英語と書評 de 海馬之玄関

KABU&元KABUのブログ
#welovegoo

橋下市長を「応援」する理由-規定演技で合格点を取れなきゃ保守も反日もないですよ

2011年12月28日 15時22分44秒 | Weblog
◆橋下市長、労組に庁舎退去要求へ…ヤミ専従調査も 大阪市の橋下徹市長は26日、市役所内にある職員労組6団体の事務所に退去を求める考えを明らかにした。橋下市長は「職員組合と市役所の体質をリセットする。組合の事務所には庁舎から出て行ってもらう」としている。組合活動をしながら給料を受け取る「ヤミ専従」の有無について全庁調査する意向も表明し、職員労組との対決姿勢を鮮明にした。 この日の市議会交通 . . . 本文を読む
コメント (1)

天皇制と国民主権は矛盾するか(下)

2011年12月24日 10時07分58秒 | 日々感じたこととか
  ◆天皇制の意味と射程-丸山真男の蹉跌丸山真男氏は、「超国家主義の論理と心理」(『世界』1946年5月号所収;『現代政治の思想と行動』(未来社・1956年-1957年)に所収, pp.13-15)にこう記しています。ヨーロッパ近代国家は「中性国家」たることにひとつの特色がある。中性国家は真理とか道徳に関して中立的立場をとり、そうした価値判断はもっぱら他の社会的集団(たとえば教会)や個 . . . 本文を読む
コメント

天皇制と国民主権は矛盾するか(中)

2011年12月24日 10時01分40秒 | 日々感じたこととか
  ◆国民主権の意味と無意味蓋し、国民主権の原理とは専断的な君主制の支配に対するアンチテーゼ、例えば、「王権神授説」に対する、すなわち、君主制支配に対する対抗イデオロギーにすぎません。よって、歴史的に専断的な君主制が地球上から(北朝鮮を唯一の例外としてでしょうか?)消滅してしまった現在、(北朝鮮の「臣民」の方々を除けば?)この本来の意味での国民主権のイデオロギーに存在価値はないのです。 . . . 本文を読む
コメント

天皇制と国民主権は矛盾するか(上)

2011年12月24日 09時50分25秒 | 日々感じたこととか
                 天照大神昨日、12月23日は、<2011年3月11日午後2時46分>の年の、今上天皇陛下の誕生日です。要は、というか、要さなくとも「天長節」。目出度い。試練の時節の中ではありますが、否、試練の時節であればこそ一層「目出度い」の感を強く深くしています。蓋し、日本の憲法において「天皇制」は必須の内容である。なぜならば、現在の法哲学の地平における憲法理解、すなわち、憲法 . . . 本文を読む
コメント

資料:英文対訳「大日本帝国憲法」④(予算と会計・改正・皇室典範・旧法の効力に関する経過規定)

2011年12月21日 21時18分17秒 | Weblog
第六章 會計 Chapter VI. Finance 第六十二條 新ニ租稅ヲ課シ及稅率ヲ變更スルハ法律ヲ以テ之ヲ定ムヘシ 但シ報償ニ屬スル行政上ノ手數料及其ノ他ノ收納金ハ前項ノ限ニ在ラス 國債ヲ起シ及豫算ニ定メタルモノヲ除ク外國庫ノ負擔トナルヘキ契約ヲ爲スハ帝國議會ノ協贊ヲ經ヘシ Article 62. The imposition of a new t . . . 本文を読む
コメント

資料:英文対訳「大日本帝国憲法」③(議会・執行および諮問の機関・司法の機関)

2011年12月21日 21時13分33秒 | Weblog
第三章 帝國議會 Chapter III. The Imperial Diet 第三十三條 帝國議會ハ貴族院衆議院ノ兩院ヲ以テ成立ス Article 33. The Imperial Diet shall consist of two Houses, a House of Peers and a House of Representatives. 第三十四條 貴族院ハ貴族院令ノ . . . 本文を読む
コメント

資料:英文対訳「大日本帝国憲法」②(天皇・臣民の権利義務)

2011年12月21日 21時11分13秒 | Weblog
第一章  天皇 Chapter I. The Emperor 第一條 大日本帝國ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治ス Article 1. The Empire of Japan shall be reigned over and governed by a line of Emperors unbroken for ages eternal. 第二條 皇位ハ皇室典範ノ定ムル所ニ依リ皇男 . . . 本文を読む
コメント

資料:英文対訳「大日本帝国憲法」①(告文・発布勅語・上諭)

2011年12月21日 21時04分50秒 | Weblog
旧憲法、「大日本帝国憲法」のテクストを収録します。英文は、憲法起草プロジェクトの中心、伊藤博文の著書『憲法義解』(1889)の英訳本『Commentaries on the constitution of the empire of Japan』(1889)のものです。翻訳者は、これまた、井上毅・金子堅太郎の両氏とともに旧憲法の起草者の一人とされる伊東巳代治。旧憲法の英文は下記サイトに搭載され . . . 本文を読む
コメント

加地伸行☆儒教とは何か

2011年12月20日 12時27分41秒 | 書評のコーナー
  儒教とは何か? 『儒教とは何か』(中公新書・1990年10月)の著者の加地伸行・大阪大学名誉教授(同志社大学フェロー)はこう述べられる。「儒は、招魂儀礼という古今東西に存在する呪術を生命論に構成し、死の恐怖や不安を解消する説明を行うことに成功した」(同書p.21)、「世界共通のこの招魂儀礼を基礎にして、一大理論体系を作っていったのである」(同書p.19)、「生命論としての孝を基礎と . . . 本文を読む
コメント (1)

戦争責任論の妄想:高木健一『今なぜ戦後補償か』を批判の軸にして(下)

2011年12月20日 01時13分02秒 | 日々感じたこととか
◆国際法における個人の戦後補償請求権の内容 ここで再度、オランダ人戦後補償請求権事件控訴審判決から引用しておきましょう。国際法における個人の存在についての通説が簡潔明瞭に述べられていると考えるから。すなわち、「個人は、国際法においてその権利、義務について具体的な規定が置かれたときに、例外的に国際法上の法主体性が認められるにとどまるのである」、と。そして、判決をもう一つ。第2次世界大戦中に捕虜 . . . 本文を読む
コメント