開運ひと文字HAPPY
吉川壽一
SHO(1145)
たつや/福井のそば翁・中山重成さんの米壽・蕎麦壽翁あめでとうございます。
イケちゃん/どこにご縁があるのか、生まれてくるのか不思議、不可思議だ!!
花怜/コメントにお答えいたします。
花怜/北陸富山展開幕しました。
花怜/TOMATOの一品。味が涼しくておいしかったです。
☆/8月15日東京・有楽町にある東京フォーラムは学生さんのデッカイ文字で埋まる!!ホント!!
花怜/来年は、いよいよ日本・ブラジル移民100年の交流年。どんな企画が出てまいりますか?
光華/越前雲丹が我が家の食卓にやってきた。
Keiko/(イチ)の文字が精神の高揚を謳い迫力している
開運館(風水・開運・スピリチュアル・占い)比較/もぎとれたて天日干しの磯と潮風の香りいっぱいの新ワカメイッパイ!!いつもアリガトウ!!






 昨日は早朝から北陸地方では雪雷ということでピカッド・ドーンが続いていた。

第12回の素人そば打ち名人大会の出場選手や審査員の先生も寝れなかったとおっしゃっておられたが誰々さんは何も知らないというオメデタイ方で7時30分過ぎまでグッスリだった。

 そして、夜というか、6時過ぎから福井新聞社の1階ホールが開けられ、展示が始った。正にドシャブリでこれが次の日まで続いたら又、洪水かというような降りだった。10名の方々に来ていただいて展示が始った。会場は高さ10m幅10m長さ15mという舞台つきの会場でGOOD IDEA SENCEをヒラメカさないと斬新は得られない空間で随分前からこうしようという案が具体化してきたので任せる案で集まっていただいた。

 このホールを使用しての京表具・土橋豊氏との「二人展」と銘してきたので県民の期待は大きくたくさんの方々に期待を寄せていただいている。

 しかし、何しろドシャブリの雨が続いている。書幅というので、10本は出したいと考えていた。それまでにパネルを整理したいとIDEA案を知らせ、創っていただいた。舞台の上方10mからは2mの布地を吊るして、現在のブログ作品を70点余吊るしていただくことにした。

 このような展示作業を続けていく中で突然にこんな形での陳列はおもしろいということがいくつか浮かんできて、それらの中からのBESTを自分なりに選んで決めてゆくのがこれまでの手法なので今回もそんな形となった。

 しかし、夜の展示は真夜中までというわけにもゆかないので、適当なところで中断し、次の日の朝9時に集まっていただき、続行というよりも開会直前までギリギリの準備となった。今回も又、という表現もあるが、これがJUICHI法となればそれはそれでよいことである。そして新装BYOBUも出品された。

 今日は、1時半よりコーヒー&ケーキのトークショーが用意され、JUICHIとのイタリア・シチリア行きやアブダビ行きが話題とされ、30名の方々が集まっていただき、華やぎが会場に漂い、楽しいひとときを過ごさせていただいた。

 そして、12月8日~20日までの嵐山・宝厳院での二人展の話題となっていった。


コメント (0) | Trackback (0)
« 講演会は、老... 今年は、福井... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。