NY ロングアイランド 飛行日記 - NY L.I. Flight Diary

青空に浮かぶ飛行機を見上げたり、空港ではパイロット達に目がいってしまう。パイロットになろうと決意した者のフライト・ログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初ソロの壁が見えた!

2009-01-20 06:19:14 | プライベートパイロット編 (PPL)
昨日の大雪から一変、今日は快晴である。トッドは午後1時から9時迄の予約があったので、午前10時半から2時間の予約を入れた。空港に着きトッドに午後について尋ねると、マルチ・エンジンにて3ポイント・クロスカントリーがあるとの事。コマーシャル・ライセンスを目指す生徒と一緒に行くのだという。僕も早くクロスカントリーにチャレンジしたい、と思った。本日もホーム空港FRGにてタッチ・アンド・ゴーの訓練。初めて乗る89Dのプリ・フライトを終えてランウェイ1からライト・クローズド・テイクオフ。ライト・ダウンウインドからタワーにコンタクトをし、ベース、ファイナルを経て着陸。そしてまた離陸。この繰り返しx10回。うち1回はトッドが手本を見せてくれた。トッドが手本を見せてくれる時しか写真が撮れなく、カメラを手にすると「真剣に聞いているのか」とは言われなかったが、そんな雰囲気が一瞬漂った。そして初のノーフラップ・ランディングを2回試み、フル・フラップより上手く着地できた。最後のノーフラップ・ランディングは着地した衝撃が全く無く、今迄で一番良いランディングだったと思う。エコー・ランプに向けてタクシー中、トッド、次回天気が良くて、強風でなければソロに出すとの事だ。いよいよこの時が来た!色々な方々の日記を読み、ソロに辿り着くまでを先ずのゴールとし、今までやってきた。本当だと5時間くらい前にソロにいけるか、と思っていてもなかなかその話すら無く、やっとこの時がきました。緊張はするだろう、絶対。けどなんとかいけると思うし、無事に帰還できると思う。

コメント   この記事についてブログを書く
« ブリッジポート空港にてタッ... | トップ | 強風の為、ソロお預け。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

プライベートパイロット編 (PPL)」カテゴリの最新記事