元不登校の皆勤賞へのロード

中学時代ろくに学校に行かなかった自分が高校は皆勤賞を目指す。管理人は平田真優香さんを応援してます。

たどり来て、未だ山麓。 升田幸三

2014-12-07 18:22:03 | 漫画感想
昨日ブログ更新してないのは卒論やって友達とPSHomeしてたから。いつもモンハンだと思うなよ!!!!!






『3月のライオン』10巻を買いました!



BUMP OF CHICKENのCDが付いた特装版をば。少し値は張るがどっちも好きだからねしゃーないね。買います!
本作は将棋を扱う漫画ですが同じ将棋を扱う『ハチワンダイバー』と違って人間ドラマに重きを置いた漫画ですねん。
ハチクロの人だからね!そりゃあね!私はどっちも好きですがこっちの方が正直丁寧ですよねぶっちゃけ!(失礼)
でだ!此処で衝撃的な事実が発覚したのですが俺3月のライオンの9巻買ってない!気付かなかった明日買う……。






さて今日も卒論進めるか。
コメント

死後はついでを待たず。死は前よりしも来たらず、かねて後ろから迫れり。 吉田兼好

2014-07-08 20:58:53 | 漫画感想
突然ですがHUNTER×HUNTERの考察です!






キルアはパームの事を「単純な攻撃力でいったらオレより上だよ」って言ってたじゃん?
つまり『淋しい深海魚』による情報工作が可能なパームの打点>キルアの打点って事だろ?
キルアがカスじゃねえか。個人的にパームは相当チートだと思ってるんだけどそれでもさ。

だから思うんですが念って強化系が何か一つ他に能力を用意するのが一番最強だと思うんだ。
出来れば情報工作的なのな。決定力と情報工作を備えるノヴとパーム師弟最強過ぎ。
実際強化系でなくとも皆強化系に振ってるしな。一撃食らって機能停止じゃ使い物にならんし。
ネテロが何系かは知らんが強化系なら具現化頑張ってるし具現化系ならやっぱり強化頑張ってるし。

故にカストロさんはそう悪いもんでもなかったと思う。強化に「全く振らなかった」のが問題。
そもそもメモリ云々言ってたヒソカだって変化系だけどある程度は強化に振ってるだろうし。
嘘は兎も角ガムとか強化前提だろアレ。強化に振らなかったら糞能力もいいとこだぞ。
こないだなんか自分のガムに絞められてたし不測の事態を無難に乗り切るには強化安定。
ゲンスルーだって自分の手を爆破から保護してたし自分の系統ばっか極めても仕方ないのよな。






ナックルはどの道糞能力だけどな。
コメント

幸福は過去の出来事の影なり。 トムソン

2014-06-24 23:56:30 | 漫画感想
課題が終わってまた課題。






友人にオススメの漫画を尋ねられたので私の好きな漫画10選と行きましょう!あくまでも私の好きな漫画です!
つまり別にオススメするとかではないです!ただ個人的にはどれも面白いし読んでて楽しいので好きなんです!


1.『ACONY』(月刊アフタヌーン:全3巻)

五十音順で先ずはこれからだ!兎に角飽きっぽく途中で連載を投げ出すか唐突に終わらせる冬目景先生の作品。
週刊連載でハンタより早く始まったのに現在10巻までしか出ていない『イエスタデイをうたって』で有名な人。
本作はアパートで一人暮らしを始める中学生の少年モトミとアパートに引き籠る少女アコニーの不思議なコメディ。
どうしてだ……どうしてコレをたった3巻で終わらせて『イエスタデイをうたって』をダラダラ15年間続けるんだ!逆だろ!
って思うぐらい邪気のない暖かな登場人物の数々と優しい物語でいっぱいの名作で御座います。何故……何故……!




2.『賢い犬リリエンタール』(週刊少年ジャンプ:全4巻)

現在本誌にて『ワールドトリガー』を連載中の葦原大介先生の初連載作品。不当にも編集部よって打ち切られた!
ある日突然喋る事の出来る賢い犬リリエンタールが日野てつことその兄の「弟」として日野家へやってくるお話。
此方も惹かれるポイントはアコニーと同じだな。兎に角みんな暖かくて優しい。紳士強盗の二人が好き過ぎるんです!
葦原先生は物語を丁寧に作り込む人で読んでて全く不満点がない素晴らしい作品。読者アンケート出せば良かった。
4巻という短さに人間の優しさとちょっぴりの弱さに醜さをよくぞ此処まで綺麗に表現したなと感嘆せざるを得ない名作。




3.『寄生獣』(月刊アフタヌーン他:全10巻)

全く絵が上達せず未だ変わらない安定した画力を持つ岩明均先生の作品。同氏の代表作としても有名な作品よな。
空から飛来した謎の生物に寄生されたシンイチと彼の右手として生きる事になったミギーの二人の共同生活を描く。
私の生まれる数年前の作品でありながら未だ見劣る事のない物語の演出、戦闘描写たるや。絵は時代相応だがな!
『HUNTER×HUNTER』に出てくるユピーで明らかな様に冨樫を始め様々な作家に影響を与えた名作中の名作と言えよう。
因みにざっとwikiを見たらネタバレが凄まじかったのでまだ読んでない人は気を付けろ!大丈夫な作品って無いけど!





4.『地球侵略!コルレオニス』(ジャンプSQ.19:全1巻)

ジャンプでは珍しい巨大ロボ漫画。だのに腐女子御用達雑誌SQで始めたのが運の尽き。週刊少年ジャンプでやれや!
王位継承の為コルレオニスに乗り地球を侵略しに来た那由多(偽名)と街のドーナツ屋の看板娘星ヶ谷さんのラブコメ。
地球を侵略しなければならないがすっかり気に入った現地の生活を失いたくないからと戦わない宇宙人那由多わろた。
ヒロインは可愛いし出てくるロボットは全部カッコいいし肝心の物語も熱血&王道&ギャグと何故に打ち切った!許さん!
兎に角テンポが良くスルスルと読めてしまうが故に僅か1巻で終わってしまったのが非常に惜しまれる。あゝ無情。





5.『TISTA』(ジャンプSQ.:全2巻)

腐女子御用達雑誌SQの犠牲者第一号。何でや!マッキー刑事×アーティでええやないか……(そういう問題ではない)。
上記に挙げてきたほんわか漫画とは大分毛色が異なる。作者の遠藤達哉先生は昔から読切描いてたけどこれが初連載。
(明言されてないけどほぼ)キリスト教団体の指示で犯罪者の暗殺を行う少女ティスタと画家を志す青年アーティの物語。
ニューヨークを舞台に暗い主人公と虐待だ人身売買だドラッグだと暗い物尽くしの中で燦然と輝くアーティが素晴らしい。
アクションシーンと言いたくなるぐらい躍動感に溢れた戦闘描写も非常に良い。何より最後のティスタが可愛くてだな!




6.『でろでろ』(週刊ヤングマガジン:全16巻)

ギャグ漫画家ホラーギャグ漫画家として有名な押切蓮介先生の作品。因みに私は本作で恐怖を感じた事は無い。
人に害を加える幽霊や妖怪を物理的に退治するシスコンの耳雄とその妹でブラコンの留渦を中心とするギャグ漫画。
何と言ってもこの兄妹が可愛いのよな。飼い犬のサイトーさんも可愛い。詰まる所この一家のほんわか感が好き。
幽霊は出るも中身は完全にギャグ漫画なのでホラーが苦手な人でも大丈夫。逆にホラーを期待してはいけない。
ぶっちゃけ人を選ぶギャグ漫画だと思いますが私はバカっぽくて好きです。岬さんが可愛い。一番は留渦ですが!




7.『なるたる』(月刊アフタヌーン:全12巻)

『ぼくらの』を始め色々とアレな漫画を描く事で有名な鬼頭莫宏先生の作品で本作はその中でも特にアレな感じ。
男勝りな少女シイナと謎の物体ホシ丸を中心に全ての人間を殺そうとする中二病や八紘一宇を目指す役人等の物語。
人間の生と死を執拗に描く、曰く「未来に贈るメルヘン」らしい。あとwikiのネタバレが凄い。漫画読まなくて済むレベル。
この漫画は度々残酷な描写が話題に上りますがそんな所は個人的にどうでもいい。兎に角面白いから好き。一番かも。
登場人物の全てが自分の大切な何かの為に命を懸けて誰かを殺したり誰かを守ったりする、懸命に生きる姿は美しい。




8.『HUNTER×HUNTER』(週刊少年ジャンプ:既刊32巻)

現在週刊少年ジャンプにて珍しく連載中。私の中で『なるたる』と一番面白い漫画の首位争いをば。まあこっちかな。
全然連載しないという不名誉な理由で有名な漫画ですがそれを補って有り余る程面白いという困ったちゃん。
『イエスタデイをうたって』もそうですがそれだけの休載が許されるのはそれだけの結果を出してるというワケだ。
中身に関しては今更この場で語ることも無かろう。言うても有名ですし毎週のジャンプ感想で感想書いてるしな!
登場人物全員が知将とでも言わんばかりの戦闘描写が良い。ペラペラと自分の能力を説明せず生きる事に全力。






9.『星のカービィ デデデでプププなものがたり』(月刊コロコロコミック他:全25巻)

病んでしまったと専らの噂のひかわ博一先生の作品。私が初めてコミックスで集めた漫画でもあります。十何年前か。
絵が好き。全盛期は13巻~22巻だよな。後期はバブル経済の話とか面白おかしくやってて「科学と学習」に行け!
言うまでも無く子供向けのギャグ漫画だのに絶対に子供にはわからないネタがあったりと大人でも楽しめる良書。
一番好きな話は8巻にあったデデデ城でお泊りする回。体に気を遣って扇風機は点けっ放しにしないデデデわろた。
ただ終盤はもう残念な事に……。登場人物の多さによる賑やかさがウリだのに25巻なんかもう……。泣けるわ……。




10.『ワールドトリガー』(週刊少年ジャンプ:既刊6巻)

現在週刊少年ジャンプにて連載中。先週はアシにユーマを描かせる修羅場で今週は病欠。アニメ化早いよ休め!
作者は上記の『賢い犬リリエンタール』の葦原大介先生。ダブル入賞おめでとう!名誉以外は何もありませんが!
バトル漫画は『HUNTER×HUNTER』を超える物は無かろうと思ったらそんな事無かった。バトルに関しては正直抜いた。
一番良いのが人の描き方。読んでてキャラの行動に全く不自然さを感じさせないのは凄い。みんなが生き生きとしてる。
他の漫画だと主人公などを「引き立てる為に不自然な行動を取る」、露骨に作者の操り人形みたいなのもいるのよ。
















次点『太臓モテ王サーガ』(週刊少年ジャンプ:全8巻)

世界一有名なジョジョファン大亜門先生の作品。つーかこの人とこの漫画からジョジョを抜いたら4割ぐらい無くなる。
本作は全くモテない間界の王子太臓が嫁を探しに人間界へきて人間の宏海や従者の悠と何やかんやするギャグ漫画。
兎に角多いパロディと多分週刊少年ジャンプ史上一番下品だったと思われる下ネタが最高です。特にジョジョパロな!
ただ当時連載していた漫画のパロディが多いので当時のジャンプを読んでないと今新規で読むのは厳しいかも知れぬ。
だけど単なるギャグ漫画で終わらない、特に最終的にはラブコメ枠に落ち着いたそのポテンシャルたるや。木嶋ゾーン!






明日は午後からだから余裕すな。
コメント (1)

美の基本はやはり丁寧でなければなりません。 坂東玉三郎

2014-04-14 22:16:22 | 漫画感想
自分で作る唐揚げうめえー。






『ワールドトリガー』の5巻を買いましたよ!今回のポストカード面白いね。



常々ジャンプ感想で言ってるけどこの漫画相当面白いわ。現在日本で連載してる全ての漫画の中で一番面白いんじゃないか。
葦原大介先生の前作『賢い犬リリエンタール』が不当な打ち切りを受けたもんだから今作は売れてる様で良かったホント!
一番の魅力は人の描き方ですね。ビジュアル的な意味でなくメンタル的な意味で。本当に何気無いセリフがふと気になる。
キャラクターが魅力なもんだから好きなキャラが多過ぎて困る。でも一番は何やかんやでオサムかな。次に木虎ちゃん。
掛け合いとかギャグも巧いですね。この辺はリリエンタールの頃には既に完成してたけど。何はともあれアニメ化期待。
あと昔この人何かホラーな読切描いてたよな。前以て読切があったとは言えリリエンタールが始まった時は何の冗談かと。






だから連載終了後にはリリエンタール2を描いてくれても良いんだよ!マジで!「お断る!」ってセリフ超好きよ!
コメント

君らとは闘う動機の「格」が違うんだ! ジョナサン・ジョースター

2013-12-12 22:08:13 | 漫画感想
今日はお母ちゃんの44歳の誕生日!みんな祝え!

フルーツタルトうめ。






ジョジョの奇妙な冒険を3部まで読み終えました。



面白いなあマジで。買う前は「まあ言うてもそないでっしゃろ」と思ってたらそれが違ったんだな。いやはや。
よくもまあこのクオリティを週刊連載で続けたもんだね。それと既刊数ね。ネタ切れとかないのかよ。
現行で今まで一番面白かったのは3部かね。エジプト辺りがヤバい。磁力の回どうなってんだよ反則だよ。
でも一番好きなのは1部ですね。真っ直ぐなジョナサンが好き過ぎる。2部も良いよ!シーザーかっこいい!






明日早出なんだよ!早く寝なきゃ!
コメント

大器晩成

2013-05-29 23:51:43 | 漫画感想
今日は敢えて傘を持たずに家を出て見事躱せました。勝負師だわ。






友人との会話。
友「嘘喰いおもろいな」







最近すげー面白いね!コミックスも本誌も盛り上がって参りましたでよ。次のコミックス8月とか。
ただやっぱりバトルパートが要らない。全く面白くない。必要だからと言うのは判るけどつまんねえ!
ただこないだの夜行さんと零號の號奪戦はすげえ良かったよ。やっぱどっちが勝つか判らんのは良いね。
気付いたけど大概逆転して終わりなのが良くない。結果が見えてる。たまには押し切り勝ちもしろ。
まあ本筋は頭脳勝負ですから本誌で始まったのも楽しみよ。話を重ねる毎に面白くなるからな。
















言い換えれば初期は糞漫画ですがよくあれで生き残れたなまあ其処は所詮ヤンジャンだから






ブログ更新しないと事前に宣言した日は更新する法則。
コメント

学問に王道無し。 ユークリッド

2013-05-05 23:41:22 | 漫画感想
スネ夫とスカイプなう。






木村聡先生の『地球侵略!コルレオニス』をやっと買いましたでよ!



SFロボットラブコメの本作は当時季刊誌だったジャンプSQ19の創刊号より始まりました。
読んだ当時の自分が「滅茶苦茶面白いじゃん!」と超絶期待してたら何と4回で打ち切られるという。
いややっぱおかしいっすよ!今コミックスで読み返してみて改めて思うが面白いよコレ!
勿論中古等ではなく新品です!木村聡先生は新人でしてコルレオニスが初単行本なんだって。
コルレオニスは不振に終わったが次を期待してますでよ。今何か描かれてるのかな。
アンケート出しときゃ良かったよ!だってまさか4回とはだって面白かったしおかしいよ!






許すまじジャンプSQの主要読者層。
コメント

虎に翼

2012-12-25 21:16:13 | 漫画感想
今日がクリスマスだから。昨日は前夜祭で今日が本番だから。






やっと!ワンパンマンのコミックスを買えました!





長かったよ!発売してから何処の書店にも無いしコンビニもあちこち巡りまくってだな。
弟はコンビニで見掛けたらしいけどそれっきり。俺現物見た事無かったんだぞ!
ワンパンマンはONE氏のWeb連載で現在村田先生の作画によりとなりのヤングジャンでWeb連載中。
そしてこの度1巻2巻が同時発売したわけですがなかなか手に入らなかった次第です。
思うに人気や期待なんかもあると思うけど集英社自身が低く見積もってるな。
実際アマゾン価格がエライ事になってたし多く刷ってよ!折角面白いんだから!
肝心の内容は主人公サイタマが特売とかゴミ出しの日とか毎日を生きるのに四苦八苦する漫画です。
取り敢えず読んでて思うのは作者2人ともドラゴンボール好きなんだなって微笑ましくなる。






年末なー。
コメント

三桂あって詰まぬことなし

2012-11-14 23:03:43 | 漫画感想
明日から一週間とび森でキャンペーンがあるのにうおおおおお!!!!!






弟との会話。
弟「ZETMANとバガボンドは最後が楽しみやな」


私見ですが最終回乃至それに準ずるものが最初から決まってる作品は面白い法則がある。
ワンピースを求めて旅をするとかじゃなく「決められたこの場面が必ず来る」作品ね。
ひとえに楽しみ。如何にして其処まで話を転がすのかがだな。オチが解ってる状態と言うか。
バガボンドは武蔵と小次郎の立会が楽しみで楽しみで。一応夢想権之助もいるけどさ。
ZETMANは如何にして2人が対峙するのか。暗殺教室は如何にして先生を殺すのか。
ぼくらのもそれに通ずるものがあるな。必ず子供が死ぬわけだがどうやって死んでいくのか。


いつか必ず来るその時を楽しみにしてるぜ!
◆菅田の恩返し
◆剣八の卍解
◆屋形越え
◆テニスの試合で再起不能
◆テニスの試合で死人
◆俺が生きてる内にキリスト教とイスラム教は決着して欲しい






父親に会いに行くんだ!はあっさりしてたけどすげー良かった。
コメント

備えあれば憂いなし

2012-02-28 23:15:41 | 漫画感想
昨日はIP数171に対しアクセス数が838でした。お前ら1日何回このブログ見んだよ。






去年の秋辺りから最近読んだ漫画の感想をざらっと。ここ1年置き場無いよマジで。


◆ACONY
執筆状況が女版冨樫と名高い冬目景の完結作品。アコニー可愛いよアコニー。
イエスタデイはさくっと終わらせてアコニーをダラダラ続けるべきだった。

◆ゲゲゲの鬼太郎
妖怪大戦争の一反木綿と塗壁がヤバい。一反木綿早速活躍したかと思ったらあれだよ。
塗壁は働かないってレベルじゃない。つーか役に立ったのねずみ男ぐらいじゃ。

◆でろでろ
留渦可愛いよ留渦。留渦が可愛い漫画。耳雄も可愛いけどな。可愛い兄妹の漫画。

◆幽々白書
ラブコメ作家冨樫大先生初のバトル漫画。多分。初期の飛影小物過ぎわろた。
鈴木とかわけわからん敵描く一方で鴉とか描いてる辺り冨樫本気で描け。毎週描け。






ごめん今日めんどかったから書き置き記事。
コメント