英語と書評 de 海馬之玄関

KABU&元KABUのブログ
#welovegoo

ウォーキング de 我が街「新百合ヶ丘」:小田急多摩線沿線-縦走編(八)

2009年10月29日 10時00分09秒 | 徒然日記
最終回です。古沢から津久井道に出て、今回の散策を<復習>する意味も込めて「山口台」を迂回して新百合ヶ丘の駅前に向かいます。「山口台=旧山口谷戸」はかっては旧「上麻生村」の北端の集落で、大正11年(1922年)、陸軍の大演習が新百合ヶ丘エリアで行われた際、重機運搬の便益のために現在の万福寺経由の道が作られるまで、津久井道は「百合ヶ丘-弘法の松-山口谷戸」を経由して柿生に通じていました。ここにも歴 . . . 本文を読む
コメント

ウォーキング de 我が街「新百合ヶ丘」:小田急多摩線沿線-縦走編(七)

2009年10月29日 09時46分25秒 | 徒然日記
片平川を下ります。450メートル、約5分。前方に赤い橋が見えてきました。中央橋。と、この中央橋の地点で今回の「小田急多摩線沿線-縦走編」の本線全行程の三分の2が終了。これからどんな事物・風景を我が街「新百合ヶ丘」は見せてくれるのでしょうか。 【地図画像】 ・多摩線沿線散策Map(コバルトブルーの線が散策ルート)  http://www31.ocn.ne.jp/~matsuo2000 . . . 本文を読む
コメント

ウォーキング de 我が街「新百合ヶ丘」:小田急多摩線沿線-縦走編(六)

2009年10月29日 06時05分09秒 | 徒然日記
我々が現在いるのは鶴川台尾根緑地の鶴川・柿生寄りの出口。「早の道」自体は県境の尾根伝いに更に続き、(中世には)麻生区の岡上地区を縦断、そして、横浜市青葉区を通り横浜市緑区青砥町まで10キロ余り続いていたのですが、本線経路は途中で片平川方面に降ります。しかし、そこも我が街「新百合ヶ丘」、歴史と自然が豊かです。 【地図画像】 ・多摩線沿線散策Map(コバルトブルーの線が散策ルート)  h . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ウォーキング de 我が街「新百合ヶ丘」:小田急多摩線沿線-縦走編(五)

2009年10月28日 15時57分58秒 | 徒然日記
黒川青少年野外活動センターから「早の道」に出た、本線経路の地点に戻ります。これまでの散策で今回の「小田急多摩線沿線-縦走編」の本線全行程の三分の1は終了。これからは「早の道」を進みながら、我が街「新百合ヶ丘」の今と昔に思いを馳せたいと思います。 【地図画像】 ・多摩線沿線散策Map(コバルトブルーの線が散策ルート)  http://www31.ocn.ne.jp/~matsuo200 . . . 本文を読む
コメント

ウォーキング de 我が街「新百合ヶ丘」:小田急多摩線沿線-縦走編(四)

2009年10月28日 15時44分14秒 | 徒然日記
「黒川分校」は柿生小学校の分校。その前身は柿生小学校とは別系統の明治20年(1887年)に遡る伝統ある地域の初等教育センターでした。而して、昭和58年度(1983年)、「栗木台小学校」が新設開校されるにともない昭和57年度(1983年3月末)限りで閉校されました。「四」の散策はその「黒川分校跡」から出発します。 【地図画像】 ・多摩線沿線散策Map(コバルトブルーの線が散策ルート)   . . . 本文を読む
コメント

ウォーキング de 我が街「新百合ヶ丘」:小田急多摩線沿線-縦走編(参)

2009年10月28日 15時30分11秒 | 徒然日記
黒川は谷戸の<聖地>です。「巨大な谷戸がある」というだけではなく「谷戸が密集している」という意味。正に、それは、幾つものコースが山地に密集しているゴルフ場のよう。もちろん、密集しているのは環境破壊の象徴であるゴルフコースではなく、人間と自然の共生の極地と言っていい谷戸ですけれども。 畢竟、1.5キロ四方のエリアに大小15-16個の、大雑把に数えても4-5個の巨大な(前回の連載で紹介した横浜市 . . . 本文を読む
コメント

ウォーキング de 我が街「新百合ヶ丘」:小田急多摩線沿線-縦走編(弐)

2009年10月28日 14時57分57秒 | 徒然日記
我々は今、「瓜生黒川往還」 と「多摩よこやまの道」が交差する峠にいます。黒川駅からここまで約2.5キロ、徒歩30分といった所。而して、これから1キロほどは、麻生区と多摩市、町田市の県境を通る「多摩よこやまの道」に沿って黒川地区の西の縁を歩きます。歴史と自然が<炸裂>しますよ。 【地図画像】 ・多摩線沿線散策Map(コバルトブルーの線が散策ルート)  http://www31.ocn.n . . . 本文を読む
コメント

ウォーキング de 我が街「新百合ヶ丘」:小田急多摩線沿線-縦走編(壱)

2009年10月28日 14時45分17秒 | 徒然日記
今回の散策の舞台は「はるひ野-黒川-栗平-五月台」といった新百合ヶ丘エリア内の小田急多摩線沿線です。このエリア、新百合から一番離れている「はるひ野駅」でも、営業キロ4.9キロの距離。新百合のダウンタウンから大人の足ならちょうど1時間の地域です。 散策はルートの都合で新百合から二番目に遠い黒川駅からスタート。そして、最後は新百合の中心部に隣接する「旧津久井道」沿いの現在の佇まいも紹介する予定 . . . 本文を読む
コメント

レディ「安全保障を巡り広がる日米の亀裂」紹介☆国民を危険に曝しつつ<夢>と戯れる民主党政権

2009年10月23日 22時30分16秒 | 英字新聞と英語の雑誌から(~2010年)
  Wall Street Journal紙に、安全保障政策に関する鳩山民主党政権の立ち位置を危惧する元アメリカ政府高官の投稿が掲載されました。元国家安全保障会議(NSC)不拡散戦略部長のキャロリン・レディ(CAROLYN LEDDY)女史の論稿。もちろん、これはブッシュ共和党政権に近しい人物の投稿であり、現在のオバマ民主党政権の鳩山民主党政権に対する認識とは些か異なる可能性はある。け . . . 本文を読む
コメント

海外報道紹介☆「東アジア共同体構想」という鳩山首相が投げた<驚愕の波動>

2009年10月23日 22時13分11秒 | 英字新聞と英語の雑誌から(~2010年)
  鳩山首相がぶち上げた「東アジア共同体構想≒日本と支那の同盟構想」は、それがアメリカ外しを意図するものではないかとして、保守・リベラルを問わずアメリカの政界からは不信の目で見られています。では、アメリカを除く世界ではどう受け取られているのか。就中、当の支那と欧州ではどう受け取られているのか。本稿ではこのことを確認する上で参考になる記事を紹介します。出典は英国のDaily Telegr . . . 本文を読む
コメント