英語と書評 de 海馬之玄関

KABU&元KABUのブログ
#welovegoo

Yahooブログ「海馬之玄関」40万件ヒット御礼&お気に入り書籍雑感

2009年04月28日 08時26分59秒 | Weblog
   【画像出典】  http://www.flickr.com/photos/hungrytraveller/191495250/ 「くつろいで麻雀をする4人の少女。そばに立つ少女が台湾 果物ナイフを握り締め独立の機会を窺っています。正面の着衣の女がアメリカで、台湾の動きを牽制しています。背中を見せているのが中国。右に寝転がるのがロシア、ロシアは片足をアメリカに置き、片手を中国に伸ばしていま . . . 本文を読む
コメント

「プロ市民」考

2009年04月27日 15時00分14秒 | 徒然日記
■はじめに 本稿は、所謂「プロ市民」の生態や発想を俎上に載せるものではありません。本稿は「プロ市民」という言葉を、もう一つの「ネット右翼」という言葉の対比において考えてみようという、謂わば「メタ言語行為」(言語の意味や用法にコメントする試み)です。連休の頭、ほとんどの方は外出しておられるでしょう。ならば、今、この記事を読んでいただけるのはもともと海外におられる読者か、「もう何もしたくなぁーい! . . . 本文を読む
コメント

読まずにすませたい保守派のための<マルクス>要点便覧-あるいは、マルクスの可能性の残余(四)

2009年04月24日 09時16分26秒 | 日々感じたこととか
<承前> [F]労働価値説・労働力商品・剰余価値 エンゲルスは『空想より科学へ』(1878年-1883年)の中で「唯物史観」と「剰余価値による資本主義的生産の秘密の暴露」の二つを「社会主義を科学にした」マルクスの発見と書いていますが(岩波文庫, p.63)、本節[B]唯物史観で述べたように唯物史観が単なるイデオロギー的仮説にすぎないことは、最早、「歴史的-論理的」に明らか。そして、現在、エン . . . 本文を読む
コメント

読まずにすませたい保守派のための<マルクス>要点便覧-あるいは、マルクスの可能性の残余(参)

2009年04月22日 22時41分55秒 | 日々感じたこととか
■マルクス関連必須用語 [A]社会主義・共産主義 社会主義・共産主義(socialism・communism)は元来、個人主義(individualism)の反対概念として登場した言葉です。マルクスの社会思想が主に展開された舞台たる経済部面に引き付けて言えば、平等で均一、独立した<個人>だけを社会的・経済的な諸関係のプレーヤーと見立てて、財の生産と富の分配はそのような<個人>を単位にその責任で . . . 本文を読む
コメント

読まずにすませたい保守派のための<マルクス>要点便覧-あるいは、マルクスの可能性の残余(弐)

2009年04月22日 09時22分05秒 | 日々感じたこととか
(Ⅳ)ロンドン時代:1849年9月-1883年3月 マルクスとエンゲルスは1847年の経済恐慌が引き起こした1848年のドイツ三月革命に「民主主義的統一ドイツ共和国の樹立」あるいは「社会主義的民主主義の赤色共和国の確立」をスローガンにして積極的に関わるものの情勢は彼等に味方せず、結局、マルクス一家は英国亡命の道を選びます。而して、爾来30有余年、ニューヨーク・デイリー・トリビューン紙のロンドン . . . 本文を読む
コメント

読まずにすませたい保守派のための<マルクス>要点便覧-あるいは、マルクスの可能性の残余(壱)

2009年04月22日 09時17分44秒 | 日々感じたこととか
2008年の世界金融危機に端を発する世界同時不況のためか、あるいは、所謂「失われた10年」から日本を脱却させた小泉構造改革が道半ばで小休止したことに起因する(それ自体は根拠薄弱さを曝して竜頭蛇尾に終った)所謂「格差社会論」の延長線上のことなのか、ここ1年半ほどこれまた所謂「新自由主義」に対する批判を超えて「資本主義」自体に対する批判が日本では喧しい。しかし、私が見聞きする限りアメリカのみならず欧州 . . . 本文を読む
コメント

海外報道紹介☆十年一日の如き北朝鮮の「瀬戸際外交」:そろそろ日本も先制核攻撃能力の整備が必要かも?

2009年04月15日 11時01分56秒 | 英字新聞と英語の雑誌から(~2010年)
明確な国際法違反である北朝鮮の長距離ミサイル発射を非難した安全保障理事会の議長声明に対して北朝鮮が無意味に強く反発しています。十年一日の如き「北朝鮮の瀬戸際外交:brinkmanship diplomacy」スタイル。実際、Reutersも”Announcements like this from North Korea are part of a familiar pattern of be . . . 本文を読む
コメント

書評☆恒吉僚子「人間形成の日米比較」

2009年04月14日 09時56分32秒 | 書評のコーナー
本書、『人間形成の日米比較-かくれたカリキュラム』(中公新書・1992年3月)は比較教育学・比較社会学の分野では名著の誉れ高い一冊だと思います。著者の恒吉僚子氏は現在、東京大学大学院教育学研究科教授(比較教育社会学)。本書を含め『育児の国際比較―子どもと社会と親たち』(NHKブックス・1997年)、『「教育崩壊」再生へのプログラム―日米学校モデルの限界と可能性』(東京書籍・1999年)という一般 . . . 本文を読む
コメント

護衛艦「ひゅうが」が照射する憲法9条を巡る<神学論争>の愚劣

2009年04月13日 13時21分20秒 | 徒然日記
一昨日、神奈川県の横須賀で海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」の一般公開が行なわれました。同じ神奈川県でも川崎市新百合ヶ丘と海上自衛隊横須賀基地(JR横須賀駅が最寄り駅)は片道2時間以上離れている。シクシク。でもワクワク。数日前から「ひゅうが」見たさにKABUの霊魂は<幽体離脱>して浦賀水道辺りの海面をさ迷っていましたよぉー。 以下はその産経新聞報道。 ●空母型護衛艦を一般公開 . . . 本文を読む
コメント (1)

海外報道紹介☆「北朝鮮のミサイル発射」の不埒を咎めるTimes-朝日新聞とはえらい違いやで!

2009年04月11日 23時11分20秒 | 英字新聞と英語の雑誌から(~2010年)
北朝鮮のミサイル発射動向を前にして、それが惹起する日本国民の生命・身体・財産・名誉を毀損する蓋然性をミニマムにすべく、麻生総理が指示した「PAC3」とイージス艦の配備をあろうことか「憲法違反」「北朝鮮を刺激してかえって緊張を高める」等々と言い募るプロ市民やマスコミが存在する国。残念ながらそれがこの国のようです。では、世界はこの事態をどう見ていたのか。それを知る上で実にバランスのよい記事をT . . . 本文を読む
コメント