とご法事」の連載中ですが、
先月 お施餓鬼のご案内をお出ししましたので、
今日はそちらを掲載します。



     平成28年大施餓鬼会のご案内

合掌 天高気清の候、
貴家ご一同様に於かれましては 愈々御清栄の事と拝察申し上げます。

さて。当座恒例の大施餓鬼会 並びに 檀徒各家先祖代々諸精霊総回向
本年は 下記のとおり 執行致します。

尚、本年の法話は、浮津千愛先生に アルトサックスの演奏をお願いしました。

洋楽のみならず、演歌やフォークソングなども 演奏曲目に入っているそうです。

皆様 お誘いあわせの上、是非 ご参詣下さい。
                                  再拝

               

     1、日時     11月19日(土曜日) 午後1時参集

     2、回向市納金  卒塔婆一本につき 基準 5,000円




☆平成22年に告知させていただきましたが、諸般の事情により、
 昨年より 施餓鬼回向市納金を 御塔婆1本に付き5、000(基準)
 とさせていただきます。

 何卒 ご了承ください。
 

☆同封の郵便局「払込取扱票」が そのまま申込書になっていますので、
 必要事項をご記入の上、郵便局で志納金の払い込みをお願いします。

 (直接 吉祥寺へお持ちいただいても受け付けさせていただきます。)


☆準備の都合がございますので、お申し込み(郵便局払込取扱票)と
 回向市納金納入は 10月31日までにお願います。


☆回向料の領収証は、郵便局「払込取扱票」を以て代えさせていただきます。

 (6ケ月間 保管しておいて下さい。)

 別途領収証が必要な方は 取扱票通信欄に その旨お申し出ください。


☆卒塔婆を申し込まれて当日欠席された場合は、当山にて後日建てておきます。
 
 墓地が遠方の方は 卒塔婆を郵送させていただきますので お申し出下さい。


☆深谷市中瀬地区内のご親類を通してお申し込みになる方は、
 お申し込みと納金が 重複しないように よく連絡を取り合って下さい。








*ペットのお墓が完成しました

 ・ペットの種類は問いません
 ・火葬された遺骨である事が埋葬の条件です
  (深丘園などの火葬場で有料で火葬してくれます)
 ・合葬します
 ・志納金は、埋葬、葬儀、法事、戒名、墓誌揮毫 等、
  各1万円が基準です。
 ・常時お申し込みを受け付けています


*先祖代々の墓地、合奏墓(涅槃の塔)、永代供養墓 を分譲しています。

 後継者でお悩みの方は、檀徒で有る無しに関わらず、吉祥寺宛にご相談下さい。


*当山寺庭婦人が 「心理カウンセラー」として 心の悩み相談を受け付けています。

 お気軽にお問合せ下さい。





今日は、ここまで!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大施餓鬼会のご案内――続き

2) 吉祥寺の法類総代をお勤めいただいております、
   上野寛永寺一山圓殊院住職 杉谷義純大僧正が、
   今夏「戸津説法」の説法師を お勤めになられました。

   「戸津説法」とは、伝教大師最澄さまが 里の庶民に
   わかり易く「法華経」を説かれたのが初めで、
   誰にでも理解できます。

   現在では 天台座主になるための登竜門として 
   天台宗の重要儀式のひとつとされています。



3) 篤志2名の方のに御寄進により、
   境内の寺務所、 観音堂、 本堂裏・一音庵横 の 3か所に
   屋外時計が設置されました。
   


4) 境内の吉祥天石像下の「整備事業余禄」を移設し、
   「国宝何物~照千一隅~慈悲乃極」碑を建立予定です。



5) 東門側の駐車場が増設され、駐車スペースに 
   かなりの余裕ができました。





さて、当山恒例の大施餓鬼会 並びに 檀徒各家先祖代々諸精霊総回向を
本年は 下記のとおり 執行いたします。

なお、本年の講演会は、川越、否、 埼玉、否、 関東の名刹、
喜多院ご住職の塩入秀知僧正をお招きして
御説法を賜ります。

皆様 お誘い合わせの上、是非 ご参詣下さい。





              記

1.日   時   11月17日(日曜日) 午後1時参集

2.回向志納金   卒塔婆一本につき 基準4,000円





☆ 同封の「郵便局取扱通知票」が申込書です。
  必要事項の記入を忘れないようにして下さい。

☆ 準備の都合がございますので、
  お申込み(郵便局払込取扱票)と回向志納金は
  10月25日までに お願いします。

☆ 回向料の領収証は「郵便局取扱通知票」を以て、代えさせていただきます。
  (6ヶ月間 保管しておいてください。)

  別途領収証が必要な方は 通知票通信欄にその旨 お申し出下さい。

☆ 卒塔婆を申し込まれて 当日欠席された場合は、
  当山にて 後日 立てておきます。
  墓地が遠方の方は 卒塔婆を郵送させていただきますので
  お申し出ください。

☆ 深谷市中瀬地区内のと親類を通してお申し込みになる方は、
  お申し込みと納金が重複しないよう、
  よく連絡を取り合ってください。


                     以上






今日は、ここまで!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大施餓鬼会のご案内

10月に入り、来月に迫った大施餓鬼会のご案内をお出ししました。

大施餓鬼会は、11月17日(日曜日)です。

「死ぬことは生まれること!」の連載中ですが、
施餓鬼会についてのご案内をこちらにも記録させていただきます。






合掌 万葉吟秋の候、
貴家御一同様におかれましては 
愈々御清栄の事と拝察申し上げます。



2020年の東京オリンピック開催が決まりました。

日本の最終プレゼンテーションは、
単なるオリンピック招致を求めるための嘆願にとどまらず、
その内容において 世界中の人々に 感動を与えました。

ロビー活動の必要性とか、プレゼンの技術的な事とか、
それらの成功・不成功とかは 別にして、
野衲も あの時間 テレビにくぎ付けになりながら、
各氏のプレゼン内容に感動し、素直に開催決定を喜び、
日本と日本人の素晴らしさを 改めて 強く感じていました。

今から7年後が楽しみです。



ただ、大切なのは これから。

震災の復興も道半ば、経済状況もまだまだ不安定、
外交も予断を許さない状況です。

招致レースに勝ったからと浮かれることなく、
地に足をつけて歩んでいく事が 肝要だと思います。






お知らせ

1) 檀徒 久保井浩俊氏・正顕氏の創文社から、
   トマス・アクィナス著『神学大全 全45巻』が、
   約半世紀を費やして 全巻の邦訳を終えて出版され、
   ヴァチカンのローマ法王庁へ寄贈されました。

   『神学大全』は、ヨーロッパ中世神学を研究する上での必須の書で、
   また、ローマ法王庁が 
   他国で出版されたかような思想書の寄贈を受ける事も
   稀有な事です。

   久保井氏より 当山にも、本書 外、創文社の諸書籍の
   寄贈をいただいております。

   思想書ですが、日本語訳が 非常に丁寧的確で、
   誰にでも理解できます。

   ご興味のある方には 貸出いたします。

   ご連絡ください。



                     続きます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ホームページが出来ました!

ようやく ご報告できます。

 

吉祥寺のホームページができました!

 

http://kichijoji.or.jp/index.html

 

まだ「工事中」の部分もありますが、

頑張って 作業を続けなくては!

 

ぜひ 皆さんにもご協力いただいて

ご一緒に 作り上げていけたら、と思っています。

 

ご意見をいお聞かせいただければ幸いです。

 

よろしくお願いします。

 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )