きれいなきれい〈田添公基・田添明美のブログ〉

「いたずら(田添明美)」は左下の
カテゴリーから入って下さい

モンゴメリ/赤毛のアン・エミリーブックス

2020年10月31日 10時24分00秒 | 「いたずら」田添明美

私が、赤毛のアンに出会ったのは、小5の時だった。
中学生の時、友人と、校門の所にある池に(輝く湖水)と命名し。
道路沿いにあるトタン屋根から木が伸びている家に(ニョッキリハウス)と命名し。
楽しんだ時があった。

新潮社文庫、村岡花子訳が発売されたのは、その頃からで、
赤毛のアン10巻、可愛いエミリー・エミリーはのぼる・エミリーの求めるもの3巻
が発売終了したのは、20才位の時だったと思う。

私はこの13巻に、神田書泉のカバーを付け、大切に保管した。
しかし、歳月が経つと、背表紙が陽にやけ、剥離し、ぽろぽろ落ちるようになった。
紙はどうかというと、昔の本なので、文字が小さく、全面薄茶色と化し。
紙の外側は、茶色と化した。

私は、今どき、村岡花子訳があると思えなかったので。
目に痛みを感じながら、読んでいた。

30になった時、再読するのが、怖かった。
(読んで、何も感じない、詰まらない大人になっていたら)と不安だった。
しかし、この13巻は、5年毎に読み返しているのだが、面白く、安心した。

5年前、若い頃視力が、両眼1.5だった私は、年を取り、右1.2左0.8
だったのに、突然右目が0.1以下になり、白内障の手術を受けた。
その直後、この13巻を読みだしたのである。
すると、左目が手術後2ヶ月で、0.1以下になった。
眼科医は(この、2ヶ月、何をしていたんですか!)と聞いたが答えられなかった。

そして、テレビで、赤毛のアンが始まった際、あまりに原作と異なるので。
又、この13巻の再読を始めた。
モンゴメリは(気違いのように・狂ったように・狂人のように)が多発(!)して
笑ってしまう。

エミリーブックスは、天賦の才に恵まれた13才の少女が、詩から小説を
書き認められていく、ユーモアに溢れたいい本だと、今回は5回も再読してしまった。

因って、非常に、目を痛め
夫に検索して貰うと(なんと!!)
村岡花子訳のエミリーブックスの文庫があったのである!
私は、何十年も、茶色の紙を、読んでいたのだ。
この、喜びを、誰に伝えよう?

私の作品の甘さは、モンゴメリ好き、のせいだと、理解している。

モンゴメリと村岡花子は、私の人生において、恩人である。
 
今朝、文庫が届いた。
古い文庫の文字の大きさの、1.5倍だった。
とても、嬉しい!

 

 

コメント (3)

古木・巨木信仰

2020年10月29日 19時11分38秒 | 「いたずら」田添明美

当家の向かいの家に、数十メートルの欅がある。
道路から5メートル程入った所に、立派な門があり。
欅は、門と道路の間にある。

最盛期には、落葉期に、1回掃くと、大バケツ2杯の量の
落ち葉があった。
南風が吹くと、落ち葉は殆どが、当家に吹き寄せる。
私は毎年(北風ふけ!)と念じて暮らしている。

5年以上前、初めて、クレーン車で剪定をしてくれ。
落ち葉の量は、4分の1になった。

そして今年、徹底した剪定をしてくれ、
今年の落ち葉は全盛期の、10分の1になるだろうと
にやにやしている。

大木にカラスが巣を作り、通行人を襲う。
私は昨年、頭をつつかれた。

因って、私個人は、長年、この欅を見ても、落ち葉とカラスしか
考えないのだった。

そこへ。
半月前、70代の男性が欅に近づいたと思ったら。
片手を木に当て、じっと、瞑目していた。驚いて見ていたら。
その男性は、道路に出て、欅を振り返り、頭を下げた。

そして、今日、80代の女性が、欅に近づき。
片手を木に当て、何やら呟き、何度も、木に手を当てたのだ。

非常に驚いた。
古木・大木・巨木信仰のようなものだろう。
お地蔵さんをさするのとは、違っていた。

私は、お陰で、この、欅を見直したのだ。
すばらしいと。

コメント (4)

紅葉のコキア(和光樹林公園)

2020年10月29日 15時03分48秒 | 写真画像

和光樹林公園のコキアの紅葉が始まりました。

もう少しすると全体がマゼンタ色なります。

何だかフワフワの動物の群れのようです。

 

 

コメント (2)

鉄田猿児さん新作 “生まれ変わった《剣聖》は楽をしたい” 第9章

2020年10月24日 09時57分49秒 | まんが・イラストレーション・アニメ
漫画:鉄田猿児,原案:笹塔五郎,キャラクター原案:あれっくすの新作の
第9章です。無料です。
イリスの剣の修行への迷いがなくなり,剣聖は楽をしたいのタイトルの
意味も分かるようになります。そして,刀身のない剣の使い手の敵が登場!
 
 
コメント (6)

鉄田猿児「ヘルモード ~やり込み好きのゲーマーは廃設定の異世界で無双する~ はじまりの召喚士」スタート

2020年10月17日 09時44分39秒 | まんが・イラストレーション・アニメ

鉄田猿児さんの漫画,ハム男・藻さん原作の新作,

ヘルモード ~やり込み好きのゲーマーは廃設定の異世界で無双する~ はじまりの召喚士”

がスタートしました。無料で読めます♪

“生まれ変わった《剣聖》は楽をしたい”との同時連載です。

35歳の独身男性がゲームの世界のある家族の子どもに転生します。

ここにも《剣聖》の言葉が出てきます。

ゲーム好きならより楽しめる内容ですね。

コメント (4)

秋空     田添明美

2020年10月06日 08時53分37秒 | 「いたずら」田添明美

交代してください
という声がしたので

いったん
その場処をはなれ

ふりかえると
わたしのようなものが
いままで
私がいた場処で

空を見ている

いつのまにか
いっそうわたしらしく

晴れわたり
澄みきった
秋空を見ているのだ

あれを
見て
というように


         R2.10.2

コメント

約束      田添明美

2020年10月05日 08時25分23秒 | 「いたずら」田添明美

きしきしと
身を灼くほどに苦しんだ
夜があける

なにかゞ
闇のなかで
崩れたのだ

ほのぐらい空間

はるか遠くに
口を噤んだおもざしで
何者かゞ
 私を視ている

さむさにふるえる
心を残し
つと
ゆるやかに
口がひらく

(まだ、生きていても よいのですか

そう口にしたとたん
自分は生きている
   生きていると知った

                R2.10.1

コメント

びい玉     田添明美

2020年10月04日 08時52分11秒 | 「いたずら」田添明美

庭のかたすみで

朝つゆにぬれている
あれは忘れられた
びい玉です

夜の
ぬけがらを
そっと
ぬぎ

永く
忘れられた
今でさえ
思い出にもえて

朝日に
耀いているのです


         R2.9.28

コメント

雨がつゞく        田添明美

2020年10月03日 08時39分28秒 | 「いたずら」田添明美

ゆうぐれ

きりさめの中
父親が
ビニール傘で
生後半年くらいの子供を
片手で抱いてあるいていく

子供は
しきりに
雨をつかもうとして
手をさしだしている

急ぎ足で
前をみていた
父親は
それに気づかずに
ふんわりと
子供のほうへと
傘を傾けた

わたしは
それらをみていた


という言葉がわきあがる


          R2.9.27

コメント

しずけさ       田添明美

2020年10月02日 08時13分28秒 | 「いたずら」田添明美


「かくかくしかじか」
とだけいうと
その人は口を閉ざした

省略された内容は
ふくらむ
例えば
その人は
できるならば無言でいたかったのだ

なにかにあわだち
口をすべり
口を出したのだ

  かくかく
  しかじか
  かよう
  かよう

ひとりごとのように
つゞくかと思われたが

口からこぼれた
「かくかくしかじか」は
ふいに
失敬というように
その人を連れ去り
過去へと
還っていった

私だけを おきざりにして


              R2.9.24 

コメント

自由     田添明美

2020年10月01日 08時11分18秒 | 「いたずら」田添明美

その他とくくられたものは
その他でたばねられ
そこで消えてしまう

私はその他の
中身が知りたかった

その他はふりむき
   私こそ何かを当ててごらん
      誰かを当ててごらん
と笑ってみせた

何であってもいい
誰であってもいい
と応える

多数のものたちは
控えめに立ち上がる

「正味/その他一同!」
一言語り

ひとくくりにされたその他は
ほどかれ
多勢の個となり
放たれ

生き生きと
個体の姿で
おのれの日常へと
帰っていった

 

                R2.9.23

コメント

窓      田添明美

2020年09月30日 08時49分00秒 | 「いたずら」田添明美

霧が晴れる

ふりむくと
足あとの影が
わずかな光に映っている

まだ少し
水をふくむ
霧のなごりに

ときおり
しぶきをあげ

さら
さら
水が流れるように

無数の窓が
展かれていく


              R2.9.23

コメント

ひみつ      田添明美

2020年09月29日 08時04分32秒 | 「いたずら」田添明美

ひとっこひとりいない夜

けっぺき家の夜の子は
だれにも踏まれていない
道を歩こうとし

そんな道はないと考え
たちつくした

それを見ていた
夜は子供をさらい
道の上空においた
だれの足あともない道である

子供はふいに笑い

ちいさな夜を放ちはじめると

笛のように
息をすい
自分の歩はばで歩きだした

ようやく
うかんで
あるけるようになった子供だ

大きなかいなで
つゝむようにして
見守る
夜はそれを
ひみつにする

夜のおやこに
星がふりそそいだ夜の
  話だ


          R2.9.18

コメント

花のチカラ

2020年09月28日 18時05分59秒 | 写真画像

どんな花にもチカラがある。

 

コメント (2)

炎       田添明美

2020年09月28日 07時47分27秒 | 「いたずら」田添明美

参道に
赤い炎と
青い炎が
向きあってもえている

がらんとした
この夜更けに

誰が
お参りを
しているのだろう

月にてらされた
影は
ひそひそと
願いごとをつぶやいている

抱いた
影の子らにあたらしい着物をかぶせ

わたくしたちが
消えず在るように
わたくしたちの子らもまた
そうありますように

本坪鈴が鳴る

それぞれの
夜に
しんしんと
影があらわれるたび

赤い炎と
青い炎が
うかびあがる


         R2.9.18
 

コメント