青い空をキャンバスにして…☆
空のこと、雲のこと、星のこと、そして・・・
 



環天頂アークも出てきました。なかなかきれい!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


幻日  


上層の雲も出てきたので、幻日が見られました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


彩雲  


肉眼で見るときれいなんですが、なかなか写真にはきれいに撮れません。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


巻雲  


面白い形の巻雲

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




環天頂アークも出てきました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


幻日  


今日は巻雲がきれいです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




やっと秋?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


  


虹が出ました

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




みごとな環水平アークです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


日暈  


今日は長い間見えてます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いろいろ出てるっぽい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




思わず写真を取りたくなるような見事な巻雲です。このあと広がっていって暈が見られるかも。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日はよく時雨れます。昼には虹も見えてました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年は夕焼けがきれいです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




台風21号の被害で関西空港がえらいことになっているのを見て、つくづく、政治に関わる人たちにはもっと自然科学を勉強してほしいと思う。

そういえば、昔、「大阪空港を廃止する」とかいう話があったなぁ。そのとき、そんなん困るやんと真剣に思ったので、覚えてるんですけど、ニュースとか見ていてもあんまりそれに触れられない。うろ覚えやったので調べてみました。


Wikipediaからの抜粋です。

----------------------------------------------

橋下大阪府知事・大阪市長に関する動き

本節では、旧関西国際空港株式会社(現関西国際空港土地保有株式会社)の株主であり、関西国際空港と利害関係にある大阪市長の橋下徹とその周辺の動向について記す。


関西国際空港集約論と大阪国際空港廃止論の打ち上げ

2008年7月、関西国際空港に航空各社から減便の打診が相次いだ。これを受けて橋下大阪府知事は、7月31日に大阪国際空港廃止も視野に含め、関西三空港のあり方の検討をすると発表した。この発表に対し、井戸敏三兵庫県知事や藤原保幸伊丹市長(11市協会長を兼務)らは、大阪国際空港の廃止に反対の声明を発表した。また、当時大阪国際空港を管理していた国土交通省は、「廃止は困難である」との見解を示した。そして橋下は、関空が沈んでいる元凶は伊丹-成田便であり「日本国内で国際拠点が成田しか無かった時の伊丹-成田便だった。関空が開港しても国内線と位置付けるのは“脱法行為”であり、ばかな路線である」として同路線廃止を要請した。

2009年1月に橋下は「勉強不足だった」として大阪国際空港廃止論を撤回し、大阪府としては関西国際空港の活性化を重視し、関西3空港の一体的運営に関しては、将来的な課題とする大阪府の従来方針に準じた内容を、関西3空港に関する提言としてまとめたことを表明した。しかし、2009年9月に開かれた懇談会では、再び橋下が大阪国際空港廃止論を主張し、関西国際空港・神戸空港に路線を集約させるという案を提案した。これに対し、井戸は強い反発を示し、橋下の「関西に24時間空港は要らないのか」という問いかけに対し、井戸は神戸空港に2本目の滑走路を造ればいいと応じた。

2010年1月9日、大阪国際会議場で行われた新年互礼会において橋下は「1にも2にも3にも4にも5にも6にも7にも8にも9にも、伊丹廃港しかありません!」と述べた。後日行われた記者会見においては、それまでに主張していた2035年の中央リニア新幹線開業と同時に大阪国際空港を廃止するというプランを改めて、リニア開業よりももっと早期に大阪国際空港を廃止する案を打ち上げて、「早く廃港にしてほしい」と記者会見で語った。さらに、徳島空港や南紀白浜空港も整理していかなければならないと話した。


井戸兵庫県知事との対立激化

大阪国際空港の積極活用策を打ち出す井戸敏三兵庫県知事
2010年春、橋下大阪府知事と井戸兵庫県知事の対立は、大阪府議会と兵庫県議会を巻き込んだ。橋下は、大阪府議会にて「大阪国際空港の廃止を求める」決議の採択を画策した。大阪府議会では、この議案についての意見が割れ、自由民主党大阪府議会議員団などは、『廃止を求める』などという直接的な文言に難色を示した。この動きをうけて井戸は、兵庫県議会での「大阪国際空港の存続・活用を求める」決議の採択へ向けて動き出した。兵庫県議会での審議は、大阪府議会よりも早く進行し、3月23日に自民党、民主党・県民連合、公明党・県民会議の主要3会派の賛成によって、大阪国際空港の存続と関西3空港の有効活用を求める決議を可決した。対して当初先行していた大阪府議会では、本件について各会派の採択案が複数出される異例の事態となった。結局、自由民主党大阪府議会議員団が、『廃止を求める』という文言を『関西空港のハブ(拠点)化の実現を求める』と置き換え、『中長期的に廃港する』という文言も『〜廃港を考える』という表現に軟化させ、万一大阪国際空港を廃止する場合は関西国際空港のアクセスの改善を前提とすること、などの条件を付けたうえで譲歩した。その結果、3月24日に自由民主党大阪府議会議員団、公明党大阪府議会議員団、大阪維新の会大阪府議会議員団などの賛成によって、自民・公明の両党の案である関西国際空港のハブ化の実現を求める決議を可決した。なお、民主党議員団は、大阪国際空港の廃止に触れずに関西国際空港のハブ空港化のみを求める議案を提出したほか、日本共産党大阪府議会議員団にいたっては、逆に大阪国際空港の存続を求める議案を提出していた(いずれも否決されている)。本命の自民・公明案の採決にあたっては、大阪国際空港廃港に否定的な大阪府北部選出の自民党の府議らが造反し、民主党議員の一部は議場から退席するなどして、混乱が起こった。両府県議会の決議の後は、橋下は「兵庫県議会の大阪国際空港存続方針には具体なプランがなく、そのような決議には意味がない」と批判した。これをうけて、井戸は「(橋下に)全く同じ言葉を返す」と斬り捨てたうえで、大阪府議会の議決について「空想論の決議に何の意味があるのか」などと批判した。

2010年、井戸らが主導して、大阪国際空港からオウンユースチャーターの国際線チャーター便を飛ばしたことに対して、橋下は「1便飛ばしたからといって何も意味も無い」と不快感を露わにし、「全く意味ないですね、公的なお金を入れて。効果のない行政的なPR活動の典型だ」と発言した。さらに橋下は、今後はオウンユース以外の国際線チャーター便を大阪国際空港から飛ばさないよう、当時の国土交通大臣の前原誠司に要望書を提出した。また、大阪国際空港の周辺住民には、井戸と同様に空港存続論者がいる一方、これを足がかりに国際便を容認する方向に進めば、大阪国際空港の便数が増えて騒音がまた激しくなるのではないかとの懸念を示す者もいた。

-----------------------------------------------


このとき、勢いで廃止されてたら、今頃どうなってたことか…


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ