開運ひと文字HAPPY
吉川壽一
SHO(1145)
たつや/福井のそば翁・中山重成さんの米壽・蕎麦壽翁あめでとうございます。
イケちゃん/どこにご縁があるのか、生まれてくるのか不思議、不可思議だ!!
花怜/コメントにお答えいたします。
花怜/北陸富山展開幕しました。
花怜/TOMATOの一品。味が涼しくておいしかったです。
☆/8月15日東京・有楽町にある東京フォーラムは学生さんのデッカイ文字で埋まる!!ホント!!
花怜/来年は、いよいよ日本・ブラジル移民100年の交流年。どんな企画が出てまいりますか?
光華/越前雲丹が我が家の食卓にやってきた。
Keiko/(イチ)の文字が精神の高揚を謳い迫力している
開運館(風水・開運・スピリチュアル・占い)比較/もぎとれたて天日干しの磯と潮風の香りいっぱいの新ワカメイッパイ!!いつもアリガトウ!!






 皆さん 新年明けましておめでとうございます。初春のお喜び申し上げます。正月7日も過ぎてしまいましたが、昨日は誕生日ということで、知っておられる方々から"オメデトウ"がありましたが、言われても照れてしまうので、お誕生日の"オメデトウ"はもうイイカ・・・という感じですね。

 今日は、福井フェニックスR.Cの初例会で近くの佐佳枝廼社での礼拝から始まりました。ここでも今月の誕生日の方々のハッピーバースディ・結婚記念日お祝いがあって"オメデトウ"そして乾杯と続き、今年も愈愈おはじまりというところです。

 ということで、この開運ひと文字HAPPY!!もはじまり、はじまりです。今年は十二支のはじまりの歳で子どしです。何故って聞かれても答えようがありませんが、日本郵政の郵便事業㈱から12月3日に発売された子や戊子(つちのえのね)の字を題材にした記念切手が売り出されましたが、その揮毫者の1人として私が入っているのです。中央に金箔、藍の墨色とイタリアプラネタの赤ワインの色彩を使い、フランスで印刷されたというエンボレス加工で5色刷りされている為に子の文字が浮き出ていて不思議な切手に見えていて好感触なものです。

 そして、新年から忘れていましたが、これらの切手に使用された作品とそれ以外の各作家の揮毫作品展が18日まで東京・千代田区一ツ橋1-1-1のパレスサイドビル(毎日新聞社)1階のアートサロン毎日にて開催されています。

 又、銀座8丁目のセントラル美術館では、現代の書新春展~今いきづく墨の華として私の全く新しいSYOING作品も出品されています。今年も又、先が思いやられるような感じで、ヒタヒタと色々なことが芽生え、おこってきています。今年はどんなことがどんな凄いことがやってきてどんなSYO法で山ごえ・波ごえができるのかやはり娯しい・楽しい・嬉しい一年。明日・未来になりそうな初夢と予感を得てきました。頑張りま~す。ヨロシク!!
コメント (0) | Trackback (0)
« 五木寛之先生...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。