カルトvsオタクのハルマゲドン/虚業BLOG

オタクと政治に関するBLOG

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2003年7月から2004年4月

2011年05月11日 00時28分43秒 | Weblog
2003/07/04 (金) (´ー`)y-~

軆の芯が突っ張る。
ここ一週間以上、ひょっとしたら二週間くらい、毎日鍼を打っている。鍼を打つ前よりは回復しているが。
…更年期障害かな?

2003/07/06 (日) (;´Д`)

鬱モードが来た。しばらく動けない。

2003/07/08 (火) 。・゜・(つД`)・゜・。

12日のライブ行きてぇ… …タイミング悪りぃ…

2003/07/10 (木) (;´Д`)

人格形成期にモデルを持てないのは不幸だ。

Y先生の合宿に先週ウチを薦めてみる。今日授業中ものすげえ全身硬直して5時間硬直がとれず。そりゃ実家とうまくいってりゃオレの人生全然違ったわけだし。だがそういう基本的なことを忘却しているから四六時中の硬直状態から解放されているわけだし。
思い出した途端肩から内臓にかけ、硬直。
Y先生御免。

で、ウチに電話したとき、妹にちゃんと祝いを言わないオレはそうとうに人間として大事なものを失っている。

2003/07/11 (金) (;´Д`)y-~

午後4時頃起床。
プレスセンターのイベントへ。
その後、予備校へ。
電池切れで、テープ録音できず。

2003/07/12 (土) (;´Д`)y-~

ヒゲを剃った後、朝9時くらいに就寝。
午後3時半起床。
実家へ。
午後7時頃着。
午後7時半、妹2号を交え、夕食。
午後8時半頃、チヅカ従姉来る。
午後9時頃、スーツの不備を指摘される。式用のスーツ発見。
ワイシャツが汚れていること発見。ブリーチに漬けるが、イマイチ。
一応これを持っていき、当日新しいの買えたら買うことにする。
午後10時半頃、導眠剤呑んで就寝。眠れない。
午前一時半頃、空腹を覚え、厨房に行くが、ろくな食べ物発見できず。古いご飯に塩辛と古い漬物で、2杯食べ、就寝。

2003/07/13 (日) 妹2号の結婚

妹2号が結婚。

朝、妹2号は先に横浜へ。
私ら親族は、貸し切りバスで向かう。父は元気がない。
9時半頃横浜着。ワイシャツを購入する。着替える。結婚式に参列。
披露宴。
涙数行下る。複雑な思い。
田舎で親族で集って二次会するということだが、私は直接下宿へ。
親戚たちから、桜茶をまたすぐ呑みたいと言われる。
下宿への道すがら、親族二次会に参加するべきだったかなあ、と、思いが交錯する。身上を家族以外の親戚も混ぜて語るにはいい機会だったなあ、と、自分のことばかり考える。私は家族縁が薄いようだ。家族とは対話が成立しない。婚姻どころか今私は仕事すらしていないじゃないか、とか、なぜそういうことに私がなっているのかというと、とか。
ムラ社会では、「世界観」「世界知識」脳内の構成人員情報が、かなり重なる。都市社会では重なるのはごくごく一部分だ。この世界イメージのズレ。
私の祖父は借金してはならない時期に借金し、祖父は私の父へ借金すべき時期に借金を禁じた。
父にとって「世界」は、商売や経済や法律は、「判らない」「嫌で嫌で堪らんがやらねばならないこと」だ。私は父母の世界イメージの中の「判らない」の部分に無自覚なまま世界イメージを受容した。ここに不幸がある。妹たちは偶然、公務員資格をカバーする学部へ進学した。私は教員以外の資格をカバーしない学部に、そうとは知らず進学した。
とかいったことが脳内を走る。
帰宅。
ミーティングに参加する。

眠るべき時間に眠りそこなう。
実家では眠れないだろうと思って下宿へ戻ったのに、これでは意味がない。
自分のダメっぷりを恨むだけでは治まらないから、親族二次会についての連絡を、なぜ私に前日まで伝えなかったのだと恨むことにする。我が家では、これが最初で最後の結婚式になるかもしれないのに。
…火曜に病院経行こう。更年期障害ではないかどうか。だがやはりむしろ精神的なものだろう。
…「自分を安売りする倫理観」をどう処理したらいいのか、という問題なんだろう。解答はたぶんない。

2003/07/14 (月) (;´Д`)

いつも書こうと思って、書いていなかったこと。
先頭を歩く人々の姿は見える。最後を歩いている人々の姿は見える。前者集団と後者集団の距離はひどく開き、後者は前者を見失ってもおかしくない。私は、前者集団と後者集団の中間点にいないと、気持ちが納まらない。
人々がぞろぞろと歩いているとき、私はそこにいつもいる。前者集団に追いついてそこにいたら、とも思うが、前者集団は後者集団への想像力を欠いていて、どうにも気持ちが納まらない。後者集団の面倒を看ているのはそれはそれで快楽だが、私ごと迷子になる可能性がある。〔05:30〕

家族と対話が成立しないことが判っているくせにそれでもしてしまった。実家相手にクダ巻くオレ。オレは人間として終わっている。父母からの対処は冷淡で、まあ、そりゃそうだわな。それでも冷淡な対処はよいことだ。

1時間眠る。ダメだこれでは授業中眠ってしまうと思い、午前中眠る。昼起きる。
午後、O先生の授業へ。
今日で前期終わり。
論文を28日までに書いてみよう。
O先生やY先生が面白がれる論文を私が書けたら、私の人生も新しい方向に切り開かれるだろう。
私は学部選択も間違ったし、人生設計も間違ったし、とり返しもほとんどつかないけど、まだ何かできるはずだ。
私は頭は悪くないらしい。だが、決定的にものを知らず、その無知を埋めることがついにできなそうだ。いや、できるはずだ。高校時点での決定的情報不足をとり返すのは至難ではある。
というより、オレの愚痴を聞いてくれる誰かがいればそれでいいんだが、それはいない。
近代核家族では、家庭は愛情の領域だ。私の家は愛情の領域ではないけど。前近代世界と近代に挟まってしまっのが尾を引いている。
前提としている情報を得られないのでは判断もできない。そして判断を誤った。
私が頚骨を痛めるほどオールを担いで失った時間とその作業で得た絶望の感情は、誰とも共有できないことだ。共有が誰ともできないことが悔しい。

バイト先探すことと、法学部の入学を調べることにしよう。

2003/07/15 (火) (;´Д`)

オレ、昔、大学の試験を受けるとき、大学にはパンフレットがあるからそれを取り寄せて調べる、ということすら知らなかったなあ。
大学にパンフレットがあると知ったのは去年。大学卒業してから12年経ってからのこと。
大学のパンフレットって、それぞれの学部でどういうことができるのか書いてあったのね。高校の頃に知っていたら全然違ったのに…
パンフレットがあることすら知らなかったくらいだから、大学がどういう目的で存在するところなのかイメージが掴めてきたのも、大学卒業してから10年近く経ってからのことだ。
オレの両親、こういうこと全く知らない人たちだったからなあ。知らないどころではないや。
高校の教師どもは勤め人の子弟だったから、そういう作業をする負担がオレ一人だけにかかっていることを想像すらしなかったし。教師の主観イメージ世界とオレの主観世界が全く合致しないから、オレが何を判ってないのか教師には想像もできなかったし。
大学にパンフレットがあるから取り寄せろとどうして誰も言ってくれなかったかなあ。言われなきゃ判らないのだがなあ。
大学に関する情報、自分なりにけっこう調べたのだが、前提している情報を欠いたまま調べたから、けっきょく何も判らないまま、勘で大学と学部を選んで受験した。
この恨み節は誰にぶつければいいのだろう。ぶつけるところなんてないからオレ一人が背負い込むしかないわけだが。
なぜこんなことを書いているのかっつーと、先日実家に帰ってしまったから今頃になって気づいたことが脳内を日々駆け巡ってしまったわけで。
…が、勉強し直しをしているお蔭で、3年前4年前みたいに他に何一つ考えることができなくなるほどには煩悶しないで済む。
3年前4年前時点では以上のことに気づけもしなかった。何の情報が欠落していたのかすら判定できなかった。
今頃気づいてもどうしようもないっちゃあどうしようもないが。なぜ他の人は大学にパンフレットがあることを知っていたのだろう。
まあ、大学についてのイメージを持てなかった以上、パンフレットを取り寄せても判断できなかっただろうけど。〔7:00〕

法律の勉強。M先生に初めて質問をする。

2003/07/16 (水) ヽ(´ー`)ノ

斎藤淳事務所へ。斎藤淳事務所と今後色々協力関係が作れるといいな。
大学のパンフレット手に入れたけど、前提とする情報が判らんからやっぱ判らんわ。
Y先生のコンパに参加させていただく。

以下、それとは関係なく、メモ。
「他者にものを伝える技術」は、たとえば修辞学とか雄弁術といった学問がかつてあったが、教員へはその技術を伝達していない。
教育とメディアは本来セットで、ある意味競合物だ。
大学が大衆化した70年代以降は、下層文化で生育した下層大衆が、上流階層文化を前提とした大学に続々入学した。
大衆メディアは下層文化を前提としている。
下層文化で生育しても、頭の出来がよければ、大衆メディア情報からの蓄積で、ムリはあるが進学的にはどうにかなる。が、大学が前提している上層文化とは断絶していたから、文化ギャップがあり、その文化ギャップを誰もフォローしない。
下層文化で生育した人間は、上層文化とのギャップに苦しむが、その苦しみを抱えた人は、素で上層文化のヤツに比べ、大きな重荷を抱えることになり、「優秀でない学生」になる。
ブルデューは文が硬いが、このあたりのことを考えるヒントになる。
「学力崩壊」関係の本や、「階層」論も参考になるはずだ。

2003/07/29 (火) (;´Д`)y-~

枝野さんの講演メモを探す。見つからない。
2000年の頃の、別のメモ見つける。
2000年にわりと大きめの仕事依頼されながら、それをこなさなかったことを今頃になって思い出す。
2000年は人生で最も鬱々としたダメな年だった。15歳までの期間を除いて。
あの年、田舎に帰らず、踏ん張っていたら、どうだったか。踏ん張らず、気が弱くなり、全てぶっ壊すことになった。
あの仕事ちゃんとやっていたら金はそんなに苦労しなかったかも。いやどうかな。どのみち、「どう見なされているのか」に耐えられず、「どう仕事すればいいか」を見失っていたから、ダメか。金の問題ではなく、アンデンティファイの問題だったから。
過去のメモを色々見て、過去どういう牢獄にいたのか思い出す。
あれから3年間、死んだような生活をしてきた。[06:40]

2003/08/24 (日) (;´Д`)

「したらば」掲示板へのアクセスを拒否される

2004/04/03 (土) (;´Д`)y-~

2月から同棲。この選択が正解ならいいけど。

『戦争が遺したもの』読む。小熊英二カッコイイ。

憲法の授業受ける。先生のとこになんか圧力でもあったかな。質問しよう思ったけど質問控える。

2004/04/07 (水) (´ー`)y-~

字数オーバーにつき、以下にポスト
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/study/1274/1025166092/136-140

2005/04/07 (木) 日記は以下にて継続してます

日記は以下にて継続してます。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2003年5月

2011年05月11日 00時27分48秒 | Weblog
2003/05/01 (木) (;´Д`)

Y先生の授業へ。
部屋の整頓。私は整頓が、幼稚園児並にヘタだ。(;´Д`)

2003/05/02 (金) (;´Д`)

整頓が終わらない。(;´Д`)

2003/05/07 (水) (´ー`)y-~

昨年のカレンダーを使っていたということに気づく。
カレンダーは季節ものなので、今から買うのは、困難。
大屋さんへ家賃を払い、カレンダーを譲っていただく。
Y先生の授業、聞きに行く。佐久間さんが報告。

2003/05/08 (木) (´ー`)y-~

Y先生の授業、出席。
大学図書館で調べもの。江竜さんが図書館司書していた (;´Д`) ビックリ
I図書館へも行く。
やや悩んだが、宮台先生の授業聞きに行く。宮台先生、「心情」という言葉を、ベタに読み取らないで下さい。

2003/05/09 (金) (;´Д`)

Y先生の授業の発表に備え、図書館へ。
武蔵野の図書館は休館日。ヤン・ガルバレクのCD買って、地図買って、三鷹の図書館へ。資料になる本がない。電車に乗り、大学図書館へ。資料になる本を発見。
…今年は大学図書館を使えるが、来年以降はどうすればいいんだろ…

…宿題がたくさんある。比喩的な意味で。処理しきれなそうな予感。
…なんか精神が不安定に。色々、いやんな記憶が去来。
足立真一さんとこに電話しようとするが、メモ帳が見つからず、探しまくる。
ザーボンさまはお元気だろうか…ごめんなさい、私が悪かったです…

2003/05/10 (土) ヽ(´ー`)ノ

レジュメを書いて徹夜。全身にせんねん灸してしのぐ。
大学図書館に、開館時間に行く。調べもの。
司書をしている江竜さんから、「校友」登録すれば、本を借りられることを教わる。そんな制度があったとは。江竜さんありがとう。オレは本当に社会の仕組を何も知らないなあ。早速登録する。本借りる。これで来年も調べものに困らないで済む。
帰宅して、寝る。夕方起きる。足立真一さんから電話。先日、えらい気が弱くなったとき足立さんに電話したけど留守で、そのリターン。とはいえ私は気力回復していたので、ダラダラと話す。
レジュメ作成。
夜、夜羽音さんとこへ。署名に関し、確認。

2003/05/11 (日) (´ー`)y-~

午后4時に王子台へ。誰もいない。
根村さんに電話すると、6時からとのこと。
整体に行こうか風呂入ろうか悩んで、風呂入る。
村中さん&根村さん来る。民主党候補には、「後援会」が必要だ、という話をする。
川島さん来る。自分の都合しか言わない。もうダメだコイツは。

村中さん&根村さんと、酒呑む。
帰宅。

2003/05/12 (月) ヽ(´ー`)ノ

酒呑んだため、明け方まで眠れず。
導眠剤を飲んだら、今度は朝起きられず。3時間程度では薬が消えず、午前の授業をサボってしまう… 。・゜・(つД`)・゜・。 オレ、アホヤ…

午后の授業を聞く。研究会一部(『中流崩壊』など)を聞く。O先生のご実家が自営業で、貧しかった、という話を伺う。腑に落ちる。「ハビトゥス」概念を打ち出したブルデューも、めっちゃ低い階層出身だったそうな。読も。
「階層の再生産」では、母親の学歴が重要なファクターなのだそうだ。オレの母親中卒だからな。
現在の「教育改革」がデータに基かず、神話に基いている、という話。

あの人からメールが来ていた ヽ(´ー`)ノ 嬉しい。

Y先生の授業の調べもので判ったこと。「神話」を作った野郎は、杉浦重剛。
インテリは丸山真男を批判するヒマがあったら杉浦重剛が果たした役割を分析し、完膚なきまでの批判を積み重ね、アナウンスするべきだ。丸山真男というビッグパパに対する反抗期の終わらない全学連世代のインテリが、確信犯と宗教右翼を助け、丸山真男の接続されるべき普遍的言説は、後世の大衆に接続しなくなった。
逆に、杉浦重剛のドキュソ言説は、学者が無視しマスコミがビビることで、確信犯が布教し無自覚なアホが洗脳され、「大衆」の中で、継続し続けている。

2003/05/13 (火) ヽ(´ー`)ノ

リズム狂って徹夜でレジュメ作成。
夜羽音さんから電話。数と提出先についての確認。
山花事務所、家西事務所などに連絡。提出はとっくにされているし、いったんwebでも4月18日時点でアップされていたのに、なぜかその後、名前が消え、数が二人ぶん削られている、という、衆議院請願書webでの怪現象が起きたようだ。両事務所から、衆議院webへ訂正願い出してもらう。
…くんくん。めいっぱい陰謀論の臭いがするね。オイラは陰謀論の人だからさ。
後援会入会の件もついでに電話。
夕方、夜羽音さんから、提出作業終わった連絡いただく。
レジュメ作業して、脳味噌疲れ果て、午后8時頃眠る。

2003/05/14 (水) ヽ(´ー`)ノ

朝5時起床。レジュメ作成作業。
内田勝也さんから電話。
40分配分を二人でやるのだから、15分見当でしゃべるための訓練。若干、ムリがある。が、どうにか15分強で喋れる。
コピーして、ホチキス止めして、授業へ。
先生は珍しく遅刻。風邪をひかれている。先生はマジメだから、風邪を引くとムリして学校に来るんだろうなあ… ちゃんとお休みになられてほしい…
発表。
授業終了後、先生に講評をお願いする。わりとよい評価をいただく。先生はめちゃ優しい方だから、点が甘いのだろうけど、それでもすごく嬉しい。
根村さんから、朝生のメール。

2003/05/15 (木) (´ー`)y-~

学校へ。
灰皿がキャンパスからも消えている。なんてことだ (;´Д`)

盧溝橋事件の経緯を教わる。長年よく判らなかったことが、とてもクリアに判る。Y先生は、文章より講義のほうが得手の方なのかもしれない。論文も非常にいい論文だけど。(O先生は講義より文章のほうが得手なようだ)

『〈癒し〉のナショナリズム』『自由を考える』など購入。
政策秘書試験のテキスト買おうかと思ってやめる。どの道、経済と法律を勉強しないうちは私にはムリだ。

床屋で散髪。
山花さんの秘書さんが明日いらっしゃるから、部屋を整頓。
失うものも多かった選挙だったけど、整頓のコツを知ることができたことは、最大の収穫だったかも。
見知っていればなんということもない、多くの人にとってあたりまえなことは、それを知らない人には、どうにも得ることができないことだ。国家一種試験というものがこの世にあって、それを受験するには法学部でそれなりに授業選択する必要があって、多くの人はそれを最も望ましいと考えているらしい、なんてことは、去年知ったんだっけ。なぜ世の中の多くの人は高校時代に知っているのだろう。俺の高校の先生はそんなこと一言も言わなかった。俺の親は中卒で自営業だからもちろんそんなこと知るわけもなく。「成績」や「大学」が何のためにあるのか、私の親は色々激しく勘違いをしていた。私もそうだが。

「学力崩壊」とかニュースになっているが、算数の成績は落ちていても、国語の成績は実は上昇しているのだそうだ。2chのお蔭だと思う。小中学生を2chから隔離すると、国語力も落ちるだろうね。

2003/05/16 (金) (´ー`)y-~

山花郁夫さんの秘書さん、昼にいらっしゃる。
お茶すら出さない俺 (;´Д`)

洗濯。
整骨院へ。鍼してもらえばよかった。右足首の筋が伸びているそうな。
K先生の時間割確認。かぶってる。

『〈癒し〉のナショナリズム』読了。
O先生のサイト確認。…オレ、知らん間に2回休んでいる。鬱。
今度学校行ったら、勇気出して聞こう。

そろそろ、仕事を考えよう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2003年4月

2011年05月11日 00時27分13秒 | Weblog
2003/04/14 (月) (;´Д`)

オイラが選挙スタッフしていた候補、落選。
ものすごい勢いでそそくさと撤収にとりかかり、住民感情をさか撫でる。

2003/04/18 (金) (´ー`)y-~

選挙事務所、撤去。

2003/04/19 (土) (´ー`)y-~

今後についての打ち合わせ。
候補が自分の都合しか言わなくて「今後」については話し合いにならない。

2003/04/20 (日) (´ー`)y-~

千葉県佐倉市の選挙を手伝う。
夜、下宿へ帰る。

2003/04/21 (月) ヽ(´ー`)ノ

O先生の授業、久々出席。
教室が判らなくて途方に暮れていたものの、運良くO先生を発見し、教室に辿りつく ヽ(´ー`)ノ

2003/04/23 (水) (´ー`)y-~

小宮山洋子選対にカンパした。小宮山洋子選対にボランティアした。
1万倍になって返って来い、この投資。

学校行った。Y先生に久々会った。5月14日に発表する予定になった。
今週来週で、レジュメを作るための本をちゃんと入手して読めるかが問題。
学校の図書館には、先生から教わった本がなかった。本を入手する能力はオレは極めて低い (;´Д`)

Y先生、色々ストレスが多いようだ。オレが先生にとってのストレスにならないよう気をつけよう。

足立真一さんに久々長電話。今後について。
MMさんに長電話。私が不在している間に色々空気が変わったことの説明を受ける。

思えば、千葉の選挙、最初の約束では、週3日程度しか手伝わない、という約束だった。その通りだったら問題なかったのだが。最終的にフル体制で入ってしまったのは、しょうがないとはいえ、色々負の遺産が。
迷惑を周辺にかけているかどうかは判断がまだできないが、当初予定を淡々とこなそう。ちゃんと淡々とこなせますように。

2003/04/24 (木) ヽ(´ー`)ノ

Y先生の授業を午后から聞く。
戸崎さんにお願いして、「ねずまさし」の本を借りに、船橋へ。
他にも色々本借りる。

2003/04/25 (金) (´ー`)y-~

雨。
中村選挙事務所へ。全然選挙活動してなくて、私が驚く。リーフレット渡してカンパする。
富永選挙事務所へ。陣中見舞いを渡す。村中さんの話をする。富永候補に遭うことができる。
王子台へ。

2003/04/26 (土) ヽ(´ー`)ノ

桐生選挙事務所へ。朝8時のときには皆食事していたので、9時から参加。
1日、電話かけなど手伝う。
午后、上田さん、カドタさん、根村さん、来る。宇野さんから支持され、村田さん宅&野村さん宅で、電話かけ。
3人帰り、私ともう一人で、電話かけ。
桐生事務所へ戻り、電話かけ。
江羽戸さんの声が、意外に美声。
夜、内田勝也さんや村田正輔さんから話伺う。
桐生後援会には、頭脳級が多い。
桐生後援会のみなさんに挨拶して、王子台へ帰宅。

2003/04/27 (日) ヽ(´ー`)ノ

王子台から、根村さんに車で大宮まで送ってもらう。
枝野幸男OPミーティング、聞く。テーマはイラク戦争。
村主さんに会う。
小宮山選挙事務所にいた菅原さんから声かけられる。ちゃんと挨拶を私は返さなかった。そのことを反省しろ、オレ。
下宿まで根村さんに送ってもらう。
速報の結果がなかなか出ない。
中村選挙事務所へ行ってみると、撤収済み。
速報結果が気になり、眠れない。 (;´Д`)

2003/04/28 (月) ヽ(´ー`)ノ

3時間眠って、起きて、学校へ。
O先生の授業、やや遅刻する。やはり9時には下宿を出るべきだった (;´Д`)
本の調べ方を教わる。
昼、女学生の小林みのりさんとお話する。
分かれるとき、無神経に去ってしまったことは反省 (;´Д`)
4限、授業聞いている間に、睡魔が。
5限聞く。発表者を厳しく叱るO先生の姿。オレはあの発表者よりはるかにダメだったなあ…
学生の高橋さんの発言は、いつもながら、とてもいい。
音楽家の川上さんと食事して帰る。
ザーボンのHPがずっと消えている。私からのメールのせいだろうか。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2003年2月3月

2011年05月11日 00時26分26秒 | Weblog
2003/02/01 (土) ヽ(´ー`)ノ

某選挙事務所で、マヌケなブルーワークなお仕事。選対さんが…いや、何も言うまい。風邪は治ったっぽい。帰宅するつもりだったが、日曜私しか動けないらしいので、泊まることに。メールチェックできないことが困る。

2003/02/02 (日) ヽ(´ー`)ノ

ブルーワークなお仕事続き。午后、PC作業。PC作業が終わらないので、泊まることに。

2003/02/03 (月) ヽ(´ー`)ノ

朝立ち手伝い。帰宅。ゼミコンパ月曜だと思っていたが、火曜だった。

2003/02/04 (火) ヽ(´ー`)ノ

Y先生のゼミの打ち上げコンパに混ぜてもらう

2003/02/05 (水) ヽ(´ー`)ノ

昼に目覚しかけていたが、しんどくて、午后起きる。
松文社裁判傍聴しに東京地方裁判所へ。満席で入室できず。ちょうど裁判の休憩時間だったので、山口さんに会う。ダニエルさん、enartさん、細野さんなどと、階下へ。地下鉄駅の喫茶コーナーへ。
その後、弁護士会館地下へ。山口さんたちと合流。被告側優勢、検事側劣勢らしい。
ダニエルさんらと別れ、新宿へ。憂さみみさんと合流。呑み会。

2003/02/06 (木) (;´Д`)

酒が残っていて、へばり。

図書館へ行き、ウォーラーステインとか借りる。

前、書名だけ見て気になっていた、『日本の階層システム』シリーズ本、一番読みたいとこ、借りられている。前書き見ると、佐藤俊樹の研究の発展だと書かれている。書名だけ見て、もっと前からある本だと勝手に思っていて、畜生、学生時代に階層論に触れておけば俺の人生随分違ったのに、と、恨み妄想を募らせていたけど、佐藤俊樹による研究のあと、階層論が再び発展したのね、と、判る。2000年初版では学生時代に触れるのはムリだった。ごく最近の研究なのね。

ウォルフレンの本久々にパラパラめくり、90年代にパラダイムシフトがあったなあ、と、感じる。

2003/02/08 (土) (;´Д`)

久しぶりに、候補者への手伝い出席。事務所でカラーボックスとか作る。5時半頃退出。

低気圧が近づくと、体調&心理状態が悪い。低気圧が上空にまで来ると、安定する。

田原総一朗『日本の政治/田中角栄・角栄以後』講談社 読了。田原は昨年はいい仕事したね、と、思う。田原はもっとダメな人だと思っていたが、『日本の戦争』以来、たいしたものだと思うようになった。『日本の政治』のお蔭で、ロッキード事件、リクルート事件、佐川急便事件がどんなものだったのか、やっと判った気がする。

2003/02/10 (月) (;´Д`)

コミケ申し込み忘れていた。ギリギリ、月曜になら間に合う。

ので、候補者さんとこに休む旨電話する。ドタキャンです。候補者さんが落胆された語調を隠して対応されていたのが、胸に刺さる。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。ちゃんと申し込みしてから手伝い行く申し出すれば問題なかったのに… 激しく自己嫌悪。

一応、申し込み書き終える。案外早く終わる。[4:00]

2003/02/14 (金) (;´Д`)

SI議員のとこへ。

その後、SW出版へ。

TN議員とこから連絡もらう。

2003/02/15 (土) (;´Д`)

TOMMIさんに来ていただく。PC直していただく。お礼を払おうとするが、金が下ろせない。

駐車料は、車体が軽くて助かる。

2003/02/16 (日) (;´Д`)

魅月からの書き込みが掲示板にあるのにのけぞる。ひょっとしてニセモノ? と、めいっぱい警戒してみたり。

NORTONアンチウィルス購入。ウイルスバスターに本当はしたかったのだけど。

枝野さんのオープンミーティング参加。

魅月はニセモノではないことを確認。ちょっと、ホッとする。

村中さんから連絡。明日、バイト行く。

2003/03/12 (水) (;´Д`)

議員会館へ。議員さんたちへ、署名の束を渡す。

その後、新宿御苑での集まりに出席。

コミケ後のように、ものすごく疲れた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2003年1月

2011年05月11日 00時25分40秒 | Weblog
2003/01/02 (木) (;´Д`)

高校の同窓会出席。都庁に務めた同級生は鬱になって2年9ヶ月仕事休んだそうな。

2003/01/03 (金) (´ー`)y-~

田舎から、東京ヘ。田舎は、寒いと言うよりは、「痛い」という空気だった。が、東京も寒いわな。「痛」くはないけど。
あと10年くらいは、同窓会遠慮しよう。

2003/01/16 (木) ヽ(´ー`)ノ

Y先生の授業。次回は2月4日。Y先生、色々ありがとうございます。
M先生の授業、えらい久々に出席。珍しく発言してみる。…ところで、その昔あれだけいた左派は、今はどこへ消えたのだ…

2003/01/18 (土) 。・゜・(ノД`)・゜・。

O先生の授業だと思っていたのだが、してなかった。2時間待って次の授業に顔出したが、やっぱりしてなかった。研究棟へ行く。欠席した回のレジュメがあったので、それだけを得る。片道2時間かけて行ったのに…

2003/01/19 (日) (´ー`)y―┛~

「出会い系サイト」意見書さっき書いて出した。

それはそれとして。
1998‐99年頃、あまりに自分が何も知らないのを痛感し(同時に、この世には教養とか学問とかいうものがある、ということに気づき)、以後のたうちまくりなことを繰返してますが。
2002年は、Y先生、O先生という、よき先生に巡り会えて、幸運でした。随分物識りになりました。なんとか史学科の2-3年生程度には知識を得たと思う。
「自分の人生は変えることができる」とコリン・ウィルソンが言うてまして。自分の人生は失敗作だったと激しく思うこと、多いですが。まだ生きていけそうです。
…あとは経済と法律の知識が学部生レベルになればなあ… …ハビトゥスが貧弱だと、厳しい。
農耕の発明は人類史上の大発明ですが。メソポタミアの人々は一回発明すれば継続できたが、植物も動物も貧弱だったアメリカ大陸先住民は、繰返し幾度も農耕の発明をしなければならなかった。人類史上の大発明を幾度も繰返したアメリカ先住民のほうが旧大陸の人々より優秀だったと言えるかもしれない。が、与えられた条件が貧しかった不利は、ピサロによるインカ征服という結果を招いた。


2003/01/21 (火) (;´Д`)

この日は、大切なあの人の誕生日。忘れていて、一週間以上遅れてお祝いメール送る、ダメなオレ (;´Д`)

2003/01/24 (金) (;´Д`)

鬱気味。自分は人になにごとかをお願いするのが本当に厭で厭で堪らんのだなあ、とか思う。

某バカから電話が来る。激腹立つ。

実家へ電話。立腹が残っていて、微妙な事柄を、ぞんざいに言ってしまった。申し訳ないと珍しく思った。

病院へいき、導眠剤を処方してもらう。

2003/01/28 (火) ヽ(´ー`)ノ

うなぎさんの原稿の手伝いしてきました。非常識な時間に手伝い行って、ごめんなさいです。

2003/01/29 (水) (;´Д`)ノ

テキストを色んなとこへ、メール発信。

2003/01/30 (木) ヽ(´ー`)ノ

朝早く、2時間かけて某選挙事務所へ行き、面接&お仕事。初日。

2003/01/31 (金) (;´Д`)

昨日、風邪っぽかったので、某選挙事務所行くの休んで、病院で風邪薬処方してもらう。風邪治りつつあるとこですよ、と、見立てされる。
夕刻、選挙事務所へ。泊まる。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2002-2004年

2011年05月11日 00時24分55秒 | Weblog
2002/12/11 (水) 虚業日記 オープン

虚業日記 がオープンしました

2002/12/14 (土) (;´Д`)

12月13日、イベント忘れていて、行かず。コミケの通知が見つからず。
Y教授から、休講のお知らせメール。お父様がお亡くなりになったから、葬儀のため休講。モグリの私のところにまでメールを下さるY教授は、本当に偉い人だ。
アーレント『全体主義の起源2』読み始め。

2002/12/16 (月) (;´Д`)

生活リズムが悪い。コミケチケット見つからない。感情がダウン。[0:05]
生活リズムが狂っているから、胃がざらつくです。2ch、かちゅが使えない。[4:25]
E教授の授業に潜る。脳味噌が疲れていて、何回も居眠りしてしまう。先生ごめんなさい…

2002/12/19 (木) (;´Д`)

18日、原稿一応提出しきる。寝る。
19日、午前4時ころ起床。生活リズム狂っていて、頭痛い。原稿、フォーマットが来る。[7:35]
<(;´Д`)> Σ  ああ!授業すっぽかしてしまった!

2002/12/22 (日) ヽ(´ー`)ノ

雨がやんだので、体調復活。朝の政治番組、民主党が力強い感じで嬉しい。[14:00]

2002/12/23 (月) ヽ(´ー`)ノ → (;´Д`)

朝4時半頃起床。
午后1時半、Sさんにお会いする。私にメール送ってくださったそうだが、届かなかったそうな。メーラがいかれていたかも。4時半頃別れる。
午后6時頃、気持ちが鬱になる。

2002/12/24 (火) (´ー`)y-~

探すの諦めて、人からチケットを譲ってもらう。
足立真一さんが夜来る。話する。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする