~ゆるゆると自分に甘い生活~

ざっくり生きててあわわな毎日。でも残りの人生シッカリ楽しむ。

やっぱイクラでしょ

2022-11-24 20:56:42 | 北海道あちらこちらの記録
今年最後の函館出張は
金曜からの一泊二日。

ありがたい事に
旅行支援クーポンを3000円分もいただき
フトコロが温まった…(笑)

食べる専用で使わせてもらった。

いつもいつも行列で入れずにいた「滋養軒」

ゴクゴク飲めそうな透き通ったスープ、超アッサリ
しかも500円と来たもんだコレ

たぶん、北海道イチ美味しい「千秋庵総本家」のどら焼き

買ったその日に、できれば買ってすぐ食べるべし


ベイエリア散策中に雨。

海鮮市場で雨宿り

「Yanashi」で推しのクリームパン&スイーツ堪能

「RISOL函館」の朝食ビュッフェ

ホタテ、イカ刺し、いももち(激ウマ)、いかめし、カールレイモン等々
…からの、シメはやっぱりイクラ丼+たらこ

※「いももち」は全国区の食ではないかもしれないので一応解説
 ジャガイモを茹でて熱いうちに潰し、片栗粉でお団子状に丸めて焼いたもの
 焼きのバリエーションがそのウチの味。


滞在時間約24時間
のウチ、自由時間は約6時間。

函館は駅界隈で十分楽しめるので良い。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネギもっこり

2022-11-16 20:38:12 | まいう~な物たち
開店前から並んだとて
15人目では先頭グループでの入店は叶わぬ

寒空の下
待ち続けること40分

座るや否や「味噌で!」と注文
(迷いなし)

10分後、
何度も画像で見てきたネギ山が目前に現れた
標高10センチ超(推定)

食べ方は先輩からご教示あり。
「上面と底面のスープの濃さが違うから
上面のネギはギュッーと押し込みながら
麺ともやしは下から下から引っ張りあげて
全体をバランスよく同じ濃さにして…云々」

要は
ジャージャー麺みたいに混ぜろと…?(心の声)

で、やっとやっといただきましたら
とても美味しい!

札幌中心部
「喜来登」(きらいと)
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

食べ歩き録(胡椒餅含)

2022-11-08 18:55:06 | まいう~な物たち
サムスカ問題をクリアし
温泉入浴のできる病院へ転院を果たした90歳母

その90歳祖母の転院に付き添いしようと
広島から駆け付けた我が長女

転院だ、娘の帰省だ、仕事だ、東京出張だ、
と変わらずバタバタしている自分

それを横目にマイペースをキープする旦さん

そんな日々の
ありがたーい美味しい食の記録

10/28 仕事仲間とのランチは
札幌の人気店「ノースコンチネント」

ハンバーグが絶品

10/29 日帰りの東京出張
往路は定例「北海道スイーツ機内(勝手に)試食会」

あまーーーい! けど うまーーーい!

仕事は2時から。
その前に「カーブドッチ迎賓館」で二女とランチ

サラダプレート。 でも機内の2スイーツが未消化、、クルシイ…


なのにスイーツを、、、(笑)

帰路便、(自前)機内食

完売直前、ギリギリで入手。これ大好き。

10/31 母の転院無事終了

広島から帰省した長女
5日間の滞在は超多忙。
その合間に人気パン店やスコーン専門店。
大好きなパティスリーにも行き
とにかく2人で食べた食べた


「パティスリーショコラトリー リベルテ」
自分調べ、札幌の美味しいケーキ屋さん第1位♪
(1位は複数店ある、、笑)

話題の台湾屋台メニュー「胡椒餅」

初体験。おいしーーーい!

そして
11/5 広島で待つ夫の為にと
「社の餃子」や「一幻ラーメン」などなど
スーツケースをイッパイにして
長女は広島へと帰って行った

旦さんと2人の日常に戻った

転院の時の母は
ほとんど何も分からないようだった

でも表情は穏やかでニコニコしていた








コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サムスカ問題、解決

2022-10-27 20:12:22 | 母の闘病
昨年12月から入院中の90歳母

心臓疾患や腎不全、肝硬変に加えて高血圧や貧血もある。
先日ついに「治療は尽きた」と宣告された。

服薬のみで安定しているが
長期入院でベッドから降りる事はできなくなった。

医療行為が不要の寝たきり高齢者の受け入れ先は
「介護療養型病院」。

現在の病院から紹介され
数件の病院で面談したが…。

「サムスカを違う薬に変更しても良いなら」
と条件を突きつけられる。

母が服薬している新薬「サムスカ」
これが高額すぎてダメだと言うのだ。

薬を変えて良いかなんて
一般市民の私に分かるわけない。

とにかく「サムスカが…」「サムスカを…」
と言われまくる

一瞬諦めかけたが
「最後の親孝行」と肝に銘じ
仕事の合間にあれこれ調べ
娘にも相談し
あちこち出向き
いちいち病院にお願いして

そしてなんとか探し出した

・「サムスカ」そのまま
・「温泉入浴」が週2回

すごいじゃないか
あるじゃないか

諦めない、大事大事

それにしても「新薬」ってメンドクサイ

※デイサービスで毎月作る塗り絵カレンダー
 毎回必ず壁に貼っていた母





コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7つのひまわり

2022-10-14 21:28:24 | 大阪・神戸の旅
2022年9月27日~9月29日
〈神戸+徳島+姫路〉旅の記録

**********************

9月28日(水) (鳴門:晴)

2年越しの夢
「大塚国際美術館で終日過ごす」が叶った日

世界の名画を〈陶板〉で〈原寸大〉で再現している
しかも手の届く距離に全ての展示が存在する
古代の壁画、中世の聖堂や礼拝堂も再現されている

そしてやっぱり
ゴッホ…

@ゴッホは「ひまわり」を7枚描いた


3本のひまわりから始まり


現存しないので「幻の…」と呼ばれる「芦屋のひまわり」が2作目で


アルルの部屋をひまわりでイッパイにしたくて明るく豪華に描き始め


ゴッホ自身が一番好きだと言ったひまわりが代表的な作品で



東京新宿で凛と咲く15本のひまわりが5作目
ゴーギャンとの決別の直後に描いたと言われる





失意の中でさらに書き続けた2枚が最後となる

世界中に散らばっている全ての「ひまわり」をこんな風に並べて鑑賞できるのはスゴイ事で…
本物でないとはいえ…泣ける

(左にあと2作が飾られているけれど他の人が映り込む。5作を撮れたのも奇跡的!)



ゴッホの他の作品群も何点か並べられ時間を忘れる空間になっている


《睡蓮》ではないモネの作品もある

「カササギ」 美しい雪景色の中に1羽のカササギが存在


あの有名な《ルイ14世》も原寸大でポージング

ダ・ヴィンチの《最後の晩餐》も
ピカソのゲルニカも原寸大だ

「スゴイ!スゴイ!」と心の中で叫ぶ
とにかく素晴らしい

「ありがとう大塚国際美術館!」


**********************

北海道から徳島に行くのはかなり難儀
本州の人は良いなぁ…
陸続きであちこち行けるの良いなぁ…

「北海道」が魅力度ランキング1位との事
それって
遠いからこそ憧れる
的要素があるのかも…(笑)



コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

神戸と美術館の旅

2022-10-04 20:23:00 | 大阪・神戸の旅
2022年9月27日~9月29日
〈神戸+徳島+姫路〉旅の記録

@〈9月27日(火) 千歳:晴 神戸:晴→雨〉

6時半に自宅を出発
9:00発の便は北海道の翼


空港で朝食調達

北海道銘菓のお試しは、機内の毎度のお楽しみ

11時神戸空港着。
ポートライナーで三ノ宮へ。
駅界隈で(お約束)やや迷いながら、お宿到着。



荷物を預け身軽になって散策開始。
生田神社から北野地区辺りをゆるゆる歩く


洋館を巡り

全国第1位の絶品ソフトを食べ

(「よつ葉」が1番と思っていたが…六甲も素晴らしい)

行列必至「グリル一平」で3時のランチ

(運よく待つこと10分で入店)

食べてる間に雨が本気降り、街歩き断念。

ホテルに戻って大浴場で身体をほぐし、
ピロシキ食べて就寝

(神戸阪急ピロシキ屋で得意ワザ1個だけ買い)


@〈9月28日(水) 晴〉

旅のメインイベント「大塚国際美術館」の日


心躍る朝
先ずは「にしむら珈琲店」でモーニング

(うまし)

9:20のバスにて徳島へ、いざ。

システィーナ礼拝堂から始まる世界の芸術旅


夕方まで名画まみれ…

まみれた後、モネの庭を眺めながらの珈琲+スイーツ


バスで神戸へ戻るも既に18:00過ぎ
お仕事帰りの皆さんがイッパイ

メドを付けてた夕食処「グリル金プラ」は既に店じまい
(事前調査がいつも甘い…)

連日のオムライス欲は抑えられず
名店求め混雑している繁華街をウロウロ…

ホテル近く「赤ちゃん」に入店。
ビフテキの有名店らしいがブレずにオムライス。


(好きだ)

ホテルに戻り、またも大浴場ひとり占め。

翌日の予定が未定、でも
まいっか!で就寝


@〈9月29日(木) 晴〉

神戸滞在最終日。

ホテル朝食をゆっくり食す。
神戸名物
「明石焼き」「ぼっかけ」「淡路島の玉ねぎ」「玉子焼きサンド」等々






くまなく堪能。

帰路便まで時間はたっぷり
で、世界遺産「姫路城」天守閣を目指す決心

堂々と聳える白亜の名城


観光客少なめ、外国人多し
ほとんど階段、危険度高し
てっぺん到着、景観美し

達成感に満ち満ちて姫路終了

やっぱり「金プラ」のオムライスが食べたい。
と、三ノ宮に戻ったがどうしても店に辿り着けない…泣
(前日に辿り着いたのは奇跡)

彷徨ってて見つけた「サンマルコ」

カレーの名店、でもオムライス

大好きなオムライスを3店舗食べ歩き、
2年越しで美術館にも行き、
世界遺産天守閣も踏破した旅は終了。

17:30 神戸発千歳行

神戸空港で調達、自宅用「ケーニヒスクローネ」大袋

機内でさっそく開封、そしてサクサクサクサク…

善き旅でした






コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シメパフェのパイオニアのパフェ屋のケーキ

2022-09-26 22:53:11 | まいう~な物たち
飲みの最後はパフェでシメよう!
の札幌発祥「シメパフェ」食文化。

そのパイオニア店「パフェ、珈琲、酒、佐藤」で、
バエる豪華パフェではなく、
温か珈琲とケーキを友と楽しんだ。

飲み帰りではなく、
DAIMARU8階の店舗にて堂々、ランチのシメ。

「ピスタチオのチーズケーキ」が、
とんでもなく美味しくてビックリだ。

久々に、アゴが外れそうなほど感動した、
その備忘録。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カレーパンとソーセージ食

2022-09-16 21:48:44 | 首都圏の旅
2022年9月2日(金)~9月6日(火)
4泊5日の東京滞在(二女宅泊)

ご主人はお留守
二女はリモート就業

の状況下、
冷蔵庫の在庫で私がご飯を作る日々…笑

でもやっぱり、
パン屋巡りは外せない。

「カレーパングランプリ2022」最高金賞受賞の店に行ってみた

「クラウンベーカリー」、他のパンも美味しくて満足

日曜のランチはドイツ食。
9月とはいえ、まだまだ猛暑。
札幌人にはなかなかツラい徒歩移動。


「ケーニッヒ小金井本店」


他に誰も居ない店内で暑さを忘れてノンビリ。

外に出るとお隣のパン屋さんが賑わっている
「キィニョン武蔵小金井ののみち店」にて夕食用のパンを調達

滞在初日には、
札幌には3店舗しかない、
しかも我が家からは遠すぎてほとんど行けない、
憧れの「リンガーハット」にも行った。


良い思い出…笑

二女の仕事の邪魔にならないよう独りで出かけたりした。
電車でアチコチ。
カフェ、パン、スイーツ…。
どこも魅力的。

ケーキ続きだったので、たまには和ものを買って帰る

「亀屋本店」

家の食卓で、
アレコレと少量ずつを食べながら、
久しぶりに二女とお喋り三昧の毎日。

仕事も家庭も両立してがんばっている彼女は
想像してた以上にとても立派になっていた…






















コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

-僕には世界がこう見える-

2022-09-08 20:24:04 | 首都圏の旅
ゴッホの作品が壁一面に、床面に、
右も左も、
後ろを振り返っても。

花が咲き、花が散り、
映像が流れ、
物語になっている

ゴッホの世界を全身で浴びる
鮮やかな色彩と美しい音楽に包み込まれる

彼の人生を思いながら
その時その時の彼の心のうちを感じながら
流れる作品群に目を凝らす

ただただ感動…


キラキラ輝くローヌ川と星空


ひらひら舞うアーモンドの花びら


自分を見つめ


赤い花も


白い花も


黄色い鮮やかな花も


たくさんの花を描き


素朴な原風景も見つめ


最期の地で「ドービニーの庭」を描いた


角川武蔵野ミュージアムで開催中

愚直で不器用なゴッホが
一生懸命に生きようとした37年の人生を、
サックリでも知ってから行くと
より楽しめるかと。






コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ギリ、帰宅。

2022-09-06 21:06:41 | 首都圏の旅
5日間の東京滞在を終え、
台風11号で強風が吹き荒れる
札幌へ帰ってきた。

帰路便、ギリギリで難を逃れた感じ。
もう少し遅かったら
機内であの袋を使っていたかも、、怖

上京は、
愛知から東京へ移った二女夫婦宅を訪ねるため。

加えて、
KADOKAWAのゴッホ展、
立川のIKEA、
地元食など楽しんだ。


感動のゴッホ展


キャラバンコーヒーカフェ(国分寺マルイ)
楽しみにしてたのに紙コップ………ガックシ


昭和臭が嬉しい「ポルシェ」

お写真整理と旅行記、
明日がんばろ。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする