★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ハモンハモン」

2006-12-08 03:38:05 | 映画(は行)
続いていきます、ペネロペ特集第二弾・・・。
今回は現代劇みたいです。
いい乳出してるみたいです・・・DVDジャケットに映るくらい。
こちらも彼女の初期の作品。
スペイン語では「JAMON JAMON」=いい女・・って意味らしい。
1992年製作のラブ・コメディ・・・93分もの。

あらすじ以下ネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
男性下着製造メーカーの息子と付き合ってるペネロペ。
マザコン気味の彼氏はなかなか親に結婚を言い出せない。
というのも、ペネちゃんの母は元?娼婦・・・
その事知ってる彼氏の母は、なんとか別れさせようと画策。
下着モデル審査で見かけた通称ブタ男にペネちゃん誘惑を依頼・・・
ちっともカッコよくないブタ男に、目もくれないペネちゃん。
だって妊娠しちゃってるんだもん・・・
ところが、なかなか進展しない破滅工作だったけど・・
彼氏の母がブタ男に惚れちゃって・・・
しかし、ブタ男はバイク買ってもらおうが、
ベンツくれると言われようが・・・
下着モデルに起用されようが・・・
ペネちゃんにゾッコンになっちゃった・・・
彼氏は意気地なしで、母に逆らえず、ペネちゃんには暴力・・・
もうだめ・・・ブタ男だけど・・優しくしてくれるからと・・遂にっ。
しかし、母にブタ男の正体を聞かされた彼氏は激怒・・・
復讐に乗り込むが・・・
ブタ男の働き先が精肉工場で、肉の塊がゾロゾロ・・・
遂に、肉棒で殴りあい・・・
彼氏の母はペネちゃんの妊娠を今頃知り・・・現地に急行・・
その頃には、彼氏はボコボコ・・・当たり所が悪く死亡・・・。

「ペネちゃんの母も現場に来て、死んだ彼氏を抱きしめ・・・
彼氏の母は殺したブタ男を・・・
一緒に来てた彼氏の父はペネちゃんを抱きしめる・・・」というラストの光景。
どういうこと????
ペネちゃん母(娼婦)のところに、よく来てた彼氏だから??
彼氏の父が、ペネちゃんの事抱きしめてたのは、ペネ母と昔遊んでたから??
もしや、自分の娘では??まさかっ。
なーーーんて、想像出来ちゃう終わり方でした。

それにしても、彼氏も、ブタ男も、ペネちゃんのおっぱいにメロメロ。
オイシイ・美味しい・・・ってもう大変でした。
スペインの荒野が舞台になってましたが、
ホント、乾いた自然と熱い人間関係が上手く混ざりあってました。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
最近、ヒスパニック系の若手女優が出てくると、必ずペネロペ似と言われるねっ。
ナチョ・リブレ」とか、「スパングリッシュ」はその手の女優さん出演作。
ペネロペ好きなひらりんが独断で決めてる
「ひらりん的ペネロペ・クルス作品ランキング」改訂版はこちら

という事で今回は
ペネロピ度・・・
男優陣がかっこ悪いが・・・
この映画はペネロッピーのおっぱいに完敗(乾杯)・・・という作品。


ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。

コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 「ベルエポック」 | トップ | 「情熱の処女(おとめ) ~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(は行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

ハモンハモン (amapola)
小さな町に住む魅惑的な少女シルヴィアと大手下着メーカー社長マヌエルの息子ホセ・ルイスは恋人同士。
ハモンハモン (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 大手下着メーカーの社長息子、ホセ・ルイス(ジョルディ・モリャ)は、工員として働くシルヴィア(ペネロペ・クルス)と熱烈な愛を育んでいた。 ある日、シルヴィアの妊娠が発覚すると、ホセ・ルイスを溺愛する母コンチータ(ステファニア・サ...
ハモン ハモン (Blossom)
ハモン ハモン JAMON JAMON 監督 ビガス・ルナ 出演 ペネロペ・クルス アンナ・ガリエナ ハビエル・バルデム スペイン 1992